QLOOKアクセス解析
勝利への脱出 忍者ブログ
妄想/連想/暴走――激走する脳内モルヒネの意想。 変態ハードボイルド小説作家の有相無相――
酒井しのぶの作品紹介
【ファッキン・シスターズ・クライスト】
 酒好きで女好きで自堕落で格好つけの片桐有二は、二十五年まえに体験したレイプ事件のトラウマに悩まされる、ハードボイルドを気取った私立探偵。ある依頼がもとで、変態性癖が巻き起こす事件に首を突っ込むことになってしまう。高飛車で自分勝手なふしだら女の酒井しのぶと共に、事件の真相を探りだすのだが……推理あり、シリアスありの、本格ハードボイルド長編小説。
 

【あいつとの電話】
 ツンデレコンビのしのぶと有二。小説のなかだけじゃなく、普段の会話も超ツンデレ&超下品でちょっぴりエッチ!
 酒井しのぶの小説に登場する二人が織り成す、会話のみの超ショートショート作品集です。一話読みきりなので、お気軽に読んでいただければと思います。
 

【Shinobu to Yuji 短編集】
 長編ファッキン・シスターズ・クライストの外伝的一話読みきり短編作品集。笑い、切ない過去、素直じゃない愛情、そしてお決まりのエッチな会話。しのぶと有二のツンデレコンビは、殺人事件がなくても面白い。
 

 (注: すべての作品がR15指定です。作品の性格上、性描写、暴力描写、差別的発言などが各所に出てきます。不快に思う人は読まないでください)
管理人プロフィール
酒井しのぶのプロフィールは↓からどうぞ。
My Profile by iddy

Google Profileはこちら

酒井しのぶへのご意見、ご要望、ご感想など、記事コメント意外の内容は↓へお願いいたします。
おきてがみ

mixi(ミクシィ)やってます!
ランキング
お気に召しましたらクリックしてくださいませ。
にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン   
メールフォーム
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ。
*返信が必要な場合は、返信先アドレスを入力の上、その旨お書きくださいませ。
Powered by NINJA TOOLS
インフォメーション

【ボチボチと書き始めています】
 いろいろあり、忙しい毎日を過ごしています。
 書きたい衝動は日に日に増してくるのですが、なかなか時間が作れず、昔のようにすべてを犠牲にして書く勇気もなく、いまは我慢の時期かなと思う今日この頃。
 それでも、書かずにはいられないときもあるので、短いエピソード的なものをチマチマと書いたりしています。
 皆様のところへ訪問する時間はまだなかなか作れませんが、毎日少しづつですが、勉強し精進しているところですので、いましばらくお待ちくださいませ。

【ご連絡】
 記事下部の拍手ボタンを押してくださり、拍手内でコメントくださる方がたくさんいてありがたく思っております。
 拍手内のコメントでは、こちらからの返信ができませんので、返信をご希望の方は記事へのコメントをお願いいたします。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【酒井しのぶの作品はこちら】
本格ハードボイルド長編小説 

一話読みきり短編作品集 

通話形式の超ショートショート集 

【ランキングに参加中】
作品を気にいっていただけたらランキングのクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ツイッターでこのブログをつぶやけます。
 こんにちは、酒井しのぶでございます。


 わたくしの住む街はJリーグの浦和レッズで有名なところでございます。

 我が家の最寄り駅は、浦和レッズのホームグラウンドである駒場スタジアムの最寄駅ではないために、試合後の恐ろしい光景はあまり目撃しません。(笑)

 Jリーグがはじまった当時は、本当に大変なことになっていたようですね。
 駒場スタジアムから駅までの道のりを、サポーターが叫びながら道路の真ん中まで出てきてあるいていたりしたそうです。
 ああ恐ろしい……。(笑)
 

 最寄駅ではありませんが、駒場スタジアムまでは自転車なら二十分程度でたどり着きます。駒場スタジアムの最寄駅である、浦和駅は旧浦和市(現さいたま市)の中心市街でしたので、わたくし自身にもなじみの深い街で、サッカー番組などで有名な、レッズサポーターの集まる居酒屋などにも何度か行ったことがありますし、レッズのお店にも行ったことがあります。

 わたくし自身は、それほどサッカー好きと言うわけではありませんが、高校サッカーは毎年欠かさず観ていますし、Jリーグも代表試合も、それなりには観ております。どこのクラブのファンかと聞かれれば、これと言ってありませんが、Jリーグがはじまった当時はヴェルディのファンでございました。(あのときのヴェルディは恐ろしいほどの強さでしたね)
 

 世界的な視野でサッカーを観たときに、誰が好きかと聞かれれば、なんの迷いもなくロベルト・バッジョと答えるでしょう。彼のプレイには想像力を掻き立てるものがありました。

 
 とまぁ、前置きが長くなりましたが、今日は別にサッカーの話をしようとしているわけではございません。(なんという……関係ないのにこの長い前振りとは!?)
 
