QLOOKアクセス解析
ビリヤードに憧れて 忍者ブログ
妄想/連想/暴走――激走する脳内モルヒネの意想。 変態ハードボイルド小説作家の有相無相――
酒井しのぶの作品紹介
【ファッキン・シスターズ・クライスト】
 酒好きで女好きで自堕落で格好つけの片桐有二は、二十五年まえに体験したレイプ事件のトラウマに悩まされる、ハードボイルドを気取った私立探偵。ある依頼がもとで、変態性癖が巻き起こす事件に首を突っ込むことになってしまう。高飛車で自分勝手なふしだら女の酒井しのぶと共に、事件の真相を探りだすのだが……推理あり、シリアスありの、本格ハードボイルド長編小説。
 

【あいつとの電話】
 ツンデレコンビのしのぶと有二。小説のなかだけじゃなく、普段の会話も超ツンデレ&超下品でちょっぴりエッチ!
 酒井しのぶの小説に登場する二人が織り成す、会話のみの超ショートショート作品集です。一話読みきりなので、お気軽に読んでいただければと思います。
 

【Shinobu to Yuji 短編集】
 長編ファッキン・シスターズ・クライストの外伝的一話読みきり短編作品集。笑い、切ない過去、素直じゃない愛情、そしてお決まりのエッチな会話。しのぶと有二のツンデレコンビは、殺人事件がなくても面白い。
 

 (注: すべての作品がR15指定です。作品の性格上、性描写、暴力描写、差別的発言などが各所に出てきます。不快に思う人は読まないでください)
管理人プロフィール
酒井しのぶのプロフィールは↓からどうぞ。
My Profile by iddy

Google Profileはこちら

酒井しのぶへのご意見、ご要望、ご感想など、記事コメント意外の内容は↓へお願いいたします。
おきてがみ

mixi(ミクシィ)やってます!
ランキング
お気に召しましたらクリックしてくださいませ。
にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン   
メールフォーム
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ。
*返信が必要な場合は、返信先アドレスを入力の上、その旨お書きくださいませ。
Powered by NINJA TOOLS
インフォメーション

【ボチボチと書き始めています】
 いろいろあり、忙しい毎日を過ごしています。
 書きたい衝動は日に日に増してくるのですが、なかなか時間が作れず、昔のようにすべてを犠牲にして書く勇気もなく、いまは我慢の時期かなと思う今日この頃。
 それでも、書かずにはいられないときもあるので、短いエピソード的なものをチマチマと書いたりしています。
 皆様のところへ訪問する時間はまだなかなか作れませんが、毎日少しづつですが、勉強し精進しているところですので、いましばらくお待ちくださいませ。

【ご連絡】
 記事下部の拍手ボタンを押してくださり、拍手内でコメントくださる方がたくさんいてありがたく思っております。
 拍手内のコメントでは、こちらからの返信ができませんので、返信をご希望の方は記事へのコメントをお願いいたします。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【酒井しのぶの作品はこちら】
本格ハードボイルド長編小説 

一話読みきり短編作品集 

通話形式の超ショートショート集 

【ランキングに参加中】
作品を気にいっていただけたらランキングのクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ツイッターでこのブログをつぶやけます。
 こんにちは、酒井しのぶでございます。


 わたくし、ビリヤードが大好きです。
 十数年前まではプロになりたくてがんばっていたりもしましたが、音楽活動とどっち取るの的な選択が必要になった時期がありましてね。

 音楽は年齢も大事ですが、ビリヤードは少しくらい大人になってもまだ大丈夫かなと、その時は音楽を選びまして、それまで毎晩のようにプールバーに通っていたのに、それっきりビリヤードは年に一度程度になりまして、一時はけっこう音楽活動も白熱していたんですが、いろいろありけっきょく音楽から足を洗い、いまに至っています。
 
 
 とまぁ、わたくしがどれもこれも中途半端に生きてきた経緯はどうでもいいんです。(笑)


 ビリヤードと言えば、映画「ハスラー2」がとっても有名ですね。
 
 トム・クルーズとポール・ニューマンです。

 当時はもう、ありえないほどのビリヤードブームが到来しておりました。
 わたくしが住む街は、ど田舎じゃありませんが、ぜんぜん都会なんかじゃないのに、駅前に大きなプールバーができたくらいです。
 ハスラー2は86年の映画ですから、プールバーができたのはそれ以降。
 わたくしは、小学校高学年か中学生になったばかりくらいでしたかね。
 
