QLOOKアクセス解析
酒井家のファミコン戦線 忍者ブログ
妄想/連想/暴走――激走する脳内モルヒネの意想。 変態ハードボイルド小説作家の有相無相――
酒井しのぶの作品紹介
【ファッキン・シスターズ・クライスト】
 酒好きで女好きで自堕落で格好つけの片桐有二は、二十五年まえに体験したレイプ事件のトラウマに悩まされる、ハードボイルドを気取った私立探偵。ある依頼がもとで、変態性癖が巻き起こす事件に首を突っ込むことになってしまう。高飛車で自分勝手なふしだら女の酒井しのぶと共に、事件の真相を探りだすのだが……推理あり、シリアスありの、本格ハードボイルド長編小説。
 

【あいつとの電話】
 ツンデレコンビのしのぶと有二。小説のなかだけじゃなく、普段の会話も超ツンデレ&超下品でちょっぴりエッチ!
 酒井しのぶの小説に登場する二人が織り成す、会話のみの超ショートショート作品集です。一話読みきりなので、お気軽に読んでいただければと思います。
 

【Shinobu to Yuji 短編集】
 長編ファッキン・シスターズ・クライストの外伝的一話読みきり短編作品集。笑い、切ない過去、素直じゃない愛情、そしてお決まりのエッチな会話。しのぶと有二のツンデレコンビは、殺人事件がなくても面白い。
 

 (注: すべての作品がR15指定です。作品の性格上、性描写、暴力描写、差別的発言などが各所に出てきます。不快に思う人は読まないでください)
管理人プロフィール
酒井しのぶのプロフィールは↓からどうぞ。
My Profile by iddy

Google Profileはこちら

酒井しのぶへのご意見、ご要望、ご感想など、記事コメント意外の内容は↓へお願いいたします。
おきてがみ

mixi(ミクシィ)やってます!
ランキング
お気に召しましたらクリックしてくださいませ。
にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン   
メールフォーム
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ。
*返信が必要な場合は、返信先アドレスを入力の上、その旨お書きくださいませ。
Powered by NINJA TOOLS
インフォメーション

【ボチボチと書き始めています】
 いろいろあり、忙しい毎日を過ごしています。
 書きたい衝動は日に日に増してくるのですが、なかなか時間が作れず、昔のようにすべてを犠牲にして書く勇気もなく、いまは我慢の時期かなと思う今日この頃。
 それでも、書かずにはいられないときもあるので、短いエピソード的なものをチマチマと書いたりしています。
 皆様のところへ訪問する時間はまだなかなか作れませんが、毎日少しづつですが、勉強し精進しているところですので、いましばらくお待ちくださいませ。

【ご連絡】
 記事下部の拍手ボタンを押してくださり、拍手内でコメントくださる方がたくさんいてありがたく思っております。
 拍手内のコメントでは、こちらからの返信ができませんので、返信をご希望の方は記事へのコメントをお願いいたします。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【酒井しのぶの作品はこちら】
本格ハードボイルド長編小説 

一話読みきり短編作品集 

通話形式の超ショートショート集 

【ランキングに参加中】
作品を気にいっていただけたらランキングのクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ツイッターでこのブログをつぶやけます。
 こんにちは、酒井しのぶでございます。


 なにかこう、昔話をするととってもウケがいいということに気がついてしまったわたくしでございます。(笑)
 やっぱりみんな、昭和が好きなのでしょうか。

 まぁそんなわけで、今日もまた昔話をしちゃいましょう。


 といっても、昭和三十年代まで遡ってしまうと、わたくしまだ産まれていませんからね。こちら葛飾区亀有公園前派出所の麗しの昭和三十年代を振り返ることはできません。(笑)
 
