QLOOKアクセス解析
世界で一番好きな人 忍者ブログ
妄想/連想/暴走――激走する脳内モルヒネの意想。 変態ハードボイルド小説作家の有相無相――
酒井しのぶの作品紹介
【ファッキン・シスターズ・クライスト】
 酒好きで女好きで自堕落で格好つけの片桐有二は、二十五年まえに体験したレイプ事件のトラウマに悩まされる、ハードボイルドを気取った私立探偵。ある依頼がもとで、変態性癖が巻き起こす事件に首を突っ込むことになってしまう。高飛車で自分勝手なふしだら女の酒井しのぶと共に、事件の真相を探りだすのだが……推理あり、シリアスありの、本格ハードボイルド長編小説。
 

【あいつとの電話】
 ツンデレコンビのしのぶと有二。小説のなかだけじゃなく、普段の会話も超ツンデレ&超下品でちょっぴりエッチ!
 酒井しのぶの小説に登場する二人が織り成す、会話のみの超ショートショート作品集です。一話読みきりなので、お気軽に読んでいただければと思います。
 

【Shinobu to Yuji 短編集】
 長編ファッキン・シスターズ・クライストの外伝的一話読みきり短編作品集。笑い、切ない過去、素直じゃない愛情、そしてお決まりのエッチな会話。しのぶと有二のツンデレコンビは、殺人事件がなくても面白い。
 

 (注: すべての作品がR15指定です。作品の性格上、性描写、暴力描写、差別的発言などが各所に出てきます。不快に思う人は読まないでください)
管理人プロフィール
酒井しのぶのプロフィールは↓からどうぞ。
My Profile by iddy

Google Profileはこちら

酒井しのぶへのご意見、ご要望、ご感想など、記事コメント意外の内容は↓へお願いいたします。
おきてがみ

mixi(ミクシィ)やってます!
ランキング
お気に召しましたらクリックしてくださいませ。
にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン   
メールフォーム
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ。
*返信が必要な場合は、返信先アドレスを入力の上、その旨お書きくださいませ。
Powered by NINJA TOOLS
インフォメーション

【ボチボチと書き始めています】
 いろいろあり、忙しい毎日を過ごしています。
 書きたい衝動は日に日に増してくるのですが、なかなか時間が作れず、昔のようにすべてを犠牲にして書く勇気もなく、いまは我慢の時期かなと思う今日この頃。
 それでも、書かずにはいられないときもあるので、短いエピソード的なものをチマチマと書いたりしています。
 皆様のところへ訪問する時間はまだなかなか作れませんが、毎日少しづつですが、勉強し精進しているところですので、いましばらくお待ちくださいませ。

【ご連絡】
 記事下部の拍手ボタンを押してくださり、拍手内でコメントくださる方がたくさんいてありがたく思っております。
 拍手内のコメントでは、こちらからの返信ができませんので、返信をご希望の方は記事へのコメントをお願いいたします。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【酒井しのぶの作品はこちら】
本格ハードボイルド長編小説 

一話読みきり短編作品集 

通話形式の超ショートショート集 

【ランキングに参加中】
作品を気にいっていただけたらランキングのクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ツイッターでこのブログをつぶやけます。
 こんにちは、酒井しのぶでございます。


 昨日に引き続き邦楽ロックの話題を。
 今日は昨日よりも過激な音楽をご紹介しますので、発言もちょっと過激になりそうです。お嫌いな人は全面スルーでお願いしますね。

 
 わたくしが、ロックこそ世界を救うと確信したバンドがあります。(バカだ。笑)
 当時、中学生でした。当時の中学生は、すぐにバカな発想に到達する単純な生き物でした。(あんただけよ! 笑)

 大好きだったチェッカーズの藤井兄弟が大絶賛しているバンドがあったんです。好きなアーティストのルーツを掘り起こすのは当たり前のことですから、お小遣いを握りしめて、駅前のレンタルレコード店へ行き、そのバンドのLPレコードを借りてきました。
 
