QLOOKアクセス解析
母の愛を探し求める男たち 忍者ブログ
妄想/連想/暴走――激走する脳内モルヒネの意想。 変態ハードボイルド小説作家の有相無相――
酒井しのぶの作品紹介
【ファッキン・シスターズ・クライスト】
 酒好きで女好きで自堕落で格好つけの片桐有二は、二十五年まえに体験したレイプ事件のトラウマに悩まされる、ハードボイルドを気取った私立探偵。ある依頼がもとで、変態性癖が巻き起こす事件に首を突っ込むことになってしまう。高飛車で自分勝手なふしだら女の酒井しのぶと共に、事件の真相を探りだすのだが……推理あり、シリアスありの、本格ハードボイルド長編小説。
 

【あいつとの電話】
 ツンデレコンビのしのぶと有二。小説のなかだけじゃなく、普段の会話も超ツンデレ&超下品でちょっぴりエッチ!
 酒井しのぶの小説に登場する二人が織り成す、会話のみの超ショートショート作品集です。一話読みきりなので、お気軽に読んでいただければと思います。
 

【Shinobu to Yuji 短編集】
 長編ファッキン・シスターズ・クライストの外伝的一話読みきり短編作品集。笑い、切ない過去、素直じゃない愛情、そしてお決まりのエッチな会話。しのぶと有二のツンデレコンビは、殺人事件がなくても面白い。
 

 (注: すべての作品がR15指定です。作品の性格上、性描写、暴力描写、差別的発言などが各所に出てきます。不快に思う人は読まないでください)
管理人プロフィール
酒井しのぶのプロフィールは↓からどうぞ。
My Profile by iddy

Google Profileはこちら

酒井しのぶへのご意見、ご要望、ご感想など、記事コメント意外の内容は↓へお願いいたします。
おきてがみ

mixi(ミクシィ)やってます!
ランキング
お気に召しましたらクリックしてくださいませ。
にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン   
メールフォーム
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ。
*返信が必要な場合は、返信先アドレスを入力の上、その旨お書きくださいませ。
Powered by NINJA TOOLS
インフォメーション

【ボチボチと書き始めています】
 いろいろあり、忙しい毎日を過ごしています。
 書きたい衝動は日に日に増してくるのですが、なかなか時間が作れず、昔のようにすべてを犠牲にして書く勇気もなく、いまは我慢の時期かなと思う今日この頃。
 それでも、書かずにはいられないときもあるので、短いエピソード的なものをチマチマと書いたりしています。
 皆様のところへ訪問する時間はまだなかなか作れませんが、毎日少しづつですが、勉強し精進しているところですので、いましばらくお待ちくださいませ。

【ご連絡】
 記事下部の拍手ボタンを押してくださり、拍手内でコメントくださる方がたくさんいてありがたく思っております。
 拍手内のコメントでは、こちらからの返信ができませんので、返信をご希望の方は記事へのコメントをお願いいたします。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【酒井しのぶの作品はこちら】
本格ハードボイルド長編小説 

一話読みきり短編作品集 

通話形式の超ショートショート集 

【ランキングに参加中】
作品を気にいっていただけたらランキングのクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ツイッターでこのブログをつぶやけます。
 こんにちは、酒井しのぶでございます。


 最近音楽ネタが続いていますが、今日も音楽ネタです。まぁべつにいいですね。(笑)
 
 
 昨日、テレビでモノマネ番組がやってました。
 モノマネっていうと、わたくしの世代はコロッケです。
 
 そして、コロッケと言えば岩崎宏美です。美川憲一って言う人もいるでしょうが、こればっかりは譲りませんよ!(笑)
 
 
 ウィキペディアでコロッケを調べたのですが、岩崎宏美のモノマネについてはほとんど触れられていませんでした。
 わたくしにとっては、あの顔真似は強烈以外のなにものでもなかったのですがねぇ……。
 
 岩崎宏美のときは鼻の脇に鼻くそのごとくくっついていたほくろが、千昌夫のときにはオデコに移動する芸も面白かったですよね。(笑)

