QLOOKアクセス解析
本田美奈子の隠れた仕事 忍者ブログ
妄想/連想/暴走――激走する脳内モルヒネの意想。 変態ハードボイルド小説作家の有相無相――
酒井しのぶの作品紹介
【ファッキン・シスターズ・クライスト】
 酒好きで女好きで自堕落で格好つけの片桐有二は、二十五年まえに体験したレイプ事件のトラウマに悩まされる、ハードボイルドを気取った私立探偵。ある依頼がもとで、変態性癖が巻き起こす事件に首を突っ込むことになってしまう。高飛車で自分勝手なふしだら女の酒井しのぶと共に、事件の真相を探りだすのだが……推理あり、シリアスありの、本格ハードボイルド長編小説。
 

【あいつとの電話】
 ツンデレコンビのしのぶと有二。小説のなかだけじゃなく、普段の会話も超ツンデレ&超下品でちょっぴりエッチ!
 酒井しのぶの小説に登場する二人が織り成す、会話のみの超ショートショート作品集です。一話読みきりなので、お気軽に読んでいただければと思います。
 

【Shinobu to Yuji 短編集】
 長編ファッキン・シスターズ・クライストの外伝的一話読みきり短編作品集。笑い、切ない過去、素直じゃない愛情、そしてお決まりのエッチな会話。しのぶと有二のツンデレコンビは、殺人事件がなくても面白い。
 

 (注: すべての作品がR15指定です。作品の性格上、性描写、暴力描写、差別的発言などが各所に出てきます。不快に思う人は読まないでください)
管理人プロフィール
酒井しのぶのプロフィールは↓からどうぞ。
My Profile by iddy

Google Profileはこちら

酒井しのぶへのご意見、ご要望、ご感想など、記事コメント意外の内容は↓へお願いいたします。
おきてがみ

mixi(ミクシィ)やってます!
ランキング
お気に召しましたらクリックしてくださいませ。
にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン   
メールフォーム
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ。
*返信が必要な場合は、返信先アドレスを入力の上、その旨お書きくださいませ。
Powered by NINJA TOOLS
インフォメーション

【ボチボチと書き始めています】
 いろいろあり、忙しい毎日を過ごしています。
 書きたい衝動は日に日に増してくるのですが、なかなか時間が作れず、昔のようにすべてを犠牲にして書く勇気もなく、いまは我慢の時期かなと思う今日この頃。
 それでも、書かずにはいられないときもあるので、短いエピソード的なものをチマチマと書いたりしています。
 皆様のところへ訪問する時間はまだなかなか作れませんが、毎日少しづつですが、勉強し精進しているところですので、いましばらくお待ちくださいませ。

【ご連絡】
 記事下部の拍手ボタンを押してくださり、拍手内でコメントくださる方がたくさんいてありがたく思っております。
 拍手内のコメントでは、こちらからの返信ができませんので、返信をご希望の方は記事へのコメントをお願いいたします。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【酒井しのぶの作品はこちら】
本格ハードボイルド長編小説 

一話読みきり短編作品集 

通話形式の超ショートショート集 

【ランキングに参加中】
作品を気にいっていただけたらランキングのクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ツイッターでこのブログをつぶやけます。
 こんにちは、酒井しのぶでございます。


 昨日「氷雨」の動画を載せたのですが、記事の内容が、『女心を歌う男性歌手』というものだったので、佳山明生バージョンを載せました。

 でもじつはわたくし、日野美歌バージョンのほうが好きなんですよ。(笑)


