QLOOKアクセス解析
小説の選び方 その一 忍者ブログ
妄想/連想/暴走――激走する脳内モルヒネの意想。 変態ハードボイルド小説作家の有相無相――
酒井しのぶの作品紹介
【ファッキン・シスターズ・クライスト】
 酒好きで女好きで自堕落で格好つけの片桐有二は、二十五年まえに体験したレイプ事件のトラウマに悩まされる、ハードボイルドを気取った私立探偵。ある依頼がもとで、変態性癖が巻き起こす事件に首を突っ込むことになってしまう。高飛車で自分勝手なふしだら女の酒井しのぶと共に、事件の真相を探りだすのだが……推理あり、シリアスありの、本格ハードボイルド長編小説。
 

【あいつとの電話】
 ツンデレコンビのしのぶと有二。小説のなかだけじゃなく、普段の会話も超ツンデレ&超下品でちょっぴりエッチ!
 酒井しのぶの小説に登場する二人が織り成す、会話のみの超ショートショート作品集です。一話読みきりなので、お気軽に読んでいただければと思います。
 

【Shinobu to Yuji 短編集】
 長編ファッキン・シスターズ・クライストの外伝的一話読みきり短編作品集。笑い、切ない過去、素直じゃない愛情、そしてお決まりのエッチな会話。しのぶと有二のツンデレコンビは、殺人事件がなくても面白い。
 

 (注: すべての作品がR15指定です。作品の性格上、性描写、暴力描写、差別的発言などが各所に出てきます。不快に思う人は読まないでください)
管理人プロフィール
酒井しのぶのプロフィールは↓からどうぞ。
My Profile by iddy

Google Profileはこちら

酒井しのぶへのご意見、ご要望、ご感想など、記事コメント意外の内容は↓へお願いいたします。
おきてがみ

mixi(ミクシィ)やってます!
ランキング
お気に召しましたらクリックしてくださいませ。
にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン   
メールフォーム
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ。
*返信が必要な場合は、返信先アドレスを入力の上、その旨お書きくださいませ。
Powered by NINJA TOOLS
インフォメーション

【ボチボチと書き始めています】
 いろいろあり、忙しい毎日を過ごしています。
 書きたい衝動は日に日に増してくるのですが、なかなか時間が作れず、昔のようにすべてを犠牲にして書く勇気もなく、いまは我慢の時期かなと思う今日この頃。
 それでも、書かずにはいられないときもあるので、短いエピソード的なものをチマチマと書いたりしています。
 皆様のところへ訪問する時間はまだなかなか作れませんが、毎日少しづつですが、勉強し精進しているところですので、いましばらくお待ちくださいませ。

【ご連絡】
 記事下部の拍手ボタンを押してくださり、拍手内でコメントくださる方がたくさんいてありがたく思っております。
 拍手内のコメントでは、こちらからの返信ができませんので、返信をご希望の方は記事へのコメントをお願いいたします。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【酒井しのぶの作品はこちら】
本格ハードボイルド長編小説 

一話読みきり短編作品集 

通話形式の超ショートショート集 

【ランキングに参加中】
作品を気にいっていただけたらランキングのクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ツイッターでこのブログをつぶやけます。
 こんばんは、酒井しのぶでございます。


 小説というのは、〝ぱっと見〟で買うのが難しいです。音楽CDなどは、最近じゃ試聴できたりするのがあたりまえですが、小説はねぇ……パラパラとめくってみたところで、得られる情報なんてたかがしれていますしね。

 小説を買うにしても、図書館などで借りるにしても、〝読もうと思う規準〟ってありますよね。
 この基準って個々で違うでしょうが、自分なりに理由があったりしませんか?

 わたくしが小説を買う(借りる)ときの基準は、おおむね以下のとおりです。

 その一、タイトルが格好良い。
 その二、表紙絵が格好良い。
 その三、分厚い。
 その四、一人称、もしくは変則三人称。
 その五、勘。

 だいたいこんな感じでしょうかね。あ、ミステリーってところは、基本中の基本なので、省きました。
 たぶんぜんぶを説明していると、とっても長くなるので、今回はその一の説明にしましょうか。


