QLOOKアクセス解析
女探偵の魅力 忍者ブログ
妄想/連想/暴走――激走する脳内モルヒネの意想。 変態ハードボイルド小説作家の有相無相――
酒井しのぶの作品紹介
【ファッキン・シスターズ・クライスト】
 酒好きで女好きで自堕落で格好つけの片桐有二は、二十五年まえに体験したレイプ事件のトラウマに悩まされる、ハードボイルドを気取った私立探偵。ある依頼がもとで、変態性癖が巻き起こす事件に首を突っ込むことになってしまう。高飛車で自分勝手なふしだら女の酒井しのぶと共に、事件の真相を探りだすのだが……推理あり、シリアスありの、本格ハードボイルド長編小説。
 

【あいつとの電話】
 ツンデレコンビのしのぶと有二。小説のなかだけじゃなく、普段の会話も超ツンデレ&超下品でちょっぴりエッチ!
 酒井しのぶの小説に登場する二人が織り成す、会話のみの超ショートショート作品集です。一話読みきりなので、お気軽に読んでいただければと思います。
 

【Shinobu to Yuji 短編集】
 長編ファッキン・シスターズ・クライストの外伝的一話読みきり短編作品集。笑い、切ない過去、素直じゃない愛情、そしてお決まりのエッチな会話。しのぶと有二のツンデレコンビは、殺人事件がなくても面白い。
 

 (注: すべての作品がR15指定です。作品の性格上、性描写、暴力描写、差別的発言などが各所に出てきます。不快に思う人は読まないでください)
管理人プロフィール
酒井しのぶのプロフィールは↓からどうぞ。
My Profile by iddy

Google Profileはこちら

酒井しのぶへのご意見、ご要望、ご感想など、記事コメント意外の内容は↓へお願いいたします。
おきてがみ

mixi(ミクシィ)やってます!
ランキング
お気に召しましたらクリックしてくださいませ。
にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン   
メールフォーム
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ。
*返信が必要な場合は、返信先アドレスを入力の上、その旨お書きくださいませ。
Powered by NINJA TOOLS
インフォメーション

【ボチボチと書き始めています】
 いろいろあり、忙しい毎日を過ごしています。
 書きたい衝動は日に日に増してくるのですが、なかなか時間が作れず、昔のようにすべてを犠牲にして書く勇気もなく、いまは我慢の時期かなと思う今日この頃。
 それでも、書かずにはいられないときもあるので、短いエピソード的なものをチマチマと書いたりしています。
 皆様のところへ訪問する時間はまだなかなか作れませんが、毎日少しづつですが、勉強し精進しているところですので、いましばらくお待ちくださいませ。

【ご連絡】
 記事下部の拍手ボタンを押してくださり、拍手内でコメントくださる方がたくさんいてありがたく思っております。
 拍手内のコメントでは、こちらからの返信ができませんので、返信をご希望の方は記事へのコメントをお願いいたします。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【酒井しのぶの作品はこちら】
本格ハードボイルド長編小説 

一話読みきり短編作品集 

通話形式の超ショートショート集 

【ランキングに参加中】
作品を気にいっていただけたらランキングのクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ツイッターでこのブログをつぶやけます。
 こんにちは、酒井しのぶでございます。


 今日は女探偵についてあれこれと。

 
 女探偵って聞くとあれですね。
 エッチなDVDを思い出しますね。(え? そんなのわたくしだけですか!? 爆)
 
 探偵小説を書こうと思った頃に、変態性癖な描写は捨てがたいと思っていたので、ちょっとマニアックなアダルトDVDを借りまくって研究していたんですね。(バカね、ほんと。笑)
 そんなある日、女探偵なんちゃらかんちゃらってタイトルのDVDに出会いましてね。借りてみたら、あなたこれが超過激!!(爆)
 
 一応ストーリーがある作品なのですが、まぁ言ってしまえば「陵辱拷問系」ってやつでしょうかね。
 どんな内容かは、このブログではとても言えませんが、まぁとにかくそれっきり女探偵って聞くとそのときのDVDを思い出して悶々としちゃいます。(笑)

 ていうか、みんな「酒井しのぶはバカだな」って思っているかもしれませんが、よく考えてみてください。
 
 マニアックな変態性癖について、素人作家があれこれ調べようと思ったときには、そんな手段しかないんですよ。(笑)
 まさかそんなお店で働くわけにもいきませんしね。(興味津々ですがね。爆)

 え? そもそもマニアックな変態性癖を小説の題材にするなって?? お、おっしゃるとおりでなにも言い返せません……。(笑)


