QLOOKアクセス解析
面白い教育番組 忍者ブログ
妄想/連想/暴走――激走する脳内モルヒネの意想。 変態ハードボイルド小説作家の有相無相――
酒井しのぶの作品紹介
【ファッキン・シスターズ・クライスト】
 酒好きで女好きで自堕落で格好つけの片桐有二は、二十五年まえに体験したレイプ事件のトラウマに悩まされる、ハードボイルドを気取った私立探偵。ある依頼がもとで、変態性癖が巻き起こす事件に首を突っ込むことになってしまう。高飛車で自分勝手なふしだら女の酒井しのぶと共に、事件の真相を探りだすのだが……推理あり、シリアスありの、本格ハードボイルド長編小説。
 

【あいつとの電話】
 ツンデレコンビのしのぶと有二。小説のなかだけじゃなく、普段の会話も超ツンデレ&超下品でちょっぴりエッチ!
 酒井しのぶの小説に登場する二人が織り成す、会話のみの超ショートショート作品集です。一話読みきりなので、お気軽に読んでいただければと思います。
 

【Shinobu to Yuji 短編集】
 長編ファッキン・シスターズ・クライストの外伝的一話読みきり短編作品集。笑い、切ない過去、素直じゃない愛情、そしてお決まりのエッチな会話。しのぶと有二のツンデレコンビは、殺人事件がなくても面白い。
 

 (注: すべての作品がR15指定です。作品の性格上、性描写、暴力描写、差別的発言などが各所に出てきます。不快に思う人は読まないでください)
管理人プロフィール
酒井しのぶのプロフィールは↓からどうぞ。
My Profile by iddy

Google Profileはこちら

酒井しのぶへのご意見、ご要望、ご感想など、記事コメント意外の内容は↓へお願いいたします。
おきてがみ

mixi(ミクシィ)やってます!
ランキング
お気に召しましたらクリックしてくださいませ。
にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン   
メールフォーム
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ。
*返信が必要な場合は、返信先アドレスを入力の上、その旨お書きくださいませ。
Powered by NINJA TOOLS
インフォメーション

【ボチボチと書き始めています】
 いろいろあり、忙しい毎日を過ごしています。
 書きたい衝動は日に日に増してくるのですが、なかなか時間が作れず、昔のようにすべてを犠牲にして書く勇気もなく、いまは我慢の時期かなと思う今日この頃。
 それでも、書かずにはいられないときもあるので、短いエピソード的なものをチマチマと書いたりしています。
 皆様のところへ訪問する時間はまだなかなか作れませんが、毎日少しづつですが、勉強し精進しているところですので、いましばらくお待ちくださいませ。

【ご連絡】
 記事下部の拍手ボタンを押してくださり、拍手内でコメントくださる方がたくさんいてありがたく思っております。
 拍手内のコメントでは、こちらからの返信ができませんので、返信をご希望の方は記事へのコメントをお願いいたします。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【酒井しのぶの作品はこちら】
本格ハードボイルド長編小説 

一話読みきり短編作品集 

通話形式の超ショートショート集 

【ランキングに参加中】
作品を気にいっていただけたらランキングのクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ツイッターでこのブログをつぶやけます。
 こんにちは、酒井しのぶでございます。
 
 
 先日、栗コーダーカルテットとかについてちょっと触れた記事を書きました。
 UAが歌っている曲などもアップした記事でしたね。
 その記事はこちら → 栗コーダー・カルテット


 実はわたくし、NHKの教育番組がけっこう好きなんですよ。(教育に縁がなさそうなのにね。笑)

 
 子どもの頃に見ていた教育番組といえば、筆頭にあがるのはやはり『できるかな』でしょうかね。



 ノッポさんの容姿は忘れることができませんよね。
 だって背が高い、チューリップハット、モジャモジャ頭、サスペンダー、そしてパンタロン。
 
 ノッポさんて、ヒッピーなのねと小学校高学年のころに自覚したわたくしです。(笑)

 ていうか、ノッポさんてしゃべらないし、ゴン太くんは「フンゴォフンゴォ」しか言わないし、ナレーターのお姉さんがいなきゃ番組として成立しませんね。(爆)


