QLOOKアクセス解析
青髭 忍者ブログ
妄想/連想/暴走――激走する脳内モルヒネの意想。 変態ハードボイルド小説作家の有相無相――
酒井しのぶの作品紹介
【ファッキン・シスターズ・クライスト】
 酒好きで女好きで自堕落で格好つけの片桐有二は、二十五年まえに体験したレイプ事件のトラウマに悩まされる、ハードボイルドを気取った私立探偵。ある依頼がもとで、変態性癖が巻き起こす事件に首を突っ込むことになってしまう。高飛車で自分勝手なふしだら女の酒井しのぶと共に、事件の真相を探りだすのだが……推理あり、シリアスありの、本格ハードボイルド長編小説。
 

【あいつとの電話】
 ツンデレコンビのしのぶと有二。小説のなかだけじゃなく、普段の会話も超ツンデレ&超下品でちょっぴりエッチ!
 酒井しのぶの小説に登場する二人が織り成す、会話のみの超ショートショート作品集です。一話読みきりなので、お気軽に読んでいただければと思います。
 

【Shinobu to Yuji 短編集】
 長編ファッキン・シスターズ・クライストの外伝的一話読みきり短編作品集。笑い、切ない過去、素直じゃない愛情、そしてお決まりのエッチな会話。しのぶと有二のツンデレコンビは、殺人事件がなくても面白い。
 

 (注: すべての作品がR15指定です。作品の性格上、性描写、暴力描写、差別的発言などが各所に出てきます。不快に思う人は読まないでください)
管理人プロフィール
酒井しのぶのプロフィールは↓からどうぞ。
My Profile by iddy

Google Profileはこちら

酒井しのぶへのご意見、ご要望、ご感想など、記事コメント意外の内容は↓へお願いいたします。
おきてがみ

mixi(ミクシィ)やってます!
ランキング
お気に召しましたらクリックしてくださいませ。
にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン   
メールフォーム
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ。
*返信が必要な場合は、返信先アドレスを入力の上、その旨お書きくださいませ。
Powered by NINJA TOOLS
インフォメーション

【ボチボチと書き始めています】
 いろいろあり、忙しい毎日を過ごしています。
 書きたい衝動は日に日に増してくるのですが、なかなか時間が作れず、昔のようにすべてを犠牲にして書く勇気もなく、いまは我慢の時期かなと思う今日この頃。
 それでも、書かずにはいられないときもあるので、短いエピソード的なものをチマチマと書いたりしています。
 皆様のところへ訪問する時間はまだなかなか作れませんが、毎日少しづつですが、勉強し精進しているところですので、いましばらくお待ちくださいませ。

【ご連絡】
 記事下部の拍手ボタンを押してくださり、拍手内でコメントくださる方がたくさんいてありがたく思っております。
 拍手内のコメントでは、こちらからの返信ができませんので、返信をご希望の方は記事へのコメントをお願いいたします。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【酒井しのぶの作品はこちら】
本格ハードボイルド長編小説 

一話読みきり短編作品集 

通話形式の超ショートショート集 

【ランキングに参加中】
作品を気にいっていただけたらランキングのクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ツイッターでこのブログをつぶやけます。

 こんばんは、酒井しのぶでございます。

  昨日、いま執筆中の長編小説のプロットがやっと完成したんですよ。(完成するまえから本編を書いているってのもどうかと思いますが……。)
  ところが、保存するのを忘れていたらしく、途中から作り直しになってしまいました。(なんて間抜け!!)
  しかも、完成した喜びで内容をすっかりさっぱり忘れてしまい、また頭を抱えながら考え直すことに。
  なんとか最後まで出来上がったんですが、なんかやっぱり、昨日できたのとは違うものになってますね。

  まぁいいか。(いいのか!!)

  そんなわけでプロットできたし、今まで書いた本編の修正が必要になったけど、あとはもう書いていくだけなので、がんばっちゃいます。


  てことで、今夜もまた本当は恐ろしいグリム童話です。
  今夜は

  はい、青髭ってどんなお話だっただろうか? って思いませんでしたか?

  それもそのはず、この青髭は、グリム童話では初版だけにしか掲載されていないようです。(つまり残虐な内容を修正できなかったってことですね。修正したら、なんにもなくなっちゃうってことですね)

それではまず、一般的な青髭の説明からいたしましょう。
以下、ウィキペディアからのまるまんまコピーです。

ある金持ちの男は、青い髭を生やしたその風貌から「青髭」と呼ばれ、恐れられていた。 青髭はある兄妹の美人の妹に求婚し、その妹と結婚することになった。 あるとき青髭は、新妻に鍵束を渡し、「どこにでも入っていいが、この鍵束の中で金の鍵の 部屋だけは絶対に入ってはいけない」と言いつけて外出していった。 しかし、新妻は「その金の鍵の部屋」を開け、その中にある青髭の先妻の死体を見つけてしまう。 新妻は青髭によって殺害されそうになるが、間一髪で駆けつけた兄二人によって青髭は倒され、新妻は青髭の遺産を手に入れて金持ちになった。

  うんうん、恐ろしいお話ですね。最初からこんな内容だったわけですから、ファンフィクションの本当は恐ろしいグリム童話ではどうなってしまうのでしょうか。

それでは、さっそくお話開始。

序盤はだいたい同じです。ちがうのは兄妹ではなく、三姉妹です。
三女は美人なのに、田舎であまり裕福でない暮らしに、毎日うんざりしていました。そこへ青髭が登場。悪い噂はいろいろ聞いていましたが、お金持ちになれるならと、結婚するんです。
ですが、とってもお金持ちなのに、夢に見ていたような舞踏会もなく、貴族同士のお茶会もなく、青髭は毎日狩りに出かけ、三女は毎日、ひとりぼっち。やってくる商人からは好きなものを買うことを許されていたものの、買ったドレスも宝石も見せる相手がいなくてうんざりしてしまいます。