 なんかすいませんね。いつものとおり、話が思った方向に進みませんですね。(笑)


 そんなわけで女探偵ですが、ミステリー小説業界で女探偵と言えば、この人でしょう。

 その名も、コーデリア・グレイ(Cordelia Gray)です。

 この人、何者かと言いますとですね。
 小説のなかの主人公ですね。


 かの有名な女流ミステリー作家、P・D・ジェイムズの作品「女には向かない職業」と「皮膚の下の頭蓋骨」に登場する女探偵です。


 


 決して、縄で縛られてあんなことやこんなことをされる女探偵ではありませんよ。(笑)
 とはいえ、アダルトDVDの主人公になってもいいような若さや美貌を持っているのは事実です。(まだ言うか! 笑)

 年齢は22歳。髪は明るい茶色、茶色がかった緑の瞳、真面目で几帳面で、オシャレが大好きで、正義感の強い芯のある女性です。

 
 もともとはP・D・ジェイムズの人気作品「ダルグリッシュ警視シリーズ」からの番外編として作られたんです。あまりに人気が出たので二作目の「皮膚の下の頭蓋骨」も書いたって感じでしょうか。
 
 
 生後すぐに母と死別し、修道女として育つわけですが、父親に引き取られてからは各地を転々として暮らすことになるコーデリア。父の死後、探偵事務所に秘書として努めるのですが、才能を見いだされて探偵になります。そして相棒だった所長が死に、探偵事務所を一人で経営していくことになるってわけです。
 
 最初の作品「女には向かない職業」では、隠蔽工作に加担してしまったり、古井戸に落とされちゃったりと、タイトルどおりに苦労の連続なわけですが、ひたむきで健気な姿が彼女の人気を集めたわけです。

 登場人物の魅力が話を面白くする典型的な作品です。
 わたくしの大好物である、アメリカ小説ではありません。P・D・ジェイムズの出身も作品の舞台もイギリスです。

 イギリスって言うと、テレタビーズを観て育ち、ミスター・ビーンの下品なギャグで大笑いして、大きくなってもきかんしゃトーマスで遊んでいて、気にくわないことがあるとすぐに大暴れするフーリガンのくせに、ジェントルマンを自負している偽善者の国ってイメージがありますね。(え? ないですって!? すいません、言い過ぎました。笑)

 ま、まぁとにかく、ぜんぜんハードボイルドとは無縁の作品ですが、とっても面白いので探偵ミステリーが好きな人は読んでみてくださいませね。
 それにほら、推理小説と言えば、やっぱりイギリスですからね。イギリスって偉大な国ですね。(ちゃんとフォローしてますよ! 笑)

 
 ちなみに「名探偵コナン」の灰原哀。
 このコーデリア・グレイがモデルですね。名前の『灰』が、コーデリア・グレイのグレイから来ているってことも作中で取り上げられていますしね。
 
 とはいえ、性格はぜんぜん違うのかなぁ? 灰原哀はとっても冷静だし、哀愁たっぷりな女ですしね。
 まぁほかに有名な女探偵小説ってなかなかないですしね。

 そういう意味では、探偵小説界の紅一点ってところでしょうかね、コーデリア・グレイちゃん。


 わたくしの小説には、高飛車で高慢ちきでお色気こそ女の武器よ! って勘違いしている熟女が登場します。本人は(いろんな意味で)やる気満々ですが探偵じゃありませんし、とてもじゃないけど探偵になれるような性格ではありません。
 せいぜい女探偵なんちゃらかんちゃらに出演するくらいしかできそうにありませんが、それも熟女じゃちょっとねぇ……って感じでしょうか。(爆)
 

 ところで、検索サイトで「女探偵」と検索すると、本物の女探偵さんのブログがたくさん出てきます。(いや、なかには本物じゃないのもいますがね。笑)
 
 実際に女探偵の需要というのは年々増加しているようです。
 理由はいろいろありますが、女性からの依頼が増えているってのが一番大きな理由なのでしょうね。
 
 日本ではまだまだ怪しい商売というイメージを払拭できない探偵業ですから、女性だけの探偵社とかがあると、女としては依頼しやすいですものね。
 
 ほかには尾行相手が女性だったりすると、探偵も女性のほうが良かったりするんですよ。
 女性じゃないと入れないところってけっこうありますからね。トイレとかお風呂とかエステとか、最近じゃ電車でも女性専用車両とかありますからね。(まぁこれはあまり規制が厳しくないから男性でも大丈夫そうですが。笑)
 
 でも、女探偵ってやっぱりトイレが大変そうですよね。
 わたくしが大好きなジェイムズ・エルロイ様の小説では、舞台がアメリカ(主にLA)ってこともあり、尾行や張り込みには車が使われます。
 張り込み中にトイレに行きたくなる探偵は、ドライブインで買ったコーヒーの紙コップとか、飲み干したお酒の瓶とかにおしっこして、窓から捨てちゃうんですね。(汚!!)

