QLOOKアクセス解析
わたくしのまわりで一世風靡した造語 忍者ブログ
妄想/連想/暴走――激走する脳内モルヒネの意想。 変態ハードボイルド小説作家の有相無相――
酒井しのぶの作品紹介
【ファッキン・シスターズ・クライスト】
 酒好きで女好きで自堕落で格好つけの片桐有二は、二十五年まえに体験したレイプ事件のトラウマに悩まされる、ハードボイルドを気取った私立探偵。ある依頼がもとで、変態性癖が巻き起こす事件に首を突っ込むことになってしまう。高飛車で自分勝手なふしだら女の酒井しのぶと共に、事件の真相を探りだすのだが……推理あり、シリアスありの、本格ハードボイルド長編小説。
 

【あいつとの電話】
 ツンデレコンビのしのぶと有二。小説のなかだけじゃなく、普段の会話も超ツンデレ&超下品でちょっぴりエッチ!
 酒井しのぶの小説に登場する二人が織り成す、会話のみの超ショートショート作品集です。一話読みきりなので、お気軽に読んでいただければと思います。
 

【Shinobu to Yuji 短編集】
 長編ファッキン・シスターズ・クライストの外伝的一話読みきり短編作品集。笑い、切ない過去、素直じゃない愛情、そしてお決まりのエッチな会話。しのぶと有二のツンデレコンビは、殺人事件がなくても面白い。
 

 (注: すべての作品がR15指定です。作品の性格上、性描写、暴力描写、差別的発言などが各所に出てきます。不快に思う人は読まないでください)
管理人プロフィール
酒井しのぶのプロフィールは↓からどうぞ。
My Profile by iddy

Google Profileはこちら

酒井しのぶへのご意見、ご要望、ご感想など、記事コメント意外の内容は↓へお願いいたします。
おきてがみ

mixi(ミクシィ)やってます!
ランキング
お気に召しましたらクリックしてくださいませ。
にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン   
メールフォーム
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ。
*返信が必要な場合は、返信先アドレスを入力の上、その旨お書きくださいませ。
Powered by NINJA TOOLS
インフォメーション

【ボチボチと書き始めています】
 いろいろあり、忙しい毎日を過ごしています。
 書きたい衝動は日に日に増してくるのですが、なかなか時間が作れず、昔のようにすべてを犠牲にして書く勇気もなく、いまは我慢の時期かなと思う今日この頃。
 それでも、書かずにはいられないときもあるので、短いエピソード的なものをチマチマと書いたりしています。
 皆様のところへ訪問する時間はまだなかなか作れませんが、毎日少しづつですが、勉強し精進しているところですので、いましばらくお待ちくださいませ。

【ご連絡】
 記事下部の拍手ボタンを押してくださり、拍手内でコメントくださる方がたくさんいてありがたく思っております。
 拍手内のコメントでは、こちらからの返信ができませんので、返信をご希望の方は記事へのコメントをお願いいたします。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【酒井しのぶの作品はこちら】
本格ハードボイルド長編小説 

一話読みきり短編作品集 

通話形式の超ショートショート集 

【ランキングに参加中】
作品を気にいっていただけたらランキングのクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ツイッターでこのブログをつぶやけます。
 こんばんは、酒井しのぶでございます。


 先日の記事、不良少女は吹奏楽部 学校探索隊編 3にて、わたくしが友人に「お前のブログはジャロってるぞ」と言われた件でですね。

 ジャロを知らない人がけっこういたので、改めてご説明いたしますね。
 

 ジャロとは、JAROと書きます。
 日本広告審査機構のことで、Japan Advertisement Review Organizationの略称がJAROです。

 社団法人で、広告に関連のある企業が主体となって構成されているそうで、広告に対する疑問や苦情を受けて、その広告を審査し、誇大広告や嘘などが発見された場合、その広告主(会社)に注意を促すのが、この団体の役目です。
 ただし、法的処置を行う権限は持っていないので、もしも告訴などをする場合は、消費生活センターに頼るしかなく、JAROに頼ってもなにもできません。


 とまぁ、そんな団体がJAROなわけですが、事務局が東京と大阪にしかないようで、あまり知名度は高くなさそうです。

 わたくしがこのJAROを知っているのは、テレビCMを見たからなわけで、冒頭の「おまえのブログはジャロっているぞ」という友人の言葉の『ジャロっている』と言うのは、このCMが流行ったからであります。

