QLOOKアクセス解析
恵方巻きとの出会い 忍者ブログ
妄想/連想/暴走――激走する脳内モルヒネの意想。 変態ハードボイルド小説作家の有相無相――
酒井しのぶの作品紹介
【ファッキン・シスターズ・クライスト】
 酒好きで女好きで自堕落で格好つけの片桐有二は、二十五年まえに体験したレイプ事件のトラウマに悩まされる、ハードボイルドを気取った私立探偵。ある依頼がもとで、変態性癖が巻き起こす事件に首を突っ込むことになってしまう。高飛車で自分勝手なふしだら女の酒井しのぶと共に、事件の真相を探りだすのだが……推理あり、シリアスありの、本格ハードボイルド長編小説。
 

【あいつとの電話】
 ツンデレコンビのしのぶと有二。小説のなかだけじゃなく、普段の会話も超ツンデレ&超下品でちょっぴりエッチ!
 酒井しのぶの小説に登場する二人が織り成す、会話のみの超ショートショート作品集です。一話読みきりなので、お気軽に読んでいただければと思います。
 

【Shinobu to Yuji 短編集】
 長編ファッキン・シスターズ・クライストの外伝的一話読みきり短編作品集。笑い、切ない過去、素直じゃない愛情、そしてお決まりのエッチな会話。しのぶと有二のツンデレコンビは、殺人事件がなくても面白い。
 

 (注: すべての作品がR15指定です。作品の性格上、性描写、暴力描写、差別的発言などが各所に出てきます。不快に思う人は読まないでください)
管理人プロフィール
酒井しのぶのプロフィールは↓からどうぞ。
My Profile by iddy

Google Profileはこちら

酒井しのぶへのご意見、ご要望、ご感想など、記事コメント意外の内容は↓へお願いいたします。
おきてがみ

mixi(ミクシィ)やってます!
ランキング
お気に召しましたらクリックしてくださいませ。
にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン   
メールフォーム
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ。
*返信が必要な場合は、返信先アドレスを入力の上、その旨お書きくださいませ。
Powered by NINJA TOOLS
インフォメーション

【ボチボチと書き始めています】
 いろいろあり、忙しい毎日を過ごしています。
 書きたい衝動は日に日に増してくるのですが、なかなか時間が作れず、昔のようにすべてを犠牲にして書く勇気もなく、いまは我慢の時期かなと思う今日この頃。
 それでも、書かずにはいられないときもあるので、短いエピソード的なものをチマチマと書いたりしています。
 皆様のところへ訪問する時間はまだなかなか作れませんが、毎日少しづつですが、勉強し精進しているところですので、いましばらくお待ちくださいませ。

【ご連絡】
 記事下部の拍手ボタンを押してくださり、拍手内でコメントくださる方がたくさんいてありがたく思っております。
 拍手内のコメントでは、こちらからの返信ができませんので、返信をご希望の方は記事へのコメントをお願いいたします。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【酒井しのぶの作品はこちら】
本格ハードボイルド長編小説 

一話読みきり短編作品集 

通話形式の超ショートショート集 

【ランキングに参加中】
作品を気にいっていただけたらランキングのクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ツイッターでこのブログをつぶやけます。
 こんばんは、酒井しのぶでございます。

 
 もう十五年近くもまえでしょうか、ちょうど京都の駅ビルが工事中だった頃の話です。わたくし一年弱ほど京都に住んでいたことがありました。
 
 最初は、歌う仕事の都合で一ヶ月弱の滞在の予定だったので、京都駅から徒歩十分程度の旅館に滞在していました。
 
 ビジネスホテルや、安いカプセルホテルでも良かったのですが、わたくしはそのとき、生まれてはじめての京都旅行だったので、やっぱりちょっと和風がいいわと、なるべく安い旅館を探して予約したのです。
 
 大人になってから生まれてはじめての京都ということに、疑問を持たれた人もいるでしょう。
 関東では、京都と言えば修学旅行の定番ですからね。当然、わたくしも中学三年のときの修学旅行は京都と奈良でございました。
 
 ですがまぁ、行かなかったのよ、修学旅行。(笑)

