QLOOKアクセス解析
男が歌う女の気持ち 忍者ブログ
妄想/連想/暴走――激走する脳内モルヒネの意想。 変態ハードボイルド小説作家の有相無相――
酒井しのぶの作品紹介
【ファッキン・シスターズ・クライスト】
 酒好きで女好きで自堕落で格好つけの片桐有二は、二十五年まえに体験したレイプ事件のトラウマに悩まされる、ハードボイルドを気取った私立探偵。ある依頼がもとで、変態性癖が巻き起こす事件に首を突っ込むことになってしまう。高飛車で自分勝手なふしだら女の酒井しのぶと共に、事件の真相を探りだすのだが……推理あり、シリアスありの、本格ハードボイルド長編小説。
 

【あいつとの電話】
 ツンデレコンビのしのぶと有二。小説のなかだけじゃなく、普段の会話も超ツンデレ&超下品でちょっぴりエッチ!
 酒井しのぶの小説に登場する二人が織り成す、会話のみの超ショートショート作品集です。一話読みきりなので、お気軽に読んでいただければと思います。
 

【Shinobu to Yuji 短編集】
 長編ファッキン・シスターズ・クライストの外伝的一話読みきり短編作品集。笑い、切ない過去、素直じゃない愛情、そしてお決まりのエッチな会話。しのぶと有二のツンデレコンビは、殺人事件がなくても面白い。
 

 (注: すべての作品がR15指定です。作品の性格上、性描写、暴力描写、差別的発言などが各所に出てきます。不快に思う人は読まないでください)
管理人プロフィール
酒井しのぶのプロフィールは↓からどうぞ。
My Profile by iddy

Google Profileはこちら

酒井しのぶへのご意見、ご要望、ご感想など、記事コメント意外の内容は↓へお願いいたします。
おきてがみ

mixi(ミクシィ)やってます!
ランキング
お気に召しましたらクリックしてくださいませ。
にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン   
メールフォーム
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ。
*返信が必要な場合は、返信先アドレスを入力の上、その旨お書きくださいませ。
Powered by NINJA TOOLS
インフォメーション

【ボチボチと書き始めています】
 いろいろあり、忙しい毎日を過ごしています。
 書きたい衝動は日に日に増してくるのですが、なかなか時間が作れず、昔のようにすべてを犠牲にして書く勇気もなく、いまは我慢の時期かなと思う今日この頃。
 それでも、書かずにはいられないときもあるので、短いエピソード的なものをチマチマと書いたりしています。
 皆様のところへ訪問する時間はまだなかなか作れませんが、毎日少しづつですが、勉強し精進しているところですので、いましばらくお待ちくださいませ。

【ご連絡】
 記事下部の拍手ボタンを押してくださり、拍手内でコメントくださる方がたくさんいてありがたく思っております。
 拍手内のコメントでは、こちらからの返信ができませんので、返信をご希望の方は記事へのコメントをお願いいたします。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【酒井しのぶの作品はこちら】
本格ハードボイルド長編小説 

一話読みきり短編作品集 

通話形式の超ショートショート集 

【ランキングに参加中】
作品を気にいっていただけたらランキングのクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ツイッターでこのブログをつぶやけます。
 こんにちは、酒井しのぶでございます。


 今日の記事は、タイトルどおりでございますね。
 男性歌手が女性の詞を歌う曲のご紹介です。といっても、わたくしの好みの曲しか紹介しませんけどね。(笑)
 

 女心を歌詞にした歌を男性歌手が歌う。
 このパターン、得意な歌手っていますよね。

 わたくしが思い浮かぶところだと、筆頭にあがるはこの人。


 前川清。

 
 前川清は女心をたくさん歌っていますよねぇ。
 代表曲ってなるとかなり難しいので、わたくしの好みで一曲選びますね。



 本当は「別れ歌でも歌って」が一番好きなのですが、YouTubeでは削除されてしまっていたので「男と女の欠片」を。
 
 いい曲ですねぇ。ほれぼれします。
 歌詞がすごいわよね。(笑)
 
 わたくし「別れ歌でも歌って」と「男と女の欠片」はブルースっていうかジャズっていうかボサノバっていうかなアレンジでカバーしておりました。
 ボサノバ系アコースティック生バンドをランチタイムのセレブ主婦に披露するお店で歌っていたんですよ。(笑)