 といっても、CMでは『ジャロっている』などという言葉は登場しません。
 グダグダ話をしても仕方ないので、まずはCMを観てみましょう。



 なんてチープなCMでしょうか。(笑)
 まぁ、わたくしがまだ幼い頃のものですから、仕方ありませんね。

 CMは時代によりいろいろなバージョンがありますが、どのバージョンでも変わらないものがあります。(最近のはまたちょっと違うようですが)

「嘘、大げさ、紛らわしい」

「ジャロってなんジャロ」

 この二つのセリフはどのバージョンのCMでも必ず言われており、CMが放送されていた地域では、流行り言葉になったんです。


 最初の「嘘、大げさ、紛らわしい」=「JARO」と変換され、それを進行形にしたのが「ジャロってる」という造語になったわけですね。

 
 まぁもしかしたら、うちの近所でしか使われていない言葉かもしれませんがね。(爆)


 皆さんもなにか、こんな造語を使ったりしていませんか? 

 わたくしが10代の頃に流行った言葉に、これに当てはまる造語があります。
 まずはこれも動画を観てみましょうかね。

 


 いやぁ、格好良いわぁ……千代の富士!!(もう大好き!)
 この会見を観たときは、ショックでしたねぇ。もう泣きそうでしたよ。(いや、泣いたかも? 笑)


 相撲の引退会見といえば、最近では朝青龍が騒がれました。
 わたくし、朝青龍はけっこう好きだったので、やくみつるってば言い過ぎよ!! とかって思っているほうだったんですけどね。

 これ観ちゃうと、騒がれてもしかたないわって思っちゃいますね。(笑)
 千代の富士の貫禄と風格と品格は、朝青龍とは比べ物にならないわ。


 あら、なんだか話が脱線しましたね。(いつものことですね。笑)

 
 なんだっけ。
 ああ、そうそう、わたくしが10代の頃に流行った造語ね。


「体力の限界!」
 これですよ、これ流行りましたよね。
 
 でもこれは造語じゃないですね。わたくしのまわりで流行ったのは、この「体力の限界!」が、『疲れている』とか『弱っている』とかといった意味になり、それを言葉の象徴である千代の富士に当てはめ、さらに進行形にした造語です。


 ずばり。
「チヨっている」


 これとっても流行りました。(え? もしかしてまた、わたくしの近所でだけ?? 笑)


 もうね、具合が悪い時も「ちょっとチヨっちゃってさぁ」とかね。
 疲れたときも「今日はチヨってるからまた今度ね」とか。
 挙句の果てには、やる気がないときまで「いまチヨってるから無理」とか。


 使いまくりでした。
 あまりに使いまくったせいで、いまでもたまに言っちゃうことがあり、「え? なんだって??」って言われることもよくあります。(笑)


 なんか、こんなこと書いていると、千代の富士をバカにして!! って思う人もいるでしょうが、わたくし千代の富士が大好きなんです。(それは前にも書きましたね。笑)
 

 そんな千代の富士と言えば、やっぱり怒涛の53連勝ですよね!
 てことで今日は53連勝をダイジェストで観て終わりましょうか。
 ダイジェストじゃなく、ちゃんと全部観たいって人はYouTubeで『千代の富士 53連勝』で検索すれば、全試合観れますよ!



 スポーツ音痴なわたくしが思うに、千代の富士は『体を引く』のが上手い気がするんですよね。
 柔道っぽいというか。
 まぁ、相撲も柔道も、もともとは同じ古武術から派生していて、同じ技があったりするくらいですから、似ていて当然ですよね。

 体の小さい千代の富士。
 ほとんどすべての相手が、自分より大きいなかでの53連勝は、まさに『柔よく剛を制す』だったのだと思います。

 
 なんかいまの相撲業界じゃ、これほどの人は現れそうにないなって思ったりもしちゃいますが、がんばってほしいものです。


 本日の「しのぶが思うハードボイルド」

 漢なら言い訳するな!

