QLOOKアクセス解析
タバコとハードボイルドとあたし 忍者ブログ
妄想/連想/暴走――激走する脳内モルヒネの意想。 変態ハードボイルド小説作家の有相無相――
酒井しのぶの作品紹介
【ファッキン・シスターズ・クライスト】
 酒好きで女好きで自堕落で格好つけの片桐有二は、二十五年まえに体験したレイプ事件のトラウマに悩まされる、ハードボイルドを気取った私立探偵。ある依頼がもとで、変態性癖が巻き起こす事件に首を突っ込むことになってしまう。高飛車で自分勝手なふしだら女の酒井しのぶと共に、事件の真相を探りだすのだが……推理あり、シリアスありの、本格ハードボイルド長編小説。
 

【あいつとの電話】
 ツンデレコンビのしのぶと有二。小説のなかだけじゃなく、普段の会話も超ツンデレ&超下品でちょっぴりエッチ!
 酒井しのぶの小説に登場する二人が織り成す、会話のみの超ショートショート作品集です。一話読みきりなので、お気軽に読んでいただければと思います。
 

【Shinobu to Yuji 短編集】
 長編ファッキン・シスターズ・クライストの外伝的一話読みきり短編作品集。笑い、切ない過去、素直じゃない愛情、そしてお決まりのエッチな会話。しのぶと有二のツンデレコンビは、殺人事件がなくても面白い。
 

 (注: すべての作品がR15指定です。作品の性格上、性描写、暴力描写、差別的発言などが各所に出てきます。不快に思う人は読まないでください)
管理人プロフィール
酒井しのぶのプロフィールは↓からどうぞ。
My Profile by iddy

Google Profileはこちら

酒井しのぶへのご意見、ご要望、ご感想など、記事コメント意外の内容は↓へお願いいたします。
おきてがみ

mixi(ミクシィ)やってます!
ランキング
お気に召しましたらクリックしてくださいませ。
にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン   
メールフォーム
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ。
*返信が必要な場合は、返信先アドレスを入力の上、その旨お書きくださいませ。
Powered by NINJA TOOLS
インフォメーション

【ボチボチと書き始めています】
 いろいろあり、忙しい毎日を過ごしています。
 書きたい衝動は日に日に増してくるのですが、なかなか時間が作れず、昔のようにすべてを犠牲にして書く勇気もなく、いまは我慢の時期かなと思う今日この頃。
 それでも、書かずにはいられないときもあるので、短いエピソード的なものをチマチマと書いたりしています。
 皆様のところへ訪問する時間はまだなかなか作れませんが、毎日少しづつですが、勉強し精進しているところですので、いましばらくお待ちくださいませ。

【ご連絡】
 記事下部の拍手ボタンを押してくださり、拍手内でコメントくださる方がたくさんいてありがたく思っております。
 拍手内のコメントでは、こちらからの返信ができませんので、返信をご希望の方は記事へのコメントをお願いいたします。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【酒井しのぶの作品はこちら】
本格ハードボイルド長編小説 

一話読みきり短編作品集 

通話形式の超ショートショート集 

【ランキングに参加中】
作品を気にいっていただけたらランキングのクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ツイッターでこのブログをつぶやけます。
 こんばんは、酒井しのぶでございます。


 注: この記事は不適切な発言が多発します。お嫌いな人は読まないでくださいませ。なお、この記事は喫煙を助長したり、非喫煙者を馬鹿にしたりするものではありません。ブログ及び記事の性格上、過激な表現を使用していることをあらかじめお知らせしておきます。



 あたしはヘビースモーカーです。現在のタバコの値段はとっても辛いものがありますが、それでも禁煙する気はまったくありません。
 まぁそんなことはどうでもいいのよ。


 あたしがタバコに興味を持ち出したのは、まだずっと幼い頃。
 
 誰でも一度は格好良いと思ったことがあるんじゃないでしょうか? ルパン三世の次元大介がくわえるグニャリと折れ曲がったタバコ。

 
 あたしが観ていたルパン三世は、宮崎駿が携わっていたものでしたから余計なのかもしれませんが、次元がくわえるタバコと、そのタバコから流れる紫煙にものすごい格好良さを感じたものです。
 先日も金曜ロードジョーでやっておりましたが、カリオストロの城での序盤のカーチェイスシーン。

 フィアットの小さな灰皿に山になっているシケモク。一本つまんで口にくわえる。生きるか死ぬかのデッドヒートのさなか、ニヤリと笑みを浮かべながらひん曲がったタバコに火をつける。流れる紫煙――。
 
 これを格好良いと言わずになにを格好良いと言うのだろうか。まさしくハードボイルドの極みですよ!


