QLOOKアクセス解析
男に惚れた石橋凌 忍者ブログ
妄想/連想/暴走――激走する脳内モルヒネの意想。 変態ハードボイルド小説作家の有相無相――
酒井しのぶの作品紹介
【ファッキン・シスターズ・クライスト】
 酒好きで女好きで自堕落で格好つけの片桐有二は、二十五年まえに体験したレイプ事件のトラウマに悩まされる、ハードボイルドを気取った私立探偵。ある依頼がもとで、変態性癖が巻き起こす事件に首を突っ込むことになってしまう。高飛車で自分勝手なふしだら女の酒井しのぶと共に、事件の真相を探りだすのだが……推理あり、シリアスありの、本格ハードボイルド長編小説。
 

【あいつとの電話】
 ツンデレコンビのしのぶと有二。小説のなかだけじゃなく、普段の会話も超ツンデレ&超下品でちょっぴりエッチ!
 酒井しのぶの小説に登場する二人が織り成す、会話のみの超ショートショート作品集です。一話読みきりなので、お気軽に読んでいただければと思います。
 

【Shinobu to Yuji 短編集】
 長編ファッキン・シスターズ・クライストの外伝的一話読みきり短編作品集。笑い、切ない過去、素直じゃない愛情、そしてお決まりのエッチな会話。しのぶと有二のツンデレコンビは、殺人事件がなくても面白い。
 

 (注: すべての作品がR15指定です。作品の性格上、性描写、暴力描写、差別的発言などが各所に出てきます。不快に思う人は読まないでください)
管理人プロフィール
酒井しのぶのプロフィールは↓からどうぞ。
My Profile by iddy

Google Profileはこちら

酒井しのぶへのご意見、ご要望、ご感想など、記事コメント意外の内容は↓へお願いいたします。
おきてがみ

mixi(ミクシィ)やってます!
ランキング
お気に召しましたらクリックしてくださいませ。
にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン   
メールフォーム
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ。
*返信が必要な場合は、返信先アドレスを入力の上、その旨お書きくださいませ。
Powered by NINJA TOOLS
インフォメーション

【ボチボチと書き始めています】
 いろいろあり、忙しい毎日を過ごしています。
 書きたい衝動は日に日に増してくるのですが、なかなか時間が作れず、昔のようにすべてを犠牲にして書く勇気もなく、いまは我慢の時期かなと思う今日この頃。
 それでも、書かずにはいられないときもあるので、短いエピソード的なものをチマチマと書いたりしています。
 皆様のところへ訪問する時間はまだなかなか作れませんが、毎日少しづつですが、勉強し精進しているところですので、いましばらくお待ちくださいませ。

【ご連絡】
 記事下部の拍手ボタンを押してくださり、拍手内でコメントくださる方がたくさんいてありがたく思っております。
 拍手内のコメントでは、こちらからの返信ができませんので、返信をご希望の方は記事へのコメントをお願いいたします。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【酒井しのぶの作品はこちら】
本格ハードボイルド長編小説 

一話読みきり短編作品集 

通話形式の超ショートショート集 

【ランキングに参加中】
作品を気にいっていただけたらランキングのクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ツイッターでこのブログをつぶやけます。
 こんにちは、酒井しのぶでございます。


 わたくしのロック好きはもう皆さん知っておられるかと思いますが、このブログでは洋楽の話ばかりしております。

 今日はちょっと邦楽の話をしましょうか。


 1978年にデビューして、80年代の邦楽ロックシーンの先頭を直走ったバンドARBを皆さんご存じでしょうか。
 
 最近じゃ俳優として有名な石橋凌がボーカルを務めていたバンドでございます。

 ジャンルとしては、いわゆる博多めんたいロックになるのでしょうかね。
 流れとしては、シーナ&ロケッツとかに近いんでしょうか。石橋凌はシーナ&ロケッツの前身バンド、サンハウスの大ファンですしね。
 
