QLOOKアクセス解析
小説とジャズ チャーリー・パーカーのビバップ 忍者ブログ
妄想/連想/暴走――激走する脳内モルヒネの意想。 変態ハードボイルド小説作家の有相無相――
酒井しのぶの作品紹介
【ファッキン・シスターズ・クライスト】
 酒好きで女好きで自堕落で格好つけの片桐有二は、二十五年まえに体験したレイプ事件のトラウマに悩まされる、ハードボイルドを気取った私立探偵。ある依頼がもとで、変態性癖が巻き起こす事件に首を突っ込むことになってしまう。高飛車で自分勝手なふしだら女の酒井しのぶと共に、事件の真相を探りだすのだが……推理あり、シリアスありの、本格ハードボイルド長編小説。
 

【あいつとの電話】
 ツンデレコンビのしのぶと有二。小説のなかだけじゃなく、普段の会話も超ツンデレ&超下品でちょっぴりエッチ!
 酒井しのぶの小説に登場する二人が織り成す、会話のみの超ショートショート作品集です。一話読みきりなので、お気軽に読んでいただければと思います。
 

【Shinobu to Yuji 短編集】
 長編ファッキン・シスターズ・クライストの外伝的一話読みきり短編作品集。笑い、切ない過去、素直じゃない愛情、そしてお決まりのエッチな会話。しのぶと有二のツンデレコンビは、殺人事件がなくても面白い。
 

 (注: すべての作品がR15指定です。作品の性格上、性描写、暴力描写、差別的発言などが各所に出てきます。不快に思う人は読まないでください)
管理人プロフィール
酒井しのぶのプロフィールは↓からどうぞ。
My Profile by iddy

Google Profileはこちら

酒井しのぶへのご意見、ご要望、ご感想など、記事コメント意外の内容は↓へお願いいたします。
おきてがみ

mixi(ミクシィ)やってます!
ランキング
お気に召しましたらクリックしてくださいませ。
にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン   
メールフォーム
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ。
*返信が必要な場合は、返信先アドレスを入力の上、その旨お書きくださいませ。
Powered by NINJA TOOLS
インフォメーション

【ボチボチと書き始めています】
 いろいろあり、忙しい毎日を過ごしています。
 書きたい衝動は日に日に増してくるのですが、なかなか時間が作れず、昔のようにすべてを犠牲にして書く勇気もなく、いまは我慢の時期かなと思う今日この頃。
 それでも、書かずにはいられないときもあるので、短いエピソード的なものをチマチマと書いたりしています。
 皆様のところへ訪問する時間はまだなかなか作れませんが、毎日少しづつですが、勉強し精進しているところですので、いましばらくお待ちくださいませ。

【ご連絡】
 記事下部の拍手ボタンを押してくださり、拍手内でコメントくださる方がたくさんいてありがたく思っております。
 拍手内のコメントでは、こちらからの返信ができませんので、返信をご希望の方は記事へのコメントをお願いいたします。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【酒井しのぶの作品はこちら】
本格ハードボイルド長編小説 

一話読みきり短編作品集 

通話形式の超ショートショート集 

【ランキングに参加中】
作品を気にいっていただけたらランキングのクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ツイッターでこのブログをつぶやけます。
 こんにちは、酒井しのぶでございます。


 わたくし、音楽に携わっていたせいか、小説を書いていていつも思うことがあります。
 
 このシーンにBGMを流すならどんな曲だろうか――

 ってことを。
 
 ドラマや映画なら、当たり前にBGMが流れていますが、小説は無音。
 読者が自分の頭のなかに、それぞれの想像に任せて世界を描くわけですが、わたくしは書いているときも読んでいるときも、BGMを想像したりします。
 
 読んでいるときの場合、一回目ではなかなか想像できません。
 気に入った本は、たいてい三回は読みますので、三回目以降になって読む前から状況が把握できるようになってからの想像になります。
 