 ゴン太くんのあの声は、クイーカという打楽器の音なんです。

 

 見た目はドラムのようですが、皮は片側にしか張られていません。(もちろんそういうドラムもあります)
 で、その皮の内側に棒のようなものがくっついているのがわかると思います。
 ドラムのなかに手を入れて、その棒を握り擦ることで、あのゴン太くんの声がでるんですね。

 つまり、打楽器ですが叩かない楽器ってことです。(笑)

 糸電話の糸を擦ると「グググググ~」って音が出ますよね。原理はまったく一緒です。棒を擦ることで皮に振動が伝わり、ドラムの空洞部分で反響して大きな音になるわけです。糸電話でもゴン太くんの声を出すことは可能なので、お子さんと一緒に作ってみても面白いかもしれませんよ。


 紙コップの底に、小さな穴を開けて楊枝を短く折ったものを結んだタコ糸を通します。

 見た目には、紙コップの底からタコ糸が垂れている感じになれば完成です。
 あとは紙コップを片手で握って、タコ糸をちょっと水で濡らしてから指で上から下に擦ってみましょう。「ブブーン」って音がでるはずです。
 上手くなればゴン太くんになります。ヘタクソじゃゴン太くんになりません。
 できるかなの紹介なので、工作の話題を提供するわたくしってさすがですね。(ああ、自分で言っちゃったよ。笑)
 
 余談ですが、日本の管弦楽や吹奏楽をやっている人たちのあいだでは、このクイーカは『ゴン太くん』という通称でまかり通っています。(え? わたくしのいた楽団だけ!? 笑)


 ほかになにを見ていたかと言えば、『いちにのさんすう』も見ていました。(算数嫌いでしたがね。笑)
 
 タップだっけ、主人公の白いおばけ。「タップラトーン!」って現れるんですよね。
 いちにのさんすうは、主人公が何度か変わっていますが、わたくしが見ていたのはタップのバージョンです。


 ほかに記憶にあるのは『はたらくおじさん』でしょうかね。

「はたらくおじさん~ はたらくおじさん~ こ~んにちは!」って歌でしたね。(文字じゃわからないか。笑)
 ペロくんだっけ、ペロちゃんだっけ。これもやっぱり人形でしたよね。
 この番組は、いろんな工場の様子が見れて、大好きでした。物ができていく過程を見るのって楽しいですよね。
 たぶんいま見ても、食い入ってしまうと思います。(笑)


 そうそう、『おーい!はに丸』のお姉さんが脱いだとかってゴシップ雑誌で取り上げられたことがあって、たしか当時、中学生くらいだったと思うけど、男子が盛り上がっていたのを憶えています。男って本当に単純なことで大喜びできて幸せですね。(爆)




 なんで学校に行っているはずの時間にやっている番組を見ていたのかなぁと、ちょっと考えてみたら、夏休みとかに見ていたのよね、きっと。(い、いえ……絶対そうよ! ズ、ズル休みなんてしていないんだから! 笑)


 そんなわたくし。
 大人になってからも教育番組は大好きです。
 最近はあまり面白いものに出会いませんが、いくつか印象的なのはあります。


 そんななかで、わたくしが大絶賛する教育番組を二つだけご紹介しましょうかね。

 まず一つ目は『ハッチポッチステーション』



 これはグッチ裕三がやっていた音楽番組です。ウィキペディアにすごいことが書いてあるので抜粋しますね。
日本のテレビ放送の歴史に於いて、最高視聴率を獲得した子供番組である。しかし、内容的には大人でも十分に楽しめる、あるいは、大人の方がより楽しめるギャグやコントが多数使われている。NHKの海外向け放送を通じて、世界50か国で放送された。2003年、第11回スポニチ文化芸術大賞優秀賞受賞作品。

 すごいですねぇ。最高視聴率とかって驚きです。
 ジャーニー(写真右の人形)の声が林家正蔵(当時はこぶ平)で、とっても面白かったんですよね。
 あと、ギャグが大人向けで、絶対子どもにはわからないだろうって内容のものばかりだったし、グッチ裕三が歌う替え歌が洋楽ばかりで、しかも世代がやっぱり大人向けって言う、ぜんぜん子どもを意識していない番組のように思われがちなんですが、わたくしそんなことないと思うんですよね。