 前川清はこんなに歌が上手くていい歌ばかり歌っているのに、本人曰く「歌うのが嫌い」なのだそうです。
 なんで歌っているのかと言えば、「歌うとおかねがもらえるから」だそうです。
 なんともまぁ、奴隷制度時代の黒人ブルースマンみたいなことを言っちゃって。(笑)


 さて、日本にはもう一人、女心を歌わせたら天下一品な歌手がいますね。


 やしきたかじん。


 この人、言いたい放題の関西のおっちゃんってイメージですが、とってもいい歌を歌う歌手なんですよ?(知っているわよね。笑)



 この曲はもう、文句のつけようがありませんね。
 たかじんったら、どうしてこんなに女心がわかるのだろうか。
 じつはオ◯マ!?(笑)

 いやいや、しゃべっているときはただの大阪のおっちゃんだもんねぇ。(爆)

 これ、曲のアレンジもよく出来ていて、最後のサビでブレイクするとことか、王道って言ったらそれまでだけど、使いどころがうまいわよねぇ。

 あと「やっぱ好きやねん」も名曲ですが、有名でしょうからはずしておきます。(笑)
 かわりに「あんた」を。



 これは聴いているともう泣いちゃいますね。
 やっぱりたかじん、あんたオ◯マでしょ!!(笑)

 
 オトコはいいよね 子どものままでいられて
 オンナでよかった あんたに出逢えたからね


 うんうん、それ以上言うことないわね。(笑)


 大阪のおっちゃんつながりってなるとこの人も忘れちゃいけませんね。


 BORO。

 
 はい、もう名曲中の名曲、イナタイブルースを日本に広めた偉大な曲「大阪で生まれた女」ですね。(イナタイブルースっていうのは、ブルースの演奏形式の1つです)



 この曲じつは、18番まであって、ぜんぶ歌うと(アレンジのテンポにもよりますが)30分くらいになります。
 そのために、レコードではこの短さになっているんです。
 
 大阪の高校生の男女の恋愛を歌った曲で、最後は別れてしまうというストーリーソングです。
 それと、レコードバージョンでは女心かなと思えたりもしますが、18番までのバージョンでは男女両方(どちらかというと男かな)の気持ちを歌っています。
 そういう意味では今回のセレクションからは除外対象になる曲ですが、好きなので載せちゃいます。(笑)
 18番まで聞きたい人は、YouTubeで「大阪で生まれた女 18」って検索すれば出てきます。長いので4つに分割されていますけどね。(笑)


 あと、忘れちゃいけないのがこの人ね。
 

 松山千春。


 ハゲでも女心はわかるのよ。(爆)


 
 松山千春は、いい曲多いですよね。ハゲなのに。(言い過ぎました、ごめんなさい)
 ハゲでも大好きです。ていうか、ハゲのほうが若いときより素敵だわ。
 
 松山千春もやしきたかじんと一緒で言いたい放題な毒舌野郎ですが、毒舌野郎っていうのは、女心に精通しているものなのでしょうかね?(笑)
 
 
 さて、次はわたくしの趣味を爆発させますか。
 わたくしがとっても大好きな日本のブルースマン。


 上田正樹だ!(気合入れていくぞー! 笑)


 曲はもちろん「悲しい色やね」ですが、もちろんみんな知っている曲だとおもうので、今回はかなり崩して歌っている最近バージョンをどうぞ。



 酔っ払っているわけじゃないですよ。(笑)
 この人は見も心もブルースに捧げてしまっているので、常人とは感覚が違っているのです。
 日本じゃこの曲しかヒットしませんでしたが、ずいぶん前からバリに移住しているんですよ。向こうじゃ超人気ミュージシャンなんです。(濁点と半濁点が見づらいかもしれないので、一応注意しておきます。フランスのパリじゃなく、バリ島のバリです)
 バリの有名女性歌手などとのコラボ作品も出したりしています。
 素敵なおじ様になっちゃってもう、素敵すぎますね。(笑)
 
 関係ない話ですが、バリは大理石がたくさん取れるそうで、上田正樹の豪邸は大理石をふんだんに使って建てられています。大理石は空気を冷やしてくれるそうで、暑いバリでも冷房などいらず快適に暮らせるそうです。


 それでは、本日最後の女心を歌う男性歌手をご紹介いたしましょう。

 
 わたくしたぶん、女心を歌う男性歌手の歌を聴いたのって、この人がはじめてだったんじゃないかなぁ。
 最近はジェロもカバーしていましたね。


 佳山明生です。


 曲はもちろん「氷雨」でございますよ!