 ウィキを編集している世代がわたくしよりもう少し下なのかなぁと思ったり思わなかったり。

 
 ところで『岩崎宏美のモノマネをするコロッケのモノマネをする女性』いましたよね。
 素人さんで、たしか川口って苗字だったよなぁって思って調べたら、出てきました。
 
 
 川口光さん。


 YouTubeにも動画ありましたよ。



 後ろで転げまわっている野口五郎のほうが面白いって言っちゃダメよ。(爆)

 
 この顔芸すごすぎますね。最強ですよ。
 もはや女を捨てないと、テレビでこれは披露できない気がしないでもないですが、すごいです。とても素人とは思えませんね。
 これ見ちゃうと、最近の芸人がつまらなく見えてしまうのはわたくしだけでしょうか。(笑)


 さて、ここまでは単なる前振りです。(またかい。笑)


 前振りで登場した岩崎宏美。
 岩崎宏美と言えば、岩崎良美のお姉さんですね。(そんな説明いらんわい。笑)
 
 いや、そういうことじゃないわね……。
 岩崎宏美と言えば「聖母たちのララバイ」ですよ。

 貞子のような髪型で歌っていましたよねぇ。

 

 この顔が、コロッケを通して川口光に行き着くと、あの顔になるとは……ちょっと想像するのが難しいですね。(笑)


 ともあれ、小学校5年だったか6年だったか忘れましたが、そのときの担任の先生が岩崎宏美のファンだったんですよ。
 わたくしたちが1年生のときに、はじめて担任を持った若い男の先生でした。
 いつぞやの記事で、忘れ物表を作っちゃう几帳面な先生、それがこの先生です。
 
 遠足だったか社会科見学だったか、林間学校だったか修学旅行だったかは忘れましたが、そのいずれかの帰りのバスで、先生が聖母たちのララバイを歌ったんです。

 そういうの歌うような先生じゃなかったんですよ。
 格好つけで、気取っているとまではいかなかったけど恥かいたりするようなことをしない先生でした。
 見た目もけっこういい男だったんですが、保健の授業とか、顔真っ赤にしながら教えてくれる、ちょっとかわいい先生でしたしね。(笑)

 
 先生が、人前、しかも生徒の前で歌うなんて想像もできなかったし、選んだ歌が聖母たちのララバイですからね。
 女性の歌ですから、音域的に無理があってすごい低い声で歌ったわけですが、そんなところも含めて、なんていうか、わたくしその先生を通した先に聖母を見た気がしたんですね。

 バスガイドがけっこう美人の熟女だったんだけど、その熟女のバスガイドにマイクを渡されて、生徒たちにもそそのかされて、渋々と歌うことになった先生。

 バスガイドが大騒ぎする生徒たちを優しくたしなめながら、嫌がる先生に歌うように誘導する様は、まさに母の手さばき!!(あれ? 先生じゃなくバスガイドに聖母を見たのか? 爆)

 まぁとにかく、先生は恥ずかしげに汗をかきかき歌うわけですよ。
 

 それがとってもかわいかったんですね。(爆)
 先生という、大人でしかもわたくしたちに指導をする立場の人間が、熟女のバスガイドに優しく誘導されて、緊張して歌を歌う姿は子どものようになって歌を歌う姿に、聖母の影を見たんですね。(やっぱり聖母はバスガイドか? 笑)


 まぁ聖母を見たと言っても、わたくしはキリスト教徒ではありませんから、わたくしの見た聖母とは文字通り『お母さん』です。
 
 というか、『お母さんに甘える先生』を見たって感じでしょうかね。


 まぁ言ってしまえば、先生のマザコンっぷりを垣間見たってことですね。(爆)


 その瞬間からいまにいたるまで、そしてたぶん死ぬまで、わたくしは揺ぎない確信を手に入れました。


 男ってば誰も全員マザコンなのよ!! 