 修学旅行というのは、くじ引きなのかどうか知りませんが、各学校に割り当てがあって、毎年必ずしも同じ時期に行われるわけではないじゃないですか。
 わたくしのときはなんと、四月だったんです。
 三年生になってすぐだったので、二年生の三学期から指導会などをやっていて、三年生になってから決めるのは部屋割りとバスの席順くらいなものでした。

 この年、埼玉県では埼玉博覧会というのが開催されてましてね。
 わたくし不良少女A(しのぶだがらS? 笑)は、付き合っていた先輩が所属していた吹奏楽団体が、埼玉博覧会で演奏すると言うのを聞いて、そっちを優先したわけでございます。
 ちょうど修学旅行の初日が、その吹奏楽団が演奏する日だったので、ママに具合が悪いから修学旅行には行かないと言い、集合場所に欠席届けを出しに行ってもらいましてね。
 その隙に、わたくしはダッシュで着替えて、電車に飛び乗り埼玉博覧会へ行ったわけですね。(なんてひどい。笑)
 

 あれ? 話が大きく脱線しましたね。(笑)

 
 とまぁ、そんなこんなではじめての京都だったのですが、この手の仕事に顔がきく友人にマネージャー代わりをやってもらい、週に二本か三本の仕事を、京都と大阪で取ってもらっていました。バーとかライブハウスとかで、ブルースを中心に歌う仕事で、バンドメンバーとマネージャーの六人での京都滞在だったのです。(旅館に泊まったのは、わたくしとマネージャーだけで、あとはカプセルホテルでした)

 当然ですが、仕事は夕方出勤になります。そしてやはり当然ですが、どんなに早くてもその日のうちに旅館に戻ることはなかなか難しい仕事でした。
 まぁ、スナックやキャバクラのホステスなどと同じような勤務時間ですからね。

 滞在初日から三日くらいは仕事がなく、観光ばかりの毎日だったので、京都のお寺めぐりをしたり、大阪まで美味しいご飯を食べに行ったりと、ごくごくありがちな観光をして過ごしていました。
 
 旅館に滞在している観光客らしく、朝ご飯を食べたら旅館を出て、夕方まで観光をして、旅館に戻って夕飯をいただき、お風呂に入って読書して寝るといった具合でした。
 
 
 その旅館で、はじめて恵方巻きに出会ったのです。
 
 ちょうど二月三日だったのでしょうね。(覚えていませんが。笑)
 夕飯のテーブルにつくと、美味しそうなおかずと一緒に、大きな太巻きが並んでいましてね。

「お? 今日は太巻きなのか。それにしては一本丸々って、そんなことってあるのか?」

 と、思いました。
 そしたら、給仕の人がお茶と湯のみと一緒に、いつも通りお茶碗とご飯の入ったお櫃を持ってくるではありませんか。

「ええ?? この太巻きのほかにご飯も食べろと!?」

 驚きでしたね。(笑)
 女将さんが来たので聞いてみたところ、それは恵方巻きだと。近畿地方では節分に食べるんですよと。毎年その年の恵方に向ってかぶりつくと良いことがあるんですよと。
 たしか、北東に向って食べた記憶があります。
 
 それっきり、関東に戻ってからはまったく話題にも出ませんでしたが、ここ何年かですよね、恵方巻きがコンビニでも売られるようになったのは。
 
 それにしても、近年関東で一般的に目にする恵方巻きよりも太くて長かったその恵方巻き。
 それ一本食べるのにも苦労したくらいの量だったのに、そのほかにも美味しいおかずがたくさんあって、さらにご飯までとは、ちょっと無理がありました。(笑)

 恵方巻きが魅力的で、最初に北東に向ってそれだけを食べてしまったもんだから、他のお料理を食べ切ることができなくって、残念な思いをしました。

 
 わたくしと恵方巻きの出会いはそんな感じでしたね。
 安い旅館だったとはいえ、食堂には観光に来たお客さんがたくさんいたわけで、みんなしてでっかい口を開けて北東に向っていたわけです。

 かなりの驚きと異様な光景を体験した、恵方巻きとの出会いでございました。(笑)

 
 ところで、その音楽旅行の最中。
 最初の観光も終わり、いよいよ仕事がはじまって、夕方出勤しだしたんですがね。
 

 なんとその旅館、門限があったのよ!!

