QLOOKアクセス解析
不良少女は吹奏楽部 文化祭編 1 忍者ブログ
妄想/連想/暴走――激走する脳内モルヒネの意想。 変態ハードボイルド小説作家の有相無相――
酒井しのぶの作品紹介
【ファッキン・シスターズ・クライスト】
 酒好きで女好きで自堕落で格好つけの片桐有二は、二十五年まえに体験したレイプ事件のトラウマに悩まされる、ハードボイルドを気取った私立探偵。ある依頼がもとで、変態性癖が巻き起こす事件に首を突っ込むことになってしまう。高飛車で自分勝手なふしだら女の酒井しのぶと共に、事件の真相を探りだすのだが……推理あり、シリアスありの、本格ハードボイルド長編小説。
 

【あいつとの電話】
 ツンデレコンビのしのぶと有二。小説のなかだけじゃなく、普段の会話も超ツンデレ&超下品でちょっぴりエッチ!
 酒井しのぶの小説に登場する二人が織り成す、会話のみの超ショートショート作品集です。一話読みきりなので、お気軽に読んでいただければと思います。
 

【Shinobu to Yuji 短編集】
 長編ファッキン・シスターズ・クライストの外伝的一話読みきり短編作品集。笑い、切ない過去、素直じゃない愛情、そしてお決まりのエッチな会話。しのぶと有二のツンデレコンビは、殺人事件がなくても面白い。
 

 (注: すべての作品がR15指定です。作品の性格上、性描写、暴力描写、差別的発言などが各所に出てきます。不快に思う人は読まないでください)
管理人プロフィール
酒井しのぶのプロフィールは↓からどうぞ。
My Profile by iddy

Google Profileはこちら

酒井しのぶへのご意見、ご要望、ご感想など、記事コメント意外の内容は↓へお願いいたします。
おきてがみ

mixi(ミクシィ)やってます!
ランキング
お気に召しましたらクリックしてくださいませ。
にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン   
メールフォーム
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ。
*返信が必要な場合は、返信先アドレスを入力の上、その旨お書きくださいませ。
Powered by NINJA TOOLS
インフォメーション

【ボチボチと書き始めています】
 いろいろあり、忙しい毎日を過ごしています。
 書きたい衝動は日に日に増してくるのですが、なかなか時間が作れず、昔のようにすべてを犠牲にして書く勇気もなく、いまは我慢の時期かなと思う今日この頃。
 それでも、書かずにはいられないときもあるので、短いエピソード的なものをチマチマと書いたりしています。
 皆様のところへ訪問する時間はまだなかなか作れませんが、毎日少しづつですが、勉強し精進しているところですので、いましばらくお待ちくださいませ。

【ご連絡】
 記事下部の拍手ボタンを押してくださり、拍手内でコメントくださる方がたくさんいてありがたく思っております。
 拍手内のコメントでは、こちらからの返信ができませんので、返信をご希望の方は記事へのコメントをお願いいたします。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【酒井しのぶの作品はこちら】
本格ハードボイルド長編小説 

一話読みきり短編作品集 

通話形式の超ショートショート集 

【ランキングに参加中】
作品を気にいっていただけたらランキングのクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ツイッターでこのブログをつぶやけます。
 こんにちは、酒井しのぶでございます。

 
 この記事は連載ものになっております。過去の記事は下記からどうぞ。
 不良少女は吹奏楽部 ファッション編 1
 不良少女は吹奏楽部 ファッション編 2
 不良少女は吹奏楽部 ファッション編 3
 不良少女は吹奏楽部 学校探索隊編 1
 不良少女は吹奏楽部 学校探索隊編 2
 不良少女は吹奏楽部 学校探索隊編 3

 *公序良俗にそぐわない表現がしばしば登場します。お嫌いな人は読まないでください。


 さて、前回の終わりで、宿直室にエッチな本があったことが先生にバレてしまいました。
 誰が宿直室にエッチな本を持ち込んだのかは、話題にあがりません。(そりゃそうね、どうせ男の先生のしわざなのだろうから。笑)
 宿直室に勝手に入って、エッチな本を持ち出したのは誰かと言うのが、先生たちが突き止めるべき仕事となったわけです。

 
 誰かって言えば、そりゃまぁ……わたくし?(爆)


 写真を売っていたのが写真部だというのはすぐに発覚します。
 このときすでに売買は行われていなかったわけですが、買った生徒の口の軽さから、犯行グループはすぐにわかり、写真部で関与していた生徒たちが呼び出され、そこからエッチ本を持ち出したのが、学校探索隊だとバレて、わたくしたちも呼び出され、みっちりと怒られました。
 
