QLOOKアクセス解析
体中の穴という穴から 忍者ブログ
妄想/連想/暴走――激走する脳内モルヒネの意想。 変態ハードボイルド小説作家の有相無相――
酒井しのぶの作品紹介
【ファッキン・シスターズ・クライスト】
 酒好きで女好きで自堕落で格好つけの片桐有二は、二十五年まえに体験したレイプ事件のトラウマに悩まされる、ハードボイルドを気取った私立探偵。ある依頼がもとで、変態性癖が巻き起こす事件に首を突っ込むことになってしまう。高飛車で自分勝手なふしだら女の酒井しのぶと共に、事件の真相を探りだすのだが……推理あり、シリアスありの、本格ハードボイルド長編小説。
 

【あいつとの電話】
 ツンデレコンビのしのぶと有二。小説のなかだけじゃなく、普段の会話も超ツンデレ&超下品でちょっぴりエッチ!
 酒井しのぶの小説に登場する二人が織り成す、会話のみの超ショートショート作品集です。一話読みきりなので、お気軽に読んでいただければと思います。
 

【Shinobu to Yuji 短編集】
 長編ファッキン・シスターズ・クライストの外伝的一話読みきり短編作品集。笑い、切ない過去、素直じゃない愛情、そしてお決まりのエッチな会話。しのぶと有二のツンデレコンビは、殺人事件がなくても面白い。
 

 (注: すべての作品がR15指定です。作品の性格上、性描写、暴力描写、差別的発言などが各所に出てきます。不快に思う人は読まないでください)
管理人プロフィール
酒井しのぶのプロフィールは↓からどうぞ。
My Profile by iddy

Google Profileはこちら

酒井しのぶへのご意見、ご要望、ご感想など、記事コメント意外の内容は↓へお願いいたします。
おきてがみ

mixi(ミクシィ)やってます!
ランキング
お気に召しましたらクリックしてくださいませ。
にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン   
メールフォーム
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ。
*返信が必要な場合は、返信先アドレスを入力の上、その旨お書きくださいませ。
Powered by NINJA TOOLS
インフォメーション

【ボチボチと書き始めています】
 いろいろあり、忙しい毎日を過ごしています。
 書きたい衝動は日に日に増してくるのですが、なかなか時間が作れず、昔のようにすべてを犠牲にして書く勇気もなく、いまは我慢の時期かなと思う今日この頃。
 それでも、書かずにはいられないときもあるので、短いエピソード的なものをチマチマと書いたりしています。
 皆様のところへ訪問する時間はまだなかなか作れませんが、毎日少しづつですが、勉強し精進しているところですので、いましばらくお待ちくださいませ。

【ご連絡】
 記事下部の拍手ボタンを押してくださり、拍手内でコメントくださる方がたくさんいてありがたく思っております。
 拍手内のコメントでは、こちらからの返信ができませんので、返信をご希望の方は記事へのコメントをお願いいたします。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【酒井しのぶの作品はこちら】
本格ハードボイルド長編小説 

一話読みきり短編作品集 

通話形式の超ショートショート集 

【ランキングに参加中】
作品を気にいっていただけたらランキングのクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ツイッターでこのブログをつぶやけます。
 こんにちは、酒井しのぶでございます。

 
 昨日に引き続き、THE MODSのお話です。
 
 昨日あんだけ話しておいて、まだ話すことがあるのかよ! って思いますよね。わたくしも思います。(爆)
 

 まぁ、お暇な人だけ読んでくださいませね。
 
 
 さて、まずはやっぱり森山さんの写真を貼らないといけませんね。(なぜ!? 笑)



 うん、かっちょええわぁ。

 
 よし、じゅうぶん堪能しました、森山達也。(笑)
 本題に行きましょう。
 
 
 モッズの曲に「バラッドをお前に」っていうのがあります。
 青春時代は、この曲も聴きまくりでした。

 まぁとりあえず聴いてみましょうか。
 今回はロックと言ってもタイトル通りのバラードですので、聴きやすいかと思います。



 はい、名曲ですねこれ。(笑)
 
 この曲は1984年のテレビドラマ「中卒・東大一直線 もう高校はいらない!」の主題歌でした。たしかエンディングで流れていたような記憶があったんですが、違ったかな?
 