 
 門限十一時って……。(汗)
 
 
 仕事初日、知らないで仕事が終わってたらふく飲んでいるときに、マネージャーが旅館に電話していたんです。ちょっと遅くなりますので、心配しないでくださいと。
 
 そしたら、門限がとっくに過ぎているので、帰ってきても入れませんって!!(爆)

 そんな旅館ってあるんですねぇ。びっくりでした。(笑)

 仕方なくその日は朝まで飲んだくれたわけですが、毎回仕事のたびに締め出されてしまうのでは困ると、女将さんに頼んでみたら、裏の勝手戸を開けておいてくれることになったのです。
 
 ところが、たまに開け忘れているときがあって、入れないなんてことがありましてね。
 
 けっきょく二週間くらいで、ビジネスホテルに引越ししました。(笑)


 その後、演奏旅行は一ヶ月弱で終了しまして、みんな関東に帰ったのですが、わたくしはとあるバーのマスターといい関係になってしまい、京都に居座ることになったのです。(ふしだらですねぇ……)
 
 スナックでホステスしながら、そのマスターの家で暮らして、そのうちにマスターのつてでバンドメンバーが集まり、マスターの店で週一くらいで歌っていたのですが、恋が破綻して一年弱で関東に帰還となりました。(笑)

 
 まぁいろいろありましたが、楽しい京都滞在でございました。


 本日の「しのぶが思うハードボイルド」
 
 門限なんてくそったれだ!!(笑)

 以上でございます。(ハードボイルド関係ないのでは?……笑)


 それではまた、酒井しのぶでございました。

拍手[5回]

PR
【酒井しのぶの作品はこちら】
本格ハードボイルド長編小説 

一話読みきり短編作品集 

通話形式の超ショートショート集 

【ランキングに参加中】
作品を気にいっていただけたらランキングのクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ツイッターでこのブログをつぶやけます。
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
Re:恵方巻きとの出会い
こんばんわ。
寒いですね。

京都にはアホウ巻きじゃない恵方巻きと切ない恋の思い出があるのですね。
さすがしのぶさん、修学旅行にも根性入っていますね(*^_^*)
京都はほんとにいいところですね。
人間は慇懃無礼というか芯は固そうですけれど。
旅館でみんなしてでっかい口を開けて無言で北東に向っていた、とてもハードボイルドにはならんですね。
一昔前はこちらも全然無かったですけれど、やっぱゆとりと楽しみの時代になったのですかね。
やけ食いの気もしないではないですが。
今晩は京都の方向き、男性の幸福と不幸を願ってガブリですね(*^_^*)

KOZOU URL 2010/02/03(Wed)22:52:59 編集
KOZOUさんへ
 こんにちは。いつもありがとうございます。

 わたくしはたぶん、なんにも考えずにやりたいように生きてきたアホウでしょう。(笑)

 京都はとっても良い街でした。
 たしかに最初はちょっと、付き合いづらさがありましたけどね。(笑)
 冗談とか通じないのか? なんて思ったりして。(笑)

 ちょうど駅ビルの工事中だったこともあり、あちこちのお寺で近代的な建物に対する建設反対の看板が立てられていたことですね。
 名前は忘れてしまいましたが、「なんとかホテルに宿泊の人の入場はご遠慮願います」みたいなことがどこの観光名所にも必ず貼ってありました。
 わたくしはそのホテルに泊まっていたわけではありませんが、外から来た人間にとっては、なんとも複雑な気分になるものです。
 
 恵方巻きを旅館の食堂で食べたときの異様な光景は、本当に笑えるものでしたよ。(笑)
 
 
酒井しのぶ 2010/02/04 12:22
Re:恵方巻きとの出会い
今日はまじめ?に(笑)
京都駅から徒歩10分程度やったら、
何となく察しがつくと言うか(笑)
歌ってはった場所も、
何となく想像出来そうな(笑)

恵方巻は正直言って、
子供の頃はなかったような。
ちゅ~か、そこまで普及してなかったと思います。
近畿圏でも広まったんは、
ここ2、30年ちゃうかな。
それより、イワシの頭をヒイラギ(やったかな)に刺して、
それを玄関に飾るのはやってたけど、
最近あんまり見ませんな。
今年の恵方は西南西か。
晩飯に出てきたけど、
ご丁寧に切ってましたわ爆)
けびん URL 2010/02/04(Thu)01:20:40 編集
けびんさんへ
 こんにちは。いつもありがとうございます。