 
 まったく関係ないわけじゃないんですけどね。
 今日のお話はこちらです。

 
 はい、映画勝利への脱出ですね。

 この映画は、一九八一年に公開された映画です。
 内容は史実に基づいて作られています。

 第二次世界大戦中に、ドイツ空軍とウクライナのサッカーチームによる親善試合がありました。
 二試合行われ、二試合ともウクライナの圧勝でした。
 怒ったドイツ軍は、このサッカーチームの選手を捕まえて、処刑してしまったんですね。
 ああ、恐ろしい……。

 とまぁ、これが史実。

 作品はこんな具合です。
 以下、例によってネタばれですので、閲覧ご注意でお願いします。

 ドイツ軍と、ドイツ軍が捕虜として収容していた連合軍の兵士たちとの、親善試合が計画されます。
 場所はフランスのパリ。(フランスは当時、ドイツに制圧されていたのかな?)
 
 捕虜チームはこの試合を利用して脱出を計画するわけです。
 で、実際に試合がはじまると、ドイツ軍の横暴試合な展開なんですね。審判もグルで、捕虜を痛めつけるような内容の試合展開。もちろんドイツ軍が得点で上回っているわけです。
 本来は、ハーフタイムの間に脱走する予定だったわけですが、負けたままでは引き下がれない! ってことで、脱走せずに後半戦開始。
 華麗なテクニックで卑劣なドイツ軍を圧倒しだす捕虜チーム。素晴らしいプレイに魅せられ、観客たちも捕虜チームを応援しだすわけです。
 そしてついに同点になったところで、興奮した観客たちがグランドに押しかけてきて大騒ぎになり、その隙に捕虜たちは脱出するという、そんな話だったと思います。

 最後のほうはちょっと違ったかもしれません。(笑)
 同点じゃなくって逆転だったかも?
 試合終了してから、観客が押し寄せたのかも?

 あやふやですが、超一流のプレイと精神は卑劣な暴力に屈しないってところが、この作品の重要な部分ですから、そこら辺はどうでもいいでしょう。(どうでもよくない? デスヨネー……すいません。 笑)

 
 この作品、捕虜チームは往年のスーパー選手たちで構成されていました。

 たとえば、ペレとか、ペレとか、ペレとか……。(すいません、ペレしか知りません。 笑)
 
 あ、ゴールキーパーがシルヴェスター・スタローンだってことはちゃんと知ってますよ!!(え? サッカー選手じゃない!? すいません……。 笑)
 
 
 この映画、わたくしがはじめて観たのは、たしか中学生だったかなぁ。小学校の高学年だったかも。
 テレビで観たんですよ。
 
 そのときの感想はこんなでした。
「コテコテの熱血展開だったなぁ……」(笑)

 
 まぁスタローンが出ているわけですしね。コテコテでもしかたありませんね。(笑)
 そう言えば、たしかロッキーの最後の映画も引き分けでしたね。関係ないか。(爆)
 

 ともあれ、わたくしこの映画でサッカーが好きになったんです。
 家族で観ながら、パパがペレとかほかの選手とかも教えてくれたんです。
 ママがサッカーの歴史を簡単だったけど教えてくれました。
 
 サッカーってすごいなぁって思いました。(影響されやすい人間です。 笑)

 
 ところで、わたくしの話になんの脈絡のなく、毎回よくもまぁコロコロとあれやこれやのネタを出してくるなぁと思っているそこのあなた。
 
 そのとおりですね。わたくしもそう思います。(笑)

 
 毎朝、寝起きに二十分くらい、お布団のなかで脳みその旅をするんです。
 特別なものじゃありません。
 
 小学校のときの先生の名前ってなんだっけな? とか、そんな感じです。(笑)
 それをキーワードに記憶の連想ゲームをして、過去を思い出したりしております。
 
 今日はそれで、この映画を思い出したってことですね。(笑)

 どうでもいい話でした。(爆)
 
 だって、この記事書いている最中に、朝青龍が引退なんかしちゃうもんだから、なにを書こうかすっかりぶっ飛んじゃって。(笑)

 
 まぁ、賛否を呼ぶ時事ネタはあまり扱いたくないので、朝青龍の話はやめておきましょうか。


 そんなわけで、今日はこのへんで。


 本日の「しのぶが思うハードボイルド」

 目に涙。されど言葉はつっぱったまま。

 以上でございます。


 それではまた、酒井しのぶでございました。

拍手[9回]

PR
【酒井しのぶの作品はこちら】
本格ハードボイルド長編小説 

一話読みきり短編作品集 

通話形式の超ショートショート集 

【ランキングに参加中】
作品を気にいっていただけたらランキングのクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ツイッターでこのブログをつぶやけます。
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
Re:勝利への脱出
ロベルト・バッジオが出てきては・・・
黙っていられませんね(笑)
いいですよね~
バッジオ。
う~ん、いい!
すごいよ!!

