QLOOKアクセス解析
しのぶのあっちがわ 不良少女は吹奏楽部 忍者ブログ
妄想/連想/暴走――激走する脳内モルヒネの意想。 変態ハードボイルド小説作家の有相無相――
酒井しのぶの作品紹介
【ファッキン・シスターズ・クライスト】
 酒好きで女好きで自堕落で格好つけの片桐有二は、二十五年まえに体験したレイプ事件のトラウマに悩まされる、ハードボイルドを気取った私立探偵。ある依頼がもとで、変態性癖が巻き起こす事件に首を突っ込むことになってしまう。高飛車で自分勝手なふしだら女の酒井しのぶと共に、事件の真相を探りだすのだが……推理あり、シリアスありの、本格ハードボイルド長編小説。
 

【あいつとの電話】
 ツンデレコンビのしのぶと有二。小説のなかだけじゃなく、普段の会話も超ツンデレ&超下品でちょっぴりエッチ!
 酒井しのぶの小説に登場する二人が織り成す、会話のみの超ショートショート作品集です。一話読みきりなので、お気軽に読んでいただければと思います。
 

【Shinobu to Yuji 短編集】
 長編ファッキン・シスターズ・クライストの外伝的一話読みきり短編作品集。笑い、切ない過去、素直じゃない愛情、そしてお決まりのエッチな会話。しのぶと有二のツンデレコンビは、殺人事件がなくても面白い。
 

 (注: すべての作品がR15指定です。作品の性格上、性描写、暴力描写、差別的発言などが各所に出てきます。不快に思う人は読まないでください)
管理人プロフィール
酒井しのぶのプロフィールは↓からどうぞ。
My Profile by iddy

Google Profileはこちら

酒井しのぶへのご意見、ご要望、ご感想など、記事コメント意外の内容は↓へお願いいたします。
おきてがみ

mixi(ミクシィ)やってます!
ランキング
お気に召しましたらクリックしてくださいませ。
にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン   
メールフォーム
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ。
*返信が必要な場合は、返信先アドレスを入力の上、その旨お書きくださいませ。
Powered by NINJA TOOLS
インフォメーション

【ボチボチと書き始めています】
 いろいろあり、忙しい毎日を過ごしています。
 書きたい衝動は日に日に増してくるのですが、なかなか時間が作れず、昔のようにすべてを犠牲にして書く勇気もなく、いまは我慢の時期かなと思う今日この頃。
 それでも、書かずにはいられないときもあるので、短いエピソード的なものをチマチマと書いたりしています。
 皆様のところへ訪問する時間はまだなかなか作れませんが、毎日少しづつですが、勉強し精進しているところですので、いましばらくお待ちくださいませ。

【ご連絡】
 記事下部の拍手ボタンを押してくださり、拍手内でコメントくださる方がたくさんいてありがたく思っております。
 拍手内のコメントでは、こちらからの返信ができませんので、返信をご希望の方は記事へのコメントをお願いいたします。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【酒井しのぶの作品はこちら】
本格ハードボイルド長編小説 

一話読みきり短編作品集 

通話形式の超ショートショート集 

【ランキングに参加中】
作品を気にいっていただけたらランキングのクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ツイッターでこのブログをつぶやけます。
 こんばんは、酒井しのぶでございます。(え? もうすぐ朝だって? 笑)



 なんか、ここ何日かバタバタしていて、昼間に仮眠とかしちゃったせいで、まだ寝て間もないのに、こんな時間に目が覚めてしまいました。
 だから、書き溜めていた記事を修正してアップしちゃいますね。


 *公序良俗にそぐわない表現が出てきます。お嫌いな人は読まないでくださいませね。


 今日は『不良少女は吹奏楽部』の番外編でございます。
 でもって話題は、タイトル通り『ジェイソン・ゲーム』です。
 

 どんなゲームかって、単なる鬼ごっこです。(爆)


 鬼=ジェイソン。
 ただそれだけなんですが、普通の鬼ごっことはちょっと違います。


 まず、ジェイソン・ゲームのフィールドは学校の建物のなかで、外は禁止。あと、男女混合だったので、トイレとか、性別によって入れない場所も禁止。

 わたくしの学校は、3学年合わせて24クラスの教室と、その他専門教室や職員室などがある3階建ての校舎が2つ、専門教室だけの2階建ての小さい校舎が1つ、それと体育館がありました。
 けっこう広いんですが、ジェイソン・ゲームの場合そのほうがいいんです。