 両親が音楽にぜんぜん興味がない話は前にもしましたが、映画にもぜんぜん興味がない人たちでしてね。
 当然、ビリヤードになんか興味も示しませんで、家庭内ではブームになりませんでした。

 従兄弟の両親がそういった流行りものにはすぐに食いつく人たちだったので、従兄弟家族にくっついて何度か行きましてね。
 すぐにビリヤードの魅力にとりつかれたわけですが、歳が歳ですから、一人じゃ行けなくって、もっと大きくなったら通うんだって思っていたんですが、その店は一年くらいで潰れちゃって通えませんでした。(笑)
 
 別の場所でレコードレンタルをしていた店が、店名を変えてそこにCDレンタル店を開業しまして、それはいまでもあります。(笑)


 さて、ハスラー2はとっても大人気でした。
 トム・クルーズもこの映画で有名になったくらいなわけですしね。
 ハスラー2がなければ、いまのトムはなかったかもしれませんね。

 とはいえ、わたくしはやはり、ポール・ニューマンが大好きです。

 これはちょうど、ハスラー2でアカデミー助演男優賞をとったときでしょうかね。
 61歳のときです。
 
 とっても素敵なおじ様って感じで、映画ではハードボイルドそのものでしたよね。
 ビリヤードの魅力はもちろん、ハスラーという世界の魅力も伝えてくれ、素晴らしい映画でした。


 ですが、わたくしとしてはハスラー2よりも「ハスラー」のほうが好きなんですね。

 若かりし頃のポール・ニューマンです。

 ハスラー2は、このハスラーの続編で、ハスラー2では脇役のポール・ニューマンが、ハスラーでは主人公なんですね。(わたくしとしてはハスラー2でもポールが主役に見えてなりませんが)

 初代ハスラーでは、賭けビリヤードの世界だけを描いています。ハスラー2のように大会に出場するのを目指しての旅ではないのです。

 
 賭けビリヤードと言っても、ハスラーというのはイカサマをするのが商売の定石なんです。

 映画ハスラーでは、ポール扮するエディがマネージャー役のバート(ハスラー2ではエディがこの立場)とともに、最強のハスラーであるファッツを倒すために奮闘する物語です。
 
 ファッツに負けたのちに、再戦を誓うエディは、バートと恋人であるサラとの3人で資金集めのための旅に出るわけで。マネージャーとハスラーとその恋人での旅という設定はハスラー2と同じですね。
 
 ですが、精神的に未熟なエディはある試合で負けそうになり、賭け金を上げてもらうように相手に懇願し、その醜態を見たサラが、ハスラーなどやめて田舎で一緒にくらしましょうみたいなことを言うわけです。(これもありがちな展開ですね。笑)
 エディは、サラを追い返して、バートは賭け金を上げる交渉に成功。その試合には勝利します。
 
 試合後に、エディよりも先にホテルに戻ったバートがサラをなじり、サラは自殺してしまうわけです。
 エディとバートは考え方の違いで揉めるわけですが、エディがファッツを倒すためにはバートは不可欠。
 
 資金を貯めて、ファッツに再戦したエディは勝利を納め、サラの死により人間としても成長したエディは、バートに間違いを認めさせて終わるわけです。

 
 簡単なあらすじだけを説明しましたが、この作品はハスラーの生き様と、エディが人間として成長してく様を描いた物語です。
 とっても奥が深く、心理戦が重要な競技であり、そしてまたギャンブルの依存性をはらんだビリヤードを題材にしていることで、人間の内面を深く描くことができているんじゃないかなと思います。

 
 ハスラーというと、日本ではビリヤードプレイヤーのことを指す言葉と思っている人も多いでしょうが、実際にはビリヤードをギャンブルにして生活する人のことを指す言葉です。
 