来日したときに銀座三越でお買い物したらしいんですよね~
その頃は、営業で毎日のように銀座に行っていたのに、たまたまその日は行かず・・・
「なんでそのとき銀座にいなかったんだろう!」
ってとても後悔しました。

いま何しているんでしょう?
こちくん URL 2010/02/04(Thu)17:54:01 編集
こちくんさんへ
 ロベルト・バッジョのファンでございましたか。それは嬉しい。( *´艸`)
 
 今はなにをしているのでしょうかねぇ。楽しい人生を贈ってくれていれば、わたくしはそれでいいと思いますが。(笑)

 バッジョの名言のなかで「思いついたプレイなかでもっとも難しいものを選択している」というのがありましたね。
 素晴らしい選手でした。

 銀座三越ですかぁ。
 それはなんとも悔しい思い出ですね。でもきっと、三越に行っていても規制があって会えなかったんじゃないかしら。(笑)
酒井しのぶ 2010/02/04 20:52
Re:勝利への脱出
テレビでの映画の宣伝はペレがバイシクル・シュートするとこでしたな(笑)
スタローンの役名はハッチやったかな(笑)

レッズファンてそんなに凄いん?
阪神電車の中で六甲颪を歌い上げる阪神ファン、
狭い甲子園駅のホームで、巨人に負けて殺気立ってる阪神ファンと、
どっちが恐いんやろ?(笑)
去年の春から阪神電車と近鉄が、相互乗り入れしたんで、
甲子園も大阪ドームも行くのが楽になりましたわ。
それまでは御堂筋線か環状線で乗り継ぎやったんで。
家を出て、家に帰るまで、ずっとタテジマのハッピにメガホン姿なんは自分です(爆)
でも恐くおまへんで!多分(爆)
けびん URL 2010/02/04(Thu)21:09:29 編集
けびんさんへ
 こんばんは。
 役名までよく覚えていましたねぇ。さすがです。(笑)
 
 Jリーグ開幕から何年かは、レッズとっても弱くって、サポーターの荒れ具合はかなりなものでした。それであちこちで問題だの事件だのになって、サポーター団体同士で話し合いをしたりして、今は球場の掃除したり、Jリーグで一番マナーの良いサポーターになっております。
 
 まぁ、阪神ファンの話を聞く限りじゃ、そちらのほうが恐ろしい気がしますが。(笑)
酒井しのぶ 2010/02/04 21:47
Re:勝利への脱出
確かにJリーグが始まった当初はキングカズやラモス 武田などタレント揃い(?)のヴェルディは強かったですね!!
自分も今ではJリーグは殆ど観ませんけど
ワールドサッカーは好きで たまに観てます!!
バッジョ懐かしいですね!!あの三つ網ヘアーが思い出されます(笑)
純米狂@takezo URL 2010/02/04(Thu)22:06:56 編集
純米狂さんへ
 こんばんは。コメントありがとうございます。

 そうですよね、ヴェルディ強かったですよねぇ。
 わたくしもいまは代表試合くらいしか観ません。あの頃以上に魅力溢れるタレントが出てくればまた観るかもしれませんが。(ミーハーですいません。笑)

 バッジョ、とっても素敵な人でしたよね。( *´艸`)
酒井しのぶ 2010/02/04 22:26
Re:勝利への脱出
こんばんわ。
さぶー。

この史実は聞いていましたが映画は見ていません。
いやー、熱いですね。男の誇り(^_^;)
これが日本人だったら、監督以下ゴマのすりっぱなしで、「イヤーさすがナチさん」。
まあ、本気出しても絶対勝たんでしょうけど。
ウクライナの選手もそんなこと考えずに打倒なちだったのでしょうね。
あちらは脱出もの、脱獄もの多いですねー。
やっぱほんとに精神の強いのはあっちゃの人のようですね。