 まぁ、ジェロがカバーするくらいですから(それってどれくらい!? 笑)、いろんな人が歌っているんですよ、この曲。

 で、そのいろんな人バージョンのなかで、わたくしが一番好きなのはこれ。



 はい、本田美奈子です。
 この歌はもう、マジでやばいです。特にサビに入るところなんか鳥肌ものですね。


 そんな本田美奈子。
 皆さんが真っ先に思い浮かぶのはこれでしょうかね。



 うん、超高画質ですねぇ。当時のテレビじゃこの画質は無理でしたから、これはなかなか見物です。(笑)
 歌詞が秋元康ってところがポイントですね、この曲は。
 秋元康の登場で、阿久悠の仕事が減ったんですよねぇ。まぁ秋元康も素晴らしい作詞家ですけどね。(笑)
 おにゃん子クラブとか、AKB48とか作ってるしね。(作詞業とは関係ないね。笑)

 とにもかくにも、「シネマスター」を「シネマスタア」と書く秋元康は素晴らしいです。(笑)
 日本語をよくわかっていらっしゃいますよ、あなたは!(お前が言うな。笑)


 さて、本田美奈子は白血病で死んじゃいました。
 悲しい出来事でしたが、それに関して書いているブロガーさんはけっこういるので、わたくしは別角度で書こうかと。(笑)


 そのまえに、アメージンググレイスだけは載せておきたいので、それについてちょっと書きますね。

 まぁ、詳しく知りたい人はウィキペディア 本田美奈子で調べてくださいませねってことで、いろいろ紆余曲折あって、彼女はミス・サイゴンをやるわけですよ。(なんといういい加減なブログなの! 笑)

 ミス・サイゴンをやる前とやった後では、歌唱力が恐ろしいほどに違うんです。
 ロック歌手からクラシック歌手に移行していく彼女は、とんでもない音域を自由に使いこなす声を手に入れるんですが、まぁああだこうだと説明してもしかたないので、この動画を観ましょうか。



 同じ曲で比べると、さっきのとはぜんぜん違うのがわかりますよね。うん、すごい。ビューティフルです。ハラショーです。GOOD JOB! BLOW JOB! HAND JOB! でございます。(え? 褒めているように聞こえない!? す、すいません……絶賛しているんですよ! 笑)


 そんなわけで、アメージンググレイスなわけですが、彼女の死と曲の切なさが相まって悲しいイメージになる曲ですが、なんたってミス・サイゴンの本田美奈子が歌うわけですから、それはもう素晴らしい歌唱力なわけです。



 うんうん、もうなんだろうね。
 評価のしようがないレベルですよね。音楽ってこの域に達しちゃうと言葉を失いますね。
 このレベルの歌手が若くして死んでしまうなんて、神も仏もあったもんじゃありません。この世のくそったれ具合の縮図のようです。


 とまぁ、ここまでかなり適当に書いてきましたが、このブログにリンクを貼らせていただいているぶんげいたんさくのとこさんも本田美奈子について書かれています。

 いい加減なわたくしと違っていろいろ詳しく書かれていますし、今回の記事でわたくしが省きまくっている部分について、特に詳しく書かれているので、ぜひ読んでみてくださいね。
 本田美奈子がへそ出しルックのキャピキャピアイドルなんかじゃなかったと言うことがわかると思います。
  歌に捧げた人生『本田美奈子』 ぶんげいたんさく


 さて、それではいよいよ本題にいきましょうか。
 いや、じつはアメージンググレイスを載せたかっただけなので、ここまでが本題なのかな?(それにしてはかなり手抜きに書いてますが。笑)

 まぁとにもかくにも、本田美奈子はヒット曲が出なくなってからしばらく、テレビからは遠ざかっていました。
 それが21世紀になってまた、少しづつ露出しだすわけです。
やはりミス・サイゴンでの評価がとんでもなく高かったのでしょうかね。エンターテイメントのポジションから、芸術のポジションに移行した感がありますが、そうは言ってもテレビで活動するのが芸能人のあるべき姿。
 精力的にテレビ復帰をしだすわけですが、そんななか彼女はこんな仕事もしているんですね。