 印刷室に一人づつ呼ばれて、例の「ケツを出せ」です。
 
 わたくしのお尻は真っ赤に腫れあがり「痔になったらお嫁に行けない! 先生責任とってよね」と言ったら、「おまえみたいな悪い女はタイプじゃない」って言われました。(笑)


 そんなこんなで、宿直室には鍵が取り付けられましてね。
 自由に出入りできなくなったわけですが、わたくしが二年生になったある日のこと。
 
 文化祭でクラスの出し物がビデオ映画の上映になったんです。
 実行委員みたいのが数名選出されまして、わたくしもその一人に立候補。
 
 クラスを半分にわけまして、二つのグループでそれぞれ映画を撮影して、それを文化祭当日に交互に上映するといった感じです。

 こういうときのクラスのグループ分けというのは、だいたいみんな同じだと思いますが、仲良し同士が集まるものですよね。
 でもってたいがいは、不良グループとそれ以外みたいな感じに分類されるものです。

 わたくしは、けっこうな不良少女だったのにも関わらず、交友関係は不良じゃない生徒が多かったんです。(写真部とか生徒会とか吹奏楽部とかに縁がありましたからね)
 
 そんなわけで、半分に別れたわたくしのグループに、あからさまな不良はいませんでした。
 グループのリーダー格は、写真部のトモ君。
 このトモ君、中学女子の盗聴物語にて、わたくしにマイクロレコーダーを貸してくれた命の恩人でございます。(笑)
 
 トモ君は、監督、カメラマン、編集、その他総指揮。
 わたくしは、シナリオ担当。(あと、口出し担当と、揉め事担当。笑)
 あとほかに、吹奏楽部で一緒の活発でハキハキしたカナちゃん(♀)が助監督。
 内気で気弱な美術部のシン君(♂)と、ロック大好きバスケ部のオグ君(♂)が、撮影スタッフ。(ていうか雑用? 笑)

 この五人が中心でわたくしの書いたシナリオを主体に映画が作成されることとなったわけです。


 最初はトモ君の持っていた8ミリカメラを使おうかと思ったのですが、フィルム代がとんでもないので、ハンディカムに。
 ですが当時、ハンディカムを持っている人ってほとんどいませんで、わたくしのクラスでハンディカムを持っていた生徒は一人だけ。
 先生が自腹を切ってハンディカムを購入し、生徒のハンディカムは、その生徒がもう一つのグループにいた子だったので、そちらで使用。わたくしのグループでは先生の最新式ハンディカムを使うこととなりました。
 

 じつはこの二つのグループ。とっても仲が悪かったんです。
 当初は全員で一つの作品を作る予定だったのですが、実行委員の提案に反発ばっかりする人たちが出てきて、話がぜんぜんまとまらなくってですね。
 それで、その反発分子たちを別のグループの中心者にしたってわけです。
 ですので、グループ間で協力したりとかはまったくなく、なにを作っているのかすら秘密にし合う関係だったんです。


 反発分子たちは、さらなる提案として、ただたんに交互に上映するのじゃなく、どっちの作品が面白かったか、アンケートを取ろうと言い出したのです。
 つまり、文化祭でわたくしたちのクラスを訪れてくれた人たちからアンケートを取り、どっちの評価が高いか白黒つけようぜってことです。


 こうなると、負けるわけにはいかないわ! って血がたぎるわたくし。(笑)


 トモ君と一緒に作戦会議です。

 まず、シナリオを作る前に、相手がなにをするのか調べようってことになります。
 盗聴大作戦をやってのけるわたくしとトモ君ですから、潜入調査なんて容易いものです。
 反発分子のグループの子を買収して、スパイに仕立てあげ、情報漏洩作戦の開始です。(笑)


 反発分子たちはどうやら、映画ロッキーのパロディをやる模様。
 
 役者はほとんどがグループの中心核である反発分子の不良たちで、制作からなにからほとんどすべて彼ら反発分子で行い、大道具の制作とかだけにそれ以外のメンバーが参加するといった感じでした。
 撮影は校外で行われるようで、試合会場だけは教室を使うということ。
 リングは机を並べた上に装飾を施す程度で、グローブもトランクスも、紙を使った手製になるという話を、スパイから入手。


 わたくしは考えました。
 こっちもどうせ、お金をかけた撮影はできないし、素人が作るハリボテセットじゃ、リアリティが出せないのは向こうと同じ。
 勝負は作品のストーリーと、もう一つ。


 文化祭ってのは生徒が楽しむもの。観に来た生徒が出演している生徒の演技を観て、笑うってのが大きなポイントなんじゃないか? 


