QLOOKアクセス解析
第二ボタン伝説 忍者ブログ
妄想/連想/暴走――激走する脳内モルヒネの意想。 変態ハードボイルド小説作家の有相無相――
酒井しのぶの作品紹介
【ファッキン・シスターズ・クライスト】
 酒好きで女好きで自堕落で格好つけの片桐有二は、二十五年まえに体験したレイプ事件のトラウマに悩まされる、ハードボイルドを気取った私立探偵。ある依頼がもとで、変態性癖が巻き起こす事件に首を突っ込むことになってしまう。高飛車で自分勝手なふしだら女の酒井しのぶと共に、事件の真相を探りだすのだが……推理あり、シリアスありの、本格ハードボイルド長編小説。
 

【あいつとの電話】
 ツンデレコンビのしのぶと有二。小説のなかだけじゃなく、普段の会話も超ツンデレ&超下品でちょっぴりエッチ!
 酒井しのぶの小説に登場する二人が織り成す、会話のみの超ショートショート作品集です。一話読みきりなので、お気軽に読んでいただければと思います。
 

【Shinobu to Yuji 短編集】
 長編ファッキン・シスターズ・クライストの外伝的一話読みきり短編作品集。笑い、切ない過去、素直じゃない愛情、そしてお決まりのエッチな会話。しのぶと有二のツンデレコンビは、殺人事件がなくても面白い。
 

 (注: すべての作品がR15指定です。作品の性格上、性描写、暴力描写、差別的発言などが各所に出てきます。不快に思う人は読まないでください)
管理人プロフィール
酒井しのぶのプロフィールは↓からどうぞ。
My Profile by iddy

Google Profileはこちら

酒井しのぶへのご意見、ご要望、ご感想など、記事コメント意外の内容は↓へお願いいたします。
おきてがみ

mixi(ミクシィ)やってます!
ランキング
お気に召しましたらクリックしてくださいませ。
にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン   
メールフォーム
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ。
*返信が必要な場合は、返信先アドレスを入力の上、その旨お書きくださいませ。
Powered by NINJA TOOLS
インフォメーション

【ボチボチと書き始めています】
 いろいろあり、忙しい毎日を過ごしています。
 書きたい衝動は日に日に増してくるのですが、なかなか時間が作れず、昔のようにすべてを犠牲にして書く勇気もなく、いまは我慢の時期かなと思う今日この頃。
 それでも、書かずにはいられないときもあるので、短いエピソード的なものをチマチマと書いたりしています。
 皆様のところへ訪問する時間はまだなかなか作れませんが、毎日少しづつですが、勉強し精進しているところですので、いましばらくお待ちくださいませ。

【ご連絡】
 記事下部の拍手ボタンを押してくださり、拍手内でコメントくださる方がたくさんいてありがたく思っております。
 拍手内のコメントでは、こちらからの返信ができませんので、返信をご希望の方は記事へのコメントをお願いいたします。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【酒井しのぶの作品はこちら】
本格ハードボイルド長編小説 

一話読みきり短編作品集 

通話形式の超ショートショート集 

【ランキングに参加中】
作品を気にいっていただけたらランキングのクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ツイッターでこのブログをつぶやけます。
 こんばんは、酒井しのぶでございます。

 
 卒業シーズンですね。
 わたくしは不良少女でしたから、卒業式の経験は小学校と中学校しかありません。(あ……幼稚園もあるわよ! 笑)

 
 卒業と聞いて思い浮かぶものと言えば……。

 不良少だったわたくの場合はこれですね。



 尾崎豊。
 とてつもないカリスマでしたよねぇ。

 まぁ最後は、カリスマミュージシャンの例にもれない、くそったれな死にかたをしましたけどね。それがまた、カリスマ性を増大するんですよね。


 この曲の歌詞には、とてつもないメッセージがあります。
 世の不良はもう、ブルーハーツか尾崎豊かってくらいに、熱狂的になったものです。
 不良に限らず、言いたいことを言えずに悶々とした毎日を送っていたティーンネイジャーの代弁者でしたからね、尾崎豊は。