 ルパン三世は一見すると三枚目ギャグなところがあるし、緊迫したした場面でもニヤニヤしてるから、緊張や興奮が伝わり難いところがあるのかもしれないけれど、生きるか死ぬか――こんな場面で冗談を言うのはアメリカ映画なんかじゃよくあるシーン。
 日本の映画やドラマや漫画なんかじゃあまり見かけないですけどね。(銀魂とか四六時中ニタニタしてますがね)

 あたし的には、生きるか死ぬかでジョークが言えるかどうかが、ハードボイルドの境界線です。


 年齢的なことを言うと問題が多いので伏せておきますが、はじめて吸ったタバコはショートホープでした。
 
 幼なじみでとっても仲良くしていた男の子がいるのですが、その子のお父さんがタバコが大好きだったんです。
 お互いの親同士がとっても仲良しだったのもあり、しょっちゅう遊びに行っていたんですよ、その幼なじみの家に。
 
 不良パパでね。昼間に遊びに行っても家にいたりしたんですよ。


 いつも決まって、ジッポーの蓋をカチンカチンと開けたり閉めたりしながら、「よう、元気か?」って言うんです。
 自分の息子には二十歳になるまで喫煙も飲酒も絶対に許さん!! ってな勢いなのに、あたしにはタバコを進める不良パパでした。

 そのパパが吸っていたタバコがショートホープ。

 パパはジッポーをコレクションしていて、あたしにいろんなデザインのジッポーを見せてくれました。
 いまじゃ普通に存在するけど、当時じゃけっこう珍しかった(ような気がする?)幅も厚さも普通サイズのジッポーよりも小さいヤツをあたしに見せて、「これはスーツを着たとき用なんだ。小さいし薄いからピッタリしたスーツを着て胸のポケットに入れても目立たないんだ。だけど、オイルがすぐなくなるから、普段用には向いてないんだよなぁ」なんてことを自慢げに教えてくれたり。
 塗装もなにもしていない真鍮そのままのジッポーを見せてくれて、「ほら、ここに青サビが出てるだろ? これが出て古臭い感じにならないと格好良くないんだよ」などなど。
 パパはいつも楽しそうに嬉しそうに、そしてとっても自慢げにジッポーのコレクションをあたしに見せてくれました。
 あたしはその都度、子供のように(実際子供でしたがね!)目をキラキラと輝かせて(いたはず!)パパの話を聞いていました。
 パパがタバコサイズの葉巻を吸っていたとき、とっても香りが良くてあたしも真似して一本吸ったことがありました。葉巻は煙を肺に入れないってことを知らなかったあたしは、タバコと同じように吸い込んでパパに笑われたのを覚えています。それがきっかけで、葉巻と葉巻を楽しむための小道具に興味を持ったこともありました。
 なんにせよ幼なじみのパパは、見た目はデブっちょでハゲ頭で背も低いし歯も抜けてるし、レイ・チャールズが間抜けになったみたいな顔をしていたけど、あたしにとってはとってもとってもダンディーな素敵なパパでした。

 
 中学生の頃だったかなぁ。
 プラトーンって映画を見たときでした。
 
 アメリカ兵のヘルメットにKOOLというメンソールのステッカーが貼ってあったんです。

 当時日本では、KOOLはまだあまりメジャーなタバコではありませんでした。そもそもメンソール自体があまりメジャーじゃなかったし、ほら、メンソールを吸ってるとイ◯ポになるとかね……。(爆)
 不感症になるとかって言われてた時代ですからね。女性用に細いメンソールとかあったし、ニコチンもタールもとっても軽いメンソールが数種あったくらいでした。

 そんななかで、堂々と高純度なニコチンとタールを保有しつつもメンソールだったのが、KOOL!!


