QLOOKアクセス解析
しのぶのあっちがわ 懐かしの記憶 忍者ブログ
妄想/連想/暴走――激走する脳内モルヒネの意想。 変態ハードボイルド小説作家の有相無相――
酒井しのぶの作品紹介
【ファッキン・シスターズ・クライスト】
 酒好きで女好きで自堕落で格好つけの片桐有二は、二十五年まえに体験したレイプ事件のトラウマに悩まされる、ハードボイルドを気取った私立探偵。ある依頼がもとで、変態性癖が巻き起こす事件に首を突っ込むことになってしまう。高飛車で自分勝手なふしだら女の酒井しのぶと共に、事件の真相を探りだすのだが……推理あり、シリアスありの、本格ハードボイルド長編小説。
 

【あいつとの電話】
 ツンデレコンビのしのぶと有二。小説のなかだけじゃなく、普段の会話も超ツンデレ&超下品でちょっぴりエッチ!
 酒井しのぶの小説に登場する二人が織り成す、会話のみの超ショートショート作品集です。一話読みきりなので、お気軽に読んでいただければと思います。
 

【Shinobu to Yuji 短編集】
 長編ファッキン・シスターズ・クライストの外伝的一話読みきり短編作品集。笑い、切ない過去、素直じゃない愛情、そしてお決まりのエッチな会話。しのぶと有二のツンデレコンビは、殺人事件がなくても面白い。
 

 (注: すべての作品がR15指定です。作品の性格上、性描写、暴力描写、差別的発言などが各所に出てきます。不快に思う人は読まないでください)
管理人プロフィール
酒井しのぶのプロフィールは↓からどうぞ。
My Profile by iddy

Google Profileはこちら

酒井しのぶへのご意見、ご要望、ご感想など、記事コメント意外の内容は↓へお願いいたします。
おきてがみ

mixi(ミクシィ)やってます!
ランキング
お気に召しましたらクリックしてくださいませ。
にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン   
メールフォーム
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ。
*返信が必要な場合は、返信先アドレスを入力の上、その旨お書きくださいませ。
Powered by NINJA TOOLS
インフォメーション

【ボチボチと書き始めています】
 いろいろあり、忙しい毎日を過ごしています。
 書きたい衝動は日に日に増してくるのですが、なかなか時間が作れず、昔のようにすべてを犠牲にして書く勇気もなく、いまは我慢の時期かなと思う今日この頃。
 それでも、書かずにはいられないときもあるので、短いエピソード的なものをチマチマと書いたりしています。
 皆様のところへ訪問する時間はまだなかなか作れませんが、毎日少しづつですが、勉強し精進しているところですので、いましばらくお待ちくださいませ。

【ご連絡】
 記事下部の拍手ボタンを押してくださり、拍手内でコメントくださる方がたくさんいてありがたく思っております。
 拍手内のコメントでは、こちらからの返信ができませんので、返信をご希望の方は記事へのコメントをお願いいたします。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【酒井しのぶの作品はこちら】
本格ハードボイルド長編小説 

一話読みきり短編作品集 

通話形式の超ショートショート集 

【ランキングに参加中】
作品を気にいっていただけたらランキングのクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ツイッターでこのブログをつぶやけます。
 こんにちは、酒井しのぶでございます。


 懐かしい話が続いております。もうほとんど懐古ブログになりつつありますが、べつにどんなブログにしたいってのもないからかまいませんね。(笑)
 
 てことで、今日も懐古ブログで。
 過去の懐古系記事はこちらから。 → カテゴリー 懐かしの記憶


 わたくしの中学校は、学区内に3つの小学校がありまして、そこの子供たちが1つの中学に集まるわけです。
 
 3つの小学校のうち、わたくしが通っていた小学校だけは、学区の都合で2つの中学に別れて進学することになっていて、仲の良かった友達と離ればなれに進学せねばならないことで、小学校卒業の時点でけっこうリアルに友達との涙のお別れがあったりしたのです。
 
 
 まぁそれは今回の話にはあまり関係がありません。(またかよ。笑)


 3つの小学校のうち、わたくしのところともうひとつは校内に栄養士がいる自己給食でした。
 残りの1つは市の給食センターから配達される給食。

 中学校も給食センターの給食でした。
 
 その当時、給食センターの給食は、自己給食に比べて美味しくないというのが一般的でして、わたくしの小学校ではないほうの自己給食だった小学校を卒業してきた子たちはみんな、中学の給食は不味いと言っていました。
 もうひとつの小学校の子たちは、同じ給食センターですから、なにも変化なし。
 
 では、わたくしと同じ小学校だった子たちは?