 で、あとはただ鬼ごっこをするだけなのですが、普通の鬼ごっこの場合、捕まると鬼を交代しますよね。
 でも、このジェイソン・ゲームは交代なしです。
 フィールドが広いので、誰が鬼か確認できないためです。


 それともう一つ、鬼に捕まった人は、鬼にいたぶられます。


 これがけっこう怖いんです。
 捕まった人は、怪我をしない程度に痛めつけられるんです。
 だいたい多かった拷問はですねぇ……『鼻グリグリの刑』とか『デコピン10連発』とか『四の字固め』とかでした。

 あ……『鼻グリグリの刑』というのはですね。
 拳を鼻の頭に押し付けてグリグリする、通称『鼻グリ』と呼ばれるもっとも恐ろしい刑です。

 これとっても痛いんですよ!(涙が止まりませんよ!!)


 ああ、なんて恐ろしいゲームでしょう!!(爆)


 捕まって罰を受けたあとは、また逃げる。
 これの繰り返し。(笑)


 ジェイソン・ゲームは放課後の下校時刻1時間前くらいに開始され、下校時刻のチャイムとともに終了します。
 1時間逃げ切ればいいのですが、これがけっこう難しい。


 まず、放課後というのは、部活をやっている時間です。
 なぜわたくしたちが部活をやらずに、そんなゲームをやっているのかは触れないでおきましてですね……。(笑)
 専門教室や体育館は、部活で使っているので基本的に入れません。
 職員室とか、先生がいそうなところにも入れません。(部活サボっているからね。爆)
 
 ですので、必然的に逃げ場は教室くらいしかなくなるんですが、これも専門教室の側とかだと先生に見つかるので、なかなか隠れられないんですね。

 それに、わたくしたちは当時、2年生でしたので、3年生の教室とかに行くとイジメられちゃうし、一年の教室は音楽室が近く、吹奏楽部がパート練習に使っていたりするために近寄れず、自ずと隠れられる教室なんて2年の8クラスぶんくらいしかないんです。


 そんなこんなでジェイソン・ゲームは開始されるわけですが、ここでまずはジャンケンで鬼ならぬジェイソンを決めると思うでしょ?

 違うんですよ。いや、最終的にはジャンケンするんですけどね。


 立候補で決めるんです。


 人間ってのはだいたい、サドかマゾのどっちかに属しているもんです。(笑)

 だから、ジェイソンになりみんなを追いかけまわして、恐怖を与えたうえで罰を与えるってのに興奮しちゃうサドと、その恐怖に体の芯をゾクゾクさせながら逃げ惑うことに興奮しちゃうマゾとに分別されるんですよ。(大げさか? 笑)

 
 というわけで、ジェイソンになりたい人が何人か立候補してジャンケンになり、カウント100で恐怖のはじまりってわけです。


 ぜんぶで5~6人だったかな、このふざけたゲームを楽しんでいたのは。(笑)
 女子はわたくしともう1人、昨日の記事で紹介したカナちゃん。
 あとは男子でした。


 わたくし、ジェイソンに立候補したことはありません。
 マゾなのかは自分じゃわかりませんが、逃げる恐怖が好きだったのはたしかです。(じゃあ、マゾだ! 爆)
 
 でも、いちばんの理由はそれじゃなく、『1人でみんなを探す』という行為が嫌だったんです。
 寂しいと死んじゃうウサギちゃんなんです、わたくし。(可愛いでしょ? 笑)


 ある日のことでした。
 いつも通り、部活をサボって教室に集まったジェイソン・ゲーム同好会。
 いつも通りに、ジェイソンが決まり、ゲームスタート。

 その日のジェイソンは『鼻グリ』の達人で、捕まると羽交い締めにされ、仰向けにマウントポジションを取られて、膝で両腕を押さえ込まれた挙句に、恐怖の『鼻グリ』がはじまるという、思い出しただけでおしっこ漏らしそうな恐怖が蘇る最強のジェイソンなんです。(あぁ怖い……。笑)

 
 わたくしはカナちゃんと一緒に逃げます。
 絶好の隠れ場所を知っているんです。


 専門教室だけの新校舎にある、第二家庭科室のスチール棚のなか。 


 専門教室だけなために、ほとんどの教室が部活で使用されているのですが、第二家庭科室は点字部が使用していて、点字部は週1回、金曜日だけしか活動していないのです。

 その第ニ家庭科室には、上部がガラスの引き戸で、下部がスチールの引き戸になっているスチール棚がいくつもあって、教材とかガラクタとか、いろんなものが入っていて鍵がかかっているのですが、一箇所だけ鍵が壊れている棚があるのをわたくしは知っていたんです。