 そんなわけで、はじめて聴いたのはこのドラマでなんですが、その時点ではモッズという認識はまったくなかったし、当時はいまほどドラマとのタイアップでバカ売れっていうシステムが確立されていませんでしたからね。
 
 こんな素晴らしい歌なのに、わたくしがまだいたいけな少女だったばっかりに、この時点ではモッズに出会うことはなく、このドラマも曲もスルーしてしまっていました。
 
 まぁ、84年って言うとわたくし小学生ですからね。
 スカートめくりする男子にハイキックをお見舞いして、余計にパンツ見せちゃうっていう、バカな子供でしたからね。
 そんなときにモッズなんかに出会っていたら、どうなっていたことでしょう。(笑)

 
 ああ、また話がそれましたね。
 もとに戻しましょう。


 もうけっこういい大人になった頃、その当時付き合っていた彼氏との別れ話になって、わたくし言いたい放題ぶちまけて同棲していた彼氏の家を飛び出してきたんですよ。

 その彼氏は仕事が忙しい人で、わたくしはこのまえ話したとおり、忌野清志郎の教えで、仕事はなるべくしないで生きていましたから、彼氏の家に転がり込んで彼氏のおかねで生活していたんです。
 わたくしがバンド活動するおかねもぜんぶ彼氏が出してくれていて、その代わり好き勝手に遊びに行ったりする余裕はなかったから、いつも部屋にいてお料理もお掃除もお洗濯もみんなやって、いつも彼氏の帰りを待っていたんです。
 
 でもまぁ、時間がなかなか合わなかったんですね。
 わたくしは夜はバンドのリハとかライブもあったし、ない日でも彼はいつも夜遅くにならないと帰ってこないので、もっと二人でいる時間が欲しかったんだけど無理でした。
 
 それで、いい加減頭にきて言いたい放題ぶちまけて彼氏の部屋を飛び出したってわけです。

 なにに頭にきていたかと言うと、いつも夜遅くまで帰ってこないこととか、それを付き合いだのなんだのと仕事のせいにしていることとか、帰りが遅いもんだから、朝はギリギリまで寝ていて、起きたらすぐに家を出ていってしまうこととか、まぁつまり「仕事とあたしとどっちが大事なのよ!!!」ってことで怒り狂ったってわけですね。

 まぁわたくしが悪いんですよ。世話になっておいて文句ぶちまけるなよとね。(笑)
 それはわかっているんですけどね。
 頼れる人が彼氏しかいない状況で、いつ帰ってくるのかもわからない彼氏をいつもいつも一人っきりの部屋で待っていて、悲しいっていうよりも、悔しかったんでしょうね。自力で生活できない自分に対して。


 で、彼氏の家を飛び出してから、とりあえず行くところもないので、バンドメンバーに連絡して泊めてもらったんですけど、そのメンバーの家で流れていたのがこの曲だったんですね。
 
 
 それまでは、メンバーの家についてからずっと突っ張っていて、メンバーのまえでも彼氏のことみそくそに言ってビール飲みながら騒いでいたんですよ。

 でも、2コーラス目に「お前の嫌いな仕事してる~♪」って歌うじゃない。
 そこで急に涙があふれましてね。
 

 ああ、あたしなんてひどいことを言って出てきてしまったんだろう。


 そう思ったら、1コーラス目からの歌詞ぜんぶが彼氏の言葉のように聴こえてきて、目からは涙、鼻から鼻水、口からよだれってな具合に体中の穴からいろんな液体が出てきちゃいまして。(爆)

 その泊めてくれたメンバーなんか、わたくしが泣くのなんか滅多に見れないもんだから、面白がっちゃって「バラッドをお前に」だけ何度もリピートしやがって、こんちくしょう!!(爆)


 なんていうのかな。
 そんなこんなでたぶん、この曲がきっかけで男の人の考えかたみたいなものを理解しようとしだしたんですね。


 わたくしの小説は男が主人公で、主人公視点の一人称小説なわけです。
 男の人の考え方とか気持ちの持っていき方とかは、女にはわからない部分も多いわけでして、それをどうやって補っているかと言えば、モッズの歌の影響がとっても濃いわけですね。