 その昔、日本には麻雀のプロに阿佐田哲也という神様のような人がいましたが、彼もまた、イカサマの名手であり、ギャンブルにイカサマがつきものなのは万国共通です。
 
 ハスラーもイカサマをしてお金を稼ぐわけですが、一般的な方法は、ヘタクソなふりをして序盤は負け続け、負けを返上するために賭け金を上げることを提案したのちに、本領を発揮して勝つというものです。(麻雀のイカサマとはちょっと違いますね。笑)
 
 これをやるには、序盤負けなければならないのと、同じ場所では稼ぎ続けられないために場所を転々としなければならない理由で、資本金が不可欠なんですね。
 アメリカのような大きな国だから成り立つ商売とも言えます。日本じゃ一年もしないうちに全国に噂が広まり、イカサマで稼ぐことができなくなってしまいますからね。
 
 アメリカはミュージシャンや俳優などでも、事務所の管理下ではなく、個人営業のマネージャーに後援を依頼するのが一般的で、ビリヤードでもそれは同じなんですね。
 
 こういった事情で、ハスラーとマネージャーはコンビで活動し、ときにはマネージャーがイカサマの片棒を担いだりもするわけです。
 つまり、マネージャーが対戦相手のふりをして、その試合を見ている人たちにハスラーがへたっぴなヤツだと思わせたりするわけです。
 
 ときには対戦者との金銭のやり取りだけじゃなく、その試合を見ている観客がどちらが勝つかを賭けたりもしますから、マネージャーが観客に扮して大金を賭けたりもします。
 マネージャーのひとり勝ちになるように、ハスラーは下手くそな演技をしたりし、ときにはわざと負けて、自分は負けを払い、マネージャーが賭けでガッツリ儲けるようにしたりもします。

 ハスラー2でも、ポールとトムが対戦したとき、たしかトムがわざと負けるんでしたよね。
 本気で挑んでいたのに、わざとトムが負けたのを知ったポールが再戦を挑むというエンディングだったような。(うろ覚えですいません。笑)


 いずれにせよ、このようなイカサマの世界。
 騙し合いの世界。
 探り合いの世界。
 心理戦の世界。
 
 うん、ハードボイルドですよ。(笑)
 
 
 ところで、このハスラーに出てくる最強の対戦相手、ファッツ。
 名前のとおり、とっても太った人なんです。
 名前じゃなく、ニックネームなんでしょうが、日本語字幕では、ファッツとは訳されていません。


 なんと訳されているのか。


 デブッチョです。(爆)


 そんなのありか!? って思いませんか?(笑)

 小説でも翻訳ものを読まない人たちの懸念はこんなところにあるのでしょうね。(笑)
 まぁでも、ハスラーが公開されたのは61年ですからね。
 ファッツなんてクールなニックネームの意図がわからずに、直訳しちゃったんでしょうかね。
 いまだったらどんなにヘタクソな訳者でも、ぜったいにしない訳ですよね。(笑)


 そうだ。
 ハスラーのエディと言えば、バーボンです。
 彼が初代ハスラーとハスラー2のどちらでもこだわりをみせるバーボンは、JTSブラウン。

 日本では黒いラベルの10年ものほうが有名かもしれませんが、たしかエディが好きだったのはこっちの6年ものだった気がします。(違ったらごめんなさい)

 エディはお酒が大好きで、そのせいで失態をさらしたりもするんですよ、ハスラーで。

 たしか、チャンドラーの短編小説にもそんな話があったなぁ。マーロウものじゃなかったけど。
 
 いずれにせよ、お酒が大好きというあたりも、ハードボイルドで、とっても素敵です。 
 

 本日の「しのぶが思うハードボイルド」

 インチキマジシャンのようなニヒルな笑みが似合わないとダメ。

 以上でございます。


 それではまた、酒井しのぶでございました。

拍手[5回]

PR
【酒井しのぶの作品はこちら】
本格ハードボイルド長編小説 

一話読みきり短編作品集 

通話形式の超ショートショート集 

【ランキングに参加中】
作品を気にいっていただけたらランキングのクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ツイッターでこのブログをつぶやけます。
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
Re:ビリヤードに憧れて
ハスラー2と言えば、クラプトン(笑)
It's In The Way That You Use It?が、
なんでザ・ギフトって邦題になったんか、
今もって知らんし、知りたくもないか(爆)
プールバー、流行りましたな(笑)
当時奈良には、プールバーやなくて、
昔ながらの「ビリヤード場」がありました。
そこに例のバイク友達と入り浸ってましたな(笑)
自販機のジュースがコーラとか全部ビン入りでしたわ(笑)
ハスラーって元々は「ハッスルする人」の事やったと思うけど、
アメリカではそうなんですね。
ひとつ勉強になりました。

