QLOOKアクセス解析
眠り姫 忍者ブログ
妄想/連想/暴走――激走する脳内モルヒネの意想。 変態ハードボイルド小説作家の有相無相――
酒井しのぶの作品紹介
【ファッキン・シスターズ・クライスト】
 酒好きで女好きで自堕落で格好つけの片桐有二は、二十五年まえに体験したレイプ事件のトラウマに悩まされる、ハードボイルドを気取った私立探偵。ある依頼がもとで、変態性癖が巻き起こす事件に首を突っ込むことになってしまう。高飛車で自分勝手なふしだら女の酒井しのぶと共に、事件の真相を探りだすのだが……推理あり、シリアスありの、本格ハードボイルド長編小説。
 

【あいつとの電話】
 ツンデレコンビのしのぶと有二。小説のなかだけじゃなく、普段の会話も超ツンデレ&超下品でちょっぴりエッチ!
 酒井しのぶの小説に登場する二人が織り成す、会話のみの超ショートショート作品集です。一話読みきりなので、お気軽に読んでいただければと思います。
 

【Shinobu to Yuji 短編集】
 長編ファッキン・シスターズ・クライストの外伝的一話読みきり短編作品集。笑い、切ない過去、素直じゃない愛情、そしてお決まりのエッチな会話。しのぶと有二のツンデレコンビは、殺人事件がなくても面白い。
 

 (注: すべての作品がR15指定です。作品の性格上、性描写、暴力描写、差別的発言などが各所に出てきます。不快に思う人は読まないでください)
管理人プロフィール
酒井しのぶのプロフィールは↓からどうぞ。
My Profile by iddy

Google Profileはこちら

酒井しのぶへのご意見、ご要望、ご感想など、記事コメント意外の内容は↓へお願いいたします。
おきてがみ

mixi(ミクシィ)やってます!
ランキング
お気に召しましたらクリックしてくださいませ。
にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン   
メールフォーム
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ。
*返信が必要な場合は、返信先アドレスを入力の上、その旨お書きくださいませ。
Powered by NINJA TOOLS
インフォメーション

【ボチボチと書き始めています】
 いろいろあり、忙しい毎日を過ごしています。
 書きたい衝動は日に日に増してくるのですが、なかなか時間が作れず、昔のようにすべてを犠牲にして書く勇気もなく、いまは我慢の時期かなと思う今日この頃。
 それでも、書かずにはいられないときもあるので、短いエピソード的なものをチマチマと書いたりしています。
 皆様のところへ訪問する時間はまだなかなか作れませんが、毎日少しづつですが、勉強し精進しているところですので、いましばらくお待ちくださいませ。

【ご連絡】
 記事下部の拍手ボタンを押してくださり、拍手内でコメントくださる方がたくさんいてありがたく思っております。
 拍手内のコメントでは、こちらからの返信ができませんので、返信をご希望の方は記事へのコメントをお願いいたします。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【酒井しのぶの作品はこちら】
本格ハードボイルド長編小説 

一話読みきり短編作品集 

通話形式の超ショートショート集 

【ランキングに参加中】
作品を気にいっていただけたらランキングのクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ツイッターでこのブログをつぶやけます。
 こんばんは、酒井しのぶでございます。
 
 
 さて、今夜の本当は恐ろしいグリム童話は……
 眠り姫でございます。
 
 わたくしたちの知っている眠り姫とは、産まれたばかりのお姫様のお祝いの席で、招かれざる悪い占い師が十五歳の時に糸つむで指を刺して、死ぬだろうと予言し、良い魔女がその予言を和らげて、死ぬのではなく、百年の眠りにしてくれる。いばらに囲まれた森の奥深く、百年の眠りについている姫のもとにたどり着いた王子さまが、姫にキスをすると眠りから覚めて、結婚して幸せに暮らしましたとさって感じですよね。
 
