QLOOKアクセス解析
小説の選び方 その二 忍者ブログ
妄想/連想/暴走――激走する脳内モルヒネの意想。 変態ハードボイルド小説作家の有相無相――
酒井しのぶの作品紹介
【ファッキン・シスターズ・クライスト】
 酒好きで女好きで自堕落で格好つけの片桐有二は、二十五年まえに体験したレイプ事件のトラウマに悩まされる、ハードボイルドを気取った私立探偵。ある依頼がもとで、変態性癖が巻き起こす事件に首を突っ込むことになってしまう。高飛車で自分勝手なふしだら女の酒井しのぶと共に、事件の真相を探りだすのだが……推理あり、シリアスありの、本格ハードボイルド長編小説。
 

【あいつとの電話】
 ツンデレコンビのしのぶと有二。小説のなかだけじゃなく、普段の会話も超ツンデレ&超下品でちょっぴりエッチ!
 酒井しのぶの小説に登場する二人が織り成す、会話のみの超ショートショート作品集です。一話読みきりなので、お気軽に読んでいただければと思います。
 

【Shinobu to Yuji 短編集】
 長編ファッキン・シスターズ・クライストの外伝的一話読みきり短編作品集。笑い、切ない過去、素直じゃない愛情、そしてお決まりのエッチな会話。しのぶと有二のツンデレコンビは、殺人事件がなくても面白い。
 

 (注: すべての作品がR15指定です。作品の性格上、性描写、暴力描写、差別的発言などが各所に出てきます。不快に思う人は読まないでください)
管理人プロフィール
酒井しのぶのプロフィールは↓からどうぞ。
My Profile by iddy

Google Profileはこちら

酒井しのぶへのご意見、ご要望、ご感想など、記事コメント意外の内容は↓へお願いいたします。
おきてがみ

mixi(ミクシィ)やってます!
ランキング
お気に召しましたらクリックしてくださいませ。
にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン   
メールフォーム
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ。
*返信が必要な場合は、返信先アドレスを入力の上、その旨お書きくださいませ。
Powered by NINJA TOOLS
インフォメーション

【ボチボチと書き始めています】
 いろいろあり、忙しい毎日を過ごしています。
 書きたい衝動は日に日に増してくるのですが、なかなか時間が作れず、昔のようにすべてを犠牲にして書く勇気もなく、いまは我慢の時期かなと思う今日この頃。
 それでも、書かずにはいられないときもあるので、短いエピソード的なものをチマチマと書いたりしています。
 皆様のところへ訪問する時間はまだなかなか作れませんが、毎日少しづつですが、勉強し精進しているところですので、いましばらくお待ちくださいませ。

【ご連絡】
 記事下部の拍手ボタンを押してくださり、拍手内でコメントくださる方がたくさんいてありがたく思っております。
 拍手内のコメントでは、こちらからの返信ができませんので、返信をご希望の方は記事へのコメントをお願いいたします。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【酒井しのぶの作品はこちら】
本格ハードボイルド長編小説 

一話読みきり短編作品集 

通話形式の超ショートショート集 

【ランキングに参加中】
作品を気にいっていただけたらランキングのクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ツイッターでこのブログをつぶやけます。
 こんばんは、酒井しのぶでございます。

 
 さて、昨日に引き続きまして、しのぶの小説の選び方です。
 本日は「その二、表紙絵で選ぶ」でございますね。
 
 これもはっきり言って、インスピレーションですね。かっこいいと思える表紙絵を選ぶってだけです。
 CDで言うところの〝ジャケ買い〟ってやつですね。
 
 わたくしの場合、基本的に登場人物と思われる〝顔〟が書かれている表紙絵の作品は買いません。イメージが定着してしまい、想像力が減少しますからね。とはいえ、最近の小説はヤング文庫にも負けない勢いで、漫画家さんが書いたカバー絵が多いです。ああそうか、だから最近の小説をぜんぜん読まないんですね、わたくしは。(笑)
 実際のところ、それらのポップなカバー絵というのは、売り上げがものすごく良いのでしょう。小説なんて売れてなんぼですからね。だいたいカバー絵というのは、変わったりしますしね。映画化されたら映画の絵になるし、ドラマ化されたらドラマの役者さんの絵になるし、アニメ化すればアニメーションになります。そんなもんですね、カバー絵なんてのは。

