QLOOKアクセス解析
カーリング女子はスウェーデンが金メダル  忍者ブログ
妄想/連想/暴走――激走する脳内モルヒネの意想。 変態ハードボイルド小説作家の有相無相――
酒井しのぶの作品紹介
【ファッキン・シスターズ・クライスト】
 酒好きで女好きで自堕落で格好つけの片桐有二は、二十五年まえに体験したレイプ事件のトラウマに悩まされる、ハードボイルドを気取った私立探偵。ある依頼がもとで、変態性癖が巻き起こす事件に首を突っ込むことになってしまう。高飛車で自分勝手なふしだら女の酒井しのぶと共に、事件の真相を探りだすのだが……推理あり、シリアスありの、本格ハードボイルド長編小説。
 

【あいつとの電話】
 ツンデレコンビのしのぶと有二。小説のなかだけじゃなく、普段の会話も超ツンデレ&超下品でちょっぴりエッチ!
 酒井しのぶの小説に登場する二人が織り成す、会話のみの超ショートショート作品集です。一話読みきりなので、お気軽に読んでいただければと思います。
 

【Shinobu to Yuji 短編集】
 長編ファッキン・シスターズ・クライストの外伝的一話読みきり短編作品集。笑い、切ない過去、素直じゃない愛情、そしてお決まりのエッチな会話。しのぶと有二のツンデレコンビは、殺人事件がなくても面白い。
 

 (注: すべての作品がR15指定です。作品の性格上、性描写、暴力描写、差別的発言などが各所に出てきます。不快に思う人は読まないでください)
管理人プロフィール
酒井しのぶのプロフィールは↓からどうぞ。
My Profile by iddy

Google Profileはこちら

酒井しのぶへのご意見、ご要望、ご感想など、記事コメント意外の内容は↓へお願いいたします。
おきてがみ

mixi(ミクシィ)やってます!
ランキング
お気に召しましたらクリックしてくださいませ。
にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン   
メールフォーム
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ。
*返信が必要な場合は、返信先アドレスを入力の上、その旨お書きくださいませ。
Powered by NINJA TOOLS
インフォメーション

【ボチボチと書き始めています】
 いろいろあり、忙しい毎日を過ごしています。
 書きたい衝動は日に日に増してくるのですが、なかなか時間が作れず、昔のようにすべてを犠牲にして書く勇気もなく、いまは我慢の時期かなと思う今日この頃。
 それでも、書かずにはいられないときもあるので、短いエピソード的なものをチマチマと書いたりしています。
 皆様のところへ訪問する時間はまだなかなか作れませんが、毎日少しづつですが、勉強し精進しているところですので、いましばらくお待ちくださいませ。

【ご連絡】
 記事下部の拍手ボタンを押してくださり、拍手内でコメントくださる方がたくさんいてありがたく思っております。
 拍手内のコメントでは、こちらからの返信ができませんので、返信をご希望の方は記事へのコメントをお願いいたします。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【酒井しのぶの作品はこちら】
本格ハードボイルド長編小説 

一話読みきり短編作品集 

通話形式の超ショートショート集 

【ランキングに参加中】
作品を気にいっていただけたらランキングのクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ツイッターでこのブログをつぶやけます。
 こんにちは、酒井しのぶでございます。


 カーリング女子の決勝戦は、スウェーデン対カナダでした。
 スウェーデンは前回のトリノでも金メダルで、大本命。
 第10エンドで1点差でカナダがリードしている状況での、凄いショットで同点に追いついたスウェーデン。
 延長11エンド、後攻カナダが有利な状態で試合は進み、先攻スウェーデンのラストストーンはいまいちなポジションになり、カナダは比較的簡単(彼女たちの技術ならという意味で)なショットで金メダルを手にできる状況だったのですが、やはり金メダルの重圧というやつでしょうか、失敗してしまったんですね。

 
 でもどちらも序盤からすごい攻防でした。
 派手な試合ではなかったけど、なんていうのかな、野球で言えば投手戦って感じなんでしょうかね。
 まぁ当然ですよね。世界の1位と2位が戦っているわけですから、ミスをしたほうの負けなわけで、ミスなんて滅多にないレベルの戦いになっているわけですからね。
 大技が出るような状況なんてそうそうありませんね。
 

 ところで、わたくしは日本がカナダと戦ったときから、カナダを応援していました。
 
 なぜかというとですね。
 カナダのスキップの選手が美人だからです。(爆)