 というわけで、こっちは役者の選出に命を賭けました。
 なにをどうしたかって言えば、演技が上手いとかは全く無視で、校内での知名度が高い生徒、異性に人気がある生徒、生徒会に所属していて、顔が知れている生徒、普段は真面目で目立たないのに、こんなことしちゃうの? ってギャップを作れる生徒、などなど。集客できる要素がある生徒を選出。

 普段、真面目な子には笑いを生む役を与え、普段ふざけてばっかのお調子者キャラの子には真面目な役をといった具合に、ギャップだけを考えて配役。

 さらに、観る人が知らないところで撮影するよりも、知っているところがたくさん登場したほうが面白いだろうと考え、撮影はすべて校内に限定。

 職員室を多大に利用して、先生たちをたくさん写して友情出演させちゃおうって作戦にしました。先生たちのカメラを向けられたときの普段とのギャップもまた、笑いを取る要素としては大きいと考えたからです。


 この作戦により作品のシナリオも決まり、校内をくまなく探索することを目的にした冒険ものになったわけで、役者にだっさいハリボテを着させて笑いを取るために、モンスターが登場するファンタジーになったわけです。

 時間が20分くらいというショートフィルムだったこともあり、内容はいたってシンプル。
 学校内で宝の地図を見つけた主人公がクラスメイトとともに、その宝を見つけるべく学校中を探索し、悪いモンスターを倒していくという、冒険ファンタジーです。

 そしてこっちの目玉は、悪いモンスターのボス。
 ボスには、体育教師で普段はとってもおっかない、剣道段持ちの先生を選出。
 タフを気取ったおっかない先生が「うおー! やられたー!」って棒読みセリフでのたうちまわれば、笑いをもらうのは必至です。(笑)

 もちろん、女子に人気のある生徒に主人公をやらせて、キスシーンを導入し(もちろん本当にはしませんよ)、女子の嫉妬を生むことも忘れません。(これは実際、かなりウケました。笑)


 文化祭は9月後半。
 撮影は夏休み中に行われることとなり、みんな部活との調整をつけながら学校に集まり、ワイワイ楽しく撮影が進みました。
 夏休み中に撮影をするのには理由があります。
 校内での撮影となるため、夏休みなら人が少なく撮影しやすい点。

 それともう一つ、反発分子グループに情報を与えないためです。(ニヤリ)
 
 
 予定通り、撮影は夏休み中にほぼ終了し、二学期からはアフレコと編集作業、職員室での先生たちの撮影くらいになりました。


 そしてこの編集作業をするために、学校の視聴覚室を利用する予定だったのです。
 視聴覚室には、編集に適したジョグダイヤルでコマ送りできるビデオデッキがいくつもあり、それを使って映像を繋ぎ合わせたいというトモ君の希望があったからです。さらに、アフレコをしなければならないわけで、外部の音をシャットアウトできる視聴覚室はまさに最適な環境でした。


 ですがここで、問題発生。

 
 反発分子たちが視聴覚室を先に独占してしまったのです。
 わたくしたちのグループは不平を先生に申し出ましたが、けっきょくは編集用にビデオデッキを貸してもらえただけで、視聴覚室は使えませんでした。


 そこでわたくしはまた考えます。
 別の部屋が必要だなと……。(ニヤリ)


 かくして、担任にお願いして手に入れたわたくしたちグループの編集室。
 それが、例の宿直室だったんです。(ムフフ)


 ここでまた、魅惑の宿直室で魅惑の事件が……。


 続きはまたそのうちに。


 本日の「しのぶが思うハードボイルド」

 情報は財産。

 以上でございます。

 
 それではまた、酒井しのぶでございました。

拍手[4回]

PR
【酒井しのぶの作品はこちら】
本格ハードボイルド長編小説 

一話読みきり短編作品集 

通話形式の超ショートショート集 

【ランキングに参加中】
作品を気にいっていただけたらランキングのクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ツイッターでこのブログをつぶやけます。
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
無題
こんばんは。

懐かしいです!実は私も高校1,2年生の文化祭でビデオ撮影で映画を作製したことがあるんです。時間にして30分あるかないかのショボイヤツでしたが、当時は必死で本当に楽しくやってました。

やはり予算のない中、演出と脚本がモノを言いますよね。しのぶさんチームの作品、きっと好評だったんでしょうね。結果&宿直室のあんなことこんなこと・・続きが楽しみです!!
ジス URL 2010/04/22(Thu)18:00:51 編集
ジスさんへ
 こんばんは。