 
 ちょっと懐かしくなり、得意のウィキペディアで調べてみたんですがね。
 まぁだいたい知っていることしか書いてありませんでした。(笑)
 でもなんか、ちょっとへんちくりんなことが書いてあるのでそこを抜粋しましょうか。
 
 以下ウィキペディア 尾崎豊より
特に10代の頃は大人への反抗や反体制をテーマにした歌を多く歌い、新聞などで「10代の教祖」とも呼ばれたが、本人及びコアなファンはこうした呼称を嫌っていたとも言われている。だが、校内暴力が横行していた時代と相まって一種の社会現象ともなる(深夜に中学校の窓ガラスを割って回るなどの狼藉を働く者は尾崎デビュー前からもいたが、シングル「卒業」の歌詞に触発されて行った若者もあったと見られる)。また、尾崎の詞を研究するファンにおいても、単なる校内暴力肯定等と解釈することへの批判が見られる。

 まぁなにがどうってことでもないんですけどね。(笑)
 歌詞に触発されて同じ行為に出る若者がいるっていうのは、いつの時代でも同じなんですが、『尾崎の詞を研究するファンにおいても、単なる校内暴力肯定等と解釈することへの批判が見られる。』って、そんなの研究なんかしなくたってわかるじゃんねぇ。(笑)
 尾崎豊が『校内暴力は正しくって、それに対して制裁を加えた教員が悪い』なんて言うわけありませんからね。
 尾崎豊の歌が問題なんじゃなく、そんなこともわからない人が増えていることが問題なんだってことくらい、研究しないでもわかってほしいですね。(笑)

 
 ところで尾崎豊は、ファーストアルバム作成にあたって、歌詞を何度も書き換えていました。
 文学的な立場から見ても、完成度の高さを感じる歌詞なのは、そのせいなのでしょうね。
 ファーストアルバムというのは、デビュー前かデビュー後でもまだそれほど売れていない頃に作成されるものですから、作成するために費やす時間がけっこうあるものなのですが、二作目以降になると時間との戦いになっちゃうんですよね。
 そこらへんも、尾崎豊を崩壊へ導いた原因の一つなのかもしれません。


 まぁ、それはそれとして。ここまではいつもどおり単なる前置きです。(長いですね、すいません。笑)


 卒業式のときって、学生服の第二ボタンの奪い合いとか勃発しませんでした?(笑)

 最近もあるのかなぁ。
 
 わたくしの場合、べつの中学を卒業した高校生と交際しておりましたからね。
 先輩の第二ボタンを欲しがることもなければ、自分が卒業のときに同級生の第二ボタンを欲しがることもありませんでした。
 なので過激な女子のボタン闘争に参加することはなかったんですけどね。

 
 自分の卒業式のときに、部活の後輩がね。
「先輩、第二ボタンもらってってください!」ってね。

『あらいやだわ。この子ったらわたくしのことが好きだったのね。ぜんぜん気がつかなかったわ、もう可愛いんだからぁ。(ハート)』なんて思ったりしたんです。
 
 そしたらあなた。
 ほかの後輩もやってきて、同じことを言うんですよ。
 
『いやぁまいったなぁ。わたくしってそんなに人気だったのね。まぁわたくしの美貌からすれば当然よね!!(天狗)』なんて思って高笑いをしていたのです。


 それでけっきょく、4人だか5人だかそのくらいの後輩から第二ボタンを受け取ったんですよ。『人気者は辛いわぁ』なんて思いつつ校門を出ると、別の男の子たちが数人で話をしていたんですよ。

「おい、第二ボタンなくなったか?」
「ああ、やっとなくなったよ。卒業式って面倒だよなぁ。卒業しちゃう人はいいけど、残ったほうはボタンがあるとないで、女子からの視線が変わるからな」
「だよなぁ。もう誰でもいいから適当にあげちゃわないと、立場がなぁ」


 おいおい……。(汗)

 わたくしはメンツを保つためのゴミ捨て場ってことかい……。

 
 そうなんですよ。わたくしに第二ボタンをよこした後輩たちは、その話をしていた子たちと同じで、女子にバカにされないために、誰でもいいからもらってくれる人を探していただけだったんですよ。(爆)
 
 わたくしの美貌がものを言ったわけじゃなかったってことです。(美貌なんてどこにあるのか知りませんがね。笑)