 って確信です。(爆)


 男はみんな、ママの膝枕で頭をナデナデされながら耳かきしてもらっているときが、世界で一番安らぎを感じれる生き物なのだと、そう悟ったわたくしです。(笑)
 
 男が女を抱くのは、母親を探しているにすぎないんだなと、どんなにいきがって格好つけて荒々しくして抱いてみせたところで、けっきょくのところ女の胸に抱かれているにすぎないんだなと、そんな悟りを開いたわたくしでございます。

 あ……小学校のときにここまでわかっていたわけじゃないのよ!(爆)
 わたくしが遠足のバスで感じたことっていうのは、こういうことかとあとになってわかったことです。(笑)


 余談ですが、この悟りのせいで、わたくしの小説の主人公は変態なんです。(爆)


 さて、わたくしに悟りを開かせてくれた聖母たちのララバイ。
 知らない人もいるでしょうから聴きましょうか。
 そうそう、知らない人のために一応説明しておきます。聖母と書いてマドンナと読むんです。マドンナたちのララバイです。


 昨日の本田美奈子の記事であれだけの歌を披露しちゃったあとですから、普通にポップスを聴いてもねぇ……って感じですので、ちょっと違うアレンジのを聴きましょうね。


(埋込タグが無効なので、再生クリック後にYouTubeで見るをクリックしてください)
 
 いやぁ、素晴らしいですね。
 大人になった岩崎宏美、いい女ですねぇ。
 なんで若いときは貞子ヘアーだったんでしょうかねぇ。(笑)
 まぁ、キャピキャピなアイドルスタイルでこの歌を歌われても、説得力ありませんからね。貞子で良かったのか。(笑)
 

 そんなこんなで、聖母たちのララバイと言うと、『掛け値なしの愛情を注ぐ母』というイメージが脳みそを埋め尽くすわたくしでございました。

 
 本日の「しのぶが思うハードボイルド」

 ハードボイルドもママの前では〝ぼくちゃん〟になる。

 以上でございます。


 それではまた、酒井しのぶでございました。

拍手[6回]

PR
【酒井しのぶの作品はこちら】
本格ハードボイルド長編小説 

一話読みきり短編作品集 

通話形式の超ショートショート集 

【ランキングに参加中】
作品を気にいっていただけたらランキングのクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ツイッターでこのブログをつぶやけます。
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
無題
川口さんはお嫁に行けたんだろうか・・・
動画を見ながらそんなことを考えてしまいました(笑)
こちくん URL 2010/03/16(Tue)19:04:25 編集
こちくんさんへ
 こんばんは。
 
 まったくですね、同じ疑問を感じました。(笑)
 でも、普通にしていると可愛い顔なのよね。(笑)

 いまはどうしているのでしょうかねぇ。
酒井しのぶ 2010/03/16 23:03
懐かしい
審査員に懐かしい人が。
柏原芳江

空港の手荷物検査で、しのぶさんもご愛用(失礼)ブ~ンブ~ンと動くバ〇ブが見つかったなんて
噂が昔ありましたが・・・・?
真相はどうだったのでしょうか・・

最近見かけないですね。
バイ〇の代わりに、私がって(爆)
失礼致しましたm(_ _)m
ケンケン 2010/03/16(Tue)19:25:29 編集
ケンケンさんへ
 こんばんは。

 そんな事件があったんですか。知りませんでした。(笑)
 わたくしはバ◯ブじゃなく電……い、いえ、なんでもありません。ヾ(´゚Д゚`;)ゝ
酒井しのぶ 2010/03/16 23:05
無題
確かに男はマザコンですよ(笑)
その程度がどれぐらいかってだけで(笑)
でも女性を抱く時に母親の面影は追いませんよ(笑)
それをやったらバーチャル近◎相◎ですがな(爆)
そんな気色悪い事は出来ん(爆)

岩崎宏美かぁ・・・(笑)
中学の頃、近くのショッピングモールに、
営業で来てはりましたなぁ(笑)
白いワンピースのイメージしかあれへん(苦笑)
けびん URL 2010/03/16(Tue)21:03:36 編集
けbんさんへ
 こんばんは。

 そりゃそうですよねぇ。(笑)

 まぁでも、そういう変態もこの世にはけっこういるんです。(笑)
 恋愛っていうのは相互の了解のもとに成立するものですから、近◯相◯は恋愛として成立している割合は極端に低いですが、片思い状態の人はままいるって妄想しております。(笑)
酒井しのぶ 2010/03/16 23:08
無題
男はマザコンでロリコンなんですよ。
酒井しのぶさんはよく分かっていらっしゃる。