 グッチ裕三本人が、日本のセサミストリートにしたいって言っていたのですが、セサミストリートといえば日本でも人気のアメリカ産着ぐるみ人形番組です。(ハッチポッチステーションはパペット人形番組でジャンルは若干違うのよ。と、うんちく。笑)
 当然、子供向けなわけで、歌や笑いを通じて言葉の勉強をする番組ですね。
 
 ですが、このセサミストリートも子供向けだからと言って、内容が幼稚かと言えばぜんぜんそんなことないし、子どもの歌ばかりかと言えば、ぜんぜんそんなことありません。

 アルファベットの『B』を学ぶ回のときに、B・B・キングが出てきて歌っちゃったりしますからね、あの番組は。
 日本で言ったら、北島三郎が子供向け番組でひらがなの『き』を学ぶ回に登場して歌っちゃうようなもんですね。

 このブログを読んでくださる人たちは、お子さんがいる人が多いと思うのでわかってらっしゃると思いますが、子どもというのは大人の興味に準じて興味を抱く生き物です。
 大人が楽しく見れる番組から吸収する情報というのは、とても多いんですね。

 そういう意味でも、ハッチポッチステーションはとっても良くできた番組だったと思います。
 笑いの観点でも、林家正蔵がいる以上、ろくでもないことはできませんし、くだらないギャグ1つとっても、質が低いってことはなかったと思います。
 くだらない=質が低いってことじゃないってことですね。同じギャグでも提供する側の質が内容を変化させるってことだと思います。
 落語のトップクラスにいる林家正蔵の笑いと、日本のコミックバンドの頂点にいるグッチ裕三の笑いですから、会社の冴えない上司が言ってそうなオヤジギャグでも、彼らが使えば質が上がるって思うわけです。
 質の良いものを提供するという意味では、教育番組として成立していますね。


 さて、番組中に歌う替え歌のほとんどは、日本の童謡と有名な洋楽とをミックスさせたものになっています。
 たとえばこんなね。



 笑いが止まりません。(え? わたくしだけだって? 笑)
 名前がKISSじゃなく、KISSAってところが、いかがわしいパチモンぽくってたまりませんね。(笑)
 毎回いろんなアーティストをパクるわけですが、このパチモンっぽい名前も笑いのツボなんですよ。(とても質が高いとは思えないけど。爆)


 あとこんなのもありますよ。





 よくまぁ、思いつきますよね。(笑)
 こんな調子でたくさんの替え歌を披露しているわけですよ。これが教育に良いのかどうかはよくわかりませんがね。(爆)
 楽しく親しみやすいというのは、音楽にとってとてつもなく重要なことですから、教育に良いんだと、わたくしは思っておりますがね。(笑)

 
 ちなみに、マイケルのビート・イットのPVですが、本物は実際のギャングをバックダンサーに使っていたんです。
 ギャングの持つピリピリした空気を再現したくてのことなわけですが、そのためにダンスはけっこう簡単な作りになっていました。
 ですから、グッチ裕三でもちょっと練習すれば踊れるってことですね。(注: 簡単な振り付けでも、マイケルが踊ると質がぜんぜん違います)
 

 そんなわけでハッチポッチステーションは、残念なことに番組改編を繰返せしながら2005年に放送終了となりました。
 実際には、2003年に放送終了して、特番的な位置に移動したのですが、あまりの人気にアンコールとして復活し、2005年に終了となっています。後番組の『クインテット』がクラシックしかやらない音楽番組になっちゃいましたからね。しゃべりで笑いはあるけど、曲では笑えないところが、クインテットの人気の低さでしょうかね。


 ともあれ、ハッチポッチステーションは親世代にウケが良かった番組だったために、当時は親子でテレビを見るという家族も増えていたんじゃないでしょうかね。
 
 偶然か狙いかどうかはわかりませんが『おかあさんといっしょ』で、だんご三兄弟が流行ったり、体操のお兄さんがママたちの人気の的になったりしたことも相まって、教育の根幹である『親子の関わり』という部分が、いい具合に持ちあげられることになったという意味でも、ハッチポッチステーションの存在は大きかったのだと思っています。