 今日はファミコンのお話をしましょう。
 

 我が家にファミコンがやってきたのは、小学校五年生のときでした。
 クラスのゲーム好きな男子の家には、四年生くらいのときからファミコンがありました。兄や姉がいる友達などは早くから持っていたりしましたが、わたくしは長女でしたし、まだ女子が遊ぶものとしての認識が低かったのもあり、我が家のファミコンデビューはテレビゲーム好きな友人のなかでは遅かったほうだと思います。
 というか、当時は女子でファミコン好きとかって、かなり珍しかったかもしれません。
 
 
 ファミコンで、どのソフトが面白かったかなどという話は、ファミコンブログを書いている人のところへ行っていただければ良いと思います。

 今回は、わたくしがファミコンを手に入れるまでのこととか、その当時のファミコン商戦などについて話していこうと思います。


 男子の友達の家でマリオブラザーズをやったのが、わたくしとファミコンの出会いでした。
 ずばり、面白かった! と言うのが感想。
 どうしても欲しくって、ママにおねだりしたら、パパに聞いてみなさいと言われ、パパに聞いたら、ママに聞いてみなさいと言われた記憶があります。(笑)

 先日の記事でも書いたとおり、我が家はそれほど裕福ではなかったために、おかねのかかる娯楽とは縁遠い生活をしていました。
 ファミコンなんてそう簡単に買えるわけがないというのは、子供のわたくしにも容易に想像できることでした。
 
 当時、ファミコンは単体で14800円。
 安い店でもこれはほとんど変わりがありませんでした。
 
 というのも、当時は抱き合わせ販売というのが主流だったんですね。
 
 ファミコン+ソフト+ソフト+ソフト=19800円とかが多かったかな。
 
 当時のソフトは安いもので3500円くらいだったでしょうか。高い物で6000円くらい。
 ですからこれ、一見すると超お得なのですが、セット販売されているソフトというのは、いわゆるクソゲーなわけです。
 つまり、売れないソフトを抱き合わせているんですね。お得と思って買っても、面白くもないソフトを手に入れることはかえって無駄って気もします。
 
 この抱き合わせ販売というのは、いまはどうなのか知りませんが、当時は違法でした。
 違法なのに、安売りをしているところはほとんどどこのお店でも抱き合わせ販売をしていたんですね。
 抱き合わせるソフトの数はお店によって違いましたし、それによって値段も違いました。

 
 あれはちょうど、クリスマスシーズンだってしょうか。
 近所のディスカウントホームセンターで、ソフト3本セットのファミコンが19800円で、ソフト3本のうち1本は自由に選べるという抱き合わせ販売をしていたんです。

 わたくしはパパとママにお願いしました。
 ママは1万円だけは出してあげるからあとは自分のお小遣いを使いなさいと言いました。

 ですが、毎月のお小遣いはもらったと同時に使い果たすわたくしに、貯蓄などあるわけもありません。(爆)

 わたくしは考えました。
 考えた結果、賢く貯蓄している妹を巻き込むことに決めました。(悪! 笑)
 
 妹にファミコンの面白さを延々と語り続け、貯金しているお小遣いを投資するように働きかけたのです。
 妹はまんまとわたくしの戦略にはまり、貯金の5000円を提供してくれました。

 これでファミコン本体は買えるわけです。
 ですが、わたくしは1円も出していません。これはちょっと立場的にまずいだろうと思いましてね。
 つまり、購入後に妹と交代で遊んだりするのに「お姉ちゃんはおかね出してないんだから、わたしのほうが先にやる!」なんて言われちゃったら、最悪ですからね。


 そこでわたくしは、先日の記事のコメントにもあったように、瓶集めを開始したんです。

 毎朝少し早起きして、学校に行くまえに瓶を拾って歩くんです。
 学校から帰ってきたら、また瓶集めをするべく、自転車で放浪開始。
 集めた瓶を酒屋さんに持っていっておかねに換えてもらうんです。瓶にもよりましたが、1本で5円とか10円とかだったでしょうか。