 
 わたくしはそのまま学校に戻り、職員室に行きましてね。
 二年生の学年主任の机にもらった第二ボタンを置きまして。ノートを一枚破ってからボールペンでことづてを書きました。


『落とし物です。2-2の◯◯君の第二ボタンと、2-4の◯◯君の第二ボタンと~』

 てな具合に、第二ボタンをよこした子たちの名前をぜんぶ書いて、最後に『明日の学活の時間に返却してください』と、付け加えてから、帰りました。(笑)


 在校生が春休みになってから、部活で3年生のお別れ会を開いてくれましてね。
 吹奏楽部だったので、仲の良かった同級生たちと音楽室に行ったんですよ。
 なんだか、まだ段取り中だからと、卒業生は隣の教室で待たされていまして、わたくしもそこで待っていたんです。

 そしたら、第二ボタンをよこした後輩たちがやってきて……


「先輩!! ひどいじゃないですか! いい笑い者でしたよ!!」って。(爆)


『ひどいのはあんたたちよ! てっきりあたしに惚れているのかと思ったじゃないの!!』って言ったら……


「ああ、それはないない」って、おい!!!!!(爆)


 というわけで、第二ボタンと言えばこの歌じゃないでしょうか。(お、いきなり歌ですか!? 笑)



記念にくださいボタンをひとつ
青い空に捨てます

 本日の「しのぶが思うハードボイルド」

 ボタンにカメラを内蔵するハードボイルド。

 以上でございます。


 それではまた、酒井しのぶでございました。

拍手[4回]

PR
【酒井しのぶの作品はこちら】
本格ハードボイルド長編小説 

一話読みきり短編作品集 

通話形式の超ショートショート集 

【ランキングに参加中】
作品を気にいっていただけたらランキングのクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ツイッターでこのブログをつぶやけます。
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
無題
お仲間ですね(笑)
僕の卒業式も中学で終わりました。
(あ……院もあるわよ! 笑)
第二ボタン僕の時代にもありまして
欲しがる健気な子もいましたが絶対にあげませんでしたね。
オーダーメイドの学ランで高かったんだもん!
風魔 URL 2010/03/11(Thu)01:13:21 編集
風魔さんへ
 こんにちは。
 お仲間でしたか。こういうことってなにか妙な仲間意識が……(笑)
 
 学ランってみんななんだかすごいのを着ていましたよね。(笑)
 裏地が紫とか、虎がいたり龍がいたりしていましたねぇ。
 ああ、そのことについても今度記事にしようかなぁ。(笑)
酒井しのぶ 2010/03/11 13:59
無題
懐かしいです!こう見えても(知らないって?)中三の卒業式の頃はモテ期だったんでしょうか。何人もの子にボタンを持ってかれました。たぶん人生で最初で最後のモテ期だったのかもです。

しかもタイムリーにその頃その尾崎豊の卒業がリリースされたんです。コレを聞くともう今から・・・25年前!!スゴイ昔ですな。思い出しますね。同じ時期に菊池桃子の「卒業」とかあったなあ・・。
ジス URL 2010/03/11(Thu)01:34:59 編集
ジスさんへ
 こんにちは。
 モテ期でしたか。(笑)
 大人になると、中学くらいでモテてもあんまり意味がないなってことに気がつきますよね。当時はけっこう必死にオシャレしていたんだけど。(笑)
 
 そうかぁ、「卒業」って25年前なのか……四半世紀ですね……。
 歳取ったなぁ。(笑)
 気分と精神年齢は14歳のままなんですがね。(爆)
酒井しのぶ 2010/03/11 14:04
無題
尾崎
カリスマですね。
最後の姿がスッポンポン。
最後はドラッグだったのでしょうか?