 そういう意味では、外タレの歌詞だとちょっとなんとも不十分なんですよね。
 英語だと男性女性の区別があまりありませんからね。
 同じ歌を男が歌っても女が歌っても歌詞が変わることがないんですよね。
 
 まぁそれは小説でも同じなんですけどね。英語だと一人称がみんな同じだったりしますからね。
 日本語は言いまわし一つとっても、人によってみんな違ったりして、そこで人格の差別ができたりして便利だったりもしますね。
 

 同じ愛の言葉でも、伝え方っていろいろあって「どうして男って――」って思っていたことが、その日を境に少しわかったような気がしています。


 ちなみに、そのメンバーの友人。
 散々クスクスと笑いながら、泣いているわたくしの話を聞いたあとで「そんなに泣くほどなら、帰れよ」と、行くとこがないって言っているわたくしを追い出しましてね。真夜中だっていうのに!!
 
 
 しかたなしに彼氏の家に帰ったんです。
 で、それっきりもう10年以上も一緒に暮らしてますよ。(笑)

 
 結婚だけはしてやらないんだから!!(爆)

 
 本日の「しのぶが思うハードボイルド」

 わめく女になにも言わないハードボイルド。
 
 以上でございます。


 それではまた、酒井しのぶでございました。

拍手[4回]

PR
【酒井しのぶの作品はこちら】
本格ハードボイルド長編小説 

一話読みきり短編作品集 

通話形式の超ショートショート集 

【ランキングに参加中】
作品を気にいっていただけたらランキングのクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ツイッターでこのブログをつぶやけます。
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
無題
いまも続いているっていつぞやに登場したいろんなことにこだわるダーリンですか?

結婚しないと捨てられちゃうかも知れませんよ~(笑)

ちょっとおのろけ?
ごちそうさまです
こちくん URL 2010/03/09(Tue)20:12:02 編集
こちくんさんへ
 こんばんは。
 
 お忙しい時にコメント感謝しておりますよ。(*´ω` )ノ
 そのとおりでございます、いつぞやのダーリンでございます。(笑)
 
 のろけもなにも、ダーリンよりも森山さんのほうが好きです!(キッパリ 笑)
酒井しのぶ 2010/03/09 21:43
無題
リンゴ・スターがインタビューで、
モッズかロッカーか聞かれて、
モッカーって答えてるのを思い出した(笑)

洋楽は男女で歌詞とか言い回しが違うと言えば違う・・・(笑)
て言うか、ストレートな内容が多いですな。
「さしてくれ!」とか「やりたいんや!」みたいな(爆)
メロディーと歌詞の内容がマッチしてへんかったり、
ヒットした曲でもそんなんが多いですな(笑)
歌詞カードの和訳は柔らか過ぎる(笑)

ドライブの途中で車から放り出して、
置き去りにしたまま帰ったヒドイ野郎は自分です(爆)
何人犠牲者が出たか(苦笑)

男はオコチャマですよ(爆)
けびん URL 2010/03/09(Tue)20:13:40 編集
けびんさんへ
 こんばんは。

 リンゴ笑わせてくれますねぇ。(笑)
 ポールが言ったら「え?……」ってなりますが、リンゴが言うと大ウケですね。(笑)

 洋楽ってそうですよね、マクセルシルバーハンマー(だっけ?)とかめちゃめちゃ陽気な曲なのに、あの歌詞ですしねぇ。(笑)
酒井しのぶ 2010/03/09 21:46
無題
酒井しのぶさんの小説は男の気持ちをよく理解していると思いますよ。

ブログ読み始めた頃、酒井しのぶさんの事をちょっとおかしな男性だだと思っていたことは内緒です。(あと女が書くハードボイルドってどうなの?と思ったことも 笑)

ダーリンさんカッコ良すぎます!
sprotちょっぷ URL 2010/03/09(Tue)20:30:40 編集
Sprotちょっぷさんへ
 こんばんは。

 よくほら、男の人が女の気持ちを歌った歌とかあるじゃないですか。(あ、それも今度記事にしようっと。笑)
 それと一緒で、女目線のハードボイルドも良いかなと思っております。(わたくしの作品は変態ボイルドですがね。爆)
 
