QLOOKアクセス解析
しのぶのあっちがわ 洋楽 忍者ブログ
妄想/連想/暴走――激走する脳内モルヒネの意想。 変態ハードボイルド小説作家の有相無相――
酒井しのぶの作品紹介
【ファッキン・シスターズ・クライスト】
 酒好きで女好きで自堕落で格好つけの片桐有二は、二十五年まえに体験したレイプ事件のトラウマに悩まされる、ハードボイルドを気取った私立探偵。ある依頼がもとで、変態性癖が巻き起こす事件に首を突っ込むことになってしまう。高飛車で自分勝手なふしだら女の酒井しのぶと共に、事件の真相を探りだすのだが……推理あり、シリアスありの、本格ハードボイルド長編小説。
 

【あいつとの電話】
 ツンデレコンビのしのぶと有二。小説のなかだけじゃなく、普段の会話も超ツンデレ&超下品でちょっぴりエッチ!
 酒井しのぶの小説に登場する二人が織り成す、会話のみの超ショートショート作品集です。一話読みきりなので、お気軽に読んでいただければと思います。
 

【Shinobu to Yuji 短編集】
 長編ファッキン・シスターズ・クライストの外伝的一話読みきり短編作品集。笑い、切ない過去、素直じゃない愛情、そしてお決まりのエッチな会話。しのぶと有二のツンデレコンビは、殺人事件がなくても面白い。
 

 (注: すべての作品がR15指定です。作品の性格上、性描写、暴力描写、差別的発言などが各所に出てきます。不快に思う人は読まないでください)
管理人プロフィール
酒井しのぶのプロフィールは↓からどうぞ。
My Profile by iddy

Google Profileはこちら

酒井しのぶへのご意見、ご要望、ご感想など、記事コメント意外の内容は↓へお願いいたします。
おきてがみ

mixi(ミクシィ)やってます!
ランキング
お気に召しましたらクリックしてくださいませ。
にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン   
メールフォーム
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ。
*返信が必要な場合は、返信先アドレスを入力の上、その旨お書きくださいませ。
Powered by NINJA TOOLS
インフォメーション

【ボチボチと書き始めています】
 いろいろあり、忙しい毎日を過ごしています。
 書きたい衝動は日に日に増してくるのですが、なかなか時間が作れず、昔のようにすべてを犠牲にして書く勇気もなく、いまは我慢の時期かなと思う今日この頃。
 それでも、書かずにはいられないときもあるので、短いエピソード的なものをチマチマと書いたりしています。
 皆様のところへ訪問する時間はまだなかなか作れませんが、毎日少しづつですが、勉強し精進しているところですので、いましばらくお待ちくださいませ。

【ご連絡】
 記事下部の拍手ボタンを押してくださり、拍手内でコメントくださる方がたくさんいてありがたく思っております。
 拍手内のコメントでは、こちらからの返信ができませんので、返信をご希望の方は記事へのコメントをお願いいたします。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【酒井しのぶの作品はこちら】
本格ハードボイルド長編小説 

一話読みきり短編作品集 

通話形式の超ショートショート集 

【ランキングに参加中】
作品を気にいっていただけたらランキングのクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ツイッターでこのブログをつぶやけます。
 こんばんは、酒井しのぶでございます。


 ブルースだらだら書きなぐり 5回目にて、ジミ・ヘンドリックスの曲「リトル・ウイング」について触れました。

 
 リトル・ウイングは、世界中の多くのミュージシャンがカバーしている曲でございます。
 そりゃもう、プロもアマも問わず、ジャンルも問わず、ジミ好きなら誰もがカバーしてしまうという名曲中の名曲と言っても過言じゃないと思います。


 ここで重要なのは、ジャンルを問わないと言う点でございます。


 ジミの音楽は、リトル・ウイングに限らず、あらゆるジャンルのミュージシャンに愛されているという点でも、他の追従を許さない素晴らしさがあります。


 そんなわけで今日は、古今東西リトル・ウイング聴き比べといきましょう。(笑)