 そんなわけで、小説を選ぶ基準その一。

 ミステリー小説と呼ばれるジャンルでは、殺人事件を取り扱うせいか、ネガティブなイメージのタイトルが多いです。直接的でなくても、〝夜〟とか〝闇〟とか〝死〟とか〝血〟などという言葉がキーワード的にタイトルに埋め込まれていたりしますね。
 わたくしが読むのはアメリカンミステリーばかりですが、原題と邦題で、まったく違ったりするものも多く、なんかもうこじつけ的にこういった単語を埋め込んでいたりするものもございます。
 この手のタイトルのつけかたというのは、一九二〇年代頃からの推理小説黄金期に確立された手法のようで、日本語以外の原題でも、こういったキーワードが埋め込まれたタイトルが多いです。この手法は万国共通で有効とされていたのでしょう。
 ですが、わたくしはどうも好きになれません。
 わたくしが格好いいと思うタイトルとは……ズバリ! カタカナです。(なんじゃそりゃ!?)
 アメリカンミステリーばかりを読んでいるわけですから、原題をそのまま邦題にすれば、当然カタカナになります。そして、日本人ですから(英語なんてよくわかりませんから)カタカナのタイトルを読んでも、深い意味合いなど感じ取れません。むしろそれがいいんですね。
 つまり、〝意味より響き〟です。
 たとえば、敬愛して止まないジェイムズ・エルロイ様の作品ですと、「アメリカン・タブロイド」なんてのがあります。〝アメリカン〟はもちろん、〝タブロイド〟ってステキな響きじゃないの!! って思っちゃいます。タブロイドというのは、日本で言うと、某スポーツ新聞などのような、通常の新聞よりもサイズが小さい新聞のことで、記事は主にゴシップばかりです。つまり、意味としては、〝アメリカ合衆国のゴシップ〟って感じでしょうかね。
 でも、意味なんかどうでもいいんですよ。カタカナが羅列されていて、響きが尖っていればそれでいいんです。
 カタカナ以外でも〝おや!?〟っと思うタイトルはいっぱいありますが、それを選ぶ際には、作者の傾向的なイメージとの合わせ技で決めることが多いです。
 たとえば、やはりジェイムズ・エルロイ様。(なんかもう、エルロイ様の紹介コーナーみたいですね。笑)「獣どもの街」というシリーズ短編を収録した作品があります。これなんかは、エルロイ様が〝低俗な街の裏側〟を 描く作家であることを知っていれば、タイトルから得られる妄想は無限大です。〝獣〟っていうのが、性と暴力の両面を表していることなど、エルロイ様の作品を知っていれば、すぐにわかります。〝獣〟というのはつまり、〝くそったれな人間〟って意味なんだなと、すぐにわかるわけです。(笑)
 さらに言えば、収録されている短編、三作品のタイトルが「ハリウッドのファック小屋」「押し込み強姦魔」「ジャングルタウンのジハード」と、かなり過激。もうゾクゾクしちゃいますね。(笑)

 そんな感じでわたくし、タイトルはカタカナが好きで、カタカナの持つ〝響き〟が好きで、それによって買う作品を選んでおります。
 それはもう、ミッシェルガンエレファントの曲のタイトルのように、意味なんかどうでもいい、響きだよ、インスピレーションだよ、ってな世界で選んでいます。

 不思議なもので、この選び方で失敗したなと思ったことはほとんどありません。言葉の持つ響きのイメージが、意味と大きくかけ離れてはいないってことでしょうかね。

 よく、名前とその人のイメージが合致しているなぁって、思うことありませんか。
 〝リン〟ってつく名前なら、漢字はちがったとしても〝燐〟としたイメージになって、〝レイ〟ってつく名前なら、〝麗〟ってイメージになり、そしてそのイメージが、その人を象徴していたりすることって多いですよね。

 小説のタイトルに響きを求めるのも、そんなイメージの膨らましかたなのかもしれません。そういう意味では、わたくしが最初に好きじゃないと言った、〝夜〟とか〝血〟とかってタイトルのつけかたも、間違ってはいないのでしょうね。その文字の持つ〝イメージ〟が、その小説を象徴しているのでしょうから。

 今回はこのへんで終わりましょうか。

 それでは本日の「しのぶの思うハードボイルド」

 ルールを破るのは、自分のルールを守るため。

 以上。


 それではまた、酒井しのぶでございました。

拍手[3回]

PR
【酒井しのぶの作品はこちら】
本格ハードボイルド長編小説 

一話読みきり短編作品集 

通話形式の超ショートショート集 

【ランキングに参加中】
作品を気にいっていただけたらランキングのクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ツイッターでこのブログをつぶやけます。
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
Re:小説の選び方 その一
こんばんわ。
寒いです。

たしかにタイトルは大事ですよね。
わたしもそれに引かれること多いですね。
すべてを含めてカンですかね。
前評判とか書評も参考にはしますけれど。
エルロイ様の3作品いかにもしのぶ様好みですね(*^_^*)
「ルールを破るのは、自分のルールを守るため」これはしびれます。
KOZOU URL 2010/01/07(Thu)19:27:58 編集
KOZOUさんへ
 こんばんは。

 ジェイムズ・エルロイ作品は、基本的に「世の中すべてが狂ってる」って姿勢で書かれていますからね。当然タイトルもひと味違ってきます。(笑)
 
 マフィアとかもそうですが、自分たちの秩序のなかで生きていますからね。一般世間のルールよりも、自分のルール優先なんです。(笑)
酒井しのぶ 2010/01/07 21:06
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
RSS

Add to Google
このブログをリツイート!
ブログ内検索
最新コメント
[11/13 DSLR-A850]
[09/21 ばたこ]
[05/19 メルマガアフィリとブログアフィリで初心者でも稼ぐ@中野]
[04/27 ゆっきー]
[01/17 凛 七星]

* 管理人が返信したコメントにはメモ帳マークが表示されます。
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
バーコード
携帯電話からの閲覧は↓をバーコードリーダーで写してくださいませね。


忍者ブログ  /  [PR]
 / COPYRIGHT ©  酒井しのぶ ALL RIGHTS RESERVED