 1週間で1500円くらいになった記憶があります。
 ですがもう、面倒臭くなってきましてね。(飽きっぽいんですよ、なにごとにも。笑)
 クリスマスも目前だし、別の作戦を開始します。
 
 
 パパとママに交渉です。
 とあるお店で、ソフト1本+ファミコン本体の抱き合わせセットがあり、それは買えるだけのおかねが集まっていたんです。ですが、そこのお店では欲しいソフトが抱き合わせられていなかったんです。
 ですから、狙いだったディスカウントホームセンターのソフト3本セットの抱き合わせを買うにあたって、ソフト2本はパパとママからのプレゼントにしてくれって交渉です。
 
 かなり理不尽な交渉ですが、そこは親子。
 長時間の駄々っ子交渉で、見事にパパとママを撃沈。

 こうして、我が家にもファミコンがやってきたわけです。
 
 
 ところで、その抱き合わせ販売。
 我が家の近所にあったおもちゃ屋さんがですね、ものすごい勢いでやっていましてね。

 ファミコンが登場するまえは、普通の小さなおもちゃ屋さんだったんです。
 ですが、ファミコンの抱き合わせ販売で相当儲けたのでしょうかね。
 いつのまにか、お店のショーウィンドウにはおもちゃなど飾られなくなり、抱き合わせ内容を書いたポップで埋め尽くされていったんです。
 ショーウィンドウだけじゃなく、入り口のドアも外壁も看板も、目に映るありとあらゆるところがポップまみれになっていました。

 ファミコンからスーパーファミコンに移行してもそれは続き、次世代機であるプレイステーション時代になっても、なおも続きます。
 そのうちに今度は、遊戯王などをはじめとしたカードゲームの、レアカードの中古を、新品の梱包されたカードと抱き合わせて販売。
 これはかなり売れたみたいで、土日はお店の前に列ができたりしていました。
 
 けっこう売れていたのでしょうが、小さな小売店ではいくら抱き合わせを駆使しても、デフレの激安戦線には太刀打ちできなかったのでしょうかね。
 いつの間にか閉店しておりました。


 本日の「しのぶが思うハードボイルド」
 
 体力だけじゃなく話術も大事。口からデマカセも武器のうち。

 以上でございます。


 それではまた、酒井しのぶでございました。

拍手[7回]

PR
【酒井しのぶの作品はこちら】
本格ハードボイルド長編小説 

一話読みきり短編作品集 

通話形式の超ショートショート集 

【ランキングに参加中】
作品を気にいっていただけたらランキングのクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ツイッターでこのブログをつぶやけます。
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
Re:酒井家のファミコン戦線
瓶拾いって涙ぐましいですねぇ
とても同年代とは思えません(笑)

きっとご両親は瓶拾いを知っていたんでしょうね!
そんな娘の姿を見たら、買っちゃいますよ!
たぶん。。。

自分はどうやって買ってもらったんだろう?
って考えながら読んでましたけど、結局思い出せませんでした~
こちくん URL 2010/02/08(Mon)18:09:29 編集
こちくんさんへ
 こんにちは。
 
 当然、両親は知っていました。
 知っていたと言うか、これ見よがしに拾ってきて、集めた瓶を玄関にためていましたからね。(。-∀-)ニヒ♪
 
 わたくしずっと、こうやって生きてきたんですね。(ろくでなしですね。笑)
酒井しのぶ 2010/02/09 12:14
Re:酒井家のファミコン戦線
昔はおもちゃ屋、熱かったですね。
店の前通るだけでテンション上がりました。

私はファミコン買ってもらえませんでしが
親戚から借りパク状態で使ってましたよ。
Ⅱコンのマイク衝撃的でしたね(笑)
Sportちょっぷ URL 2010/02/08(Mon)20:38:32 編集
Sportちょっぷさんへ
 こんにちは。
 
 ファミコンの頃って、貸し借りが主流でしたからね。わたくしも、自分のファミコンを友達に貸してそれっきりです。(笑)
 