 みんなでなにか一つのものを作るって楽しいですよね。映画となると、演技とかするから、みんな普段から役名で呼び合ったりして、ちょっと親近感が増したりね。( *´艸`)
 文化祭って学生にとってはけっこう重要なイベントですしね。恋が芽生えたり、実ったりと、ムフフなことも多いのが良いのでしょうね。(笑)
酒井しのぶ 2010/04/22 22:25
わくわく~~♪
このシリーズ、密かに楽しみにしてます(*^m^*)
青春ドラマ?小説を読んでるみたいで(笑)
めちゃめちゃワクワクします♪

宿直室での魅惑の事件❤だなんて・・・
うふふ❤楽しみです♪

そして、しのぶさんチームの勝利を信じてますからね。
nonno 2010/04/22(Thu)20:22:55 編集
nonnoさんへ
 こんばんは。

 楽しみにしてくださって感謝しております。
 アホな青春ドラマですが、笑ってくれればとっても嬉しいです。(笑)

 宿直室はねぇ……もういろいろと言えない思い出がありますよ。(爆)
酒井しのぶ 2010/04/22 22:28
こんばんわ★
なんか しのぶさんの学生時代は羨ましい部分がいっぱい★
映画を作っちゃおう!なんて発想なかったし
いま考えてみれば もっと楽しめたんぢゃないかな~って^^
でも先生ヒドイ;;おしりは叩いちゃダメですよ~
今なら すぐ体罰だ、なんだって逆に先生が叩かれかねないですよね^^;

必ず続き読みに来ますッッv(≧ε≦*)
☆PussyCat☆ URL 2010/04/22(Thu)21:22:10 編集
PussyCatさんへ
 こんばんは。

 お尻叩かれて興奮なんてしてませんよ!(誰もそんなこと言ってない!? 笑)
 映画作り、楽しかったですよ。みんなけっこう親しさが増しましたしね。
 映画じゃなくても、演劇とかもそうでしょうが、下手っぴな演技で恥さらし合うと仲良くなっちゃったりするもんです。(笑)
酒井しのぶ 2010/04/22 22:31
無題
いいタイミングで続きますねぇ

「お主もワルよのぉ」
っていうセリフがピッタリ?

私も学校で劇を主導したときに、赤ずきんちゃんパロディで赤ずきんちゃんを男にやらせましたよ(笑)
こちくん URL 2010/04/22(Thu)21:59:16 編集
こちくんさんへ
 こんばんは。

 いえいえ、お代官様にはかないません。グフフフフ。(笑)

 やっぱり、学生がやる劇を同じ学生が観るわけですから、そこでウケることだけ考えればいいっていう単純さが重要なんだと思うんですよね。
 劇じゃなくても、よく女装喫茶とかやったりするじゃないですか。ノリとしてはそんな感じですよね。(笑)

 
酒井しのぶ 2010/04/22 22:35
無題
文化祭って年々つまらなくなっていくような気がします。
食中毒が心配だから食べ物は出せないとか。

映画とか撮ってみたかったな~
おもしろそう。
sportちょっぷ URL 2010/04/22(Thu)22:20:25 編集
Sportちょっぷさんへ
 こんばんは。

 わたくし中学だけなので、飲食店は経験ないんですよね。高校も友達のところはダメだったなぁ。
 映画は面白かったですよ。今だとわたくしの頃よりも良い機材が安く手に入るし、ハンディカムなんかどこの家にもあるし、編集もPCでポチポチと簡単ですしね。
 今こそ映画撮りたいなぁ。(笑)

 タイトルはあれだ。「アフロライダー」
 ドラゴンボールを集める旅に出て、チキンレースでチキンっぷりを発揮しつつ、神龍にカブりを治してもらおうとしたら、ウーロンがギャルのパンツをお願いしちゃって、ああでもそっちのほうが良かったなって話しですね。
酒井しのぶ 2010/04/22 22:40
無題
(あと、口出し担当と、揉め事担当。笑)

この 2つの文字に

いやらしい 妄想を書き立てられて

思わず 手が 股間に。。。

なんちって(爆)
てっちゃん 2010/04/22(Thu)22:59:31 編集
てっちゃんさんへ
 こんばんは。

 口に出せないって男が、その昔いましてね。(単なる友人です。お酒飲んでる時の話しね)
 汚いから出せないって。(爆)
 
 それで、なんで出せないのよ! って。
 愛があれば出せるでしょ! って、居酒屋で延々説教したことがあります。(笑)
酒井しのぶ 2010/04/22 23:35
無題
僕は不良じゃなかったのに
周りは不良気取りの奴が多かった気がします。
それにしても映画作りは楽しそうだね(笑)
魅惑の宿直室で魅惑の事件楽しみだー(爆)
風魔 URL 2010/04/22(Thu)23:38:20 編集
風魔さんへ
 こんばんは。