 はい、「明日のナージャ」です。これを歌っているのが本田美奈子ですね。

 この番組は、日曜日の少女アニメ枠で2003年2月から1年放送されていました。
 おジャ魔女どれみのあとを引き継いだ番組なのですが、魔女っ子路線を脱した作品でして、おジャ魔女どれみがとんでもない人気だったこともあり、あまり人気を得ることができずに1シーズンで終わってしまったんです。
 まぁ考え方を変えれば、ナージャが1年だけ間にはさまれたことで、おジャ魔女どれみ人気を落ち着かせることができて、プリキュアに上手く移行できたってことかもしれませんね。

 ですがこの明日のナージャ。単なる間つなぎな作品なんかじゃありませんのよ。


 舞台は20世紀初頭で、ヨーロッパとエジプトが舞台で、母親探しが目的で、サーカス劇団とともに旅をするという、そんな明日のナージャ。

 これはどう考えても「世界名作劇場」路線の作風ですね。

 そのせいか、わたくし個人としては「魔女っ子なんかよりこっちのほうがいいじゃん」と、思っていました。(笑)

 言ってみればあれですよ。
 キャンディ・キャンディと魔女っ子メグとどっちがいいの的なね。
 赤毛のアンとキューティーハニーとどっちがいいの的なね。

 まぁどっちでもいいか。(爆)


 余談ですが、年齢設定がおジャ魔女どれみよりちょっと上だったりするせいか、サーカス一団との興行旅だったりするせいか、同人誌ではけっこう人気だったようです。(笑)
 ほら、筋肉隆々のやさぐれサーカス野郎どもとね、ムフフなね……。(爆)


 あらいけない。ヘンテコな方向に話が進んじゃいそうです。(笑)


 気を取り直していきましょうか。

 どんなあらすじかといいますとね。(注: ネタバレです!)


 生き別れた母を探すために孤児院を出てサーカス団、ダンデライオンと共に旅をするんですね。

 途中(いや、けっこう後半か。笑)、ナージャは大富豪の家の子だとわかるのですが、母の形見のブローチを盗まれてしまい、偽ナージャが登場するんです。その偽ナージャがブローチを証拠に大富豪の家に近づくわけで、ナージャは逆に嘘つき呼ばわりされるばかりか警察に追われるはめになるのです。
 まぁ、けっきょくは疑いも晴れ、母と感動の再会をはたします。(でなきゃ終わりませんからね。笑)
 そして、大富豪の後継ができたと祖父がナージャを養育しようとするのですが、ナージャは相続を放棄してダンデライオンとともに旅に出て行くという終わりかたです。


 もうあれよね。母を訪ねてとか、小公女とか、ペリーヌ物語とかが、すべて合わさったような、制作側にとってはこの上ない意欲作なんですね。(え? パクリとか言っちゃだめよあなた! 笑)


 そんな明日のナージャ。
 本田美奈子の歌は面白いくらいに作品とマッチしていて、とっても素敵でした。
 まだ観たことがない人はDVD借りて観ましょうね。(笑)





 作中でナージャが大道芸とか歌とか踊りとかを、いろいろ憶えていくんですよ。
 大道芸っていうのは、日本では道路規制の都合であまり活発じゃありませんが、ヨーロッパではけっこう盛んな文化の1つなんですね。そこら辺の描き方の上手さや、20世紀初頭のヨーロッパが舞台だったりするクラシカルさ、おしんかチャングムかってないじめられ具合といい、本田美奈子の抜擢というのは、とってもピッタリだったんじゃないかなって、思っているわたくしです。

 勝手な想像ですが、たぶん本田美奈子の起用を考えた人は、ミス・サイゴンを何度も観ているんだと思います。

 ともあれ、もっと長生きしてほしかったなぁ。
 音楽の素晴らしさや芸術性の高さを、ポップス漬けの日本人に伝導できるポジションにいたであろう人なだけに、とても悔やまれる死でしたね。