 今回の話でポイントになるのは、眠り姫が十五歳の時に百年の眠りにつく原因となる糸つむです。

 糸つむには様々な憶測が飛びかっております。
 糸つむで怪我をして血を流すとは、初潮のことを意味し、初潮を向かえると同時に眠りにつくのではないかとか。
 糸をつむぐのは女の仕事だから、糸つむとは女性の大事な場所の小さな突起のことで、そこをいじっているときに傷つけてしまい、眠りにつくのではないかとか。
 糸つむの形状が男性の性器のようだから、処女を失うと同時に眠りにつくのではないかとか。
 
 もうなんだか、むちゃくちゃな妄想に発展していきます。
 
 それともう一つ、姫は王妃が不倫をしたときにできた子じゃないかという設定がでてくるのですが、これはなんだか取ってつけたような設定であまり魅力的じゃありません。(糸つむの男根設定が魅力的ってわけでもありませんがね)
 
 さてさて、王妃の不倫で産まれた眠り姫。
 当然ですが、王様はそんなことは知りません。十五のときに糸つむで怪我をして百年の眠りにつく運命の姫を守るために、国中の糸つむを燃やしてしまい、糸つむ禁止令を出します。
 さらに糸つむ男根説に影響されて、姫に男性との接触をさせません。
 性教育なんてのは、まったくなく、姫を男として育てることで、男女のまぐわいから遠ざけるわけです。
 
 こうして育てられた姫は、男性に対しての興味はあれど、男女の恥じらいというものがまったくない人間に育ってしまいます。
 十五歳のとき、城のなかの古ぼけた部屋に侵入すると、そこには下っ端の小姓がいました。
 小姓は城の召使の女との密会のために、そこに隠れていたわけですが、男装の姫に欲情して、処女を奪ってしまうわけです。

 かくして百年の眠りについた姫。良い魔女が姫だけを眠らせるのはかわいそうだからと、城すべてを眠りにつかせ、いばらで城を覆い隠しました。
 
 そして、皆さんご存知のとおりに王子さまが現れて、百年の眠りから覚める姫。
 めでたく王子と結婚となるわけですが、そこはあなた、百年の時の差があるわけですよ。
 姫は百年後の時代についていくことができません。王子も姫が時代遅れの女でつまらないと思いはじめ、夫婦生活は冷え冷えとなるわけです。
 
 あるとき、女性が男装をするのが流行りだという話を聞かされる姫。(おそらくは本当にその時代に流行っていたのだと思われます)
 男装をしたことで、百年前の記憶が蘇り、自分は男装をして育ったことを思いだします。
 王子の部屋へいき、王子の服を着て鏡のまえに立つ姫。
 
 とても美しいわけです。(来ました、変態性癖ですよ)

 それを見た王子は興奮して欲情して、姫のことを惚れ直してしまう。
 姫もまた、男装することで、体のなかに熱く燃え上がる興奮を覚える。
 
 二人は激しく愛し合い、幸せに変態性癖を満喫する人生となりましたとさ、おしまい。


 とまぁ、そんな感じです。
 
 
 ぜんぜん恐ろしくないですね。
 
 
恐ろしくないどころか、無駄に性欲をかき立てようとしているふうで、あまり面白くありませんでした。
 
 ただまぁ、男装が流行った事実などを盛り込んでいたりするあたりは、ちゃんと時代背景を考えていますし、性にまつわるあれこれを禁止したりなんてのも、実際に十九世紀のイギリスではあったようですから、そういった背景をしっかり利用しているとう点では、よくできた作品なのかな。
 
 ちなみに、十九世紀のある時期のイギリスでは、「おっぱい」とか言ったら死刑だったそうな。(嘘です。死刑は大げさです。でも逮捕はされたそうです)
 「おっぱい」どころか「乳房」もだめで、「胸」さえもだめだったそうです。
 
 じゃあなんて言えばいいの?