 不良に好かれる普通の子ってけっこういますよね。
 わたくしも友達の多くは普通の子でしたよ。逆に俗に言う不良には嫌われてました。(爆)
 群れるのが好きじゃないんですよね、いまでもそうだけど。
 自分勝手が好きなんです。(笑)

 宿直室では、いよいよわたくしの……。まぁ次回をお楽しみに。(笑)

 
 
酒井しのぶ 2010/04/23 03:30
こんばんわ。
 しのぶさん、こんばんわ。
 やっぱり、記事が気になって、毎日着てます(苦)。昨日は読むだけだったんですが、お休みするって書いてあったので、きっと身内の方に何かあったんだなとは推測していましたが。。。
お父様のお世話も大変そう(笑い以後とじゃない!?)。身体壊さないでくださいね。

 今日はまたあのシリーズですね、楽しみにしてるんですよ。分化祭。。。映画上映とは、それにしのぶさんチームの作戦は読んだだけで、勝ち!
このあと、宿直室で魅惑の事件。。。いやん、なた来なくちゃならないじゃないですか!!嬉しい悲鳴ですけど(爆)。

あ、それから10年ぶりに再会した私の大切な知り合いにしのぶさんの話をしたら、是非紹介して欲しいって。今27歳、男盛りというか、私とは親子ほどの歳の差があるんです、でも中学からギター弾いてたりしていろいろあった、でも今は自分でキーボードやパソコン、シンセサイザー等を使って音楽造ってる人です。小説も読んだみたいで。。。今度コメントしてもいいですか?
名前はitaru 君です。ブログを持っていないけど。近いうちにHPが出来るそうなのでその時は宜しくお願いします。蛇足でした。
ホントに忙しいと思うので、無理しないで下さいね。
 ありがとうございました。
とこ URL 2010/04/23(Fri)03:23:33 編集
とこさんへ
 こんばんは。

 母があれなんですよ。おっちょこちょい?(笑)
 状況もちゃんと確認せずに、一大事だって騒いで、急に行くことになってしまいましてね。喪服も持っていくとかはじまって、まだ死んでないのにそれはまずいだろうって、とりあえず行くだけ行こうって感じでした。(笑)
 けっきょく、ぜんぜん大したことなかったので、母だけ残して帰ってきました。ご心配おかけしてどうもすいません。

 映画の撮影は、素人のままごとのようなものでしたが、本当に面白かったです。続きもそのうち書きますので、お楽しみに。

 itaruさん。
 ぜひぜひコメントくださいますよう、お伝えくださいませ。
 わたくしのいい加減なブログでよければ、いつでも遊びにいらしてくださいませと。(笑)
 楽しみに待っておりますよ!(*´ω` )ノ
酒井しのぶ 2010/04/23 03:36
おはようございます
おはようございます。

映画作りとてもおもしろそうですね。
大昔8ミリでちょっとやったことありますけれど確かにフィルム代がたまらないですね。
ハンディカムとかなかったし。
しのぶさんの才能が開花した時間だと思います。
映像、音楽、シナリオ、配役大変だけれどおもしろいですね。
まだそれは残っていますか。
KOZOU URL 2010/04/23(Fri)07:23:37 編集
KOZOUさんへ
 こんにちは。

 映画作り、たしかにとっても面白かったです。
 ビートたけしが映画監督は一度やったらやめられないってな趣旨のことを話していたことがありましたが、その通りだなって思いますよ。
 わたくしが経験したのは、子どものままごとのようなものでしたが、それでもとっても引きつけられるものがありました。
 もし音楽をやっていなければ、真面目にシナリオライターとかを考えていたかもしれません。

 撮影したものをダビングしたビデオテープは実家にあるのですが、なんとそのテープ、ベータなんですよ。なので、いまはもうデッキがなく、それだけのためにデッキを買う気にもなれず、観れません。(笑)
酒井しのぶ 2010/04/23 16:51
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
RSS

Add to Google
このブログをリツイート!
ブログ内検索
最新コメント
[11/13 DSLR-A850]
[09/21 ばたこ]
[05/19 メルマガアフィリとブログアフィリで初心者でも稼ぐ@中野]
[04/27 ゆっきー]
[01/17 凛 七星]

* 管理人が返信したコメントにはメモ帳マークが表示されます。
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
バーコード
携帯電話からの閲覧は↓をバーコードリーダーで写してくださいませね。


忍者ブログ  /  [PR]
 / COPYRIGHT ©  酒井しのぶ ALL RIGHTS RESERVED