 本田美奈子が死んだと言う事実は、彼女個人の死と言う問題だけではなく、日本の芸術レベルの発展が極端に遅れるという結果をも招いてしまっているんじゃないかと思います。
 ポップスと芸術を繋げることができるアーティストってそうそういませんからね。


 本日の「しのぶが思うハードボイルド」

 ダンデライオンの団長ゲオルグ・ハスキルは何気にハードボイルド。

 以上でございます。


 それではまた、酒井しのぶでございました。

拍手[10回]

PR
【酒井しのぶの作品はこちら】
本格ハードボイルド長編小説 

一話読みきり短編作品集 

通話形式の超ショートショート集 

【ランキングに参加中】
作品を気にいっていただけたらランキングのクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ツイッターでこのブログをつぶやけます。
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
恐れ入ります。
しのぶさん、こんにちわ。
私の記事なんて使ってくれちゃって、ありがとうございます。でもどう読んでもしのぶさんのほうが面白い!!
 この視点があったか、あ、1本とられました(笑)。いいですよ~「明日のナージャ」。私は母を訪ねてとかフランダースの犬で散々泣き散らしたのでその集大成みたいで、もうたまりません。
ダンデライオンの団長ゲオルグ・ハスキルは何気にハードボイルド。
 これ、いいです!!
はい、また話が前後しますが、美奈ちゃんの「氷雨」も最高です。まだあどけなさが残る顔、いたいけな少女が女になったって感じですね。今は天使ですけれど。。。本当に惜しい人を亡くしたってこういう時のためにある言葉ですね。
ご冥福をお祈りします。
 ありがとうございました。
とこ URL 2010/03/15(Mon)15:53:46 編集
とこさんへ
 こんばんは。
 
 いえいえ、とこさんの記事、とっても感銘を受けましたよ。
 わたくしはどうも、自分の記事に真剣に向かい合えないようです。(笑)
 
 この氷雨はすごいとしか言いようがありませんね。フルバージョンを手に入れたいです。(笑)

 本当に、惜しい人を亡くしましたよね。
酒井しのぶ 2010/03/15 18:29
おっちゃんの目線。。。
最初の動画
本田美奈子のスカート見てると
普通の パンツ はいてちゃ
スリットから 見えちゃうじゃん
あの白ストッキングの下はどうなっているの?
と 想像しちゃいました(;^ω^)

因みに ナージャを歌っているのは
知りませんでしたよ~
てっちゃん 2010/03/15(Mon)17:25:28 編集
てっちゃんさんへ
 こんばんは。
 
 ピンクレディー以来の露出の高さなアイドルじゃないでしょうかね。
 男性諸氏は色んな意味で興奮したことと思います。(笑)
 
 意外と知らない人多いんですよ、ナージャの本田美奈子。
 アイドル時代とは声の質がぜんぜん違いますから、聴いただけじゃわかりませんものね。
酒井しのぶ 2010/03/15 18:31
無題
明日のナージャって知りませんでした~
あらすじ読むと、世界名作劇場のようですね。
(絵の雰囲気がちょっと違うけど)

娘とペリーヌ物語とか母を訪ねて三千里とかとか。
たくさん見ましたね~
息子と明日のナージャを見てみようかな。

本田美奈子は残念でしたね。
あまり芸能ネタには詳しくないので、本当に突然の訃報に感じました。
天国でも明日のナージャの主題歌を歌っているんでしょうか。
ご冥福をお祈りしています。
こちくん URL 2010/03/15(Mon)18:19:10 編集
こちくんさんへ
 こんばんは。

 はい、ナージャはおもいっきり世界名作劇場です。(笑)
 むしろ、世界名作劇場として放送するべきだったんだと思いますね、本当。
 ただやはり、日曜の仮面ライダー後の枠では、「美少女ヒロイン」って肩書きの番組になってしまっているので、ナージャはぜんぜん人気がでませんでした。