 まぁ、ARBについては、知らない人はウィキでも参照してください。
 ARB Wikipedia

 そんな石橋凌ですが、ARBはデビューしてすぐに方向性の違いから、所属していたシンコーミュージックから独立するんです。

 独立後、まったく売れないなかで松田優作と出会い、彼の人生は大きく変わるのです。
 
 演技に関してまったくの素人だった石橋凌は、松田優作に演技指導をしてもらいながら、俳優としての地位を築きつつ、バンドもいつしか大ブレイクするのですが、そんな1989年に松田優作が死んでしまうわけです。
 
 松田優作の死を受け止め、1990年にARBは解散。松田優作の意思を引き継ぐべく、俳優活動に専念するわけですね。
 
 1995年にはアメリカでも俳優として認められ、1997年にARBは復活。音楽活動と俳優活動を両立していた石橋凌ですが、2006年に石橋凌がARBを脱退するという形で、ARBは活動休止。事実上はもう解散と言っていい状況でしょう。

 
 松田優作への思いが、石橋凌の人生を突き動かしていたのは間違いありません。
 
 ここで、それがどれだけの思いだったのかを書くのは簡単なのですが、あえて書きません。(なんて小説家らしからぬ行動!? 笑)

 石橋凌が松田優作への思いを歌った曲があるんです。
 これを聴いていただければ、どれほどのものだったかわかるはず。

 男が男に惚れるって、どんなものなのか。

 最後まで観ていただければ、それがわかると思います。
 

 途中、編集で曲がぶつ切りにされているのですが、状況を把握していただくために、リハーサルからのバージョンをアップしました。
 曲のみのバージョンもありますので、フルバージョンを聴きたい人はそちらをどうぞ。


 なお、ARBには石橋凌が「一生歌っていきます!」って言った曲がありましてね。
 90年に解散したときには「嘘つき!!」って思ったもんです。(笑)
 
 その曲もちょこっと紹介しておきますね。

 魂こがしてです。
 ロックですねぇ。(笑)


 石橋凌と言えば、やくざ役が多い印象がありますよね。
 実際に多いんでしょうが。(笑)
 
 でも石橋凌自身は、アメリカの華やかなマフィア事情や、ショービジネスが大好きなんです。
 そんなところがわかる動画を貼って終わりにしましょうか。

 ソロデビュー曲カクテルトゥナイトです。かっこいいですねぇ。


 こっちは大御所たちとの競演ですね。エリック・クラプトンのワンダフル・トゥナイトを歌うわけですが、この曲を使ってここまで下品な映像を作る作品は、他にないかもしれません。(笑)

 
 本日の「しのぶが思うハードボイルド」

 涙を流すなら女のためじゃなく、惚れた男のためにしろ。

 以上でございます。


 それではまた、酒井しのぶでございました。

拍手[9回]

PR
【酒井しのぶの作品はこちら】
本格ハードボイルド長編小説 

一話読みきり短編作品集 

通話形式の超ショートショート集 

【ランキングに参加中】
作品を気にいっていただけたらランキングのクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ツイッターでこのブログをつぶやけます。
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
無題
石橋凌って、俳優しか知りませんでした!
松田優作とそういう関係だったんですね~

男が男に惚れる。
幸せですね!
惚れられないし、惚れたことないなぁ・・・
こちくん URL 2010/02/02(Tue)00:28:33 編集
こちくんさんへ
 おはようございます。
 男同士って嫉妬しちゃうほどかっこいいなと思うときがあります。(笑)
 女同士ではちょっと、こういう関係は築けそうにありませんね。
 
 石橋凌は松田優作と出会わなければ俳優にはなっていなかったでしょう。
 だからといって、音楽でも大成しなかったでしょうし、松田優作が彼の人生を塗り替えたんでしょうね。