 原曲であるジミ・ヘンドリックスのリトル・ウイングを忘れてしまった人は、ブルースだらだら書きなぐり 5回目に行って、いちばん最後の動画をご覧になってから聴き比べてみてくださいませね。


 ではまず、リトルウイングがハードロックになるとどうなるのか。


 
 はい、現代のギターヒーローと言うべきお人でしょう、スティーヴ・ヴァイでございます。

 とりあえず、めちゃめちゃいい男なので画像載せときますよ!(音楽記事なはずなのに、基準は見た目というね。笑)



 この人は、見た目の奇抜さや独特のステージング(動画でもほら、郷ひろみみたいに風が吹いてるし。爆)、さらにはアルバムジャケットの独創性などのせいか、ヘヴィー・メタル・ギタリストに思われがちですが、じつはそうでもないんですよ。

 こんなネックが3本も付いているギターで、言葉を発したり。(もちろん英語です。笑)


 こんなサイバーとゴシックを融合させたようなジャケットばっかり作ったり。


 そんなだから、ヘヴィーメタルだと思って食わず嫌いの人も多いんじゃないでしょうか。
 いえいえ、スティーヴ・ヴァイはじつは、けっこう普通にロックです。
 特に、アメリカの古典音楽にはかなり傾倒してましてね。
 ジミ・ヘンドリックスのことも、ブライアン・セッツァーのことも大絶賛している古典大好きギタリストなんですね。
 
 とはいえ、アルバムに古典音楽は出てきませんがね。(爆)


 ハードロックからもう一人ご紹介します。
 スキッド・ロウのリトル・ウイングです。



 うん、スティーヴ・ヴァイのもそうだけど、あんまり違和感がないと感じるのはわたくしだけですかね。
 ジミが向かおうとしていたところって、もしかしたらこうしたハードロックや、ヘヴィーメタルだったのかもしれませんね。


 さて、お次はエリック・クラプトンとシェリル・クロウの、コラボなリトル・ウイングを聴いてみましょう。

 

 これはアレンジもちょっと違っていますね。
 このアレンジは、クラプトンがいつもやっているバージョンです。クラプトンバージョンのリトル・ウイングに、シェリルが乗っかったって感じでしょうね。
 クラプトンらしいアレンジだと思います。
 さすが、一流どころは自分らしさを出しまくる。(笑)
 
 ちなみに、クラプトンの後ろでギターを弾いているハゲ頭のオッサンは、アンディって言うんですよ。クラプトン・バンドのギタリストで、バンド内からもスタッフからもいじられまくる〝やられキャラ〟なんですが、クラプトンからの信頼は絶大で、たぶんクラプトン・バンドでいちばん古い人なんじゃないかな。
 多くのミュージシャンが幾度となく入れ替えられているクラプトン・バンドで、ずっとバックでギターを弾いていて、バンマスを務めている人です。
 たまに、クラプトンの代わりに歌わされたり、ギターソロを急にふられて慌てふためいたりしている、かわいいオッサンです。(プチ情報でした。笑)


 さてさて、なんだかどうでもいい話ばかりで長くなってきているので、ここからはちょっと手短かにいきましょうね。


 お次はスティングです。



 ちょっと、音と映像がずれているのが気になりますが、音だけ聴いて解消しましょう。(笑)
 スティング、いい声してますよねぇ。時代を風靡したミュージシャンです。
 ポリス、格好良くてよく聴いていたなぁ。


 次はトト。



 これもまた、ハードロックのような勢いのアレンジですね。
 90年ってなってますが、80年代のロックってリバーヴ、ディレイ、エコーと、空間系サウンドがものすごい時代でした。ドラムのバスドラとか聴くと、時代がわかってしまいますものね。(笑)
 今は逆にデッドなサウンドが主流ですから、ちょっと鬱陶しいな、このリヴァーヴ。(爆)