 
「中学の給食って超美味い!!」


 ってなもんでした。


 そうなんです。
 わたくしが通っていた小学校は自己給食だったのにも関わらず、当時の一般的な通念に反して、ゲロッパ不味い給食だったのです。(言い過ぎ!? 笑)

 
 わたくし小学校の頃は好き嫌いが激しくってですね。

 最近の小学校は、嫌いなものを無理に食べる必要はないそうなのですが、わたくしの頃は食べるまで帰してもらえませんでした。

 ですのでわたくし、給食の時間が終わって、昼休みも、5時間目も、放課後も、ずーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっと給食とにらめっこをする毎日でした。(ああ最低。笑)


 低学年の頃はまたちょっと違ったんですよ。
 食べれないものがあったら、給食の時間が終わって、給食当番が食器を給食室に返却するときに、一緒に給食室の前までいくと、給食のおばさんが「これとこれだけ食べなさい」とか、余計なお世話をしてくれて、そこで言われたものを口に突っ込んでトイレで吐いてくるって感じでした。
 まぁ、吐くってのはたぶんわたくしだけだったでしょうがね。意地でも食うか!! って思ってましたから。(笑)

 高学年になってくるともう、食べるの嫌だから給食室の前に行くのすらやめちゃいましてね。ずっと机に給食置いたままで下校時刻を待つって感じでしたね。
 

 ある日、担任の先生に「なんで食べないんだ」って言われたときに言ってやったんですよ。


「だってこれ、不味いよ。先生はこれが美味しいって思って食べているの?」って。


 まぁ当然ですが、先生は「世界には食べたくても食べれない子どもが――」って話をしてくれちゃうわけですが、そこでわたくしはまた言うんです。


「そんなの偽善でしょ?」って。(嫌な子供だこいつ。笑)


 たしかにわたくしは、好き嫌いが多かったせいもあって、人一倍給食が食べれない子供でしたが、この小学校ってけっこう食べれずに居残りになっている子どもがいたんですよ。

 だいたいにして、給食室の前で給食のおばさんに「あれとこれだけ食べなさい」って言われている子が毎日何十人もいたんですよ。
 それって、異常でしょ。(笑)


 ある日、こんな事件がありました。

 四年生のときだったと思います。給食のデザートにかぼちゃゼリーなるものがでたんです。
 色はかぼちゃのオレンジ色で、アルミの平たいカップに入っていたんです。わたくしかぼちゃはべつに嫌いじゃなかったので「ああ、今日はほかに嫌いなものもないし、居残りしないですむわ」って思っていたんです。

 そしたらほら、給食を食べるの早い男子っているじゃない。
 ガキ大将系で、好き嫌いもなく、いっつもおかわりしていて、余った食パンとか牛乳とか持って帰るような子。(笑)

 その子が「なにこれ!! ちょーまずいぜ!!」って叫んだんですよ。
 
 なにが不味いのかと思ったら、そのかぼちゃゼリー。
 
 デザートだから、まだ誰も口にしていなかったんですが、わたくし気になって食べてみたんですよ。

 
 吐くかと思いました。(爆)


 いったいなにをどうすれば、かぼちゃをこれほどまでに不味くできるのかと思うほどにひどい味でした。いまでも忘れることができない、強烈に不味い味。

 みんな一口食べて、口から出し、手をつけようとしません。

 そのときの担任は体育教師でしてね。
「文句言わずに食え!!」ってな勢いで、自分だって不味い顔をしながらも、鼻をつまんで噛まずに飲み込みように食べてみせたわけです。(そんなのって、教育としてどうなんだ? 笑)
 