 想像つきますか。小さな旅館でした。(笑)
 
 京都というのは、お寺の隣にライブハウスがあったりして、なんとも不思議な気分にさせられました。(笑)

 我が家も買ってきたものですが、昨夜、恵方巻きたべました。
 もちろん切って。(笑)
 あんなもん、口に収まらないわよ。(爆)
酒井しのぶ 2010/02/04 12:25
Re:恵方巻きとの出会い
おはようございます。
あらゆるエピソードが面白くて、朝から笑い通しでした。

しのぶさんと恵方巻きとの出会い、印象的です。
食堂のお客さんがみんなで口を開けて北東に向って食べている光景、なかなか強烈なものがあります^^

恵方巻きは、私もあまりなじみがありませんでした。
昨日テレビをみていたら、近畿地方では昔から太巻きを食べていたそうですが、大阪では恵方巻きとは言わず「太巻き」と言う、と大阪の年配の女性の方々が凄い勢いで話しているシーンがうつし出されていました^^

今日の「しのぶが思うハードボイルド」もメモしておきます!
りい子☆ URL 2010/02/04(Thu)05:39:59 編集
りい子さんへ
 こんにちは。いつもありがとうございます。

 近畿地方でもそれほど歴史は深くないような感じですね。
 わたくしなどはまったく知らなかったので、京都に滞在していたときの恵方巻きとの出会いは強烈でした。(笑)
 
 おそらく旅館側としても、観光客へその土地のアピールをするためにやったことなのでしょうが、なかなかマヌケな夕食タイムになりましたよ。(笑)
酒井しのぶ 2010/02/04 12:33
Re:恵方巻きとの出会い
しのぶさん、こんにちわ。
恵方巻き、北海道も馴染みがないですね。
でも最近はマネをしてかぶりつく道産子も増えてるそうです。
修学旅行と京都滞在時のお話、おかしくて(笑っていいのかな?)お~~しのぶさまがぁ~~と言う思いと、らしいなあと言う思いで、複雑でした。こういうことが小説に生かされているのかと思うと納得せざるを得ないのですが。

しのぶさんってホントに不思議な魅力がありますね。
私には全く無い女を感じさせてくれます。あぁ~もうはまりそう!!
毎回お話が楽しみでなりません。これからも期待しています。
 ありがとうございました。
とこ URL 2010/02/04(Thu)10:47:20 編集
とこさんへ
 こんにちは。いつもありがとうございます。

 わたくしのエピソード、どんどんじゃんじゃん笑っちゃってくださいませ。(笑)
 ほとんどまともな人生を歩んでいませんので、小説に生かしたいという思いはありますが、文章にするのは難しいですね。
 精進したいと思います。(笑)
酒井しのぶ 2010/02/04 12:37
Re:恵方巻きとの出会い
恵方巻があるのに、ご飯とおかずが普通に出てくるのは驚きですね~
そんなに食べれない・・・
みんなで同じ方向を向いて恵方巻を食べる光景。
想像したらおかしいですよね、笑っちゃいました。

馴染みがないせいか、恵方巻を買う気になりません。
なんだかコンビニの戦略にのせられるようで・・・

はかない恋の思い出。
ご馳走様でした。
こちくん URL 2010/02/04(Thu)16:03:30 編集
こちくんさんへ
 こんばんは。
 場所が旅館ですから観光客ばかりなので、みんなはじめてのことで言われた通りに食べていたんですね。(笑)
 想像しておかしいわけですから、体験したらもっとおかしいですよ。(爆)
 
 はかない恋かはわかりませんけど。( *´艸`)
酒井しのぶ 2010/02/04 20:30
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
RSS

Add to Google
このブログをリツイート!
ブログ内検索
最新コメント
[11/13 DSLR-A850]
[09/21 ばたこ]
[05/19 メルマガアフィリとブログアフィリで初心者でも稼ぐ@中野]
[04/27 ゆっきー]
[01/17 凛 七星]

* 管理人が返信したコメントにはメモ帳マークが表示されます。
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
バーコード
携帯電話からの閲覧は↓をバーコードリーダーで写してくださいませね。


忍者ブログ  /  [PR]
 / COPYRIGHT ©  酒井しのぶ ALL RIGHTS RESERVED