 そのバンドとは。


 THE MODS



 もうあれですね。 
 邦楽でロックだのパンクだのと言っている人なら知らない人はいないでしょうね。もしいたら、そいつは偽物ですね。
 日本人でモッズを知らずに、ロックだのパンクだのを語るのは、愚か者でもなけりゃくそったれでもありません。偽善者です。(言い過ぎました、すいません。笑)


 さて、わたくしがモッズと出会ったのは中学一年生の夏休みでした。
 はじめて聞いた曲はこれでした。



 単純な中学生のわたくしは、すぐに魅了され、洗脳され、ロックこそ世界平和の証だと思い込みました。

 まずはギターを買わなければと思い、貯金をしようと決意するわけですが、中学一年生にそんなの無理です。真剣に体を売ることまで考えましたが、それも当然無理。(ほんとにバカだ、この子。笑)
 
 そんなある日。
 近所に身障者の人たちが働く会社があり、その会社が毎年バザーを開催するんですよ。(現在はフリーマーケット方式でNPO法人主催で開催されています)
 母が、そのバザーに出向いてましてね。ギターが安く売っているから見においでと言われ、自転車かっ飛ばして行ったわけです。
 グレコの壊れたレスポールが3000円で売っていて、それを1500円にまけさせて買い、楽器屋さんで5000円で修理してもらい、晴れてわたくしの初ギターとなったわけです。
 まぁ、いまにして思えば、どうしようもないほどに出来の悪いギターだったのですが、当時のわたくしにとっては宝物でした。抱いて寝るとかよく言いますが、本当に抱いて寝てました。(笑)

 
 そんなこんなで、バンド人生を開始するわけで、母はきっと、あの時ギターなんか買わせるんじゃなかったと後悔したに違いありません。(爆)

 
 モッズのボーカル、森山達也は、わたくしにとっては神様的存在で、彼の真似をして歌いながらギターを弾く、ギターボーカルというスタイルを目指しましたし、彼の真似をしてギターにステッカーをたくさん貼ったりもしました。

 上の動画の曲の2コーラス目の歌詞に影響され、テレビなんか観るもんじゃないなと、テレビ離れをしようとしたのもこの頃です。これはけっきょくできずに、自分の言い訳として、低俗な番組とそうじゃない番組があるんだと言い聞かせて、低俗じゃないと判断した番組を観ることにしました。(どうしようもないバカ。笑)

 のちに尾崎豊も「テレビは嫌いだ」って歌うために、本格的にテレビ離れをするんですけどね。(ていうか、家出少女になって観れなくなっただけですが。爆)

 ほかにもいろいろ影響を受けまして、女だったためにできなかったリーゼントには特に惚れ込み、リーゼント以外は男のクズだと決め込んでいたりもしました。(最悪ですね、この子。笑)
 なんたって、相手はつっぱった男ですから、見た目的には真似したくてもなかなかできません。できないことへの執着は強まり、リーゼントじゃなきゃ人間じゃないとまで思い込むわけですが、のちに森山達也がリーゼントをやめて、ナチュラルパーマになって眉毛も細くなって、ビーバップハイスクールに出てくるような顔じゃなくなると、リーゼントなんてバカがするものだと、考え方はガラッと変わります。(あんたが一番バカです。爆)


 そんなわたくし、森山達也の歌詞には多大な影響を受けました。
 ロックやパンクでの歌詞から得る影響というのは、洗脳に匹敵する恐ろしさを持っています。
 わたくしも当然、洗脳されてしまいました。(洗脳されて幸せでした! 笑)
 
 
 彼の歌詞で、わたくしが特に気になったのは、思い描く世界が日本じゃないってところです。
 人の名前に外国人のものが多かったり、歌詞の世界を構成する舞台や時代設定が外国であったりするのです。小道具(ピストルとかお酒とか)も外国をイメージさせるものが多く、音楽がロックだったりパンクだったりというジャンルであるために、アメリカやイギリスが舞台である歌詞なのだと思い、外国への憧れが強まりました。
 