 本当はもう1つご紹介する予定でしたが、長くなったので次回にいたしますね。
 

 本日の「しのぶが思うハードボイルド」

 ハッチポッチの後番組『クインテット』のアキラをノッポさんだと思っている人、それ間違いよ。(またハードボイルド関係ないな。笑)

 以上でございます。


 それではまた、酒井しのぶでございました。

拍手[4回]

PR
【酒井しのぶの作品はこちら】
本格ハードボイルド長編小説 

一話読みきり短編作品集 

通話形式の超ショートショート集 

【ランキングに参加中】
作品を気にいっていただけたらランキングのクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ツイッターでこのブログをつぶやけます。
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
こんばんわ
こんばんわ。
まだ寒いですね。

しのぶさんの多方面のうんちくには感心します。
クイーカは全く知らなかったですね。
こんな楽器があるんですね。
原理を聞けばなるほどと思いました。
結構こった楽器ですね。
のっぽさんは懐かしいです。
「男って本当に単純なことで大喜びできて幸せですね」これはまったく同感ですね(^_^;)
『ハッチポッチステーション』は知りませんでした。
確かに子供は圧倒的に親に影響されますね。
その意味では親子で楽しめる教育番組はほんとにいいのでしょうね。
NHKもいいことは結構やっていますね。

しのぶさん、いつも読んでいただきコメント大変ありがとうございます。


KOZOU URL 2010/03/18(Thu)17:55:53 編集
KOZOUさんへ
 こんばんは。こちらこそいつもありがとうございます。

 クイーカはけっこう面白い楽器です。だれでも簡単に演奏できますしね。

 教育番組はやっぱり教育と歌うだけあって、それなりによく出来ている番組ばかりですよ。
 
 男は単純だからこそ、わがままでピーピーわめいてばっかりの女って生き物と一緒にいられるのでしょう。(笑)
 世の中うまく出来ています。(笑)
酒井しのぶ 2010/03/18 21:13
無題
私も教育テレビ 好きで 子供達と 見てましたよ
何故か高校時代のあだ名は ゴンタで
女子の先輩に うわばきに黒マジックで
ゴンタ と 書かれた 思い出もあります

お~いはにまる君の司会者が
みなみとよかずって言うのも
ビックリでしたが
アシスタントの 女性のスカートの長さが
超短いのにも ビックリ
(すみません おやじで。。。)

因みに ハッチポッチステーション
面白くて 大好きでした。。。
てっちゃん 2010/03/18(Thu)18:38:50 編集
てっちゃんさんへ
 こんばんは。

 後輩の男の子をいじりまわす女の子っていましたよねぇ。(え? わたくし? そのとおり。笑)

 はに丸のお姉さんは、相原愛と言いまして、ダンサーですね。現在も振付師として活動してたはずです。たしかにスカート短いですよね。(教育によくない!? 笑)
酒井しのぶ 2010/03/18 21:16
こんばんは。
ゴン太くんは「フンゴォフンゴォ」)(爆)

私も着ぐるみをかぶった事があります。
別に、ショウーとかではありませんよぉ。
会社のキャンペーンでお役を拝命し・・・

子せがれ、いやいや、お子様が突付いたり、o( ̄ー ̄θ★ケリッ!を入れてきたりと・・(▼▼メ)!!

寒空の中、プーサンの中のおっちゃんはと言うと・・・・

ケンケンが思うハードボイルド
プーサン、実は鼻水をたらしている( ̄σ‥、 ̄)ジュルジュル・・・
ケンケン 2010/03/18(Thu)18:49:16 編集
ケンケンさんへ
 こんばんは。

 プーさんの着ぐるみですか。(笑)
 かわいいですねぇ。中身は大人の男性なのにね。(爆)