 マイク、バンゲリングベイだっけ? ハドゾンって叫ぶとヘリコプター来るの。(笑)
 ほかにマイクを使って遊んだソフトの記憶がありません。(笑)
 開発者が目指したレベルに、ファミコンが到達できなかったんでしょうね、きっと。
酒井しのぶ 2010/02/09 12:25
Re:酒井家のファミコン戦線
私も小学生の時にファミコンを買ってもらいました(o・ω・o)ノ
だんだん父がファミコンにハマったのを覚えております(笑)

ゲームってやり出すと止まらないですよねー。
最近は全くゲームはやりませんが
やりだしたら寝る時間も惜しんで、ゲームにハマりそうで怖いかも( ´艸`)
OLとまと URL 2010/02/08(Mon)21:23:51 編集
OLとまとさんへ
 こんにちは。
 
 我が家も、父がマージャンゲームを買ってきて、ひたすらやっていました。
 マージャンゲームって一回が長いので、子供に順番が来なくって、父は悪者扱いでしたね。(笑)
 
 ゲームは依存性が高いですからね。わたくし何度も道を踏み外しました。(笑)
酒井しのぶ 2010/02/09 12:30
Re:酒井家のファミコン戦線
すばらしいウワァァ━━━━。゚(゚´Д`゚)゚。━━━━ン!!!
涙なしでは読めませんでした。大変だったんですね・・・。でもファミコンゲットできて良かったですね。

ウチは子供時代はファミコンよりも前の「テレビゲーム」がありました。なんのこたあない「ラケット」という名のカーソルで「ボール」というドッドを打つ単純なヤツでした。

ファミコンは実は大人になってから中古で買ってやりまくりましたね。ソフトも数十本あったと思います。それからスーファミ・・コレは今でもありますね。たま~に懐ゲーやるとオモロイんです。PS3のグラフィックに飽きたとき・・安らぎます。やっぱ私も昭和の人間ですね・゚・(ノ∀`;)・゚・
ジス URL 2010/02/08(Mon)21:51:26 編集
ジスさんへ
 こんにちは。

 いえいえ、それほど涙ぐましい努力ではなかったです。
 どちらかというと、お涙頂戴系の作戦だったわけです。(ひでぇ! 笑)
 
 我が家にはいまだにファミコンもスーパーファミコンもあります。あと、ディスクシステムもありますね。
 たまにダーリンの友達が来て、徹夜で懐ゲーやって盛り上がっていたりします。(笑)
 
 たしかに、安らぎますよね。
 単純さや古臭さだけじゃなく、ゲームを起動することで当時の生活が蘇るんでしょうね。( *´艸`)
酒井しのぶ 2010/02/09 12:35
Re:酒井家のファミコン戦線
就職が決まっていたのに、
『ドラクエ2』にはまって、
卒業試験を蹴った
新潟の同期を思い出しました。
どうしているのだろう。

いまがすべて
クレープにかいた、あの傘の下で
もう一度キスしてジュデムジュテム
♪ ♪ ♪

え、私じゃないですよ。
ちゃんと就職してますよ
狼皮のスイーツマン URL 2010/02/08(Mon)22:01:05 編集
狼皮のスイーツマンさんへ
 こんにちは。
  
 ドラクエ2が就職の頃でしたか。わたくしが中学生のとき、いや小学生だったかな、ドラクエ2は。
 ドラクエ3の発売日が木曜日で、クラスの男子が5人くらい休んでいたのは覚えています。(笑)
 これが原因で、人気新作ソフトの発売日は土日になったんですよ。(ろくでもねぇ。笑)

 ドラクエ2は復活の呪文が長すぎて、何度も泣きました。(笑)
酒井しのぶ 2010/02/09 12:39
Re:酒井家のファミコン戦線
子供ながらによくそこまで
考えましたね~!
その話術をください(笑)
のどが痛くて声がでませんが・・・
ファミコン、うちはどうやって買ってもらったんやろ?
思い出すまでそうとう時間かかりそうやし
何を思い出そうとしていたか思い出せなくなると
思います(爆)
シンディ URL 2010/02/08(Mon)23:12:06 編集
シンディさんへ
 こんにちは。