 
 「ふところ」だそうです。

 
 よく、昔の家具って足のところに布がかぶせてあったりしますよね。ベルベットふうな布とかで。
 あれも、「足」が性を表すとして、禁止されていたからだそうです。しゃべるときも、「足」ではなく、「手足」とぼやかして言わねばならなかったそうです。
 
 なんともまぁ不便ですね。


 そういえば、わたくしが中学生のころ、どこぞの学校の校則に「ポニーテール禁止」ってのがありました。(我が校ではありませんでしたが)

 理由はあれですよ。


 「男子生徒が欲情するから」です。
 
 
 あぁアホらしいと思ったそこのあなた!!


 わたくしもそう思います。(笑)


 それではまた、酒井しのぶでございました。

拍手[6回]

PR
【酒井しのぶの作品はこちら】
本格ハードボイルド長編小説 

一話読みきり短編作品集 

通話形式の超ショートショート集 

【ランキングに参加中】
作品を気にいっていただけたらランキングのクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ツイッターでこのブログをつぶやけます。
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
ポニーテールの論理
いってはいけない?
簡単です、のどの下といえばいいではありませんか。

ポニーテール禁止令。誰でしょうね、そのような素敵な理由での禁止令を考えた方って? 校長・教頭? PTA? 生徒会? 密室できめられた掟。個人的にウケました。(爆)まるでかつての永田町の論理に近い。日本って、いつもこの論理で転覆するのですよね。
狼皮のスイーツマン URL 2009/12/19(Sat)02:42:41 編集
無題
こんばんわ。
怖いのからはどんどん遠ざかっていますが、フロイト式色情話は変わらずやっぱ、人間、最後はそこですかね。
昔の人がどれほど建前は抑圧されていたかよくわかりますね。
フロイトもそんな時代背景から生まれたのでしょうね。
おっぱいで逮捕は驚きました。
やっぱキリスト教の建前おきれいはほんとに罪深いですね。
古今東西坊主が一番スケベーなのですけれどね(^_^;)
KOZOU URL 2009/12/19(Sat)04:11:49 編集
無題
こんにちは!
あし@からきました。

童話っておもしろいですね^^
だいたいは初版は子供に見せられない内容だったりw

おもしろかったです。
更新楽しみにしてます^^
解凍みかん 2009/12/19(Sat)08:24:15 編集
スイーツマンさん
 おっしゃるとおりですねぇ。
 あたしの頃は、男の子は坊主頭って決まっている学校とかもいっぱいありました。
 ちなみに、ポニーテールのどこに欲情するか尋ねたところ、うなじだという答えが返ってきたそうです。
酒井しのぶ 2009/12/19(Sat)11:56:59 編集
KOZOUさん
 けっきょくは抑圧に対するストレスのあらわれなんでしょうかね。
 数々の過激な性交方法など、すべてそういった環境から産まれたようなものですからねぇ。(具体的には書けませんが 笑)
 
酒井しのぶ 2009/12/19(Sat)12:01:34 編集
解凍みかんさん
 書き込みありがとうございます。
 ここでははじめましてですね(*´ω` )ノ
 
 大人向けの文学を子供向けに書き換えて出版したりっていうのはよくあることですが、今回紹介しているこの本はその逆のような感じでしょうかね。
 童話っていうのは、民話や神話、伝承などから生まれたものですから、大人向けにすれば当然当時の世相を反映することになるので、このようなことになるのでしょう。
酒井しのぶ 2009/12/19(Sat)12:05:52 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
RSS

Add to Google
このブログをリツイート!
ブログ内検索
最新コメント
[11/13 DSLR-A850]
[09/21 ばたこ]
[05/19 メルマガアフィリとブログアフィリで初心者でも稼ぐ@中野]
[04/27 ゆっきー]
[01/17 凛 七星]

* 管理人が返信したコメントにはメモ帳マークが表示されます。
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
バーコード
携帯電話からの閲覧は↓をバーコードリーダーで写してくださいませね。


忍者ブログ  /  [PR]
 / COPYRIGHT ©  酒井しのぶ ALL RIGHTS RESERVED