 
 すごいきれいな赤毛で、セクシーな熟女って感じの人なんですよねぇ。
 綺麗に着飾ってお化粧すれば、女優レベルですよ、あれは。

 
 てことでちょっとこの人のこと調べてみました。


 彼女は、シェリル・バーナード、43歳、カーリング歴35年のベテランです。

 美人ですね。笑顔がとっても魅力的な女性です。
 
 このカナダチームのチーム名は「チーム・バーナード」と言うそうです。
 チーム名がすでに彼女の名前なんですね。
 彼女がチームの司令塔でチーム・リーダーで、すべてを支える存在なのでしょう。

 チーム・バーナードは熟女軍団で、一番年上は46歳、今大会最年長になります。
 平均年齢40歳、平均競技歴30年の大ベテランチームです。
 
 オリンピックで勝つよりも難しいと言われているカナダの代表選考会を、6勝1敗で制して出場してきたチーム・バーナードは、クリスタル・ジャパンが生まれるより前からカーリングをしていたことになります。
 日本が負けるのもうなずけますね。(笑)

 とはいえ、このチームはこれまで大きな大会での優勝がありません。
 世界的にはそれほど有名なチームではないのかもしれません。


 さて、シェリル・バーナードですが。

 
 まず名前が素敵ですね。(笑)
 なんかもう、美人になる運命だったような名前です。

 わたくしが彼女のことを素敵だと思ったのは、最初に言ったとおり〝笑顔〟です。
 すごく優しい微笑をしたり、ちょっと悪女ふうなニヤリ顔をしたり、アグレッシブな大笑いをしたりと、どれをとっても魅力満点です。

 スタイルも良いですよね。
 スポーツとはいえ、けっこう太った人がいたりもするカーリングですから、あれだけのスタイルはなかなかほかにいません。
 グラマーで素敵です。
 ていうか、43歳であの体系っていうのはすごいですね。まさか通信販売で有名な補正下着をつけて試合をしているとは思えませんしね。(爆) 

 
 それともう一つ。
 赤毛がとっても綺麗でセクシーってところ。

 綺麗な色ですよね。

 昔の写真を検索してみたのですが、どうやら赤毛じゃないような感じです。染めているのか、それとも染めて赤毛なのか。(写真の色味なのでなんともわかりませんが)
 
 こっちの色も好きですが、いまの色のほうがわたくし好み。(笑)

 
 赤毛というのは、アメリカではセックス・シンボルになっています。
 1940年代、セックス・シンボルとして一世風靡したリタ・ヘイワーズは赤毛でした。
 それをきっかけに、ピンナップ・ガールと呼ばれるポスター女優やモデルたちはみんな赤毛となり、いまではポルノのジャンルにレッド・ヘアーってのが確立されているくらいです。(爆)

 
 赤毛はまた、欧米では不吉の象徴です。
 〝家の中の鳩と赤毛〟の話はまえにもしたっけかな?(していないとしたら、また今度ってことで。笑)
 どちらも不吉の象徴として、忌み嫌われている側面があります。
 
 赤毛といえば、キリストを裏切ったユダが赤毛です。
 おそらくこれが、赤毛が不吉と言われる起因だと思います。(諸説あるのでなんとも言えませんが)
 たしかマグダラのマリア(キリストを愛し、子を身篭ったと噂された売春婦出身の女)も赤毛だった気がします。

 そのせいか、ブロンドは高貴なイメージがあるのに対して、赤毛はアバズレなイメージを払拭できません。

 そんな悪い側面もまた、赤毛の魅力の一つになっているのでしょうね。
 少なくともわたくしは、悪女ふうなイメージのほうが魅力を感じます。
 

 そんなわけで、シェリル・バーナードを観ていても、スポーツをしているのにどうしても色気を感じてしまうわたくし。
 アメリカのゲスなアンダーグラウンドに汚染されています。(笑)


 ああ、なんかあれですね。
 またもや、エッチな検索にひっかかりそうな内容になってますね。(爆)
 

 ともあれ、カーリングは美女が多いです。
 なぜだろう? って思って考えてみました。

 まえにも話したとおり、お化粧バッチリってのもあるのでしょうが、ただたんに顔が見える競技ってのもあると思います。
 冬季オリンピックは、ゴーグルとかヘルメットとかで顔が見えませんし、見えてもモジモジくんみたいな全身タイツ(スピードスケートのスケートのあれね! 笑)から顔だけが出ていたりで、綺麗に映りませんからね。(笑)
 だから、顔が見えているってだけでも、話題になりやすい競技で、顔が記憶に残るから、美人にも目がいくってのがあると思います。
 

 それともう一つ、カーリングならではの綺麗に見える理由を発見したわたくし!
 