(注: 埋込無効設定になっているようなので、再生ボタンをクリックしたあとに「YouTubeで見る」をくりっくしてください)

 これはけっこう思い出のある曲です。
 子どもの頃、お正月とかに親戚でおばあちゃんちに集まると、大人たちはみんなカラオケやったりしていたんですね。
 当時はカセットテープにカラオケが入っていて歌詞カード見ながら歌う、そんなカラオケでした。
 ほとんどが演歌かムード歌謡ばっかりで、流行りのアイドルソングはちょっとしか入ってないんですよ。

 当然、大人たちは酔っ払って上機嫌になってくると、子どもたちにも歌えってはじまるわけです。

 わたくしの持ち曲は、この「氷雨」だったんですね。(笑)
 あとあれね。
 八代亜紀の「舟歌」ね。(爆)
 
 ピンクレディーとかもあったけど、それは従姉妹と一緒に踊りながら歌っていました。(ええ、どうせわたくしはケイちゃん役でしたよ。笑)

 
 そんなわけで、女心を歌う男性歌手の特集でした。
 
 ちなみに、女ってこの手の歌を聴くときは、頭で聴くわけでもなく心で聴くわけでもないんですよ。


 子宮で聴くんです。(爆)


 本日の「しのぶが思うハードボイルド」

 犯人はわかっても女心はわからないハードボイルド。

 以上でございます。


 それではまた、酒井しのぶでございました。

拍手[7回]

PR
【酒井しのぶの作品はこちら】
本格ハードボイルド長編小説 

一話読みきり短編作品集 

通話形式の超ショートショート集 

【ランキングに参加中】
作品を気にいっていただけたらランキングのクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ツイッターでこのブログをつぶやけます。
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
無題
こんにちは。こちらの勝手な要望でしたのにコメントまで残して頂いてありがとうございましたm(__)mこれからも訪問させて頂きますのでよろしくお願い致しますm(__)m
シン URL 2010/03/14(Sun)14:58:02 編集
シンさんへ
 こんにちは。
 よろしくお願いいたします。楽しく交流していきましょうね。(*´ω` )ノ
酒井しのぶ 2010/03/14 16:36
たかじんのバー
こんにちわw
たかじんの「東京」、上田正樹の「悲しい色やね」は良くカラオケで歌いますよ!下手くそでも何とかなるのは上田正樹のほうですが(爆)
シンディ URL 2010/03/14(Sun)17:15:27 編集
シンディさんへ
 こんばんは。

 前川清はわたくしでも世代はずれですからね。いまの50代から上の世代の人なら歌うこともあるでしょうが、知らない人の方が多いかも。(笑)
 
 悲しい色やねはたしかに、歌う人によっていろいろ癖をつけやすいみたいですね。
 東京はいい曲だけど、たかじんの曲ってどれもけっこう難しいんですよね。 
 
酒井しのぶ 2010/03/14 18:39
こんにちは。
わたしが知っているのは、「氷雨」だけでした。何か、すみません…。ところで、わたしは、「死ぬ」がつくほど、小田和正さまが大好きです。初期のころは「少し、離れた方がいいみたい。こんなに、疲れるなんて…」みたいなビミョーな女心?をつづった歌もあったような気がします。しのぶ姉さんは、小田さん、イケる派ですか?
ベイビーひかる。 2010/03/14(Sun)18:54:07 編集
ベイビーひかるさんへ
 こんばんは。

 小田和正、詳しくはないですけど、有名な曲は知っていますよ。
 わたくしが子どもの頃はまだオフコースだったので、ソロの曲は大人になってからなせいもあり、あまり聞き込んではいないんです。
 だからといってオフコースの曲を聞き込んでいたわけでもわりませんが。(爆)
 
 当時、不良の間では、オフコースは真面目な学生が聴く音楽っていうよな位置づけをされていましてね。
 オフコースが好きだとか言うと、バカにされたりしていたんですよ。(注: 不良の間だけの話です。笑)
 だからみんな、隠れて「さよなら」を聴いていたもんです。(笑)
 