 以上でございます。


 それではまた、酒井しのぶでございました。

拍手[4回]

PR
【酒井しのぶの作品はこちら】
本格ハードボイルド長編小説 

一話読みきり短編作品集 

通話形式の超ショートショート集 

【ランキングに参加中】
作品を気にいっていただけたらランキングのクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ツイッターでこのブログをつぶやけます。
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
おはようございます
おはようございます。
昨日は暖かでしたがきょうはどうかな。

ジャロっている、ルーツを見せていただきました。やはり見た覚えはないですけれど、まー、ベタな広告(^_^;)
かえって忘れられないかもですね。
千代の富士の引退会見、よく覚えていますね。
ほんとにわたしもほろり。
いわば絶頂期に潔くすぱっと。
まだまだ貴乃花に勝つ機会はあったでしょうけれど。ちなみに貴乃花はデー嫌い、りえちゃんを泣かせた(^_^;)
「チヨっている」は知りませんでした。ギャルにもやはり強烈な印象だったのですね。
貴乃花体のように心にも一切贅肉はなかったのでしょうね。
ほんとに漢です。
今日のハードボイルドも肝に銘じておきまする。
KOZOU URL 2010/04/19(Mon)06:40:51 編集
KOZOUさんへ
 こんにちは。

 千代の富士、格好良かったですよね。
 貴乃花、わたくしもりえちゃんファンですので、好きじゃありませんが、一緒にならなくてかえって良かったかも。(笑)
 
 チヨってるは、わたくしのまわりでしか聞きません。ジャロってるもかな?(笑)
 
酒井しのぶ 2010/04/19 15:00
おはようございます。
しのぶさん、おはようございます。
今日の話題は私には新鮮でした。最近、20代の女の子と話すことが多くなり、解らない言葉使われちゃうかなと思っていましたが、彼女たちは神聖なクリスチャンなので今の若い子が使うような言葉は勿論、造語も使いません。でも心が弱っている時は『千代ッてる』って私が使いたいですね。やっぱり、あの引退会見は泣きましたもん。
KOZOUさんおおっしゃるように、心にも一切贅肉のなかった千代の富士。ああいう相撲を観たいですね。日本の伝統は日本人にもう少し頑張ってもらいたいものです。ジャロってるも流行らせようかな(笑)。若くなった気分です(笑)。
 また楽しみにしてますね。
 ありがとうございました。
とこ URL 2010/04/19(Mon)07:48:59 編集
とこさんへ
 こんにちは。

 千代の富士は強かったですよね。なによりやはり、心が強かったと思います。
 引退会見は、突然だったし、驚きと悲しみが混在していてなんだか良くわからなかったというのが、最初の印象でした。改めて観るとやっぱりとっても悲しいですよね。
 彼のような素晴らしい力士がまた現れてくれればと思いますが、相撲界だけじゃなく、日本そのものが変わっていかないと無理なのかもしれませんね。

 チヨってるってかわいい響きでしょ?(笑)
 ぜひ広めてください。(笑)

 
酒井しのぶ 2010/04/19 15:18
こtんにちは
「ジャロってる」最近はやっていますよ。
うちの家族内で^^
でもあの「嘘、大げさ、紛らわしい」は淡々とした口調だけどインパクトありますよね。

色んな造語ありましたね~。
その時々にワイドショーネタになっちゃう人が造語の対象になっていました。
すっごく古い話だと父が仕事に水玉のネクタイをつけていく時には「海部俊樹ルックだね」と言っていました。
さすがに羽田孜ルックはしていませんでした^^
りい子☆ URL 2010/04/19(Mon)09:09:35 編集
りい子さんへ
 こんにちは。

 流行らしてくれていますか。素晴らしい。(笑)
 水玉ネクタイも流行りましたよねぇ。
 半袖スーツの省エネルックは、さすがに流行りませんでしたね。まぁ、個人の趣味が反映される程度ならまだしも、ファッションの流行は政治じゃ左右できないでしょう。(笑)
 あれが流行ると思った思考がわからん。(爆)
酒井しのぶ 2010/04/19 15:22
こんにちは♪
ジャロのCMのこのバージョン知りませんでした(笑)
もっとお堅いものだったような気がします。
ジャロってる~~♪使えそうですね^m^
造語やら新語っていうのは、なかなかよくできてると思いますよね。
最近、息子に『バグる』っていうのを教えてもらいました(笑)
ゲームをしてて画面がフリーズしちゃうこと?みたいなのですが・・・さっぱり意味わかりません
(;^_^A アセアセ・・・
若い子の新語やら造語についていけない私って・・おばさんなのかしら~~~(-"-;)
nonno 2010/04/19(Mon)13:44:59 編集
nonnoさんへ
 こんにちは。