 なかは空っぽで、たぶん空っぽだから鍵を直すこともしなかったんだと思います。
 

 ジェイソンは男子。
 家庭科室なんか普段の授業じゃ利用しません。

 おまけにほかの教室では部活をやっている新校舎ですから、そんなところに隠れているなんて、夢にも思わないはず。


 わたくしはいつも、カナちゃんと一緒にその棚のなかに隠れて時間をつぶし、残り10分くらいになったところで、第ニ家庭科室を出て恐怖を楽しむという、なんともずるい遊びかたをしていました。(か弱い女子なんだから、ハンデよ! 笑)


 そんなこんなでスチール棚のなかに入ったわたくしとカナちゃん。
 狭いところなので、体育座りで体を丸めても、2人の足と足が絡み合うようなところです。
 
 カナちゃんのつま先が、わたくしの大事なところにあたりましてね。
 ブルマの上からとはいえ、モゾモゾと動くカナちゃんのつま先はけっこうな刺激!


「ちょっとカナちゃん、足、足……」
 小さい声でそう言うわたくし。


 どうやらカナちゃん、わかっていたようでわざとやっている模様。
 ニヤリとしながら「どうしたの?」って。(どうってあんた……ねぇ。笑)

 
 刺激が徐々に強くなって『ああもうダメよ! 助けてお母さぁん!!』ってときに!!


 ガラッ!!
 わたくしの側のスチールドアが開いてジェイソン登場!!!! 
 本当に『助けてお母さぁん!!』状態です。(爆)


 いやぁ、マジでパニックでしたよこれ。(笑)


 わたくしそこから引きずり出されましてね。
 恐怖のマウントポジションですよ!!(ぬはぁ! 怖ぇぇえええ!!)


 カナちゃんったら、その隙に逃げていきましてね。(いやーん、待ってカナちゃーん!!)
 第ニ家庭科室にはわたくしとジェイソンの2人っきり。

 絶対絶命のピンチです!!
 ていうか、もうマウントポジションだし、両手はかろうじてまだ抑えられてなかったけど、逃げるのはもう不可能。

 
 嗚呼、わたくしもついに『鼻グリ』されて絶叫するのね……。
 って半ばあきらめ気分のときに、ジェイソンはいつものように膝で腕を押さえ込むのじゃなく、両手でわたくしの手首を床に抑えつけましてですね。


「おまえら、そのなかでなにしてたんだ? エロい声が聞こえてたぞ」


 なんてことでしょう。
 わたくしもカナちゃんもまったく気がついていませんでした。
 ジェイソンはカナちゃんにあれやこれやされていたわたくしの声を聞いていたのです。(ああ、恥ずかしい……)


 ていうか……これマズイんじゃない??
 鼻息荒いジェイソンにまたがられて、エロい声がどうのとかって……もしかして!?


 わたくしかなりな危険を感じて、大声を出しました。
 そしたら隣の第ニ理科室から、理科部の生徒たちがウヨウヨとやってきましてね。

 
 わたくしの操は守られましたが、ジェイソンは大変な目にあっていました。(ああ、可哀想。ごめんよジェイソン。笑)


 挙句の果てに、先生に呼び出されちゃいましてね。
 一応はなにもなかったわけだし、もともとそういうゲームをやっていたわけだし、わたくし先生に「みんなで鬼ごっこしていただけです」って言って、ジェイソンは悪くありませんよって言ったんですよ。

 
 そしたら先生。
「まったくおまえは……問題あるところに酒井アリだな」


 だってよ!!(失礼しちゃうわ! 笑)


 本日の「しのぶが思うハードボイルド」

 タフガイだってジェイソンには勝てません。(爆)

 以上でございます。


 それではまた、酒井しのぶでございました。

拍手[7回]

PR
【酒井しのぶの作品はこちら】
本格ハードボイルド長編小説 

一話読みきり短編作品集 

通話形式の超ショートショート集 

【ランキングに参加中】
作品を気にいっていただけたらランキングのクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ツイッターでこのブログをつぶやけます。
RSS

Add to Google
このブログをリツイート!
ブログ内検索
最新コメント
[11/13 DSLR-A850]
[09/21 ばたこ]
[05/19 メルマガアフィリとブログアフィリで初心者でも稼ぐ@中野]
[04/27 ゆっきー]
[01/17 凛 七星]

* 管理人が返信したコメントにはメモ帳マークが表示されます。
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
バーコード
携帯電話からの閲覧は↓をバーコードリーダーで写してくださいませね。


忍者ブログ  /  [PR]
 / COPYRIGHT ©  酒井しのぶ ALL RIGHTS RESERVED