 ペリーヌ物語は大好きでした。あと、ふしぎの島のフローネかな。
 赤毛のアンも好きでしたが、自分を見ているようで複雑な心境でしたね。(爆) 
酒井しのぶ 2010/03/15 20:27
綺麗な人。
本田美奈子死んじゃっていたんですね。
ポクポクΩ\(-。-)...ナンマイダー

美人薄命って言いますものねぇ。

だから、しのぶさんも健康にはお気をつけくださいね!
ケンケン 2010/03/15(Mon)19:17:30 編集
ケンケンさんへ
 こんばんは。

 そうなんですよ。本田美奈子の死は本当に残念でなりませんね。
 わたくしは100まで生きることになっているので大丈夫でございますよ。(笑)
酒井しのぶ 2010/03/15 20:28
本田美奈子って~
ただのアイドルっていうイメージだったんです。
だけど、『ミス・サイゴン』の時、こんなの歌が上手だったっけ?みたいな。。。鳥肌が立ちそうでしたね~~
あんな細い体のどこにパワーがあるのか不思議でした。
白血病で亡くなったのこともびっくり。
神様は、きれいな歌声を近くにおいておきたかったのでしょうか。
nonno 2010/03/15(Mon)21:11:36 編集
nonnoさんへ
 こんばんは。

 本当ですよね、ただの可愛いだけのアイドルでしたものね。
 あれだけの技術を手に入れるなんて、誰も思っていなかったでしょうね。
 ふたたび精力的に活動をしだした矢先の死でしたから、驚きましたよね。
 
 ミス・サイゴンは本当に圧巻でしたね。神様のバカー!(笑)
酒井しのぶ 2010/03/15 22:44
こんばんは。
一回り歳の離れたお兄ちゃんが、ホントに大好きだったんです、本田美奈子さんのこと。告別式、お見送りしたと言うか、つき合わされたと言うか、とてもとても、思い出に残る方です。追悼番組で、あの方の歌声を拝して、「つばさ」の10小節にわたる絶唱に、胸が詰まりました。
ベイビーひかる。 2010/03/15(Mon)21:31:59 編集
Re:こんばんは。
 こんばんは。

 つばさ、すごいですよね、あれは。彼女の歌には他の人にはない優しさと力強さがあります。
 告別式に行かれたのですか。すごい!
 お兄様はわたくしと同世代くらいかしらね?(もうちょい上かな? 笑)
 
 
酒井しのぶ 2010/03/15 22:48
こんばんわ
こんばんわ。
今日はだいぶ暖かくなりました。

本田美奈子さんも「氷雨」歌っていたのですね。
いやー、いいですねー。
曲も詩も声も、確かに鳥肌ものですね。
氷雨、日本語は本当に美しいと思います。
確かにヘソ出しルックで歌うときと声量も質も全然違いますね。
そして極めつけはアメイジンググレイス、やはり何度聞いても心に沁みます。
容姿も声も晩年が最高ですね。
黒人霊歌といいますか大好きですね。
本田さん、本当にこの世の不条理ですね。
わたしも100くらいまで生きるかも知れませんが(^_^;)馬齢を重ねることに何の意味がと(^_^;)
明日のナージャは知りませんでした。
何でも歌ったのですね。
KOZOU URL 2010/03/15(Mon)21:32:43 編集
KOZOUさんへ
 こんばんは。

 本田美奈子の氷雨いいですよねぇ。なんか女の可愛らしさというか、いじらしさみたいのが出まくっています。
 
 アメイジング・グレイスは、もともと良い曲ですが、そこがまた誰でも歌えるってもんじゃないという、ハードルをあげる要因になっている部分でもあるので、それをあれだけの技量で歌う彼女は、間違いなく本物ですよね。

 わたくしは100まで生きて、この世の不条理に文句を言い続けて死んでいこうと思っております。(笑)
酒井しのぶ 2010/03/15 22:53
無題
本田美奈子はブライアン・メイとコラボしてましたなぁ。
具体的に何でコラボしたか忘れましたが、
彼女が亡くなった時、ブライアンのコメントをテレビで見たような。

