QLOOKアクセス解析
ミステリーに必要な二つのお話 忍者ブログ
妄想/連想/暴走――激走する脳内モルヒネの意想。 変態ハードボイルド小説作家の有相無相――
酒井しのぶの作品紹介
【ファッキン・シスターズ・クライスト】
 酒好きで女好きで自堕落で格好つけの片桐有二は、二十五年まえに体験したレイプ事件のトラウマに悩まされる、ハードボイルドを気取った私立探偵。ある依頼がもとで、変態性癖が巻き起こす事件に首を突っ込むことになってしまう。高飛車で自分勝手なふしだら女の酒井しのぶと共に、事件の真相を探りだすのだが……推理あり、シリアスありの、本格ハードボイルド長編小説。
 

【あいつとの電話】
 ツンデレコンビのしのぶと有二。小説のなかだけじゃなく、普段の会話も超ツンデレ&超下品でちょっぴりエッチ!
 酒井しのぶの小説に登場する二人が織り成す、会話のみの超ショートショート作品集です。一話読みきりなので、お気軽に読んでいただければと思います。
 

【Shinobu to Yuji 短編集】
 長編ファッキン・シスターズ・クライストの外伝的一話読みきり短編作品集。笑い、切ない過去、素直じゃない愛情、そしてお決まりのエッチな会話。しのぶと有二のツンデレコンビは、殺人事件がなくても面白い。
 

 (注: すべての作品がR15指定です。作品の性格上、性描写、暴力描写、差別的発言などが各所に出てきます。不快に思う人は読まないでください)
管理人プロフィール
酒井しのぶのプロフィールは↓からどうぞ。
My Profile by iddy

Google Profileはこちら

酒井しのぶへのご意見、ご要望、ご感想など、記事コメント意外の内容は↓へお願いいたします。
おきてがみ

mixi(ミクシィ)やってます!
ランキング
お気に召しましたらクリックしてくださいませ。
にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン   
メールフォーム
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ。
*返信が必要な場合は、返信先アドレスを入力の上、その旨お書きくださいませ。
Powered by NINJA TOOLS
インフォメーション

【ボチボチと書き始めています】
 いろいろあり、忙しい毎日を過ごしています。
 書きたい衝動は日に日に増してくるのですが、なかなか時間が作れず、昔のようにすべてを犠牲にして書く勇気もなく、いまは我慢の時期かなと思う今日この頃。
 それでも、書かずにはいられないときもあるので、短いエピソード的なものをチマチマと書いたりしています。
 皆様のところへ訪問する時間はまだなかなか作れませんが、毎日少しづつですが、勉強し精進しているところですので、いましばらくお待ちくださいませ。

【ご連絡】
 記事下部の拍手ボタンを押してくださり、拍手内でコメントくださる方がたくさんいてありがたく思っております。
 拍手内のコメントでは、こちらからの返信ができませんので、返信をご希望の方は記事へのコメントをお願いいたします。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【酒井しのぶの作品はこちら】
本格ハードボイルド長編小説 

一話読みきり短編作品集 

通話形式の超ショートショート集 

【ランキングに参加中】
作品を気にいっていただけたらランキングのクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ツイッターでこのブログをつぶやけます。
 こんにちは、酒井しのぶでございます。

 ニコットタウンのブログ(しのぶのこっちがわ)で、少しだけ触れたのですが、文字数の都合でここに書かせていただきます。(ニコットのブログは文字数制限があるのですよ)


 さて、なにかともうしますとね。
 タイトルのとおりなんでございますよ。(ちゃんと説明しろ!)


 そもそもミステリー小説というのは、事件(たいていの場合は殺人事件)がなければ、お話になりません。
 ですからまず、事件を作り上げなければならないわけです。これが二つのうちの一つです。
 この事件を作り上げる作業がとっても大変です。
 たとえば、ファンタジーであれば、世界設定などとっても大変な作業でしょう。ですが、一度作り上げれば、それをもとにシリーズ連載していけます。ミステリーでは、シリーズ連載であったとしても、毎回かならず事件を作り上げなければなりません。
 これは本当に大変な作業です。

 だいたい、殺人事件というのは、単に加害者が誰で、被害者が誰、などといった単純構造ではないわけです。
 取り巻く人間関係、時代背景、トリック、動機、などなど、たくさんの事柄が複雑に絡み合って構成されていて、はっきり言ってこの事件だけで、作品が一つ作れるんですよ。

 ですが、事件の全貌は小説にはなりません。
実際に小説に書くのは、その事件を解決に導く主人公の行動なわけです。
これが、二つ目のお話ってわけです。

 つまり、ミステリーというのは、事件が発生してくれないと、作品を書けないという仕組みで、書くのは事件が発生したのちのことなわけです。(そうじゃないのもありますが、基本はこのパターンです)
 刑事コロンボのように、事件の概要を最初に見せるという手法もありますが、それでもその事件のすべてが描かれるわけではありません。最初に見せるのは犯人が誰で、トリックが何かと言う程度です。