 それじゃ次はちょっと変り種を。
 フォーク・ロック・バンドのコアーズによるリトル・ウイングです。



 うん、個人的にはこのくらいしっとりしたのも好きだなぁ。
 こんなアレンジでもしっかり聴けるリトル・ウイング。ジミってすごいなぁ。


 次はジャズアレンジのリトル・ウイングに行きましょう。
 タック&パティというジャズのデュオによる演奏です。
 最初2分半くらいは別の曲なんですが、それもジミの曲ですので、合わせてお聴きください。



 すごいですよねぇ。ギターも歌も素晴らしいねこりゃ。(笑)
 歌はさすがというか、ジャズですから黒人独特の歌いまわしなのもあって、いろいろ聴き比べても、これがいちばんジミっぽいなぁって思ったりもします。
 ギターもあれですよね。ジミ自身もジャズのテクニックをしっかり取り入れていたのが改めてわかるし、ジャズのギタリストたちも、ジミのテクニックを取り込んでいるのがわかりますよね。ジャズギターのテクニックってこのリトル・ウイングでやっているようなことがふんだんに盛り込まれていますものね。


 とまぁ、いろいろなミュージシャンによる、いろいろなリトル・ウイングを聴いてみました。
 さすがジミ・ヘンドリックスですね。後世のギタリストたちが愛してやまないミュージシャンであり、そしてまた影響を与え続けつつも、超えようとしても超えられない大きな壁であり続けているように感じます。

 今年の9月で没後40年になるジミ・ヘンドリックスですが、いまだに現代の音楽の一歩も二歩も先にいるように思います。


 と、綺麗にまとめて終わると思ったでしょ?
 じつはまだ、もうひとりだけご紹介したい人がいるんですよ。(笑)


 そのギタリストは、わたくしの人生に大きな衝撃を与えてくれた、偉大なブルースマンです。
 この人がいなかったら10年も20年も前に、とっくにギターなんかやめていたと思います。
 
 この人のリトル・ウイングを聴かなかったら、わたくしはギタリストにすらなっていなかったかもしれません。
 
 わたくし個人としては、この記事で紹介してきたリトル・ウイングは、どれもジミの姿が思い浮かぶ演奏なのですが、これから紹介する人のリトル・ウイングは、ジミを連想させません。
 アレンジに大きな違いはないのに、完全にジミを超えている演奏をしていると思っています。(あくまでわたくし個人の意見です)

 
 さて、そのミュージシャンとは……。


 やっぱり、長くなったから次回にしよっと。(さんざん引っ張ってそれかい! 笑)


 本日の「しのぶが思うハードボイルド」

 犯人の正体をみんなの前で明かすなんて名探偵みたいなことはしない。 

 以上でございます。


 あ、そうそう。
 音楽に詳しい人は、わたくしがもったいぶっている人が、誰だかわかったかもしれませんが、コメントにそれ書かれると、慌てふためいて汗かいてしまうので、次の記事を載せるまで、心の中でニンマリしていてくださいね。(笑)


 それではまた、酒井しのぶでございました。

拍手[6回]

PR
【酒井しのぶの作品はこちら】
本格ハードボイルド長編小説 

一話読みきり短編作品集 

通話形式の超ショートショート集 

【ランキングに参加中】
作品を気にいっていただけたらランキングのクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ツイッターでこのブログをつぶやけます。
RSS

Add to Google
このブログをリツイート!
ブログ内検索
最新コメント
[11/13 DSLR-A850]
[09/21 ばたこ]
[05/19 メルマガアフィリとブログアフィリで初心者でも稼ぐ@中野]
[04/27 ゆっきー]
[01/17 凛 七星]

* 管理人が返信したコメントにはメモ帳マークが表示されます。
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
バーコード
携帯電話からの閲覧は↓をバーコードリーダーで写してくださいませね。


忍者ブログ  /  [PR]
 / COPYRIGHT ©  酒井しのぶ ALL RIGHTS RESERVED