阿佐田哲也=色川 武大 「朝だ徹夜」(笑)
「坊や哲」(笑)
高校の頃から麻雀にどっぷり浸かってた身としては、
避けて通れん名前ですな(笑)

けびん URL 2010/02/23(Tue)00:52:04 編集
けびんさんへ
 こんにちは。
 クラプトンの邦題の謎はまさにミステリーです。(笑)
 まぁ、ヘルプが4人はアイドルになっちゃうくらいですからね。ていうか、邦題が存在する理由がわからない。(笑)
 
 ビリヤードに打ち込んでいた頃が、ちょうど京都で暮らした頃とかぶるんですけど、京都と大阪のビリヤード場はいくつか通いました。
 こっちでも関西のビリヤード場は有名なお店がいくつもありますからね。雑誌で見て憧れていたお店とかたくさんありましたよ。ビリヤード文化自体が関東と関西では少し違ったり、プレイスタイルにも違いがあるんですが、関西出身のプロは、魅せるプレイをする人が多いので、大好きです。
 
 阿佐田哲也は、昔テレビで積み込みしているところを観たことがありますが、ぜんぜん牌を見ずに積み込んでいて、驚きでした。(笑)
酒井しのぶ 2010/02/23 09:25
Re:ビリヤードに憧れて
しのぶさん、こんばんわ。
ビリヤードはよくい解らないんですが、「ハスラー2」は面白かったですね。特にポールニューマンがいい!!
若い頃よりある程度年齢を重ねたことで好きになった俳優さん、結構いますよ。デビッドボーイとかアランドロンなんて昔は嫌いでしたが今はいい!!です。全然話がかみ合わなくてごめんなさい。今日はこのへんで・・・
とこ URL 2010/02/23(Tue)01:47:16 編集
とこさんへ
 こんにちは。
 格好良い歳のとり方をしている人って男女問わずに素敵ですよね。
 ポール・ニューマンはまさにそんな感じです。
 デビッド・ボーイもアラン・ドロンも素敵ですよね。特にアラン・ドロンは好みかもしれません。(名前がすでに格好良い。笑)

 ショーン・コネリーも素敵だし、ダスティ・ホフマンも大好きです。
 ハリウッド俳優は、歳をとるのにもおかねがかかっているから、格好良いのでしょうかね。(笑)

 削除の件、お気になさらずに。
酒井しのぶ 2010/02/23 09:35
Re:ビリヤードに憧れて
おはようございます。

しのぶさんがビリヤードでプロを目指していたことはちょっと驚きました。相当なものだったのですね。
ハスラー2は見ました。
ポールニューマンはわたしも大好きです。
画像もとてもかっこいいですね。
いつもながらストーリー等詳しく覚えていられるのに感心します。
わたしは細かいところはほとんど忘れていますが。
詠みながらだいぶ思い出しました。
ギャンブルはほんとに人生の縮図ならぬ拡大図ですね。
ギャンブルに強いものは人生にも強いでしょうね。
阿佐田哲也さんは好きですね。
独特のギャンブル哲学はしびれます。
KOZOU URL 2010/02/23(Tue)04:51:08 編集
KOZOUさんへ
 こんにちは。
 
 わたくしがビリヤードでプロを目指していたのは、至って単純な理由です。
 ずばり、お手軽だから。(笑)
 音楽のときもそうだったのですが、メジャーデビューじゃなく、クラブ歌手になりたかったんです。ビリヤードはプロになってもそれだけじゃ生活できないので、ほとんどの人がビリヤード場でインストラクターをやったり、資金がある人は自分のお店を出したりして生活しています。
 そんなチープな世界が好きなわたくしでした。(笑)