 今度、女探偵の小説についても記事にしようと思っているので、お楽しみに。(*´ω` )ノ
酒井しのぶ 2010/03/09 21:50
そうだったんですか~~?
ダーリンが、その彼なわけなんですね♪
『私と仕事どっちが大事なの?』って決定的な言葉だけど、ちゃんと後悔して彼の元に戻ったの?は、友人のおかげ?だけどやっぱり運命だったのかもしれませんね♪

バラード、とってもいいです。
ハードボイルドな映画のエンディングにもあいそうかも。。。
nonno 2010/03/09(Tue)21:49:23 編集
nonnoさんへ
 こんばんは。

 アホな友人なんですがね。(笑)
 いろいろ助けてもらっています。

 ロックはハードボイルドが似合いますよね。背中で哀愁って感じでしょうかね。(笑)
酒井しのぶ 2010/03/09 21:54
こんばんわ
こんばんわ。
帰ってきたら寒いです。
これはまたドラマですね。
しんみりさせられました。
「お前の嫌いな仕事してる~♪」誰も嫌いな仕事をして生きようと思っていたわけではないでしょうが、人間の99%はほかに能もなく嫌いな仕事をして生きるか、好きなことをして散るか、どっちかなのでしょうね。
わたしもデー嫌いな仕事ん十年(^_^;)
しのぶさんが涙あふれたというのがよく分かる気がします。
「体中の穴という穴から」と表現はしのぶ流ですけれど。
結婚もたいていは妥協の産物、この世はくだらんですね(^_^;)
歌はとてもよかったです。
KOZOU URL 2010/03/10(Wed)00:04:41 編集
KOZOUさんへ
 こんばんは。

 ちょうど寒波がきていますからねぇ。先週はもう五月!?って日が何日かあったんですが。(笑)
 結婚って、したときとしたあとのギャップがすごいなって、とっても感じるイベントです。(わたくしのイメージですが。笑)
 
 好きなことして散っちゃう人生もまたハードボイルドなんですけどねぇ。それじゃあ生きられませんからね。自分だけのために生きているわけじゃないのが人間ですからね。難しいもんです。(笑)
酒井しのぶ 2010/03/10 00:53
純粋だなあ~
しのぶさん、こんばんわ。
いいお話ですね、私まで泣きたくなりました。
誰かが書いていたように、ロックやってる人って純ですね。自分に正直だし。そして歌がまたいい!!ここから男心が解るしのぶさんもいい!!
そう考えると、小説もまた味わいが出てくる感じしますね。いつもいいお話、ありがとうございます。
とこ URL 2010/03/10(Wed)05:04:01 編集
とこさんへ
 こんにちは。

 最近歳のせいなのか、涙もろくなっていましてね。(笑)
 そのせいかわかりませんが、感動したりショックだったりして泣いたことの思い出がよく蘇ります。
 嫌ですねぇ、歳をとるって。(笑)

 わたくしは基本的に、酔っ払ってロマンを語りだす男性が好きなんです。(ただのヘベレケ野郎って噂も。爆)
 夢とかロマンとかを語れない人って、現実の目の前にある出来事や行動に対してもロマンがないように思えてなりません。
 つまり、いつまでも少年な男性が好きってことですね。(笑)

 男なんてみんなガキんちょのままですがね!!(爆)
酒井しのぶ 2010/03/10 13:52
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
RSS

Add to Google
このブログをリツイート!
ブログ内検索
最新コメント
[11/13 DSLR-A850]
[09/21 ばたこ]
[05/19 メルマガアフィリとブログアフィリで初心者でも稼ぐ@中野]
[04/27 ゆっきー]
[01/17 凛 七星]

* 管理人が返信したコメントにはメモ帳マークが表示されます。
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
バーコード
携帯電話からの閲覧は↓をバーコードリーダーで写してくださいませね。


忍者ブログ  /  [PR]
 / COPYRIGHT ©  酒井しのぶ ALL RIGHTS RESERVED