 書く場合は、もう自分のなかでありとあらゆる設定が出来上がっていますからね。
 このシーンはこれだろう! って音楽が思い浮かんだりして、CDを引っ張り出してきたり、YouTubeで検索しちゃったりして、書く作業が中断されることもしばしば……。


 そんなわたくしですが、音楽と言っても、クラブ歌手を目指していたため基本はバンド音楽で、ジャズとかブルースとか、お昼の喫茶店でボサノバとか、そんな感じで歌っていましたので、あまりBGMには詳しくないんです。

 プロ作家の作品を読んでいて思い浮かべるのは、クラシックが多いです。
 モーツァルトとベートーベンが多いかな。
 アガサの小説を読んでいるときに、全編ショパンにしようって思った作品があったのですが、それがどの作品だったのか思い出せずにいます。
 もしかしたら、アガサじゃなかったのか?……なんて、いまふっとそんなことを思ったりして、こんなグダグダな記事を書いているわけですね。(笑)

 脳みその暗躍というのは突飛なもので、なんの前触れもなく急に過去のことを思い出したりします。
 その、アガサの作品のBGMを全編ショパンにしようかしらと思ったのなんて、何年も前のことなのに。(笑)

 
 推理・ミステリー小説のなかでも、特にわたくしが大好きな私立探偵小説では、ジャズをBGMにしたくなることが多々あります。
 チャンドラーの小説なんて、マーロウが埃臭い自室のアパートでウイスキーを片手にチェス板を眺めながらパイプを加えている、そんなシーンがよく登場しますが、そんなときのBGMはもうジャズ以外にありえません。(笑)

 
 チャーリー・パーカーという、ジャズのサックス奏者がいます。

 モダン・ジャズの父と呼ばれるお人です。バードというニックネームで呼ばれていて、ニューヨークのバードランドはこれに由来してつけたられた名称らしいです。
 
 チャーリー・パーカーは、これまたわたくしが大きな興味を抱くくそったれな人生を歩んでいたわけです。
 麻薬とアルコールのダブルパンチでグダグダな生活は、有名になってからもまったく改善されず、レコードを作ってはそれを治療費にあてていたという、世間の評価からは考えられないような生活をしていたんですね。
 最後は心不全だったかな。これまた麻薬常用者にありがちな突然死です。


 とはいえ、やはり演奏の内容はすごいわけで、後世のビバップ走者たちにとっては神様のような存在なわけです。
 
 チャーリー・パーカーのサウンドの特徴として、同じフレーズの繰り返しと言うのがあげられます。
 これはリフ(リフレクションの略)と呼ばれる技法で、一小節か二小節程度の短く印象的なフレーズを何度も繰り返す技法です。ロック・ポップス業界ではもはや定石と言えるほどに普及した、技法、作曲方法ですが、このリフを使った曲作りを世に広めたのは、チャーリー・パーカーだったわけです。
 
 詳しく知りたい人のためにリンク貼っておきますね。
 チャーリー・パーカー - Wikipedia


 わたくしがチャーリー・パーカーと出会ったのは、それほど早い時期ではありませんでした。

 ジェイムズ・エルロイ様の作品でホワイト・ジャズと言うのがありましてね。
 まぁ、このブログでも何度か話していますが、わたくしその小説が大好きなんです。
 
 この小説のタイトルは白熱するジャズという意味なのですが、事件にジャズ奏者を目指す若者が絡んでいまして、架空の大物ジャズ奏者であるチャンプ・ディニーンの名が頻繁に登場するんです。
 
 エルロイ様の作品は、実在の人物がたくさん登場することで有名なために、わたくし最初このチャンプ・ディニーンが架空の人物だと思わなくって、調べまくりましてね。
 でもどこのお店に言ってもそんな名のジャズ奏者のアルバムはなく、ジャズ好きの友人に聞いたんですよ。
 そしたら、そんなヤツ知らないと言われまして。(笑)

 そこではじめて、あれ? もしかして架空の人物なのか? と。(気づくの遅!! 笑)

