QLOOKアクセス解析
寅さん的な存在ってありますよね 忍者ブログ
妄想/連想/暴走――激走する脳内モルヒネの意想。 変態ハードボイルド小説作家の有相無相――
酒井しのぶの作品紹介
【ファッキン・シスターズ・クライスト】
 酒好きで女好きで自堕落で格好つけの片桐有二は、二十五年まえに体験したレイプ事件のトラウマに悩まされる、ハードボイルドを気取った私立探偵。ある依頼がもとで、変態性癖が巻き起こす事件に首を突っ込むことになってしまう。高飛車で自分勝手なふしだら女の酒井しのぶと共に、事件の真相を探りだすのだが……推理あり、シリアスありの、本格ハードボイルド長編小説。
 

【あいつとの電話】
 ツンデレコンビのしのぶと有二。小説のなかだけじゃなく、普段の会話も超ツンデレ&超下品でちょっぴりエッチ!
 酒井しのぶの小説に登場する二人が織り成す、会話のみの超ショートショート作品集です。一話読みきりなので、お気軽に読んでいただければと思います。
 

【Shinobu to Yuji 短編集】
 長編ファッキン・シスターズ・クライストの外伝的一話読みきり短編作品集。笑い、切ない過去、素直じゃない愛情、そしてお決まりのエッチな会話。しのぶと有二のツンデレコンビは、殺人事件がなくても面白い。
 

 (注: すべての作品がR15指定です。作品の性格上、性描写、暴力描写、差別的発言などが各所に出てきます。不快に思う人は読まないでください)
管理人プロフィール
酒井しのぶのプロフィールは↓からどうぞ。
My Profile by iddy

Google Profileはこちら

酒井しのぶへのご意見、ご要望、ご感想など、記事コメント意外の内容は↓へお願いいたします。
おきてがみ

mixi(ミクシィ)やってます!
ランキング
お気に召しましたらクリックしてくださいませ。
にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン   
メールフォーム
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ。
*返信が必要な場合は、返信先アドレスを入力の上、その旨お書きくださいませ。
Powered by NINJA TOOLS
インフォメーション

【ボチボチと書き始めています】
 いろいろあり、忙しい毎日を過ごしています。
 書きたい衝動は日に日に増してくるのですが、なかなか時間が作れず、昔のようにすべてを犠牲にして書く勇気もなく、いまは我慢の時期かなと思う今日この頃。
 それでも、書かずにはいられないときもあるので、短いエピソード的なものをチマチマと書いたりしています。
 皆様のところへ訪問する時間はまだなかなか作れませんが、毎日少しづつですが、勉強し精進しているところですので、いましばらくお待ちくださいませ。

【ご連絡】
 記事下部の拍手ボタンを押してくださり、拍手内でコメントくださる方がたくさんいてありがたく思っております。
 拍手内のコメントでは、こちらからの返信ができませんので、返信をご希望の方は記事へのコメントをお願いいたします。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【酒井しのぶの作品はこちら】
本格ハードボイルド長編小説 

一話読みきり短編作品集 

通話形式の超ショートショート集 

【ランキングに参加中】
作品を気にいっていただけたらランキングのクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ツイッターでこのブログをつぶやけます。
 こんばんは、酒井しのぶでございます。

 私立探偵小説が好きなわたくしは、私立探偵小説に特有のシリーズものをよく読みます。(私立探偵小説以外でも、探偵小説、推理小説はシリーズものが多いですけどね)

 代表格(わたくし的なね)としてはやはり、レイモンド・チャンドラーの作品でしょうか。

 フィリップ・マーロウが主人公の作品は、たしか九作くらいありましたね。(十作だっけか?)

 レイモンド・チャンドラーは、書いた作品のほとんどがフィリップ・マーロウが主人公のもので、別の主人公が登場する作品をマーロウが主人公に書き換えたりしたものまであったりするくらい、マーロウ=チャンドラーみたいな図式が成立しちゃっています。

 これはあれですよね。
 車寅次郎=渥美清ってのと一緒ですよね。

 わたくし、チャンドラーが書いたマーロウ以外の作品を読んでも、ついついマーロウを頭に描いてしまいますし、マーロウを頭のなかに描ききれないと、途中で読むのがつまらなくなって、本を閉じてしまったりします。

 それくらいにチャンドラー=マーロウの図式が、わたくしのなかでは成立してしまっているってことなのですが、いままさに、わたくし自身にそれがのしかかってきています。


 先日から、ニコットタウンのブログ「しのぶのこっちがわ」(なんて安易な命名でしょう)にて、恋愛小説を書きはじめたんですがね。(ニコットタウンのブログはログインユーザーにしか見れない設定になっているので、小説サークルの方々に批評していただくのを目的にテスト投稿しています。サークルの方々の批評を踏まえて修正したものを、こちらのブログに掲載して行く予定です)

 そもそも恋愛小説なんてものは、わたくしの歴史上、まったく触れることがなかったジャンルなんですよ。

 わたくし、小説を書きだしたのは何年もまえになるのですが、作品として発表したのはついこのあいだで、その作品「ファッキン・シスターズ・クライスト」を書いたのだって、つい最近なわけです。
 じゃあ、それまではなにを書いていたのかと言えばですね、ファッキン・シスターズ・クライストの主要登場人物たちの生い立ちを長々と書き綴っていたわけです。(発表するものじゃない作品とも言えない設定的なものを何年も書き綴っていたわけですね、バカですね)