 口のうまさと同情を買う戦術だけで、これまで生きてまいりましたからね。(笑)
 「人生口先」これわたくしの金言です。(爆)

 最近、昔の思い出を記事にするようになって、けっこう脳みそをフル稼働しております。
 記憶って曖昧で、自分では絶対こうだったって思っていたことでも、ウィキなどで確認すると違っていたりして、腑に落ちないことだらけです。(笑)
酒井しのぶ 2010/02/09 12:43
Re:酒井家のファミコン戦線
こんばんわ ! !
置手紙ありがとうございました。
今晩も応援ポチ ........... ポチ ................. 完了です。
スカット ブログマン 2010/02/09(Tue)00:38:52 編集
スカット ブログマンさんへ
 こんにちは。
 応援ありがとうございます。
 また立ち寄らせていただきますね。よろしくお願いいたします。
酒井しのぶ 2010/02/09 12:44
Re:酒井家のファミコン戦線
こんばんわ。
いつもコメントありがとうございます。昨日も読ませて頂いていたのですが、なんせ、仕事優先にしないと、特に最近はしのぶさんのブログにはまって、仕事時間を短縮していたので、たまには真面目に仕事しないと(私、在宅勤務なので文句を言われる訳じゃないんですけど、結果がパソコンを一目見れば解っちゃう仕組みで)、とやる時はぐわーっとやっちゃうのでブログにしわ寄せが行っちゃうんです。と言い訳をし、今回のお話も可愛い少女時代のしのぶさんを垣間見れて、それも瓶拾いまでの涙ぐましい努力と話術にまた一人、クスクス笑ってそれにおりました。私は産まれ着いての機敏さのなさゆえ、ファミコンは尻込みです。やった記憶もないんです。でもあの指の動きの速さは何なんでしょう?見ているだけで手に汗握る感覚・・・今はもっとゲームが進化して、でも当時の子供が大人になってもやってる姿は物悲しいような・・・漫画やコミックも大人になっても止められないみたいですね。
何故卒業しないの?と言いたいのですが、怖くて言えません。大人には大人の楽しみが沢山あるのに・・・
なんて。明日も、あ、もう今日?も楽しみにしています。
 ありがとうございました。
とこ URL 2010/02/09(Tue)01:20:30 編集
とこさんへ
 こんにちは。

 そうですね、依存性が高いですからね、ゲームも漫画も。
 わたくしは漫画もゲームも卒業しました。今はたまに漫画喫茶に行って、漫画の一気読みをしたりはしますが、自分で買ったりはしなくなりました。
 ゲームも一時期は人生を棒に振るほどにのめり込みました。今はまったくやらなくなっていますが、麻薬と一緒でやらなくなって何年も経つのに、時々無償にゲームしたくなるときがあります。
 
 これはけっこうあれです。
 依存の恐ろしさという観点では、小説を書く際に大いに役立っています。(笑)
 
 とはいえ、いまはもっぱらパソコン依存症でしょうかね。(笑)
 ろくでなしですいません。( *´艸`)
酒井しのぶ 2010/02/09 12:53
Re:酒井家のファミコン戦線
こんばんわ。
今日は少し暖かだったです。