 それはなにか。


 カーリングって投石(って言うのかな?)のときに姿勢が低くなって、上目使いになるんですよ。
 当然カメラもその上目使いを正面から撮りますからね。


 写メ撮るときに、顎を引いてちょっと上から撮影すると目がぱっちり大きく撮れて美人顔になるのと同じ原理ですね。(笑)


 スポーツで上目使いの女子を正面から撮れて、しかもそれが瞬間行動じゃないって、ほかにありませんね。
 ビリヤードがやはり低い姿勢で
上目使いのフォームになりますが、正面ショットってなかなかない気がします。ビリヤードの場合、球を打つ位置があちらこちらへ移動しますから、常に正面で撮れないのでしょうが、カーリングは常に同じところで投石するので、正面撮影が多いんでしょうね。


 ともあれ、応援していた熟女軍団、チーム・バーナードが負けてしまったのは残念ですが、素晴らしい試合を見せてくれて感謝しています。
 
 最後の一投、シェリル・バーナードのミスで負けたわけですが、その一投が勝敗をわける状況でしたからね。
 自国開催での重圧を考えれば、仕方のないことかもしれません。
 
 スウェーデンの勝利が決まったあと、チームメイトのところへ向かうシェリル・バーナードの笑顔は、すべてを出し切った清々しいものでした。
 
 間違いなく、彼女の人生で一番の笑顔だったんじゃないかと、そんなことを考えてしまう本当に素敵な笑顔でした。


 わたくし個人としては、解説の小林宏さんに金メダルを贈りたい。(爆)


 本日の「しのぶが思うハードボイルド」

 ママの優しさとアバズレの匂いがする赤毛の女。赤毛に包まれ眠る男。
 
 以上です。


 それではまた、酒井しのぶでございました。

拍手[3回]

PR
【酒井しのぶの作品はこちら】
本格ハードボイルド長編小説 

一話読みきり短編作品集 

通話形式の超ショートショート集 

【ランキングに参加中】
作品を気にいっていただけたらランキングのクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ツイッターでこのブログをつぶやけます。
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
Re:カーリング女子はスウェーデンが金メダル 
こんにちわ。
さすが、素晴らしい観察力ですね。
おっしゃるとおり、野球で言えば投手選。でもそれより、手に汗握る展開で、我が家は固唾を呑んで見入っていました。父曰く、こんなに面白いとは思わなかったと。
シェリル・バーナードさんに目を向けるとは通ですね。
あの上目使い、は確かにビリヤードを思わせます。

赤毛につてはいい事教わったって感じで感謝、感謝です。同姓に惚れられるって、凄くいいことだと思うんですよね。信じられるというか。きっと女性特有のべたべたしたところの無い、人間とそても深みのある方なのでしょうね。私がしのぶさんにべた惚れなのと同じなのかな(笑)

フィギュアとカーリングは、仕事の妨げになりましたが、観てよかったです。

 ありがとうございました。
とこ URL 2010/02/27(Sat)13:56:30 編集
とこさんへ
 こんばんは。
 
 本当に手に汗握る試合でしたよね。
 ショットが成功しても失敗しても、思わずテレビの前で「ああぁ!」って声が出てしまうわたくしでした。(笑)

 わたくしは、自立した雰囲気が漂う女性が好きなんです。
 強い目をした女性を見ると、憧れが溢れでてしまいます。(笑)

 逆に男性は、強がりな甘えん坊が好きです。(爆)
酒井しのぶ 2010/02/27 22:12
Re:カーリング女子はスウェーデンが金メダル 
女が女に惚れた?(爆)
純粋に試合を楽しんでても、
惹かれる人っている時はいますね(笑)
プレースタイルとか雰囲気とかに惹かれる(笑)
自分の場合は女子バレーボールのキャプテン、
荒木絵里香やな(笑)
周囲からゲテモノ好きとかマニアとか言われまくりですが(爆)
鉄腕エリカなんて言われてるけど、
その鉄腕ぶりが、カッコえぇのよ(笑)
自分としては、ああ言う感じの女性が、
「カッコいいオンナ」かな(笑)

決して「萌ぇ~」とか言う、
変態チックなオッサンではありませんので(爆)

それにしてもカーリングは、
日本とトップの国との差が歴然なのは否めませんな(苦笑)
体格差とか影響が少ないようなんで、
そのうち追いつく事に期待は出来ますが(笑)
けびん URL 2010/02/27(Sat)16:21:05 編集
けびんさんへ
 こんばんは。

 女にも惚れることがあるわたくしです。(爆)
 荒木選手ですか。(笑)
 彼女は女子からも好かれるタイプだと思います。
 たしかに美人タイプじゃないけど、容姿とは関係なくぐっとくる色気とかってありますからね。
 それも人それぞれ好みの色気っていうのは違いますしね。