 ですから、ファッキン・シスターズ・クライストの主要登場人物のセリフや行動なら、どんな場面でもすぐに頭に浮かぶんです。(浮かぶのは設定のある場面でのセリフや行動であって、設定そのものはすぐには浮かびません。不便な脳みそなんです)

 今回書いている恋愛小説は、わたくしにとって、まったくあたらしい登場人物を相手に書いていかなければならず、はっきり言ってとっても怖いです。

 そもそもわたくしの作品の書き方というのはですね、設定(プロット)をまず作り、それに合わせて登場人物に自由に行動してもらうという書き方なんです。頭の中では、登場人物の性格は完璧に出来上がっていますので(ファッキン・シスターズ・クライストの登場人物たちに限定ですが)、彼らはわたくしの頭のなかで自由に行動してくれます。わたくしは、彼らがプロットからはみ出さないように、適度に監視していればいいだけで、あとは彼らが行動したことを、わたくしなりの表現で文字にすればいいわけです。

 ところが今回の新たな挑戦とも言える、恋愛小説。
 これは本当に苦戦中です。
 これを書くにあたって、わたくしは自分に制約を作りました。

 その一、ケータイ小説にする。(文字数、改行の仕方など、ケータイ小説らしくするという意味で)

 その二、プロットを作らない。(あらかじめレールを引いた上で、登場人物を操らない)

 その三、これまでに作りだした登場人物の性格に頼らない。(過去の作品の主要人物と似ている人物を登場させない)


 この三つです。

 特に大変なのが、三つ目ですね。恋愛とは、男女のやり取りで、恋愛小説なら、その男女のやり取りが主体になります。
 これまで書いてきたファッキン・シスターズ・クライストでも、ヒーローとヒロインの二人の恋愛模様をたくさん描いているわけで、この二人のやり取りからはバッサリと離れて作品を書いていくという、制約。

 これは本当に辛い。

 二人の性格に依存しない作品を書こうと頑張るわけですが、どうしても二人のやり取りが頭のなかにでてきてしまうんですね。
 二人とは違う人物を描こうとしているのに、どこかに二人の影が出てしまう。
 出ていないかもしれないのに、出ているんじゃないかという恐怖が、作品チェックを長引かせる。

 うん、怖いです。

 酒井しのぶの作品は、どれもすべて同じ主役の作品に見えるなって言われるんじゃないかという恐怖です。


 たぶん、渥美清さんだって、こんな恐怖と戦っていたんじゃないだろうか。


 わたくしのようなヘタレ作家が、あのような偉大なお方と同じ境地に立っているかのような考えは、大きな間違いなのかもしれませんが、恋愛小説の新話を考えて苦戦している最中に、ふとそんなことを思ったりしたので、ブログに書いて見たわけです。


 はい、ただそれだけでした。どうもすいません。


 それではまた、酒井しのぶでございました。

拍手[0回]

PR
【酒井しのぶの作品はこちら】
本格ハードボイルド長編小説 

一話読みきり短編作品集 

通話形式の超ショートショート集 

【ランキングに参加中】
作品を気にいっていただけたらランキングのクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ツイッターでこのブログをつぶやけます。
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
無題
米ありがとうございます^^
シャンクス 2009/12/21(Mon)21:23:18 編集
無題
もうチョイ詳しく教えてください><
馬鹿ですいません><
白髪のシャンクス 2009/12/21(Mon)21:43:40 編集
こんばんわ
こんばんわ。

作品をつくられる苦しみがよく出ていますね。
わたしも長編いくつか書いたことがありますが本当に四苦八苦でした。
確かに人物をしっかりイメージしていれば勝手に動き出しむしろ制御に困ることもありますね。
どうかがんばってください。

わたしも前はチャンドラーよく読みました。
いいですねー。
しのぶさんはもっとハードなのが好きなのかなーと思っていましたが嬉しいです。
KOZOU URL 2009/12/21(Mon)23:36:40 編集
白髪のシャンクスさん
 こんばんは。コメントありがとうございます。
 詳しくとは、さっきのタグのことですか? うーん……そちらのブログにお返事しますね。
酒井しのぶ 2009/12/21(Mon)23:55:32 編集
KOZOUさん
 こんばんは。
 ハードなのはもちろん好きですが(笑)
 なんと言うか、人間を変に美化しない作品が好きなんです。
 主人公を格好よく描こうとするあまり、恐怖や恐れや恥や、いろいろな格好悪いことを隠して美化する作品は好きになれないし、人間らしい生々しさが表現できていない作品は好きじゃないんです。(自分の作品にそれだけの力量があるとは思えませんが 笑)

 チャンドラーの作品は、どこまでも人間臭いところが大好きです。

酒井しのぶ 2009/12/22(Tue)00:00:57 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
RSS

Add to Google
このブログをリツイート!
ブログ内検索
最新コメント
[11/13 DSLR-A850]
[09/21 ばたこ]
[05/19 メルマガアフィリとブログアフィリで初心者でも稼ぐ@中野]
[04/27 ゆっきー]
[01/17 凛 七星]

* 管理人が返信したコメントにはメモ帳マークが表示されます。
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
バーコード
携帯電話からの閲覧は↓をバーコードリーダーで写してくださいませね。


忍者ブログ  /  [PR]
 / COPYRIGHT ©  酒井しのぶ ALL RIGHTS RESERVED