私、教員になりたいと志した時がありました。
ヤンキー先生になってやろうと。
しかし現実は、直ぐに保護者が怒鳴り込みにくる・・・
モンスターペアレント
現場は戦々恐々としているのが現実・・・
私たちの頃は殴られました、しばかれましたが、今そんな事をすれば、子供が言うそうです!
教育委員会へ言ってやると・・==○)゜O゜)
子供が、悪い事をしていても知らんぷり
どうなるのでしょうか、この日本・・・

Ps:しのぶさん
第二ボタン送りましょうか!?
100個程(笑)
ケンケン 2010/03/11(Thu)08:23:48 編集
ケンケンさんへ
 こんにちは。
 尾崎豊の死因は急性メタンフェタミン中毒による肺水腫です。まぁつまり、致死量を超える覚せい剤投与での死亡ってことです。
 泥酔していたり傷だらけだったりしていて不可解な点が多く、他殺説とかいろいろありましたが、不可解な死っていうのはいつの時代もだいたいドラッグがらみですね。
 
 ヤンキー先生ですか。頼もしい存在ですね。たしかに我々のころは体罰が当たり前にありましたね。愛情があればこその産物だったのだと思っています。
 教師は大変ですよね。赴任先がコロコロ変わったりするし、出世の仕方も多様ですしね。
 最近、時間外勤務の対価が払えないと言う事情で、勤務時間が30分短くなったんですよ。定時が4時30分になったそうです。
 でも、そんな時間には帰れるわけもなく、けっきょくなにも変わらないそうです。
 小学校の事情にはけっこう詳しいので、今度記事に取り上げみますね。
酒井しのぶ 2010/03/11 14:18
こんにちは
尾崎豊、いいですね~。
もう、見るからに繊細な感じで、内に秘めるものがあるという感じですよね。
歌詞を何度も書き換えたというエピソードも頷けます。パッと見は普通の言葉が並べられているように思いますが、かなり考えて、そして選んでいますね。
尾崎豊がいつまでも色あせないというのがとっても良くわかります。今、ずっと聴いていたいですね。

第二ボタンの争奪戦、懐かしいです。
でもしのぶさんが、落し物だと届けたボタンを先生はわかっていて返却したんでしょうか?
先生もお茶目です。

柏原芳恵なつかしいです。
柏原芳恵というと皇太子様を連想します。(古いネタ??)
りい子☆ URL 2010/03/11(Thu)10:17:12 編集
りい子さんへ
 こんにちは。
 尾崎豊はやっぱり歌詞によるメッセージで売出していましたからね。日本版ボブ・ディランを目指す狙いが事務所側にもあったのでしょう。
 優れた小説と同じで、時代を経ても古臭くならないすばらしい歌ばかりですよね。
 
 第二ボタンはですね。
 2年の学年主任は、話すととっても長くなるのですが、わたくしけっこう仲良しだったので、わたくしの狙い通りに翌日それぞれの担任にボタンを渡してわたくしがお願いしたとおりにしてくれたようです。(笑)
酒井しのぶ 2010/03/11 14:41
第2ボタン。。。
昨日は勝手な書き込みに丁寧にお返事下さってありがとうございました。勇気づけられました。

 卒業、私も高校時代はくだったので、いい思い出はありませんでしたね(笑)。
 でもしのぶさんの場合は酷過ぎ(苦笑)です。そういう手もあたのかと妙に納得(笑)。
 私は高2の時、3年生の女性から可愛い定期入れをもらいまして、同じバス通してただけで、話したことも無かった女性からだったので、もうびっくりしてしまってどういう思いで送られたのか今もって不思議です。でも今も捨てられなくて引き出しにそっと忍ばせているんです(私ってレズ!?)。好きな男の子は私も他校にいましたし、私服の学校だったので、どんな風に女の子にアタックされたかは教えてくれませんでした。
 それ以来彼とは自然消滅。。。私はずっと好きだったんですが、彼は野球人生に賭けていてずっと新聞の小さな記事で彼の試合結果を見るだけで終わりました。苦い思い出で~す。だから私にとっては卒業は小さな恋との卒業でした。
そういう人が多かったでしょうね。
いい時代でした。
 しのぶさんの制服姿、妄想して終わります(笑)。
 ありがとうございました。
 