 ですがやはり、表紙絵から連想するイメージが、その作品を面白くするのは間違いありません。
 ミステリーですと、湖畔もの多いですよね。湖の表紙絵はいろんなバリエーションでよく目にします。そのどれもこれもが、レイモンド・チャンドラーの「湖中の女」に見えてしまうわたくしです。(笑)
 やはり、クライム・ノベルが好きなわたくしといたしましては、カーチェイスっぽい表紙絵とか、重火器の表紙絵、弾痕だらけの壁の絵とか、あとはハリウッドとかロサンゼルスあたりのダークタウンの絵なんかだと、ゾクゾクしちゃいますね。
 
 音楽だと、ロックとかパンク、ロカビリーあたりが大好きなわたくしですから、小説でもやはり、尖がっている絵にそそられてしまいます。
 昨日お話しした、タイトルはカタカナが好きっていうのと合わせて、尖ったイメージの表紙絵だと、間違いなく買うと思います。(笑)
 

 皆さんはどんな表紙絵が好きですか?
 
 小説の表紙絵もそうですが、PCの壁紙とかも、似たような趣味がでますよね。
 わたくしは、あまり自然とかの風景は好きじゃありません。都会の夜景とかが好きですね。あとは壁紙だったら、アニメとか、模様系だったら原色とのはっきりした色のが多いかも。

 
 そんなわけで、本日の「しのぶが思うハードボイルド」
 
 実はけっこうタフじゃない。

 以上です。


 それではまた、酒井しのぶでございました。

拍手[2回]

PR
【酒井しのぶの作品はこちら】
本格ハードボイルド長編小説 

一話読みきり短編作品集 

通話形式の超ショートショート集 

【ランキングに参加中】
作品を気にいっていただけたらランキングのクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ツイッターでこのブログをつぶやけます。
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
Re:小説の選び方 その二
おはようございます。
今朝も冷えます。
タイトルと確かに表紙絵もポイントですね。
書かれていますように今のは華やか。文庫本は見まがうばかりですね。
あくまで文章が勝負でしょうが、確かに出版社売れてなんぼ、文学なぞ糞くらえ、よくわかります。
人工物は嫌悪が先立つところはありますね、ヒマラヤなどもっともハードボイルドだと思っています。
KOZOU URL 2010/01/09(Sat)08:42:41 編集
KOZOUさんへ
 こんにちは。
 いつも丁寧なコメントありがとうございます。
 ヒマラヤがハードボイルド、たしかにその通りだと思います。
 人工物は虚構ですからね。派手で強そうで、でも〝脆い〟んです。〝儚い〟のとはちがうかな。〝脆い〟ってところがわたくしは好きなのかもしれません。ハードボイルドには、タフな仮面の奥にそんな脆さがあると感じていますから。(笑)
酒井しのぶ 2010/01/09 10:56
Re:小説の選び方 その二
ビルの谷間をさすらう探偵もヒマラヤを目指す登山家も、アホ殿もしのぶさん書かれていたようにおのれの決断を後悔せず覚悟を持って生ききる、みなハードボイルドですね(*^_^*)
KOZOU URL 2010/01/10(Sun)12:25:11 編集
KOZOUさんへ
 どんなに小さなことでも、自分に責任と覚悟を背負う。そしてもう一つ、レッテルという十字架も背負い、さらしものになる覚悟もする。これこそハードボイルドではないでしょうか。
 アホ殿、本当にすばらしいお人だったのだと思いました。写真の顔がすべてを物語っていますね。自分の生き様に覚悟ができている人の顔です、あれは。ステキです。(笑)
酒井しのぶ 2010/01/10 13:49
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
RSS

Add to Google
このブログをリツイート!
ブログ内検索
最新コメント
[11/13 DSLR-A850]
[09/21 ばたこ]
[05/19 メルマガアフィリとブログアフィリで初心者でも稼ぐ@中野]
[04/27 ゆっきー]
[01/17 凛 七星]

* 管理人が返信したコメントにはメモ帳マークが表示されます。
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
バーコード
携帯電話からの閲覧は↓をバーコードリーダーで写してくださいませね。


忍者ブログ  /  [PR]
 / COPYRIGHT ©  酒井しのぶ ALL RIGHTS RESERVED