 どんなジャンルでも同じようなことはあります。
 たとえば、キャラクター設定などは、登場人物の生い立ちも重要ですから、小説に書かれるよりもまえの出来事を作者が把握していなければなりません。
 過去の出来事が、小説の本編に重要な役割をもたらす内容であるならば、その出来事を把握していなければなりません。
 ですが、それはミステリーも同じです。ミステリーはそれらのほかに、事件の全貌を事細かに把握していないと書けないのです。(ミステリー以外でも同じだ!! って声が聞こえた気がします、すいません)


 ミステリー作家が、作品を書くときにすること。
 まずは、主人公とはまったく関係のない事件の全貌を考えます。(主人公が事件に関与している場合などは別ですが)
 そののちに、主人公がその事件に関わり、解決に向かい、事件の全貌を明かしていくストーリーを考えます。
 この二つのお話を考えないとミステリーは成立しないわけです。
 そして、あたりまえですが、作品になるのは、後述した部分だけです。


 わたくしは、とっても不器用で、頭の悪い人間なので(優秀な頭脳がほしい!!)、この作業がとっても苦手。
 思いついたことをポンポンと書いてくのは得意なのですがね。(それは小説とは言わないんですよ。物語っていうんですね。定義上のことですがね)

 それなのに、長編が書きたい衝動に駆られるわけです。(文字数が多いと、本になったときに儲かるからとかそんなこと考えていませんよ! ぜんぜん考えてなんかいませんってば!)

 長編にするには、事件を複雑にしなきゃならないし、派生する別の事件を考えなきゃならないし、とっても大変です。だからと言って、余計な(つまり、事件が解決に向かわない)章を登場させるわけにもいかないのが、ミステリーの辛いところ。
 各章(日本では大きな区切りを章と呼びますが、海外では、各話を章と呼んだりもします。わたくしの作品もそれに習っています)ごとに、かならず事件が解決に向かうためのヒントが盛り込まれていなければ、ミステリー小説とは言えません。(当然、事件が解決に向かっているとは思わせないように書いたりはしますが)

 うん、ミステリーを書くって大変ですね。
 (え? ミステリー以外も大変だって? 知ってますよ、簡単だったらとっくに書いてます。ミステリー以外は書けないわたくしなんですから。)

 そんな酒井しのぶですが、ただいま恋愛小説を書いてみたりしています。(えええぇえ!)

 一応あれです。変態妄想はしない主人公にしているつもりです。(本当かよ……)
 もちろん、卑猥なセックス描写は抜きにして、未成年の読者さまにも胸を張ってお届けできるようにしているつもりです。(疑わしい……)
しかもあれです。ケータイ小説なんですよ。(えええええぇえええぇええ!!!)
 一ページの文字数を五百から六百文字くらいに抑えてあります。(書きすぎて削る作業が大変です)

 ですがまぁ、主人公は大人です。
 不倫ものですからね。(なんという!! じゅうぶん変態妄想ですよ、それ)
 人妻が若い男にのめり込んで堕ちていく話です。(うんうん、変態妄想決定です)

 問題はあれです。どこまで堕ちるのか。
 これの加減を見誤ると、わたくしの得意な変態性癖ドロドロ作品になってしまいそうですね。


 あ、なんか誤解されている人が多そうなので、言っておきますよ。
 わたくし、変態妄想や変態性癖について、あれこれと書いていますが、わたくし自身は変態じゃないですからね。(ええええぇぇえええ!!! 絶対に変態だと思う)

 まぁ、いいんですけどね、なんと思われようとも。
 書きたいことがそれなわけですから、仕方がありません。


 というわけで、近々ケータイ小説(形式がケータイ小説と言うだけで、書いているのはPCですがね)も発表していく予定ですので、よろしくお願いいたします。


 それではまた、酒井しのぶでございました。

拍手[1回]

PR
【酒井しのぶの作品はこちら】
本格ハードボイルド長編小説 

一話読みきり短編作品集 

通話形式の超ショートショート集 

【ランキングに参加中】
作品を気にいっていただけたらランキングのクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ツイッターでこのブログをつぶやけます。
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
こんばんわ
こんばんわ。
こちらうっすらと雪が積もっています。
寒いです。そちら雪はどうですか。

ミステリー難しいですよね。
わたしも長編を書いたことがありますがあれほど頭を絞ったことはないですね。
さすが実作者、作る苦しみがよく出ていると思います。
ミステリーは最も構成、ストーリーによるものでしょうが、当然小説としての基本要求もあるわけで難しいですね。

どうかがんばってください。
KOZOU URL 2009/12/19(Sat)04:03:22 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
RSS

Add to Google
このブログをリツイート!
ブログ内検索
最新コメント
[11/13 DSLR-A850]
[09/21 ばたこ]
[05/19 メルマガアフィリとブログアフィリで初心者でも稼ぐ@中野]
[04/27 ゆっきー]
[01/17 凛 七星]

* 管理人が返信したコメントにはメモ帳マークが表示されます。
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
バーコード
携帯電話からの閲覧は↓をバーコードリーダーで写してくださいませね。


忍者ブログ  /  [PR]
 / COPYRIGHT ©  酒井しのぶ ALL RIGHTS RESERVED