 違った方向で惚れられませんように。( *´艸`)
酒井しのぶ 2010/02/02 10:38
Re:男に惚れた石橋凌
こんばんわ。

土地柄、博多めんたいロック、石橋凌名前くらいは知っていましたが歌とかは全然ですね。彼の出身地はわたしの出身の町の近くです。
確かに顔からしてやーさん向き(^_^;)
松田優作にそんなに惚れていたとは知りませんでした。
魂こがして、汗だくでいいですね。
男が男に惚れる、現実では少ないもので古今東西の歴史上の男が多いですね。
魂じっさいにこがしたことあっかなー。
いやもう焦げ付いて煙も上がらんとか(^_^;)
「涙を流すなら女のためじゃなく、惚れた男のためにしろ」これはまったく同感ですね。
KOZOU URL 2010/02/02(Tue)00:48:29 編集
KOZOUさんへ
 こんにちは。
 博多は邦楽ロックファンにとっては、まさに〝聖地〟です。エルサレムみたいなもんです。メッカみたいなもんだし、クシーナガラみたいなもんです。(笑)
 そんな場所にお住まいとはうらやましい限りです。( *´艸`)

 石橋凌の紹介記事となりましたが、やっぱり松田優作に惚れてもらえるだけの魅力があったからこそのことですよね。
 歴史上の人物にそのような人が多いのは、男尊女卑社会の歴史が長いせいもあるでしょうね。政治でも宗教でも男が司っていたわけですから、男に認められた人物が出世し、そしてまた多くの男に支持されていくというのは、理にかなっています。
 
 松田優作は、あまりに早く死んでしまいましたから、歴史的な深みはどうしても薄いわけですが、やはり優れた俳優だったわけですし、彼に魅せられ人生を変えていった人はたくさんいることでしょう。
酒井しのぶ 2010/02/02 10:55
Re:男に惚れた石橋凌
しのぶさん、こんばんわ。
石橋凌さん、素敵です。わたしも歌っているイメージは薄いんですが、役者としては結構いい役をしているものの方が多くていいイメージが強いです。
 でも松田優作さんに惚れこんでいたとは知りませんでした。男が惚れる男、これは男冥利につきますね。
 優作さんの私生活は殆ど知らないので、一体どこにそんなに惚れたのか知りたいです。
 優作さんの私の一番のお気に入りは映画『それから』の主人公役でした。あとは古いですが、「何じゃ、こりゃあー」といって殉職するシーンでおなじみのGパン刑事。
 ロックも歌っていましたね、その繋がりなのでしょうか。
KOZOUさんも言っていましたが、『涙を流すなら女のためじゃなく、惚れた男のためにしろ。』は最高です。
 しのぶさんの名言も『名言集』になりそうですね。
 ありがとうございました。
とこ URL 2010/02/02(Tue)02:02:19 編集
とこさんへ
 こんにちは。
 石橋凌は、ミュージシャンとしてどん底にいたときに松田優作と出会い、彼の誘いで俳優になったわけですが、そのときすでに二十代半ばでした。ずぶの素人が俳優として生きていけるほど映画の世界は甘くなく、一から厳しく手ほどきしたのが松田優作だったわけです。
 ある種の師弟関係にあったんだと思います。師匠の予期せぬ突然の死に、恩返しもできない無念な想いは膨らむばかりだったと思います。

 男女の関係になく、男同士の関係にあるもの、それはこの〝師弟関係〟なんじゃないかなと、わたくしは思ったりするわけです。
 
 「それから」はわたくしも観ました。とっても素敵ですよね。
 でもわたくしはやっぱり、探偵物語の松田優作が大好きかな。(笑)
 キムタクが人気なのと、近いものを感じます。二枚目と三枚目の両方の魅力をふんだんに出しているあたりが。
 どちらのファンにも怒られそうな話ですが。(笑)