というわけで、当然のことながら下っ端の騎士と不倫するんですね。

青髭はそれを感じ取ったのか、自分が城にいないときには、三女に貞操帯をつけてしまいます。(いやーん、恐ろしい)
ですが、三女は、商人に合鍵を作らせて貞操帯を外し、不倫は続行

青髭は更なる作戦に出ます。
ある日、青髭は戦争だかなんだかに行くことになり、しばらく家を留守にするわけです。
そのときに、鍵をいくつか三女に渡します。
金庫の鍵だのなんだのと、金品がらみのものばかりで、どの鍵を使ってそれぞれの部屋を見てもかまわないが、最後に渡した黄金の鍵だけは、決して使ってはいけないと言います。

 決して使ってはいけない。

そう言われると使いたくなってしまいますね。
三女はその鍵で地下の一室を空けてしまいます。

そこには、青髭の前妻たちの死体が何体も吊るされていたのです。
それはもう恐ろしい姿ばかり。首が耳から耳まで切り裂かれている死体。胴体が真っ二つの死体。部屋の中はあり得ないほどの血だまりで、恐怖のあまり鍵を血のなかに落としてしまう三女。
どんなに洗っても、どんなに磨いても、その血は落ちません。
それで、青髭に黄金の鍵を使ったことがばれる。

でもこれこそが、青髭の作戦だったのです。

青髭は殺人マニアで、不貞を働く女に、とんでもない憎悪がある男だったのです。
青髭の母は、ふしだら女で、長男だった青髭は父が死んだときに、弟に出生があやふやだとケチをつけられ、相続の問題でもめた過去がありました。その際に、母と弟を殺害し、文句を言う部下は全部殺して、いまの城を手に入れていたわけです。
最初の妻も二番目の妻も、誰もかれもみんな、青髭のガサツで荒っぽいセックスに満足できず、不倫をしてしまう。そんなときに青髭は、母を思いだし、憎悪がみなぎるってわけです。

やっぱりおまえも、ほかの女と同じだったか! ってことになって、殺されそうになる三女。

不倫相手の下っ端騎士がやってきて、青髭を殺し、めでたしめでたし。


ですが、ここでおしまいってことにならないのが、この本当は怖いグリム童話

今度は、三女が殺人鬼に変身
下っ端騎士だった旦那と共謀し、結婚相手を世界各国から募っては、自分の部屋に誘い込んで次々と殺し、地下室に保管していくのです。
下っ端騎士が、もういいかげんにやめようぜと言いだしたもんだから、今度はべつの男と共謀して、下っ端騎士を殺してしまう。

そんな毎日が繰り返されて行くのでした。めでたしめでたし。


 あれ? 

 ぜんぜんめだくありませんね。


でも、ここでおしまいなんですもの。しかたありません(笑)

青髭が愛する女性ばかりを殺してしまうのは、自分の中の女性的な部分に対する否定の現れだと心理学者は判断しているようです。
また、鍵は男根を意味し、黄金の鍵についた血が落ちないのは、鍵(男根)により失った処女が決して再生されないことを意味するそうです。
そんなことも踏まえて、当時の流行りから考えても、黄金の鍵は貞操帯の鍵だったんじゃないかと判断する心理学者も多いそうで、本当は恐ろしいグリム童話での青髭には貞操帯が登場するというわけです。


さて、残すところあと二作品となりました。
明日は、眠り姫

お楽しみに。


それではまた、酒井しのぶでございました。

拍手[8回]

PR
【酒井しのぶの作品はこちら】
本格ハードボイルド長編小説 

一話読みきり短編作品集 

通話形式の超ショートショート集 

【ランキングに参加中】
作品を気にいっていただけたらランキングのクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ツイッターでこのブログをつぶやけます。
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
おはようございます
おはようございます。
今朝もまた寒いです。

青髭、前のと違い変にリアルですね。
外国には殺人鬼が死体を部屋に隠す例は結構あるようで、やはり肉食民族なのでしょうね。
初版のは特に現実にあったような気がしますね。
ファンフィクションはちとくどいようですね。
KOZOU URL 2009/12/18(Fri)04:55:45 編集
KOZOUさん
 こんにちは。
 本当に寒いですね。
 
 おっしゃるとおり、わざとらしさが感じられました。
 もともとがじゅうぶん完成されている話なのでしょうから、仕方ないんでしょうね。
 
 いつも読んでくれてありがとうございます。
酒井しのぶ 2009/12/18(Fri)17:58:59 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
RSS

Add to Google
このブログをリツイート!
ブログ内検索
最新コメント
[11/13 DSLR-A850]
[09/21 ばたこ]
[05/19 メルマガアフィリとブログアフィリで初心者でも稼ぐ@中野]
[04/27 ゆっきー]
[01/17 凛 七星]

* 管理人が返信したコメントにはメモ帳マークが表示されます。
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
バーコード
携帯電話からの閲覧は↓をバーコードリーダーで写してくださいませね。


忍者ブログ  /  [PR]
 / COPYRIGHT ©  酒井しのぶ ALL RIGHTS RESERVED