 それでエルロイ様にまつわる記事とかを、図書館で調べてみたら、どうやらチャンプ・ディニーンは、チャーリー・パーカーがモデルらしいってことがわかったんです。

 二十歳になるかどうかくらいのときだったかな。

 ギタリストだったせいで、ジャズと言ったらウェス・モンゴメリーよ!! って思っていた頃ですから、サックスは新鮮でございました。

 
 そんなわけで、したたかにさりげなくエルロイ様の小説を紹介したところで、チャーリー・パーカーの動画を観て終わりにしますか。(笑)




 本日の「しのぶが思うハードボイルド」
 
 ジャズとタバコと酒と女。ときにしたたかに、ときに大胆に。

 以上でございます。


 それではまた、酒井しのぶでございました。

拍手[6回]

PR
【酒井しのぶの作品はこちら】
本格ハードボイルド長編小説 

一話読みきり短編作品集 

通話形式の超ショートショート集 

【ランキングに参加中】
作品を気にいっていただけたらランキングのクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ツイッターでこのブログをつぶやけます。
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
Re:小説とジャズ チャーリー・パーカーのビバップ
しのぶさん、こんばんわ。
またまた当り!!
私も学生時代からジャズを聞き出して、ジャズ喫茶のはしごなんてしょっちゅうでした。特にサックスはいいです。
誰が好きって言うことは無いのですが、もう30年近く昔、(私はいくつじゃい)ウェザーリポート、生で聴き、胸躍らせていたことを思い出します。暗い雰囲気の喫茶店、苦めのコーヒー誰もが話すことなく聞き入っていた・・・
 でも実はクラッシックもボサノヴァも好きです。演歌だけは、どうも馴染めませんが。
 私は仕事しながら音楽を終始かけているので、記事を書く時も頭のなかで何かしらBGMが流れています。
 だから小説を書く時BGMのことまで考えるって解るいがします。脚本の素質もあるのでしょうね。凄いです。
 また、お邪魔します。
 ありがとうごzしました。
P.S いつも私の話ばかりしてしまってごめんなさい。
こう見えてまだキンチョーしてるんです。
 マルチな才能に乾杯!!
ありがとうございました。
とこ URL 2010/01/31(Sun)19:15:13 編集
とこさんへ
 こんばんは。
 おお! ウェザー・リポートと言えば、ウェイン・ショーターですねぇ。
 生で聴いたとは、なんとうらやましい。
 
 情景と音楽って絶妙な関係にありますからね。
 普段から音楽を聴いて生活していると、ふとしたときに同じ情景を見てそのとき聴いていた音楽を思い出したり、またその逆に音楽を聴いて懐かしい情景を思い出したりするものですよね。
 
 ちょっと趣旨が違うかもしれませんが、お気に入りの映画を何度も繰り返し観たあとに、その映画のサントラを聴くと、映画の場面が目に浮かんで、台詞とかが自然に出てきたりします。
 アマチュアだと著作権などの都合で無理がありますが、ネット小説の場合、ページごとにBGMをつけたりなんてこともできそうですよね。

 ジャズ、素敵ですよね♪
 ご自分のお話をしてくださるのは、とっても嬉しいことですよ。( *´艸`)
酒井しのぶ 2010/01/31 20:13
Re:小説とジャズ チャーリー・パーカーのビバップ
こんばんわ。
そう寒くなかったです。

わたしは音楽広く浅くなのですが、さすがプロ、詳しいし好みがはっきりしていますね。
ジャズは雰囲気がほんとにいいですね。ジャズ好きの友達からだいぶ教わりました。
チャーリーパーカー34歳ですか。
ウイキもちょっとのぞいたですが、ほんとにくそったれな人生ですね。
ただその倍生きても文字どおりくそったれで終わる人生が多いのだから、ちょっとうらやましい気もしますね。
確かに映画の音楽はとても効果的ですね。
小説はその意味不利なのでしょうが、そこはペンの力で(*^_^*)
しのぶさんに音が染みこんでいることがよくわかります。
you tubeもさすがいいですね。
KOZOU URL 2010/02/01(Mon)00:13:40 編集
KOZOUさんへ
 こんばんは。
 