ロリコンって言ってもションベン臭い子供じゃなくて幼い顔してドスケベ&テクニシャンが理想なんです。それがファッキン・シスターズ・クライストで言うところの「結衣」
聖母がヒロイン。ドスケベだけど羞恥心もあってかわいい。しかも巨乳じゃなくて微乳。
ツボおさえすぎでしょ!
こうなったら二人まとめてかかってこいよみたいな!
すいません。また興奮してしまいました・・・

酒井しのぶさんほど男心が分かっていればさぞかし男にモテそうだな~と思いましたが冷静にブログの記事などを分析するといい女は書けるけど、
決していい女ではないとゆう結論に達しました。
(持ち上げ過ぎてもあれなんで落としときましたよ 笑)
sportちょっぷ URL 2010/03/16(Tue)21:38:26 編集
Sportちょっぷさんへ
 こんばんは。

 あんな変態小説を、よく読み込まれてますね。(自分で言っちゃった。爆)
 ツボを理解してくれる人がいて、とっても嬉しいです。(笑)
 
 おっしゃるとおり、わたくしはモテません。(笑)
 落としてくださって、とっても嬉しいです。(爆)
酒井しのぶ 2010/03/16 23:13
無題
素人さんコエーーーッ!
残念ながらこの山口さんは知りませんでしたが
ものまねってプロ顔負けの人たくさんいましたよね。
今から20秒前くらいは僕も野口五郎状態でした(爆)

マザコン・・・母と暮らした時間ってあまりなくて
祖母に育てられたので自分の場合はババコンになるのか?
風魔 URL 2010/03/16(Tue)21:54:15 編集
風魔さんへ
 こんばんは。

 この人、一時期けっこうテレビ出てたんですよ。(笑)
 コロッケと一緒に芸したこともあったはず。
 
 わたくしも祖母への執着がけっこうあります。
 両親へはあまり甘えてないので、そのせいで親への思い入れが強いのかもしれません。
 ババコンと言えば、宮崎駿です。日本人の男はババコンもありなんです。(笑)
酒井しのぶ 2010/03/16 23:17
納得~~(*^m^*)
男はみんなマザコンなんです♪
『さあ、眠りなさい~~♪』と優しく抱き寄せられたらイチコロ・・・(笑)

お母さんの大きな胸に抱かれながら、胸を触りながら(爆)眠るのが安心するみたいで、つい横にいる人の胸に手が~~~(爆)

息子には、そうならないようにしたけど、一人っ子なんで怪しいかも(^_^;)
nonno 2010/03/16(Tue)23:32:09 編集
nonnoさんへ
 こんばんは。

 おっぱいって命の源ですからねぇ。(笑)
 男の子にはないものですから自分の胸触っているわけにもいかないですしね。(爆)
 
 女が男に欲情するのと、男が女に欲情するのは、原理がちょっと違うのかもしれませんね?(笑)
酒井しのぶ 2010/03/17 00:00
おはようございます
おはようございます。

前ぶりがまたおもしろいです。
コロッケほんとにうまかったですね。
そして川口さん、テレビでみたことありますね。
ほんとに素人恐るべし(^_^;)
聖母たちのララバイ、なつかしいですね。
ほんとに仰せののとおり。
男はマザコンだと思います。
あのおっぱいの記憶は無意識にも消えないのでしょうね。
実際、人生でいちばん幸せで愛された時期のような。
それだけにそのようなことがないとおかしくなるのでしょうね。
成人して抱くのは単なる動物的欲望にしか過ぎないとは思いますけれど(^_^;)
そこに母を見ればまさに変態、女性も気色悪いでしょうね。
KOZOU URL 2010/03/17(Wed)06:30:03 編集
KOZOUさんへ
 こんにちは。

 ママー! 叫んで彼女のおっぱい吸っちゃだめですよ。(爆)