とこ URL 2010/03/11(Thu)11:17:09 編集
とこさんへ
 こんにちは。
 
 その定期入れをくれた女性の行動は謎ですねぇ。話したこともないのに……不思議すぎます。(笑)
 でも、捨てられない気持ちはよくわかります。人からのもらい物って捨てれませんよね。わたくしは引越しが多い生活をしていたのですが、ブリキの衣装ケースにガラクタばかり詰めてとってあります。(笑)
 淡い恋の思い出、卒業にはつきものですよね。昔は特に、地方だと上京したりする人も多かったでしょうし、いまのように携帯電話で気軽にメールってわけにいかなかったですからね。
 
 わたくしの制服姿ですか。(笑)
 ポニーテールでブレザーでした。袖はいつも中途半端にまくっていて、スカートはくるぶしまで……。(不良番組のまんま。爆)
酒井しのぶ 2010/03/11 14:26
追伸。
また、書き間違いがありました。
くだったではなく、くそったれでした(苦)。訂正してお詫び申しあげます。
とこ URL 2010/03/11(Thu)11:20:13 編集
とこさんへ
 これはさすがに脳内変換できなかったです。(笑)
 了解いたしました。(*´ω` )ノ
酒井しのぶ 2010/03/11 14:27
こんにちは。
リンク、貼らせていただきました。何とかうまくいって、ホッとしています。どうも、ありがとうございます。尾崎さまといえば、「oh my little girl」が、わたしのファーストコンタクトです。悲しみか激情なのか、不安か寂しさなのか、よく分からなかったですけど、震えているようなワールドに、心が揺らされたような、遠い記憶が甦ってきました。お兄ちゃんは、亡くなられたときに、「どうしようもない、深い哀しみに襲われちまった…」と涙ぐんでいたのが、懐かしく思い起こされてきます。スゴイ方だったんですよね…。
ベイビーひかる。 2010/03/11(Thu)13:46:29 編集
ベイビーひかるさんへ
 こんにちは。
 リンクありがとうございます。こちらもこれから貼らせていただきます。
 今後とも宜しくお願いいたします。

 絶頂期での死でしたからね。
 わたくしの周囲でも同じように悲しむ人がたくさんいました。
 なにか、尾崎豊の死とともに、不良少年も消えていったようなそんな感じがいたします。
 間違いなくひとつの時代が終わった感がありましたよね。
酒井しのぶ 2010/03/11 14:31
おはようございます
おはようございます。

尾崎豊、生きていてもまだ50にはなっていないのえすね。歌は知っている限りでも今でも鮮烈ですね。
詩はほんとに磨かれていると思います。
あのような最後、悲しい必然ですかね。
あまり50,60は想像できないのはできないですけれど。
わたしも健全な卒業式は中学までだったですかね。
最後は式そのものがなかったし(^_^;)
第二ボタン、わたしのころはなかったですね。
何か物を送ったりでした。
男ども照れ隠しでやっぱ美貌のしのぶさんに気があったのでは(*^_^*)
ゴミ捨て場でも選びますよ。
何かバレンタインのチョコと似たものを感じますね。
柏原芳恵さん、ご健在でしょうね。
かあいかったですね。
KOZOU URL 2010/03/12(Fri)09:31:56 編集
KOZOUさんへ
 おはようございます。

 こんな言い方は良くないのでしょうが、尾崎豊は死するべきときに死んだんだと思います。長生きして影響を与える人と、短命で影響を与える人っているんだと思うんです。
 スポーツ選手の引退のタイミングみたいなものですかね。人生の引退というのは言い方がおかしいのでしょうが。
 彼は短期間に出すもの出しきったってイメージがあります。

 柏原芳恵、当時のどのアイドルとも同じで、今のほうがずっと綺麗です。(笑)
 去年だったかなぁ? CD出していましたよ。
 
酒井しのぶ 2010/03/12 10:07
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
RSS

Add to Google
このブログをリツイート!
ブログ内検索
最新コメント
[11/13 DSLR-A850]
[09/21 ばたこ]
[05/19 メルマガアフィリとブログアフィリで初心者でも稼ぐ@中野]
[04/27 ゆっきー]
[01/17 凛 七星]

* 管理人が返信したコメントにはメモ帳マークが表示されます。
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
バーコード
携帯電話からの閲覧は↓をバーコードリーダーで写してくださいませね。


忍者ブログ  /  [PR]
 / COPYRIGHT ©  酒井しのぶ ALL RIGHTS RESERVED