 そんな異国ムード満点なモッズですが、わたくしが一番好きな曲はと言えば、やっぱりこれかなぁ。


 
 あまりに憧れが強すぎて、この曲のとおりの人生を歩んでしまったような、そんな曲ですね、これ。(笑)
 親と大喧嘩したり、家出したり、友達や男の家を転々としたり、そんな生活ばっかりだったなぁ。
 いまみたいに、ネットカフェとかあったらどんなに楽だったろうかと思ったりもしますが、そんなものがあったら、家出なんてなんの苦労もないただの道楽になっちゃいますからね。(笑)
 覚悟のない家出なんかしたってなんの意味もないだろうから、大変だったことがよかったのかもしれません。
 
 
 さて、長くなりましたね。(いつものことですが。笑)
 最後に、モッズと言えばこれでしょって曲をアップして終わりましょうか。
 


 格好いいですよね、森山達也。
 わたくしたぶん、世界で一番この人が好きかもしれないなぁ。見た目も、中身も、歌も、この人の持つ世界全てが好きです。
 特にリーゼント崩してからの森山達也は、見た目にわたくしの好みドンピシャですね、もう。(さっきはリーゼントじゃなきゃ男じゃないとか言っていたのに! 笑)

 細い眉と爬虫類のような目。
 たまりませんよもう。見つめられただけで体がもう……ここじゃ言えないようなことになっちゃいますね。(バカだ! 笑)
 
 


 本日の「しのぶが思うハードボイルド」

 森山達也!!!!(爆)

 以上でございます。(最後までバカなまま。笑)


 それではまた、酒井しのぶでございました。

拍手[16回]

PR
【酒井しのぶの作品はこちら】
本格ハードボイルド長編小説 

一話読みきり短編作品集 

通話形式の超ショートショート集 

【ランキングに参加中】
作品を気にいっていただけたらランキングのクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ツイッターでこのブログをつぶやけます。
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
Re:世界で一番好きな人
ロック いいですね~
モッズ 私も好きでしたよ

でも 何故か その後
ロックで足らなくなった 感情を
メタルや
ヘビーメタルに移行させた私
KISSとかラウドネス
アースシェーカー
44マグナムなど等
エレキ小僧時代も あったんだな~
おいら。。。
てっちゃん 2010/03/08(Mon)17:18:35 編集
てっちゃんさんへ
 こんばんは。
 ラウドネス、いいですよねぇ。
 わたくし、音楽は雑食なのでなんでも聞くし、なんでも好きになっちゃいます。(笑)
 KISSはもう、カッコよすぎですよね。
 とはいえ、メタルバンドっていまいちよくわかっていないわたくしです。
 キング・クリムゾンは好きですが、あれはプログレか。(笑)
 スティーヴ・ヴァイはメタル? かなり好きです、見た目が。(爆)
酒井しのぶ 2010/03/08 23:09
無題
家出も簡単(場所的に)に出来るようになって、
家出する事の覚悟とか決意みたいなモンも、
希薄になってるように思いますなぁ(苦笑)
事の良し悪しは別にして、
腹を括るってのがどんな事なのか、
分かってないようなんが多いと思うし、
それ故に何をするにしても軽い感じがするんかなぁ(苦笑)
短絡的でも何か一本、筋みたいなんがないような(笑)
けびん URL 2010/03/08(Mon)18:58:25 編集
けびんさんへ
 こんばんは。

 まぁ家出なんて、だいたいにしてするほうが悪いんでしょうけどね。(笑)
 おっしゃるとおり、覚悟のない人が多い時代になっていますね。
 覚悟や決意といったところに到達する以前に、自分の行動の是非すら深く考えてなさそうな人がたくさんいる気がします。
 
 まぁわたくしも考えちゃいませんがね。(笑)
酒井しのぶ 2010/03/08 23:15
こんばんわ
こんばんわ。
無事に帰ってまいりました。
アジアの不潔と混沌を満喫してきました。