 阿佐田哲也はたしか、競輪に阿佐田哲也杯とかいうのがあって、それではじめて名前を知ったんです。
 競輪に詳しい友人に聞いたら、麻雀の神様だって言われて、なんで麻雀が競輪!? って思って調べたのがきっかけで好きになりました。(笑)
酒井しのぶ 2010/02/23 09:48
Re:ビリヤードに憧れて
おはようございます。
「ハスラー2」はビデオで何回か観ましたが、私もポール・ニューマンが好きです。
若い頃よりも歳を重ねてからの方がずっと素敵です。
この61歳の時の写真いいですね。
しばらく見とれてしまいました。

ビリヤードも一時ちょっとだけやりました。
私は遊びで行く程度でしたが。
それでもかなり集中力が要りますよね。
しのぶさん、プロをめざしていたなんて凄いですね。
たしかにビリヤードとカーリング、似ているのかもしれませんね。
りい子☆ URL 2010/02/23(Tue)06:15:35 編集
りい子さんへ
 こんにちは。
 
 ビリヤードとカーリングで一番違うのは、ビリヤードの場合、失敗しない限り順番が変わらないってところでしょうね。
 だから、相手がなにをしてくるかを考える必要がないんです。
 そういう意味では、将棋やチェスのような戦略性はビリヤードには必要ありません。(ときどき必要ですが)
 でも、球をはじいて点を得ると言うところでは、同じですよね。はじく角度や強さ、回転のかけ具合など、微妙な世界なのも同じです。
 
 ハスラー2の冒頭で、ポール・ニューマンがワイルド・ターキーの模造酒について語るシーンを観て、大人になったらワイルド・ターキーを飲むんだ! って思ったものです。
 あの冒頭シーンのポールに早々とノックアウトされたわたくしでした。(笑)
酒井しのぶ 2010/02/23 09:54
Re:ビリヤードに憧れて
ポールニューマン、
いい役者でしたね。
僕はスティーブ・マックインといっつも比較してました。
歳がばれるな。

やまといも URL 2010/02/23(Tue)08:35:14 編集
やまといもさんへ
 こんにちは。
 コメントありがとうございます。

 スティーヴ・マックイン、恰好いいですね。ちょっとワルなイメージがあり、確かにポール・ニューマンと比較したくなります。(笑)
 
 いつの時代も、ちょいワルなおじ様は素敵なものですね。
酒井しのぶ 2010/02/23 10:00
Re:ビリヤードに憧れて
ハスラー2って86年でしたか。
高校の頃によくビリヤード行ってました。
学校帰りの定番でしたねぇ
懐かしいです。

デブッチョの翻訳はありえないですね~
いまそんな字幕を書いたら、二度と仕事が回ってこなくなりそうです(笑)

ビリヤードの上手な女性ってカッコいいですね!
私のビリヤードが上手な女性のイメージは・・・ムフフなイメージです(爆)
こちくん URL 2010/02/23(Tue)11:25:04 編集
こちくんさんへ
 こんにちは。

 レンタルビデオのケースの裏表紙に登場人物の紹介とかあらすじが書いてあったりするじゃないですか。そこにもデブッチョって書いてあって、本気でデブッチョって名前なのかと思ったくらいです。(笑)
 まぁ、作品を見ていれば、ファッツって呼ばれているのがわかるんですが、ありえないですよね。(笑)

 わたくしの住む街の隣街はちょっと多国籍な雰囲気のところで、ビリヤード場やプールバーに行くと、外国人ばかりだったりするんです。
 フィリピンではビリヤードがすごい人気でして、その街でもフィリピンの人たちとたくさん知り合いになりました。
 
 ムフフなイメージですか。(笑)
 ビリヤードって、フォームがお尻突き出す格好になるから、それでだなきっと。( *´艸`)
酒井しのぶ 2010/02/23 13:48
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
RSS

Add to Google
このブログをリツイート!
ブログ内検索
最新コメント
[11/13 DSLR-A850]
[09/21 ばたこ]
[05/19 メルマガアフィリとブログアフィリで初心者でも稼ぐ@中野]
[04/27 ゆっきー]
[01/17 凛 七星]

* 管理人が返信したコメントにはメモ帳マークが表示されます。
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
バーコード
携帯電話からの閲覧は↓をバーコードリーダーで写してくださいませね。


忍者ブログ  /  [PR]
 / COPYRIGHT ©  酒井しのぶ ALL RIGHTS RESERVED