 女じゃそうも行きませんからねぇ。(爆)
 まぁ、アメリカの探偵と比べても仕方ないのですが、女性が依頼しやすいようにと女探偵が増えたとしても、尾行相手も女性とは限りません。
 実際にトイレの問題はあるそうです。男性を尾行する際、男の探偵なら尾行相手がトイレに行った際に自分も行けば良いわけですが、女探偵ではそうもいきません。
 ある女探偵は、尾行中にトイレに行くことができないので、紙おむつを着用していると言っていました。(ぬは!)
 小説やドラマの世界じゃ、そんなことは描かれませんけどね。(エルロイ様は描きますけど。笑)


 大変なのよ、女探偵って。(笑)


 本日の「しのぶが思うハードボイルド」

 おしっこ我慢もプレイの一環?(ハードボイルド関係ないじゃん!! 爆)

 以上でございます。


 それではまた、酒井しのぶでございました。

拍手[6回]

PR
【酒井しのぶの作品はこちら】
本格ハードボイルド長編小説 

一話読みきり短編作品集 

通話形式の超ショートショート集 

【ランキングに参加中】
作品を気にいっていただけたらランキングのクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ツイッターでこのブログをつぶやけます。
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
面白い!!!
しのぶさん、おはようございます。
どうしていつもこんなに面白いものを書けるのですか??もうおかしいやら、為になるやら、もうしのぶさんのブログは必須アイテムになってしまいました。自分で突っ込むのがまたおかしいし。やっぱり文章を書く能力と努力の賜物なんですね。私は努力はしているつもりでも人を惹きつける文章が書けないんですよ。ここが小説家と凡人の違いなのかな。波乱な人生も味を加えているのだと思います。全然話が違ってごめんなさい。
とにかく、いつも色んな問題提起をしてくれて感謝しています。ただ笑わせてるだけじゃない話に乾杯!!
 ありがとうございました。
とこ URL 2010/03/10(Wed)05:35:39 編集
とこさんへ
 こんにちは。

 いえいえ、笑わせるつもりなんかないんですけどね。(う、嘘です……すいません。笑)
 
 笑いって大事だと思うんですよね。
 ていうか、わたくしがいつも心がけているのことの一つに「好き嫌いと正邪を混同しない」ってのがあるのですが、これをいつも心にとめておくと、自分の嗜好にあわないものでも、理解する努力ができるので、嫌いだとか嫌味とかを言うにしても真っ向否定はしなくなるんです。
 過激な発言をするにしても、否定するんじゃなく、好きじゃないことだけを伝えるように、いつも努力はしているつもりなので、ブラックジョークとかを言う際に、少しは役立っていると思っています。(笑)
 
 笑いにも誠実さが大事ってことなんでしょうね。(笑)
 とこさんのブログも楽しく読ませていただいてますよ。けっしてつまらないなんて思いません。わたくしのブログもそうですが、大人気ブログにはやっぱり及びませんが、個人ブログの良いところは管理人の人柄が見えるところにあるんだと思っています。
 大人気ブログになるには、そういった部分をもっとパーソナルにしていかなきゃならないんだと思いますが、それじゃあ個人のありのままは減ってしまいます。
 記事を書く人の人となりが見える記事って、無駄なことは考えずに書くのが一番なんじゃないかと思っています。
 とこさんの誠実な人柄にほっと一息つける、とっても素敵なブログだといつも感心しておりますよ。
酒井しのぶ 2010/03/10 14:13
こんにちは!
小説家の方が小説を書くときはもの凄い取材をするか、自分の経験をそのまま書くかなんだろうな~、とずっと思っていました。
「変体性癖」に関しては、熱心な取材によるものなんですね^^

女性の探偵の需要が増加しているというのもわかります。大変な面もたくさんありますけどね。
「名探偵コナン」の灰原哀がコーデリア・グレイがモデルなんですね。興味あります。「女には向かない職業」と「皮膚の下の頭蓋骨」の二冊。