さっそく笑わせていただきました。
わたしもモッズや森山達也さん、よく知りませんでした(^_^;)
でも「世界で一番好きな人」と言われる彼は幸せですね。
リーゼントかっては本当にはやったですね。
今はわたしもアホかと思いますけれど。
「細い眉と爬虫類のような目」確かにぐっと食い入りますね。
「ここじゃ言えないようになる」のも少しわかるような(^_^;)
たくさん書いてありますのでまたぼちぼち読ませていただきます。
またどうかよろしくです。
KOZOU URL 2010/03/08(Mon)20:42:48 編集
KOZOUさんへ
 こんばんは。
 お帰りなさいませ。(*´ω` )ノ
 
 KOZOUさんがいない間、寂しかったです。
 落ち着いたらおみやげ話を聞かせていただきますね。

 森山達也はたしか、福岡の人ですよ。またもやKOZOUさんの近所に住んでいたりして。(笑)

 たいしたことは書いていないので、時間のあるときに暇つぶしにどうぞ。(笑)
酒井しのぶ 2010/03/08 23:19
無題
こんばんは。

懐かしいですね~恥ずかしながら初めて聞いた曲は「激しい雨が・・・」でした。当時マクセルUD-1のCMソングでした。どんだけカッコイイ歌かって思いました。でもさすがにリーゼントはやったことないなあ・・。

そっからどっちかというと洋風のメタルのほうに傾いてっちゃったんです。ハロウィンとかアイアンメイデンに夢中な高校時代でしたね。
ジス URL 2010/03/08(Mon)21:51:37 編集
ジスさんへ
 こんばんは。

 激しい雨で大ブレイクしましたからね、モッズは。多くの人が激しい雨で知ったんだと思います。むしろわたくしのほうが珍しいパターンです。(笑)
 
 メタルも流行りましたものね。わたくしはメタルにはあまり手を出さずプログレのほうにそれちゃいました。といっても、クリムゾンと四人囃子くらいしか聴きませんが。(笑)
 
酒井しのぶ 2010/03/08 23:22
無題
「激しい雨が・・・」私CDもってるよ!
Akiは、ヘビメタでラウドネスが好きでした。
若き日の思い出だけど、車の中でたまに聞いいてたりします(^^)
Aki URL 2010/03/09(Tue)01:27:18 編集
Akiさんへ
 こんにちは。
 
 ラウドネスいいですよね。やっぱり世代的にみんな同じくらいなのですかねぇ。
 コメントくださる人たちにメタル好きが多くて、ちょっとびっくりしています。(笑)
 わたくしがロックに出会った頃も、モッズなどからはじまってラウドネスやBOWWOWにハマり、外タレのメタルに行った人たちがたくさいました。
 
 若い頃に好きだった曲って、いまでもたまに聴きたくなりますよね。いろんなことを思い出したりして、懐かしさでいっぱいになったりします。
 
酒井しのぶ 2010/03/09 14:28
無題
SOULバカだったんで
ロックとかあまり聞いた事なかったんですが
シカゴに渡ったとき仕事仲間の女の子に
珈琲飲みに行こうと誘われ行った先が
タトゥの店で確かに珈琲は出たんだけど
そこの彫師?が日本人の肌に彫ってみたいと
とんでもない事を言い出しやがりまして
結局腕だけならという事で上腕筋と手首に
彫られちゃいました・・・イタかったんだから!
その時に店のオーナーがモッズのCDをかけていて
この曲で日本を意識しはじめたと話していたんですよ。
風魔 URL 2010/03/09(Tue)01:39:35 編集
風魔さんへ
 こんにちは。
 
 シカゴでタトゥーとは、かっこいいですねぇ。(笑)
 モッズはけっこう、海外でも活躍していましたからねぇ。外タレのレコーディングに参加したりとかいろいろやってましたから、海外でも地味に知れ渡っていたりするんですよね。
 海外の彫り師の人って、人種やカラーなどいろいろ試しがるもんなのかもしれませんね。(笑)
 実験台ご苦労様でした。(笑)
 