 聖母たちのララバイ、いい曲でしたよね。
 母というか、大人の女の母性を見る歌でした。

 川口さん、すごいですよね。(笑)
 尋常じゃないですあれは。野口五郎が転げまわるのがよくわかります。(笑)
酒井しのぶ 2010/03/17 13:27
こんにちわ!!!
しのぶさん、こんにちわ。
今日も思いっきり笑いました。あの頃の物まねは最高でしたね。あのねのねが懐かしい~。素人のコーナーはいつもテンションが上がって見てたような。はい、これは前ぶれでしたね。
 恥ずかしがりやの先生に聖母を観た、これってわかる気がします。私も若い頃は同世代の男性てなんでこんなにマザコンなの!!って思ってましたから。一人だけ、同級生でIQが異常に高い、今は教師になっている男性が若い頃、「オレの永遠のテーマは母親だ!!」と言い切った人がいて、ここまで正直になると、返って母親の偉大さうを感じるわけで、男らしいと思えてきたことを覚えています。「オレはマザコンじゃない」と言う男性のほうが、甘やかしてほしがったりするんで、よく、「私のほうが甘えたいのよ!!」と心の中で思っていましたっけ。一度なんか学生の時付き合ってた彼氏が就職してもうまくいかなくて、なんと母親と一緒に人生相談に出かけちゃって。。。もう興ざめですよ。この歳になると男性に甘えられても聖母のような気持ちになれますけどね(笑)。
 ハードボイルドもママの前では〝ぼくちゃん〟になる。
 いかにも!!と思う私でした。
 ありがとうございました。
とこ URL 2010/03/17(Wed)09:12:41 編集
とこさんへ
 こんにちは。

 さすがに大人になってから母親と一緒に人生相談はまずいですねぇ。(笑)
 気持ちはわからなくもないですが、その気持ちを押さえて強がっているからそ、たまに見える子どもっぽさに色気があるというものです。
 開き直って「母親がテーマ」だと言ったご友人は素晴らしい方ですね。わたくしの尊敬するジェイムズ・エルロイ様も母親に対する気持ちをまったく隠しません。かえって男らしさを感じます。
 
 あのねのね、懐かしいですよね。本当、あの頃のお笑い番組はいまとは違う面白さがありましたよね。
酒井しのぶ 2010/03/17 13:32
こんにちは
先生が生徒の前で、歌謡曲を歌うってかなり衝撃的ですよね。娘が先日、さだまさしの歌を口づさんでいてかなり驚きました。
担任の先生が歌っていたらしいです。

私もモノマネ番組が好きです。一昨日のモノマネ番組を見逃してしまい、軽くショックをうけていたところです。
私もコロッケというと岩崎宏美ですね。いつも思っていましたが岩崎宏美は懐が深いですよね。
コロッケにあの顔真似をさせているというところが^^
この動画の「聖母たちのララバイ」は本当に聖母のようなオーラがありますね~。
最初の結婚の時、そして数年前に再婚した時「あ~、素敵な女性なんだな」と感じました。

男の人はみんなマザコン、同感です(^^)
りい子☆ URL 2010/03/17(Wed)09:18:32 編集
りい子さんへ
 こんにちは。

 お笑い番組って、特別に見たいって思うわけではないのですが、テレビをつけてどれを見ようかなと思いながらチャンネルを変えていると、いつもお笑いのところで止まってしまいます。(笑)
 モノマネはいいですね、毒がないし純粋に笑えます。最近のお笑いは目の前に現れたらひっぱたきなるようなイライラする人とか多くて困ります。(だれとはいいませんが、もう中◯生とかね。爆)
 
 やっぱりコロッケと言えば岩崎宏美ですよねぇ。
 ウィキペディア編集してやろうかしら。(笑)

 いまの岩崎宏美、ちょっとふっくらしている体が、大人の女のようでとても好きです。
 若い頃よりも、表情に丸みというか温かみがありますよね。
 わたくしもアップした動画の聖母たちのララバイにオーラを感じます。

 男はマザコンでいいんです。そうじゃないと、嫁の尻に引かれないで困るんですよ。(爆)
酒井しのぶ 2010/03/17 13:40
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
RSS

Add to Google
このブログをリツイート!
ブログ内検索
最新コメント
[11/13 DSLR-A850]
[09/21 ばたこ]
[05/19 メルマガアフィリとブログアフィリで初心者でも稼ぐ@中野]
[04/27 ゆっきー]
[01/17 凛 七星]

* 管理人が返信したコメントにはメモ帳マークが表示されます。
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
バーコード
携帯電話からの閲覧は↓をバーコードリーダーで写してくださいませね。


忍者ブログ  /  [PR]
 / COPYRIGHT ©  酒井しのぶ ALL RIGHTS RESERVED