 カーリングのレベルは、もうぜんぜん違いますね。
 日本はぜんぜん足元にも及ばないんだなと、思いました。
 そして、純粋に技術が有るか無いかで勝敗が明白になる競技であると言うところが良いです。(笑)
酒井しのぶ 2010/02/27 22:19
Re:カーリング女子はスウェーデンが金メダル 
カーリングは必死の形相になる場面が少ないのかも知れませんね。
どんな美人でも力いっぱい踏ん張られたらちょっと引きます(笑)

赤毛って忌み嫌われているんですか。
全く知りませんでした。
だから赤毛のアンはあんなに嫌がっていたんですね。
今ごろ気づきました。

夏のオリンピックだと、走り高跳びに美人が多いです。
豆知識?でした~
こちくん URL 2010/02/27(Sat)17:02:35 編集
こちくんさんへ
 こんばんは。
 赤毛のアン、まさにそうですね。彼女が赤毛を嫌う理由はそこらへんのことででしょう。(笑)
 中世の魔女狩りにあった女性の多くが赤毛だったというのも、赤毛が不吉だからと言う事に起因しているそうです。

 走り高跳びは、あんまり大きくないのに、メダル争いをしていた選手が美人でしたねぇ。
酒井しのぶ 2010/02/27 22:26
Re:カーリング女子はスウェーデンが金メダル 
カーリングの選手がなんできれいなのか・・・・そうだったんですか♪上目使い~~~(*^m^*)
なるほど、納得♪
上目使いは、女性にとっての武器の一つ(笑)←今度ブログのネタに使います(爆)
カーリングはこれからますます人気が出るかもしれません。
解説がわかりやすかったですしね♪
そして、ビジュアルも実力も兼ねそえた選手も出てくるでしょう♪楽しみです。

スピードスケートのもじもじくんは、なんかねえ・・(^_^;)
今回のゴールドと黒のユミフォームもちょっと、私的には好きじゃなかったし~なんて言ってもあの紐パンのような
シルエットは引きました(爆)




nonno 2010/02/27(Sat)21:52:35 編集
nonnoさんへ
 こんばんは。
 そうなんですよ、上目使いなんです。(笑)
 それも過激に真剣なまなざしですからね。(爆)
 
 スピードスケートのユニフォームはたしかにちょっとダサダサでしたね。
 色も柄もねぇ……。
 おばさんがバーゲンセールで買ったヒョウ柄のシャツみたいです。(笑)
 それも、ただのヒョウ柄じゃなくって、ヒョウの顔とか書かれちゃってるようなの。(爆)
 
 紐パン疑惑なあれですね?(笑)
 どうせならあそこだけ色変えて目立たせりゃ良かったのに。(爆)
酒井しのぶ 2010/02/27 22:30
Re:カーリング女子はスウェーデンが金メダル 
おはようございます。
赤毛という単語でシャーロックホームズの「赤毛組合」を連想してしまいました。
でも、シェリル・バーナードは、素敵な髪ですね。
笑った時に白い歯が思いっきり見えるこの笑顔、私も大好きです。
カーリングの選手が綺麗に見える理由、納得しました^^
真正面からみるこの角度はますます美人に見えますよね。
カーリングを応援しながら、「綺麗だな~。それに身体も柔らかいな~」と思い、自分も同じポーズをしてみます。かなりキツイです。

小林さん、かなりのご活躍ですよね^^
しのぶさんが金メダルをあげたくなる気持ちがわかります。
りい子☆ URL 2010/02/28(Sun)06:34:07 編集
りい子さんへ 
 おはようございます。
 赤毛組合といえば、赤毛トリックですね。
 フィギアは最後のポーズで上を向いちゃう人が多いので、鼻の穴が際立っちゃいます。(笑)
 小林さんもそうですが、熱い解説をする人、わたくしけっこう好きです。(笑)
酒井しのぶ 2010/02/28 09:51
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
RSS

Add to Google
このブログをリツイート!
ブログ内検索
最新コメント
[11/13 DSLR-A850]
[09/21 ばたこ]
[05/19 メルマガアフィリとブログアフィリで初心者でも稼ぐ@中野]
[04/27 ゆっきー]
[01/17 凛 七星]

* 管理人が返信したコメントにはメモ帳マークが表示されます。
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
バーコード
携帯電話からの閲覧は↓をバーコードリーダーで写してくださいませね。


忍者ブログ  /  [PR]
 / COPYRIGHT ©  酒井しのぶ ALL RIGHTS RESERVED