 ジャズいいですよね。わたくしもジャズはあまり詳しくなく、有名どころしか知らないんですが、知らない曲でもオムにバズCDなどで流して聴いていたりします。
 不思議と、ジャズでこの曲は嫌いだなぁって思ったものには出会ったことがありません。あまりに古い曲だと音質的にイライラさせられることはありますが、曲そのものに不満をもったことはないんですよね。
 
 クラシックになると、またちょっと方向が違ってくるのでしょうが、ジャズはそれ以降に生まれたすべてのポップス音楽の原点ですから、やはり優れたジャンルなのでしょうね。
 
 好みがはっきりしているのは、単なる性格のせいかと……。(笑)

 まぁ、短命だったとはいえ、好きなことをやって名声を得て死んでいくわけですから、ある意味うらやましいですよね。
 わたくしのような一般ピープルは、好きなことだけをやるなんてできないし、なし崩しに崩壊していく勇気もございません。(笑)
酒井しのぶ 2010/02/01 00:32
Re:小説とジャズ チャーリー・パーカーのビバップ
こんばんわ。
またです(^_^;)

しのぶさん、いま気づきました。
チェンバロの詳しい説明大変ありがとうございました。
さすがです。
感心しました。
やっぱハードボイルドだけではないですね(*^_^*)
KOZOU URL 2010/02/01(Mon)00:27:14 編集
KOZOUさんへ
 いえいえ、余計なお世話と知りつつも、ついつい。(笑)

 中学のときにバッハが好きで、チェンバロの音に魅せられてしまいましてね。
 だけどチェンバロなんてそう簡単に弾くことができるわけでもないので、同じ弦楽器で手軽なギターをはじめたわけです。( *´艸`)
 気がついたら、クラシックからはるか遠く離れてしまっていましたがね。(爆)
酒井しのぶ 2010/02/01 00:52
Re:小説とジャズ チャーリー・パーカーのビバップ
映画やドラマで流れる曲は印象的ですよね。
小説の中に曲名が出てくると、イメージが膨らみます。
もう15年以上前(昔ですよね^^)『アガサ』という名前のお店に行った時に(アガサはあて字で漢字だったような)
BGMがショパンでしたよ。
酔っていたので、何の曲かは記憶していませんが^^

ピアノを習っていた時は、バッハは難しいので苦手でした。でも大人になってからのバッハは良いですね。
しのぶさん、中学校でバッハが好きだったとは、やっぱり感性が豊かですね。

私はジャズには詳しくないのですが、好きです。
どんな曲を聴いても純粋に聴き入ってしまいます。
りい子☆ URL 2010/02/01(Mon)09:02:26 編集
りい子さんへ
 こんにちは。
 アガサってお店があったのですか。それは気になりますねぇ。(笑)
 バッハは、チェンバロが衝撃的でしたね。それまでまったく聴いたことがなかったので、なんて綺麗な音なんだと思ったのを覚えています。
 たぶんバッハに出会っていなければ、クラシックはまったく聴かないで生きてきたと思います。
 ジャズもとってもいいですよね。わたくしもたいして詳しくないので、曲名とかは知らないもののほうがはるかに多いですけど、どんな曲でもだいたい聴き入ってしまいます。 
酒井しのぶ 2010/02/01 11:00
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
RSS

Add to Google
このブログをリツイート!
ブログ内検索
最新コメント
[11/13 DSLR-A850]
[09/21 ばたこ]
[05/19 メルマガアフィリとブログアフィリで初心者でも稼ぐ@中野]
[04/27 ゆっきー]
[01/17 凛 七星]

* 管理人が返信したコメントにはメモ帳マークが表示されます。
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
バーコード
携帯電話からの閲覧は↓をバーコードリーダーで写してくださいませね。


忍者ブログ  /  [PR]
 / COPYRIGHT ©  酒井しのぶ ALL RIGHTS RESERVED