いいところにお住まいですね。
レッズはアカが好きなもので好きでした(^_^;)
サッカーは全員全力がいいですね。
野球はピッチャーバッターのほかはたいてい遊んでいて。
ディズニーランドも近いですね。

「なんの脈絡のなく、毎回よくもまぁコロコロとあれやこれやのネタを出してくるなぁと思っているそこのあなた」。ギクッ(^_^;)

エベレスト登山もいつもありがとうございます。
KOZOU URL 2010/02/04(Thu)22:55:46 編集
KOZOUさんへ
 こんばんは。
 
 脱獄ものが多いのは、監獄でも警察病院でもなんでも、国の管轄下にある施設を管理している人間の横暴が酷いせいもあるんじゃないかと思いますね。

 ビリー・ミリガンを読んだときに本当にそう思いました。ビリーが収容されていた精神病院は、あまりにも酷い内容でしたからね。
 
 まぁ、アジア人よりも西洋の人は、良くも悪くも感情も行動も大胆なのは間違いないでしょうね。(笑)

 最近やっと、ブログネタは思いついたときに書きとめておくべきだと悟りました。
「あ、今夜はこれをネタにしよう!」って思いついても、すぐに忘れちゃって、困るんです。(笑)
 
 昔の話が出てくるときは、だいたいネタに困ったときです。(笑)
酒井しのぶ 2010/02/04 23:36
Re:勝利への脱出
負けたままでは引き下がれないというその精神、好きです。コテコテの熱血展開が想像できますが、こういう展開の映画好きです。おそらく大泣きしながら観てしまうと思います。
借りてきて一人でこっそり観ようかな。
私もペレとかペレとかスタローンしかわかりませんが。

毎朝二十分、お布団の中で脳みそが旅をするなんて羨ましいです。私は朝起きてから二十分位は脳みそが宙を舞っているという感じです。(あっちがわに行っている?)

それからず~っと気になっていた「アガサ」というお店、調べてみましたんですが今のところわからないんです。どういう漢字だったか思い出せればいいんですけど。
六本木駅の近くにあったという事はたしかなんですが。
アガサクリスティの写真が壁のあちこちに貼られていました。
りい子☆ URL 2010/02/05(Fri)06:17:09 編集
りい子さんへ
 こんばんは。
 アガサ、知れべていてくれたのですか! 感激でございます。

 コテコテ展開って、先がどうなるかわかっているのに、なぜかドキドキしながら最後まで観れるんですよねぇ。(笑)
 わたくしも大好きです。

 大泣き、しますねぇ。もう歳のせいか最近とくにします。(笑)
酒井しのぶ 2010/02/05 19:19
Re:勝利への脱出
おはようございます。
私、サッカーはさっぱりなのですが、映画は面白そうですね。面白いと言っては失礼ですね。
>本来は、ハーフタイムの間に脱走する予定だったわけですが、負けたままでは引き下がれない! ってことで、脱走せずに後半戦開始。
ここがいいです!!
ネタバレでも何でも紹介してもらえると嬉しいです。
先日のお話、私も吹き替え映画やドラマは大好きです。
最近、NHKが海外物をやってくれなくてモヤモヤしてます。そんな時はGyaoやyahoo動画を見てます。私の部屋だけ地デジじゃないんです。でも在宅勤務の私に地デジがあると、仕事放棄してしまいそう(笑)
 いつもありがとうございます。
とこ URL 2010/02/05(Fri)06:42:57 編集
とこさんへ
 こんばんは。
 Gyaoはなかなか良いですよね、わたくしも利用しております。
 
 海外ドラマでNHKといえば、ERでしょうかね。あれ? 韓国ドラマもやっていましたっけ、チャングム観たっけなぁ。(笑)

 ビヴァリーヒルズ高校白書のころから観ていましたけどね。そういえば最近やっていませんね。どうしたんだろうか。

 在宅でお仕事でしたか。
 大変ですよね。誘惑多いし、外出減るし、自分との戦いになっちゃいますからね。
 がんばってくださいませ!(*´ω` )ノ
酒井しのぶ 2010/02/05 19:23
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
RSS

Add to Google
このブログをリツイート!
ブログ内検索
最新コメント
[11/13 DSLR-A850]
[09/21 ばたこ]
[05/19 メルマガアフィリとブログアフィリで初心者でも稼ぐ@中野]
[04/27 ゆっきー]
[01/17 凛 七星]

* 管理人が返信したコメントにはメモ帳マークが表示されます。
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
バーコード
携帯電話からの閲覧は↓をバーコードリーダーで写してくださいませね。


忍者ブログ  /  [PR]
 / COPYRIGHT ©  酒井しのぶ ALL RIGHTS RESERVED