 のちに、KOOLがベトナム戦争でアメリカ軍の配給タバコになっていたことを知るあたし。
 バンドマンはみんな、キャメルを吸っていたし、当時の流行りはろくでなしブルースって漫画の影響かマルボロかラッキーストライク。ちょっと気取った人だとあぶない刑事の舘ひろしよろしく赤ラークのロング。カタギから外れた系に憧れている人はパーラメントロングだったし、KOOLなんて吸っている人は知り合いはもちろん、街行く人をずっと観察していても全く見かけないくらいにマイナーなタバコだったのです。
 当然、普通の自動販売機じゃ売ってなくて、種類の多い大きな自動販売機まで買いに行かないといけなかったんだけど、あたしはKOOLを吸うことにしました。


 大人になって、ある時バンド関係の知り合いでKOOLを吸っている人がいたんです。もうこのころにはメンソールがタバコ業界を制圧する勢いでのし上がっているときで、クラブなんかじゃメインで売られていたKOOL。サーファー系の人もけっこう吸っていたし、メンソールではマルボロと並んで王道となりつつあったわけですから、その知り合いがKOOLを吸っていたことにあたしはまったく興味を示すことがなかったのだけれど、知り合いの方はそうでもなかったみたい。

「しのぶ、女でKOOLって珍しいよな。しのぶの音楽性からして、やっぱベトナム戦争がらみ?」

 なんとまぁ、あたしの趣味が伝わる人がいたことにちょっと感激した瞬間でした。


 ちなみにKOOLはブリティッシュ・アメリカン・タバコ社の製品で、KOOLは世界初のメンソール・タバコです。
 同社で有名なタバコといえば、次元大介が愛飲していたポールモール。日本ではケントやラッキーストライクなどが有名でしょうか。

 KOOLとは、Keep Only One Loveの略でして、ひとつの恋を貫き通すって意味になります。まぁなんとも、あたしにぴったりな!(え?……な、なんでもありません)


 ハードボイルド的なタバコというと、マルタの鷹のサム・スペードは時代の影響もあり、葉と紙が別々のタバコを吸っていました。紙に葉っぱを適量載せて、自分で丸く巻いてから紙の端っこをペロっとなめて接着。この一連の動作を小説ではサムがタバコを吸うたびにしっかり描写されているわけですが、これはハッキリ言ってハードボイルド系の小説ではとっても有利なことです。
 ハードボイルド小説では極力感情描写をしないのが主流。背景描写もチャンドラーの小説なんかは多いけど、一般的にはあまり多くなく、基本的には行動描写のオンパレードなわけであり、行動から感情を読み取るのがハードボイルド小説の鉄則。
 サムがタバコをクルクルと巻くシーンの描写は、文字数的な間合いも程良いし、イライラしているときならそのじれったさが伝わったり、深く考え込んでいるときならとってもゆっくりと思慮深げな空気が伝わったりと、毎度同じ描写の繰り返しなのに毎度違う感情が感じ取れる素晴らしいものでした。


 一方、あたしの小説では――『おれはタバコに火をつける』

 
 はい、ただこれだけ。(笑)


 うーん、簡潔なのはいいけど、なんの感情も伝わりませんな。
 まぁ、あたしの小説の主人公、片桐君はヘビースモーカーですから、タバコに火をつけるのに余計な感情もへったくりもないんですけどね。


 タバコで思い出深い作品といえば、太陽にほえろのボギー殉職関連でしょうか。
 ボギーが不自然な格好で倒れて死んでいるのを、現場写真から見てとった山さん。犯人が捨てて行ったタバコの発見につながり、唾液の血液型からボギーを殺した犯人逮捕につながったわけです。


 ボギーといえば、あたしの大好きな世良正則。(関連記事はこちら ラブシーンって呼ぶ? 性描写って呼ぶ?
 なぜボギーだったかといえば、ハンフリー・ボガートの愛称でボギー。
 ハンフリー・ボガートといえば、マルタの鷹のサム・スペードを演じた素晴らしき俳優。また、有名な主演作品にはカサブランカがあります。
 カサブランカといえば、あたしの大好きな沢田研二の曲、カサブランカ・ダンディ。サビの部分で「ボギー、ボギー」と連呼しておりますが、これもまたハンフリー・ボガートのこと。(関連記事はこちら 阿久悠と日本語 小説表現の関わり

 一連のつながりがあたしのなかでは確立されており、ハンフリー・ボガートを中心に世良正則と沢田研二もまた、あたしにとってはハードボイルドの一員。(笑)


 いずれにしても、ハードボイルド作品においてタバコというのはとても重要な存在だったりしますね。


 女でハードボイルドというのはなかなか難しいいのか、これと言い切れる存在がありませんが、ハードボイルドに心で寄りそう存在という意味では女が重要。
 あたしの大好きな紅の豚でも、タバコに火をつけるマルコの格好良さがしっかりと描かれており、ハードボイルドに翻弄される女たちもまたしっかりと描かれております。
 