 もうあれよ。
 だれも食べたくないわけですよ。クラス全員が拒否状態な食べ物ってあり得ないでしょ。(笑)
 それを無理やり食べろなんて言うものだから、無理して食べて吐く子が何人も続出するわ、もう食べる気なくってスプーンでグチャグチャしてるだけの子はいるわで、メチャクチャでした。

  仕方なしにほとんどの子が残したまま返却ってなるわけですが、給食室の前に行くと、うちのクラスだけじゃなく全校生徒のほとんどが残しているわけです。

 もうほら、みんな面白がっちゃって、給食室の前は生徒だらけ。
 やんちゃなガキ大将系の男子とかが「あれはさすがに食えねぇよなぁ!」とかって大騒ぎしちゃって、騒然となっていました。(笑)


 まったくもってありえないかぼちゃゼリー。
 

 その後も不味い給食は出まくりましてね。
 その度に、先生にも給食のおばさんにも「食べろ」って言われたわけですが、わたくしは断固として食べませんでした。
 
 そういう時は必ず言ってやるの。
「糞不味いかぼちゃゼリーを無理やり食べさせて、ごめんなさいも言わない人が作ったものなんか、食べたくもないわ!」って。(ひでぇ。笑)


 そんなわたくし。
 中学の給食センターの給食はとっても美味しくいただけたし、中学の時は嫌いなものは食べなくって良かったのだけれど、不味いと言われていた給食センターの給食のほうが小学校の給食の何百倍も美味しかったせいでか、好き嫌いはどんどん減っていきました。

 
 小学校の給食での悲惨な思い出って、なかなかないと思うのですが、わたくしは6年間ずっと給食が嫌でした。(笑)


 給食のおばさんって栄養士なわけですが、栄養士って自分の立てた献立の試食とかしないのかしらね?
 いやいや、するわよね普通は。

 でも、あの給食のおばさんは、試食しなかったのか。していたら全校生徒が残すようなものって出てこないわよね?

 いやあれか。
 試食した時とは違う味に仕上がっちゃったってことか?
 それはそれで、問題ですね。(笑)

 思っていたのと違う味になっちゃったけど、もう作っちゃったから出しちゃえみたいな? ああムカつく。(笑)
 

 いまでもしっかりと、忘れずに覚えていますよ、小学校の給食のおばさんの顔。(笑)
 憎たらしくって忘れたくても忘れられません。(爆)


「またあなた? なんでちゃんと食べないの!」って怒鳴られまくっていましたからね。

 その都度「だって不味いんだもん。不味い給食作らないでください! これじゃあ給食費を捨てているようなものよ!!」って言って、すごい形相で睨まれさらに怒られていたわたくしです。(ろくでもない小学生ですね。爆)


 ちなみに、このかぼちゃゼリーは、のちにパンプキンゼリーと名を変え、味も美味しくなって給食のメニューに復活していました。(笑)

 よくやった、給食のおばちゃん!!


 皆さん、給食は残さず食べましょうね。(おまえが言うか! 笑)


 今日の「しのぶが思うハードボイルド」

 給食といえども信念をつらぬけ。(作る側も食べる側もよ! 笑)

 以上でございます。


 それではまた、酒井しのぶでございました。

拍手[9回]

PR
【酒井しのぶの作品はこちら】
本格ハードボイルド長編小説 

一話読みきり短編作品集 

通話形式の超ショートショート集 

【ランキングに参加中】
作品を気にいっていただけたらランキングのクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ツイッターでこのブログをつぶやけます。
RSS

Add to Google
このブログをリツイート!
ブログ内検索
最新コメント
[11/13 DSLR-A850]
[09/21 ばたこ]
[05/19 メルマガアフィリとブログアフィリで初心者でも稼ぐ@中野]
[04/27 ゆっきー]
[01/17 凛 七星]

* 管理人が返信したコメントにはメモ帳マークが表示されます。
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
バーコード
携帯電話からの閲覧は↓をバーコードリーダーで写してくださいませね。


忍者ブログ  /  [PR]
 / COPYRIGHT ©  酒井しのぶ ALL RIGHTS RESERVED