昨日のしのぶさんの記事、「体中の穴という穴から」も読ませていただきました。しのぶさんって自分の気持ちに正直で、何てチャーミングな女性なんでしょう、と思いましたよ。飛び出した家に戻って来たしのぶさんと10年一緒に暮らしているダーリンもかっこいいです。森山達也よりイケているんじゃないですか?
りい子☆ URL 2010/03/10(Wed)09:18:50 編集
りい子さんへ
 こんにちは。
 
 いえいえ、森山達也のほうが百億光年倍も素敵です!!(そんなに!? 爆)
 
 おっしゃるとおり、小説は経験と取材が大半を占めています。
 まず、嘘は書けないというルールがありますからね。描写への真実味も取材がものを言いますよね。
 変態性癖へ興味をもった理由はともかくとして(あ、誤魔化したな! 笑い)、具体的にそれがどれほどのものなのか知っていないと、書けませんからね。
 10のことを知っていて5だけ書くのと、5しか知らないで5だけ書くのでは、大きな違いがあると思うんですよね。
 わたくしの場合は、自分が知っている範囲、経験している範囲で書くのを基本にしていますが、ポイントになる部分はいろいろ取材しております。

 P・D・ジェイムズは女流作家というのもあって、女性には読みやすい作品ばかりですよ。おすすめです。
 
 
酒井しのぶ 2010/03/10 14:08
ほんと面白いです♪
読み手が夢中になるような話題や書き方は、毎回感心です♪
灰原さん、モデルがいたんですね。知りませんでした。
女探偵、かっこいいじゃないですか~~♪

女探偵=美人でクールで頭いい
あーーんなこと、こーんなことをされるような(爆)隠微なイメージ・・・少しだけ(爆)


イギリスって言えば、シャーロック・ホームズの国ですね♪
最近、また話題になってますね。
旦那様が、ずっと実在の人物だと思っていたことが判明して(爆)もう少しで喧嘩になりそうでした~~(笑)ならなかったけど・・・^m^
nonno 2010/03/10(Wed)13:49:59 編集
nonnoさんへ
 こんにちは。

 女探偵って、やっぱりそんなイメージですよね。(爆)
 灰原哀は、モデルっていうか、名前のヒントくらいなもんでしょうね。江戸川コナンも江戸川乱歩とコナン・ドイルから取ってますし、悪いヤツらから身を隠すための偽名をつけるのに、好きな作家や探偵から拝借しているって発想でしょう。(笑)
 
 ホームズは映画になりましたからねぇ。なんか、アメリカの映画館じゃ、椅子が映像に合わせて揺れるらしいですね、ホームズ。
 ホームズは実在していたって思っている人は、イギリスには腐るほどいますよ。それほど愛されていた作中人物ってことです。
 ダ・ビンチ・コードばりにホームズ実在説の謎みたいなのがたくさんあるんです。写真が出てきたりもしていますしね。

 まぁ実在なんかしてないんですが。(爆)
酒井しのぶ 2010/03/10 14:20
無題
こんにちは。
コメ応援。

あんなことや、こんなことですかぁ。
したいなぁ~
(・・?))アレ

されたいかな?(*'-'*)エヘヘ
ケンケン 2010/03/10(Wed)19:55:13 編集
ケンケンさんへ
 こんばんは。コメントありがとうございます。

 あんなこともこんなことも愛がなければできませんよ。(笑)
 愛は偉大ってことですね。( *´艸`)
酒井しのぶ 2010/03/10 22:05
無題
こんばんわ。
こちら春の嵐で雪が降りあとはみぞれに。
今の時期、ほんとに珍しいです。
読んでいないのですが「女にはむかない職業」有名だったですね。
確かに向かないようですけれど、現実そんなに女探偵がいるのですね。
作品の女探偵、なかなか健気にがんばったのですね。
現実にも紙おむつまでしてあっぱれです。
それにしても男探偵、紙コップにしてぽい、しらなんだー。
マーロウもしたんでしょうね(^_^;)
いつもながら話がとてもテンポよくおもしろいですね。
飾らずそのままを書いてあるから共感します。
人間、土台はかわらないしですね。
色々勉強もさせてもらっています。


KOZOU URL 2010/03/10(Wed)20:23:22 編集
KOZOUさんへ
 こんばんは。
 
 いえいえ、思ったままに書いているだけなので、読んでくださる皆さまに感謝感謝です。(笑)
 
 実際の探偵は、長時間労働で、時間も不規則だし、出張も多いし、一日中歩き仕事だし、不審者扱いされるし、重労働この上ないのに、収入は大卒サラリーマンに勝てないという、大変な職業みたいです。
 