 ジーナには本当に憧れます。
 誰からも愛される素敵なマダムなのに、空飛ぶ豚に一途!!
 こうやって胆略的に書いてしまうと、間抜けな女かと思ってしまいますが、紅の豚ではジーナのこの胆略化してしまうと間抜けになってしまう部分についても実に細かく描かれていて、とても素晴らしい。
 フィオがヒロインとして描かれているように思うかもしれませんが、ジーナこそこの作品のヒロインだとあたしは思います。
 欲を言えば、マルコの魔法を解くキスをするのがジーナであってほしかったけど、あの場面でマルコにキスをするような女だったら、あたしはジーナを好きになっていなかったでしょう。
 そういう意味でも、ジーナやっぱりかっこいいです。


 なんか話がそれましたが、まぁいつものことだしいいか。(笑)


 最後に面白い動画を見つけたので、貼って終わりましょう。



 それではまた、酒井しのぶでございました。
 

 
 

 

拍手[6回]

PR
【酒井しのぶの作品はこちら】
本格ハードボイルド長編小説 

一話読みきり短編作品集 

通話形式の超ショートショート集 

【ランキングに参加中】
作品を気にいっていただけたらランキングのクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ツイッターでこのブログをつぶやけます。
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
無題
私は禁煙しました。
健康のためじゃなく多分体質的にあってなかったんだと思います。
なんだか吸っててもうまく無くなり自然に辞めました。

でもやっぱりタバコってかっこいいですよね。
バイクをおりて一服するのと携帯弄ってるのとじゃえらい違いですからね(笑)

ちなみにマルボロメンソールを愛用していました。
インホ◯にはなりませんでしたよ。
でも不感症だったかも。
本番じゃ中々逝けませんでした。(一人で弄り過ぎって説もありますが)

――『おれはムスコの皮をむく』
sportちょっぷ URL 2010/11/21(Sun)20:17:41 編集
無題
またお話を読めて嬉しいです。

次元、やっぱカッコイイですね。私も小学生の頃ルパンを見てタバコってカッコイイって思い今に至ります。値上げ・・・禁煙?ナニソレってかんじでガンガン吸ってますけどww
ジス URL 2010/11/21(Sun)23:20:25 編集
無題
タバコが出る映像は消去ってっていう風潮は
嫌いです。
紅の豚も刑事コロンボもエデンの東も
タバコ無しではあり得ないです。
 
『粋』っていうことを
大事にして欲しいなあ、と思います。
natsu 2010/11/22(Mon)11:55:51 編集
無題
タバコが題材になるキャラクターと言えば
刑事コロンボとか、ジェームス・ディーンとか
 
ちょうど、この日記を見ている時に
横で「紅の豚」をやっていたのでした。
 
こんな饒舌なアイテムを使わない理由は
ないですよね。
そもそも、タバコ自体がうまい。
誰かに見せるんじゃなく
タバコを楽しもうよ。
 
そんなことが言えない今の時代は
嫌ですねえ。
natsu 2010/11/23(Tue)10:53:32 編集
無題
私はセブンスターほぼ一筋!
「なんで吸い始めちゃったかな~」
って考えても覚えていないくらいですね。
ジッポ憧れのアイテムですけど、すぐになくすので・・・(笑)

大人なジーナも、かわいらしいフィオも。
どっちも魅力的ですよね~
こちくん URL 2010/12/09(Thu)18:15:29 編集
無題
いきなりのコメントすみません(^^);A
宣伝させてください!!
タバコの値上がりに困っていらっしゃいませんが?
安くたばこを手に入れる方法を教えちゃいます!

そこで便利なのがタバコの個人輸入代行サービス。
海外のたばこを激安でご自宅までお届けします。
タバコを個人輸入するなら安心・安全のガイタバ.comにおまかせください!

[タバコの個人輸入代行] ガイタバ.com→http://gaitaba.com/
ばたこ URL 2011/09/21(Wed)15:40:23 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
RSS

Add to Google
このブログをリツイート!
ブログ内検索
最新コメント
[11/13 DSLR-A850]
[09/21 ばたこ]
[05/19 メルマガアフィリとブログアフィリで初心者でも稼ぐ@中野]
[04/27 ゆっきー]
[01/17 凛 七星]

* 管理人が返信したコメントにはメモ帳マークが表示されます。
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
バーコード
携帯電話からの閲覧は↓をバーコードリーダーで写してくださいませね。


忍者ブログ  /  [PR]
 / COPYRIGHT ©  酒井しのぶ ALL RIGHTS RESERVED