 わたくしのは、パクリ(オ、オマージュと言って! 笑)が多いので、名言にはなりそうにありません。(爆)
酒井しのぶ 2010/02/02 11:07
Re:男に惚れた石橋凌
石橋凌さんが歌を歌っていたのは知りませんでした。
私の中ではシブくて素敵な俳優さんという感じです。けっこう好きですよ。
松田優作さんに惚れ込んでいたんですね。
優作さんはやっぱりGパン刑事の印象が強いのですが、今でも多くの方が優作さんへの想いを語っていますよね。
私は松田みゆきさんが(今もたくさん恋をしているのに、たぶん^^)、ずっと松田みゆきのままでいるところに優作さんへの愛を感じます。

「涙を流すなら女のためじゃなく、惚れた男のためにしろ。」いい言葉です。
しのぶさんの言葉を私のノートに「名言集」として書き込んでおこうかな。
りい子☆ URL 2010/02/02(Tue)05:58:29 編集
りい子さんへ
 こんにちは。
 意外と知られていないんですよね、石橋凌がミュージシャンだったことって。(笑)
 
 ミュージシャンとしての石橋凌が好きだった人たちにとっては、俳優活動というのは毛嫌いされがちなんですよ。金儲けに走ったなどと言われて嫌われるんです。(桑田佳祐が売れなくなったミュージシャンが俳優で金儲けをすることを批判した歌詞を書いていますね)
 ですが、石橋凌の場合は、俳優になったからミュージシャンとしても売れたわけで、またちょっと事情が違うせいか、あまり叩くファンもいません。
 
 松田美由紀さん、素敵な女性ですよね。個人的にはすごい憧れがあります。ピアノだの写真だのと多才ですしね。
 おっしゃる通り、松田の性を捨てないのには松田優作への愛があるのでしょう。
 もう一つ、子供への愛もあると思います。子供に松田をしっかり名乗らせることが、子供への愛であり、そしてまた松田優作への愛なんじゃないでしょうかね。
 
 わたくしの思いつき程度の言葉を、名言と言ってくれてありがとうございます。
 なんか、反響が良いので、それについても記事にしちゃおうかしら。(うぬぼれ! 笑)
酒井しのぶ 2010/02/02 11:22
Re:男に惚れた石橋凌
こんにちは

石橋凌さんって
歌手さんだったんですね
知らなかった~

でも それを言うと
舘ひろしさんや陣内孝則も
以前は 歌手活動してたんですもんね
いい男は オールマイティーで
いいな~(笑)
てっちゃん 2010/02/02(Tue)17:23:39 編集
てっちゃんさんへ
 こんばんは。
 
 そうですね、いい男はオールマイティですよね。本当、うらやましい。(笑)
 武田鉄矢ももとは歌手ですけどね……。(え? いい男じゃないって意味じゃないわよ! て、鉄矢大好き! 笑)
酒井しのぶ 2010/02/02 19:25
Re:男に惚れた石橋凌
石橋凌・・・
原田美枝子を返せぇぇぇぇえ~~~

失礼しましたm(__)m

ARB・・・
ダディーズ・シューズしか知らん・・・
けびん URL 2010/02/02(Tue)20:26:55 編集
けびんさんへ
 こんばんは。
 原田美枝子、笑ってしまった。(笑)
 
 ダディーズ・シューズ知っていればじゅうぶんです。(爆)
酒井しのぶ 2010/02/03 01:53
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
RSS

Add to Google
このブログをリツイート!
ブログ内検索
最新コメント
[11/13 DSLR-A850]
[09/21 ばたこ]
[05/19 メルマガアフィリとブログアフィリで初心者でも稼ぐ@中野]
[04/27 ゆっきー]
[01/17 凛 七星]

* 管理人が返信したコメントにはメモ帳マークが表示されます。
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
バーコード
携帯電話からの閲覧は↓をバーコードリーダーで写してくださいませね。


忍者ブログ  /  [PR]
 / COPYRIGHT ©  酒井しのぶ ALL RIGHTS RESERVED