酒井しのぶ 2010/03/09 14:39
いい!!!
こんにちわ。
実は初めて聴きました(恥)。最初はふ~んと聴いていたのですが、『激しい雨が』は揺さぶられました。ロックと言うとどうしても外国ものばかり聞いていたので、日本は殆ど解らないんです。清志朗さん(字が違うかも)は唯一好きでしたが。森山達也さんってリーゼントよりその後の髪型のほうが似合ってますね。でも好きになったら影響を受けて当然ですよね。私も札幌に一軒だけあったロック喫茶「どん底」に通いつめたのは18~19歳と遅かったのですが、すぐジャズに夢中になっちゃいました。何たってウェザーリポート全盛期でしたから。なんでもそうですが、筋金入りには敵いませんね。モッズがしのぶさんの人生を支えていたとすれば、それはもうモッズに感謝です。じゃなきゃ今のしのぶさんはいなかったわけですから。
 話が飛ばずにごめんなさい。
 でもありがとうございました。
とこ URL 2010/03/09(Tue)07:55:47 編集
とこさんへ
 こんにちは。
 ロック喫茶ですか。いいなぁ。
 こっちにはあまりそういったところがありませんねぇ。フォーク喫茶、ジャズ喫茶、ブルース喫茶などはけっこうあちこちにありますが。
 ロックってなると、ハードロック以上の店になっちゃうんですよね。
 新宿のゴールデン街(四畳半くらいの飲み屋が集結している地帯)に、レッド・ツェッペリンを大音量で流すお店はありましたが。(笑)
 
 じつはモッズって鳴り物入りでデビューしていて、事務所側の意向で見た目はいろいろいじられているんですよ。デビューしてすぐは、リーゼントじゃなかったし、リーゼントになったあとに今度はテクノサウンドを取り入れた曲を歌わされたりと、紆余曲折あって、けっきょくは自分たちで事務所を立ち上げることになっているんですね。
 80年代の多様化した音楽業界で、ファッション的に振り回されて埋もれそうになっていたんですが、リーゼントだったことでロックバンドを象徴しつづけることができたっていうのはあると思います。
 とはいえ当然、今のほうが好きですが。(笑)
 かっこいい歳のとり方していますよね。素敵なおじさんになってくれました。(笑)
酒井しのぶ 2010/03/09 14:49
Re:世界で一番好きな人
こんにちは。
しのぶさんに「世界で一番好きな人」と言われる森山達也もシアワセだと思いますが、そう思える人がいるしのぶさんもシアワセだと思います。
(旦那さまよりも森山達也??当然!と言われそうですね^^)

ちょっと大人になってから、つくづく思うのですがロックな方達って、繊細で純粋でけっこう素直すよね。
ロックのためになら何でもできるという感じをうけます。
しのぶさんが中学生時代に体を売らなくて良かった~、と思う私です。

りい子☆ URL 2010/03/09(Tue)10:29:49 編集
りい子さんへ
 こんにちは。

 当然です、ダーリンよりも森山命よ!!(爆)
 
 あれですね、ジャニ好きのママさんとかが「櫻井くん命!!」って言って、旦那の夕飯よりもうちわ作りに一生懸命なのと一緒ですね。(笑)

 ロックに限らずだと思いますが、若い頃になにかにのめり込む人って繊細で一途な人なのかもしれませんね。
 一つのことに情熱を傾けてしまうしまうために「ロックのためならなんでもできる」っていうよりは「それしかできない」ってことなのかもしれません。(笑)

 体は大事にしなきゃだめです。女の子なんだから!( *´艸`)
酒井しのぶ 2010/03/09 14:55
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
RSS

Add to Google
このブログをリツイート!
ブログ内検索
最新コメント
[11/13 DSLR-A850]
[09/21 ばたこ]
[05/19 メルマガアフィリとブログアフィリで初心者でも稼ぐ@中野]
[04/27 ゆっきー]
[01/17 凛 七星]

* 管理人が返信したコメントにはメモ帳マークが表示されます。
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
バーコード
携帯電話からの閲覧は↓をバーコードリーダーで写してくださいませね。


忍者ブログ  /  [PR]
 / COPYRIGHT ©  酒井しのぶ ALL RIGHTS RESERVED