ダンデライオンと聞いて、ゼンダライオンを思い出してしまう、
大馬鹿野郎な自分です(爆)

余談ですが、秋元氏は駆け出しの頃、
たかじんのカバン持ちでした。
林家正蔵もカバン持ち。

泰葉と一緒にラジオ番組をやってたたかじんが、
彼女の一声で、ゲストの辻仁成をシバいたのは、大阪では伝説です(苦笑)
けびん URL 2010/03/16(Tue)01:27:32 編集
けびんさんへ
 こんにちは。
 
 ブライアン・メイは本田美奈子のアルバムをプロデュースしたことがあるんです。その後もけっこう仲良くしていたようです。

 ゼンダライオン、わかるわたくしって……。(笑)
 
 カバン持ちの話は初耳です。さすがお詳しいですね。
 辻仁成、作家になっていますが、エコーズしかイメージできないわたくし。(笑)
酒井しのぶ 2010/03/16 12:31
自分的には
ハンターxハンターの「風のうた」が好きでした
これダレだって名前見たら本田美奈子ってなってて驚いた覚えがあります
買い捲リンク:バスケットマン URL 2010/03/16(Tue)04:19:14 編集
買い捲リンク:バスケットマンさんへ
 こんにちは。コメントありがとうございます。
 
 そうでしたか、ハンター×ハンターも本田美奈子が歌っていましたか。
 アニソンはハードロックが土壌になっていますから、本田美奈子、ピッタリかもしれません。
 わたくしたちは単純に、テレビの露出の減ると売れなくなったと勘違いしがちですが、舞台やアニソンと幅広く活動されているのですものね。
 歌手にとってテレビは広報活動の一環でしかありませんからね。
 
酒井しのぶ 2010/03/16 12:36
こんにちは
本田美奈子というとず~っとヘソ出しルックで茶髪のポニーテールのお姉ちゃん、というイメージでした。途中の彼女の努力を知らなかった私は、急に「ミスサイゴン」に出ていると聞いてびっくりしました。
そしてナージャ、主題歌を歌っている人の名前を見た時は感動しましたね。
亡くなってから、彼女のドキュメンタリー番組で努力し続けていた事を知りました。
自分を見つめなおして頑張っている姿は素敵でした。本当に惜しい方を亡くしました。

秋元康は、センスありますね。(私なんかに言われたくないと思いますが。)
それと私はキャンディキャンディ、キューティーハニーの組み合わせが好きです♪


りい子☆ URL 2010/03/16(Tue)09:00:17 編集
りい子さんへ
 こんにちは。
 
 わたくしもミス・サイゴンまでの経緯は最近まで知りませんでした。
 はじめてミス・サイゴンをやると聞いたときは、そんなに上手い歌手じゃないよな? って思ったのを覚えています。
 
 本当に、ナージャで本田美奈子の名前を見たときには「おお!」って思ったものです。(笑)

 キャンディ・キャンディとキューティーハニーですか。(笑)
 それじゃわたくしはちょっと大人路線で、ベルサイユのばらと魔女っ子メグで。(笑)
酒井しのぶ 2010/03/16 12:40
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
RSS

Add to Google
このブログをリツイート!
ブログ内検索
最新コメント
[11/13 DSLR-A850]
[09/21 ばたこ]
[05/19 メルマガアフィリとブログアフィリで初心者でも稼ぐ@中野]
[04/27 ゆっきー]
[01/17 凛 七星]

* 管理人が返信したコメントにはメモ帳マークが表示されます。
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
バーコード
携帯電話からの閲覧は↓をバーコードリーダーで写してくださいませね。


忍者ブログ  /  [PR]
 / COPYRIGHT ©  酒井しのぶ ALL RIGHTS RESERVED