やっぱ昭和は受けるですかね(*^_^*)
だんだんハードボイルドから遠ざかっているようではありますが(^_^;)「体力だけじゃなく話術も大事。口からデマカセも武器のうち。」これは確かにそうですね。
しのぶさんの小さいころからのたくましさがよくわかりました(*^_^*)
ファミコン出てきたとき子供と夢中でやりましたがとても懐かしいですね。
確かに当時のその値段だから高いですよね。
ビン集めまで感心です。
そしてもっと感心はペテンとは言わないですが、うまい話術。
たいしたものです。
ゲーム機が出てから子供たちの遊びの風景も変わったのでしょうね。
是非論は色々あるでしょうけれどとにかくこうなった、必然なのでしょうね。今はさせとかないと思春期にバットでぶんなぐられる確率も大きいので親もたいていやらせているのでしょうね。
KOZOU URL 2010/02/09(Tue)02:26:10 編集
KOZOUさんへ
 こんにちは。

 そうです、やらせないとバットで殴られます。(爆)
 冗談はさておき、時代の必然というのは間違いないことだと思います。
 わたくしたちが生きてきた時代と、これからの子たちが生きていく時代は違いますからね。「昔はこうだった」ってのを今の子に押し付けるのは、またちょっと違う気もしますね。
 ただし、便利なものにあふれた時代になっていますし、これからもっともっと便利になって行くのでしょうから、どれを選択し、どれを使うか、それを見極める目が大事になってくるのでしょうね。これからは。
 
 アインシュタインの発明も、誰がどんな目的で使うかで大きな違いを生んだわけですしね。
 自己責任を大きく問われる時代になっているのに、自己責任を放棄する流れになっている矛盾を感じずにはいられませんね。
酒井しのぶ 2010/02/09 13:03
Re:酒井家のファミコン戦線
私も姉ちゃんに利用された口。
姉ちゃんは妹の弱点よく知ってるから
いつも鴨なのよねー。

そんな姉ちゃんも今じゃ改心して
Aki、長女、次女の誕生日には
カードおくってくれるの。
Aki URL 2010/02/09(Tue)02:39:31 編集
Akiさんへ
 こんにちは。
 
 利用されましたか。(笑)
 わたくしも妹を利用し続けまして、今じゃもう妹なしでは生きていけませんね。(爆)
 もっぱら妹のゴマすりをして生きています。( *´艸`)
酒井しのぶ 2010/02/09 13:05
Re:酒井家のファミコン戦線
姉というものはいつも妹を巻き込もうとするんですよね。
妹も素直に言うことを聞いているだけではないんですよね~。
姉である私もよく妹に協力依頼をしました。
5歳年下の妹には読めないような本を一緒に買ったり^^
今は仲良しな妹ですが、「あの時おねえちゃんは…」と今でも言われます。

抱き合わせ販売、今もあるようですよ。
大きなお店でよく見かけます。
ゲーム機と好きなソフト1本という感じですが。
町の小さなおもちゃ屋さんがなくなっていくのは寂しいですね。
りい子☆ URL 2010/02/09(Tue)05:45:15 編集
りい子さんへ
 こんにちは。
 
 読めない本、わたくしもやりましたねぇ。(笑)
 お菓子を買ってもらうときに、わたくしは自分が食べたいのを選び、妹にもわたくしが食べたいのを選ばせ、半分づつ交換して食べようとかよくやりました。(笑)
 しかも結局、半分じゃなくってわたくしのほうが多く食べていたりしました。(ひでぇ! 笑)

 抱き合わせっていまでもあるんですねぇ。
 おもちゃ屋さんに限らず、町の商店街などが廃れてしまうのは、悲しいものがありますよね。
酒井しのぶ 2010/02/09 13:09
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
RSS

Add to Google
このブログをリツイート!
ブログ内検索
最新コメント
[11/13 DSLR-A850]
[09/21 ばたこ]
[05/19 メルマガアフィリとブログアフィリで初心者でも稼ぐ@中野]
[04/27 ゆっきー]
[01/17 凛 七星]

* 管理人が返信したコメントにはメモ帳マークが表示されます。
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
バーコード
携帯電話からの閲覧は↓をバーコードリーダーで写してくださいませね。


忍者ブログ  /  [PR]
 / COPYRIGHT ©  酒井しのぶ ALL RIGHTS RESERVED