酒井しのぶ 2010/03/14 19:21
無題
やしきたかじんさん
切る所を間違えると
やしきた かじん さんに なりますね(爆)
女性の心を歌う男性ボーカルは
皆さん 声がかすれている様な。。。
松山千春の 恋は
私も歌えます♪
てっちゃん 2010/03/14(Sun)20:54:25 編集
てっちゃんさんへ
 こんばんは。
 
 ひらがなでしかもあまり一般的じゃない名前ですからね。日本語って難しいわ。(笑)
 
 恋、いい曲ですよね。こういう歌を気張らずに歌える男の人って素敵なんですよ。女はホロホロ~ってなっちゃいます。(笑)
酒井しのぶ 2010/03/15 00:24
無題
好きなはずなのにオカ○とかハゲとかボロクソ言ってる酒井しのぶさんがカッコよくてしょうがないです。
sportちょっぷ URL 2010/03/14(Sun)20:55:33 編集
Sportちょっぷさんへ
 こんばんは。

 あれ? ◯カマとかハゲとかって褒め言葉じゃないの!?(爆)
 やしきたかじんも松山千春も、じつはドMなんじゃないかと思っているわたくしです。(笑)
酒井しのぶ 2010/03/15 00:26
無題
w(゜o゜)w オオー!
東京出てきましたね♪
好きな曲です。
たかじん、オ〇マなんですか(゜゜;)エエッ
( ̄~ ̄)ウーム
たかじんと仲良しのリリアンはオ〇マだけど・・・

氷雨がでたことで、しのぶさんの歳がハッ!Σ( ̄□ ̄;
ケンケン 2010/03/14(Sun)23:16:38 編集
Re:無題
 こんばんは。
 
 東京はかなり好きです。好きだって言うと、カラオケでみんなして歌ってくれちゃいます。
 でも、この曲は歌う人でぜんぜん違って聞こえます。しかも、誰もがみんな「おれのほうがうまい!」って思って歌っているように見えます。(笑)
 
 たかじんの曲は気張らずに優しく歌ったほうがわたくし好みです。(あれ、わたくしの趣味は聴いてませんか。笑)

 わたくしはそこそこいい歳ですよ。(おばさんって言ったらキレます。笑)
酒井しのぶ 2010/03/15 00:29
こんばんわ
こんばんわ。
昨日からちょっと前のデスクトップを分解組み立て、再設定とかしていたら何度も失敗(^_^;)
ようやく終わりすべてバックアップほっとしました。
快適になりました。
それでちょっとブログはそのままでした。
また鋭意がんばりますので(^_^;)
とりあえずご挨拶まで。
KOZOU URL 2010/03/15(Mon)01:51:21 編集
KOZOUさんへ
 こんにちは。
 
 パソコンの組み立てとはさすがです。わたくし前に、いまのノートを分解してファンの埃を取るだけで、朝から夜までかかったことが……。(笑)
 
 新しい記事、楽しみにしてます。(*´ω` )ノ
酒井しのぶ 2010/03/15 13:57
無題
おぉ、同年代なのにさすが古い曲をたくさんご存知で!
カラオケで誰かが歌って
「いい曲だな~」
って思った曲が多数ありますねぇ
まぁきっと有名な曲なんでしょうね!

子宮で聞いちゃうのかぁ(笑)
こちくん URL 2010/03/15(Mon)02:41:27 編集
こちくんさんへ
 こんにちは。

 おじ様たちとカラオケすることが多かったですからね。いろいろ知っています。(笑)
 友達と行くカラオケボックスではなかなか聴くこともなさそうな曲ばかりですが、スナックとかじゃいまだに歌っている人たくさんいそうです。(笑)
酒井しのぶ 2010/03/15 14:00
こんばんわ
こんばんわ。
前川清しゃん、大好きですね。
いかにも九州のきゃら。
九州、特に福岡県は多いですね。
こちらの言葉で「にやがりもん」といいますけれどお調子者が多いような。
みんな歌詞じっくり聞いているとほんとにいいですね。
ハゲのもいいし(^_^;)
KOZOU URL 2010/03/15(Mon)03:34:51 編集
KOZOUさんへ
 こんにちは。

 そうか、前川清も九州でしたね。
 口下手な感じで、ちょっとかわいい顔なところが好きです。(笑)
 