 とはいえ、紙おむつをしてまでの〝やりがい〟が、きっとあるのだとは思いますがね。(笑)
酒井しのぶ 2010/03/10 22:10
無題
女探偵やないけど、
探偵的と言われて思い浮かぶのは、
どうしても家政婦になってしまう(爆)
それで、エロ熟女を連想してしまう(苦笑)
何てアホなんやろ(爆)
けびん URL 2010/03/10(Wed)20:48:34 編集
けびんさんへ
 こんばんは。
 
 家政婦と言ったら、市原悦子しか思い浮かびませんね。(笑)
 となるとやっぱり、おかね持ちの不倫騒動で、熟女のまぐわいってことですかね。(笑)
 エロ妄想って限りがありませんね。(笑)
酒井しのぶ 2010/03/10 22:13
チ、チョリ~ッス。
お下劣な女探偵DVDって、もしかして、弊社の作品かな…?(苦笑い…)私たちを愛してくださるユーザー様は、「強い女性が、とんでもない目に遭ってしまう…」シチュエーションを望まれる方が多いです。女捜査官とともに、女探偵というのは、格好の素材として、取り上げちゃって、何か…すみません…。勝気で、正義感があって、勇気と覚悟が必要で、危険と隣り合わせ…。ベタですが、私は、その中に、女性らしい、無鉄砲さや、可愛らしさを、ムリにでも、ねじ込みたいんです。…また、お邪魔しちゃいます。コメントは、こちらの方が、よかったのでしょうか…?
ベイビーひかる。 2010/03/10(Wed)21:13:56 編集
ベイビーひかるさんへ
 こんばんは。コメントありがとうございます。

 コメントここでOKですよ。ていうか、ここが一番嬉しいです。(笑)
 
 そうです、ひかるさんのところのシリーズです。(笑)
 うちのダーリンと一緒に観たんですが、かなり興奮していましたよ。勝気な女がねじ伏せられるのは、男の人にはたまらないものなのかもしれませんね。(笑)

 まえにも言ったとおり、わたくしに作品の媒体に対する偏見はありません。(非合法はダメですが。笑)
 それぞれの分野にそれぞれの苦労と努力があるのは間違いありませんからね。
 なので、いつでも好きなだけ書き込みしちゃってくださいね。(*´ω` )ノ
酒井しのぶ 2010/03/10 22:20
無題
女探偵ってあんまり想像出来ないですね。
女スパイならたくさんありそうですけど。(DVDの話じゃ無いですよ 笑)

「ミステリー」ってカテゴリの意味がいまいち分かりません。
ファッキン・シスターズ・クライストに出会う前に 『このミステリーがすごい!』大賞に選ばれた小説を読んだのですが酒井しのぶさんの小説の方が謎が面白かったと思います。
「このミス」大賞ってなんなんですかね?

まじでミスコンの類なのかと思いましたもん。
作者は男性でしたが・・・
sprotちょっぷ URL 2010/03/10(Wed)21:19:15 編集
Sprotちょっぷさんへ
 こんばんは。
 
 一般的には、推理とミステリーって同一扱いなのですが、厳密にはミステリーというカテゴリのなかに推理やハードボイルドや探偵小説、犯罪小説などなどがあり、最近じゃ冒険小説もミステリー扱いですね。
 広義でミステリーと言うと、推理要素がなくても当てはまるんですよ。
 だから例えば、恋愛小説でも『誰と付き合って誰と別れる?』とかってストーリーになれば広義にはミステリーです。
 一方、推理小説には基本的に定義があります。読者が推理するために必要なヒントを作中に散りばめることと、そのヒント以外のもので答えを出さないこと。これが推理小説の定義になりますが、これも当然その定義を破った作品はたくさんあります。
 わたくしの作品は、推理と言っても、シャーロック・ホームズなどのように、この定義にまるまんま当てはまるパズル推理ではないので、推理小説と呼ぶには稚拙だと思います。
 なので、かたくなにハードボイルドと。(笑)
酒井しのぶ 2010/03/10 22:28
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
RSS

Add to Google
このブログをリツイート!
ブログ内検索
最新コメント
[11/13 DSLR-A850]
[09/21 ばたこ]
[05/19 メルマガアフィリとブログアフィリで初心者でも稼ぐ@中野]
[04/27 ゆっきー]
[01/17 凛 七星]

* 管理人が返信したコメントにはメモ帳マークが表示されます。
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
バーコード
携帯電話からの閲覧は↓をバーコードリーダーで写してくださいませね。


忍者ブログ  /  [PR]
 / COPYRIGHT ©  酒井しのぶ ALL RIGHTS RESERVED