 鼻水ってことは冬だったのかしら? 真夏じゃなくてまだ良かったのかもしれませんよ。(笑)
酒井しのぶ 2010/03/18 21:17
無題
子供の教育には、
親が面倒臭がらず、手を抜かんと見せる事やと思いますな。
なんぼ美味いカップ麺でも、
手間隙かけた本物のラーメンには勝てませんからね(笑)
よく子供を叱る時に、
子供の目線に立って、子供が理解出来るようにって、
いかにも教育者然とした方がおられるけど、
自分に言わせれば、単純に恐怖感を与えればいいんですよ(笑)
小学生低学年とかの理解力ってどれぐらいやと思ってるんやろ?
「これをやったら滅茶苦茶怒られて怖い」だけでいいと思いますな。
怒られた理由なんか、成長に合わせて理解して行けばいいと思う。

ハッチポッチでクラプトンのLaylaをやってたけど、
グッチはあのリードギターをほんまに弾いてたんやろか?(笑)
けびん URL 2010/03/18(Thu)19:14:24 編集
けびんさんへ
 こんばんは。

 たしかに子どもじゃわからないことも多いですからね。「怒られる=してはいけない」という単純な刷り込みも大事ですよね。
 まぁでも、それは大人に対しても同じことですね。方法は人それでしょうが、大事なのは「子どもを子ども扱いしない」ってことでしょうかね。
 子どもも同じ人間ですし、1つの人格ですからね。
 真剣に怒ってあげれば、そこに理由がなくても伝わるものはあるのでしょう。

 グッチさんはギターはたいして弾けないんじゃないかな?
 レイラのイントロフレーズは、やっていることは単純なんだけど、速いんですよね。あのスピードで弾くのはけっこう練習しないとできないと思います。(わたくしもかなり練習した記憶があります。笑)
酒井しのぶ 2010/03/18 21:22
無題
他の番組は全部知っていましたけど、ハッチポッチステーションは知りませんでした。
子どもは観ていたのかな~?
まったく知りません、残念。

「できるかな」の工作を何度も真似しましたが、絶対に同じようには作れませんでしたね(笑)
こちくん URL 2010/03/18(Thu)20:12:50 編集
こちくんさんへ
 こんばんは。
 
 教育番組と言っても、おかあさんといっしょと同じで朝夕の時間枠でやっていた番組なんですよ、ハッチポッチステーション。
 だから、お子さんがおかあさんといっしょを観ていれば、一緒に観ていたと思いますよ。

 できるかなの工作、真似してやりましたよね。たしかに同じものができたことないかも。(笑)
 さすがノッポさん、工作も職人の技だってことですかね。
 
酒井しのぶ 2010/03/18 21:27
懐かしい~~♪
『ハッチポッチステーション』も『お母さんといっしょ』も『弘道お兄さん』❤も『だんご三兄弟』もまさしく、リアルタイムでした(笑)
ちょうど息子の年代ですね。(今13歳です)
子供よりもママが夢中だったりして(*^m^*)
仮面ライダーのイケメンと同じ現象ですよね。

nonno 2010/03/18(Thu)21:47:07 編集
nonnoさんへ
 こんばんは。

 弘道おにいさんはいまだにキャーキャー言っているママたちがいますね。(笑)
 だんご三兄弟はどこへ消えたのやら。(笑)
 
 女もいい歳になってくるとイケメンに弱くなるってことですねぇ。(笑)
 
酒井しのぶ 2010/03/18 23:36
無題
教育番組面白かったですね。
ハッチポッチステーションは人形の見た目が気に入らなかったのでいまいち好きになれませんでした。

ゴン太くんの声があんな楽器を使って出してたなんて思いもしませんでした。
しかもその音が出せる作り方まで紹介してくれるとはサスガです!
さっそく子供たちと一緒に・・・作りません!
奴らはゴン太くん知らねーし!!
とりあえずゴン太くん、いやさ!ゴン太さんの素晴らしさをこれから徹夜で教えたいと思います。
sportちょっぷ URL 2010/03/18(Thu)21:50:16 編集
Re:無題
 こんばんは。

 姪っ子にゴン太くんの真似してみせたら「なにそれ?」ってしらっと言われてしまったわたくしですよ。(笑)
 ゴン太さんの素晴らしさを徹夜で教えたりすると、奥様に怒られちゃいますよ。「早く子ども寝かせなさいよ!!」って。( *´艸`)