 みんなヤクザみたいな顔して、この歌声ですから、インパクトあります。(笑)
酒井しのぶ 2010/03/15 14:02
こんにちは
しのぶさん、泣かせる曲でせめてきましたね。
男の人が甘い声で女心を歌う歌はぐっときますね。なんでそんなに女心がわかるの?って。
歌詞をおいながら聴いちゃいます。
今も子宮で聴いて泣いちゃいそうです。

前川清ってついつい歌っている様子に目がいってしまいますが、歌が上手だし、いい歌を歌っているんですね。

毒舌な人が女心に精通しているという点、納得です。
松山千春はロングヘアーの時より今の方が素敵です♪
りい子☆ URL 2010/03/15(Mon)10:21:09 編集
りい子さんへ
 こんにちは。

 毒舌って、ナイーブだったり感受性が豊かだったりの裏返し的なところがありますからね。最近で言うツンデレってやつですねきっと。(笑)
 
 男の人が女の気持ちをわかっているというのが伝わると、嬉しくなったり安心したりしちゃって、ほろほろっときちゃうんですよね。罠とも知らずに……。(爆)

 わたくしもハゲのほうが好きです。(笑)
酒井しのぶ 2010/03/15 14:10
懐かしい。。。
こんにちわ。
痛いところ突かれたって感じです。
皆歌える私って何時代の人間!?
特に『悲しい色やねん』はもう泣きたい時には欠かせないです。はい、子宮で聴いてます。
ちょっとこれは永久保存盤ですぇ。ボサノバにアレンジするとは良く考えましたね。凄くいい感じになりそうです。
 朝から聴くと子宮がうずきます。
この余韻を残して1日暮らしそうで怖い(笑)。
 いい歌、ありがとうございました。
とこ URL 2010/03/15(Mon)10:39:29 編集
とこさんへ
 こんにちは。

 関西方面に多いんですよね、女の詞を歌う男って。
 わたくし関東生まれの関東育ちですからよくわかりませんが、関西にはもしかしたら、そういう風土があるのかなぁなどと思ったり思わなかったり。
 
 悲しい色やねは、おっしゃるとおりですね。わたくしもとっても好きな曲です。(ていうか上田正樹が大好きです。笑)
 
 朝から悶々とさせちゃってすいません。(爆)
酒井しのぶ 2010/03/15 14:13
無題
えぇとこ突いてきますなぁ(笑)

たかじん・・・

関西人の野郎にとっては定番ですな。

何曲かは歌詞を見やんでも歌えますがな

「愛を歌うヤクザ」

「鈴虫の声を持つゴキブリ」なんて言われてますが(爆)



上田正樹・・・

自分は「わがまま」が一番好きですなぁ。

十八番ですねん(笑)

これで何人ネェーチャン泣かしたか(爆)



洋楽しか聴かへんけど、

たかじん、上田正樹に、

桑名正博、憂歌団は好きですなぁ(笑)

大阪はラテン系って言われるけど、

音楽はブルース系やと思いますなぁ。

あとは男心を男が歌う、河島英五かな(笑)
けびん URL 2010/03/15(Mon)22:45:04 編集
けびんさんへ
 こんばんは。

 憂歌団はわたくし大好きですよ!(ちょっと興奮してます。笑)
 木村さまも素敵ですが、やっぱり内田勘太郎よね!
 
 わがまま、いい曲ですよね。
 河島英五もいいですねぇ。酒と泪と男と女、これをわたくし好みに歌ってくれる男性がいたら、その日はもう家には帰りませんね。(笑)

 おっしゃるとおり、関西はブルースですね。
 東京は音楽的には面白さがありません。(笑)
酒井しのぶ 2010/03/15 22:57
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
RSS

Add to Google
このブログをリツイート!
ブログ内検索
最新コメント
[11/13 DSLR-A850]
[09/21 ばたこ]
[05/19 メルマガアフィリとブログアフィリで初心者でも稼ぐ@中野]
[04/27 ゆっきー]
[01/17 凛 七星]

* 管理人が返信したコメントにはメモ帳マークが表示されます。
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
バーコード
携帯電話からの閲覧は↓をバーコードリーダーで写してくださいませね。


忍者ブログ  /  [PR]
 / COPYRIGHT ©  酒井しのぶ ALL RIGHTS RESERVED