 あ、奥様がそう叫んだときにはちょっぷさんはもう寝てたりするんですね。子どもたちに見守られて。(爆)
酒井しのぶ 2010/03/18 23:39
おはようございます。
しのぶさん、おはようございます。
最近、格調高くなてきていますね(笑)。
教育番組というか、教育テレビやNHK総合は私も好きですね。それも子供の頃はあまり観た覚えがなく、せいぜいセサミストリート止まりでしたが、在宅で深夜に仕事をすることが多かった頃は音楽でも聞きながらと言ういい環境になかったので、つい眠気覚ましにテレビをつけていて、仕事しながら落ち着いて(眼はパソコン、耳はテレビの音)きけたのがNHKでした。グッチ裕三さんの番組はうけまくってましたが。。。子供と一緒に観るのもいいですが、子供に興味を持たせる為に大人が観て勉強するってことも出来て、素晴らしいと思いました。歌のアレンジが最高でしたね。
 教育テレビをつけっぱなしでいると、何かと為になることが自然に頭に入って良かったですね。
 今は夜中仕事は身体を壊すので日中にいてますし、パソコンを変えたので、音楽かけっ放し状態でやっているので、観なくなりました。日曜美術館も最近はご無沙汰です。早くBSが観られるようになって洋画や海外ドラマが見たいこのごろです。話がずれてすみません。私が思うハードボイルド『どうせ観るなら教育番組』でした。
 ありがとうございました。
とこ URL 2010/03/19(Fri)05:28:25 編集
とこさんへ
 こんにちは。

 そうなんですよ、アレンジが冴えていますよね。
 2つの曲を1つにするわけですから、似たコード進行の曲を選ばなきゃならないわけだし、つなぎを考えなきゃならないわけですが、どれもよく考えられています。
 
 NHKって落ち着いて見ることができますよね。
 民放はやかましい番組が多いんです。なんていうか、内容が薄くてもテンションだけでひっぱていこうとしているところがあるんですよね。
 なにか他のことをしながら見ていると、そういう側面をよくわかっちゃってしらけちゃいます。(笑)
酒井しのぶ 2010/03/19 14:28
こんにちは
『ハッチポッチステーション』大好きでしたよ。
グッチ裕三、そういえばお笑い芸人ではなくて歌手だった!という事を思い出した番組です。
林家正蔵のかすれた声が面白かったですね~。
「わ~い毛虫だ」歌いましたよ^^
義理の妹の子供がグッチ裕三をみて「パパ!」と叫んでいたことがおかしくて、義理の妹の旦那さんをみるとグッチ裕三を思い出す、というきっかけ作りをしてくれた番組でもあります。

はたらくおじさんの歌ももちろん歌えますし、できるかなも歌えますよ♪
のっぽさん、最近、新聞に出たりしているんですよね~。あんなに何も話さなかったのっぽさんがこんなにきちんと意見を述べてる~!とびっくりしています。

りい子☆ URL 2010/03/19(Fri)09:33:34 編集
りい子さんへ
 こんにちは。

 最近の人はグッチさんのこと、お笑いもモノマネも知らないで、お料理番組のおじさんくらいにしか思っていないかもしれませんね。(笑)
 でも、歌は格段にうまいんですよね。

 のっぽさん、最近よくしゃべっていますよね。(笑)
 子どもたちへの思いがすごく熱い人だって、わたくしも最近知りました。(笑)
 やっぱり、しゃべってくれなきゃわからないこともいっぱいあるのよ。(爆)
酒井しのぶ 2010/03/19 14:32
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
RSS

Add to Google
このブログをリツイート!
ブログ内検索
最新コメント
[11/13 DSLR-A850]
[09/21 ばたこ]
[05/19 メルマガアフィリとブログアフィリで初心者でも稼ぐ@中野]
[04/27 ゆっきー]
[01/17 凛 七星]

* 管理人が返信したコメントにはメモ帳マークが表示されます。
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
バーコード
携帯電話からの閲覧は↓をバーコードリーダーで写してくださいませね。


忍者ブログ  /  [PR]
 / COPYRIGHT ©  酒井しのぶ ALL RIGHTS RESERVED