 バグるっていいますねぇ。使いまくっているかも。(笑)
 『狂った』とか『壊れた』とか『混乱した』など、正常じゃない状況を指摘するときに多用しますね。
 わたくし若い子たちとふれあう機会がめっきり減って、オンライン業界くらいでしかふれあわなくなってきてますが、チャットの影響で全然わからない言葉が増えていて、全くついていけません。
 
 ちなみに、「バグった」と言うのは、わたくしが子供のときからありますよ。
 ハドソンってゲームメーカーがファミコン用に売り出したゲームソフトに「バグってハニー」ってのがありまして、当時ファミコン業界で有名だった高橋名人が所属するメーカーだったこともあり、けっこう流行った言葉です。意味は現在と同じです。(笑)
酒井しのぶ 2010/04/19 15:28
無題
チヨってる、って好きだわ(笑)
最近の子って、うちの子もだけど、
・・・っす。って言うよね。
こんにちはっす!
おはよっす!
あざっす!
ただいまっす!
やるっす!
まあ、あいさつはした方がいいので、
それはほめますが、
っす!をなんでつけるんでしょうね?
照れ隠しなのかな・・
ももぴん URL 2010/04/19(Mon)17:00:30 編集
ももぴんさんへ
 こんばんは。

「◯◯っす」けっこう昔からありましたよ。わたくしが中学の頃にはすでに活用されていました。
 これはあれでしょうね。「押忍」からきているんでしょうね。
 たぶん、部活とかの挨拶で「オッス!」って言っていたのが、そのまま学生の上下関係に使用する敬語となり、そのまま社会に出ても使用され続けているのでしょう。
 わたくしのまわりにもいます、そういう男子。(女子でもたまに。笑)

 あと、わたくしが中学の頃、「◯◯してミソ」って、語尾に「ミソ」つけるの流行ったなぁ。あれはいったいなんだったのか。(笑)
酒井しのぶ 2010/04/19 21:01
ちよってる
家の方では 言いませんでしたが
ちょいと 含み笑いしちゃいました
自分のBlogなんだから
過大評価 OKですよ
その ジャロってるって 言った
お友だち
私に 教えて 下さる?
でこピンしに 伺いますわ(笑)
てっちゃん 2010/04/19(Mon)17:54:53 編集
てっちゃんさんへ
 こんばんは。

 デコピン! 痛いですよねぇ。
 デコピンって、指をOKサインみたいにして、親指で人差し指や中指をはじいて、指先の爪がオデコにあたるのを言うじゃないですか。
 わたくしのまわりでは、この一般的なデコピンではなく、片方の手のひらをオデコに押し当てた状態から、もう片方の手で中指をおもいっきり後ろに引っ張り、離したときの反動で衝撃を与えるものでした。
 普通のデコピンと違って、衝撃がものすごく重いんです。

 ゲームで負けたときのバツとかでデコピンしたりしていましたが、このデコピンがとってもうまい人がいて、わたくしそれをくらって、頭が後ろにのけぞり、転げた経験があります。(爆)
 よく漫画などで、頭をぶつけて星が回ったりしますが、本当に星を見ましたよ。(笑)
 
 あと、シッペも流行ったなぁ。手首がミミズ腫れになり、シッペするほうも指が紫になるほどやりあった記憶がある。(爆)
酒井しのぶ 2010/04/19 21:08
無題
ジャロってるは、使いましたよ。
普通に使っていました。
意味も同じです。
でも、チヨってるは初耳です(笑)

千代の富士、かっこよかったですよね~
父に半ば強制的に相撲を見させられていましたが、千代の富士だけは良かったです。
あと若島津とか寺尾とか。
懐かしいですね!
こちくん URL 2010/04/19(Mon)20:42:02 編集
こちくんさんへ
 こんばんは。

 世代が同じですから、相撲の好みも同じですねぇ。
 千代の富士、若島津、寺尾。みんな格好良かったですよね。
 わたくしも父の影響で強制的に見ていたのがはじまりでした。
 
 チヨってるは使いませんでしたか。おかしいなぁ……。こちくんさんは比較的近いところにいるから使っているかと思ったのに。やっぱりわたくしのまわりだけだったのでしょうね。(笑)
酒井しのぶ 2010/04/19 21:11
無題
造語は使いませんでしたね~
なんのアーティスティック性もなく普通に「ジャロに言うぞ」「体力の限界です」でしたね。

造語とは違いますがうちの母親がひどいんです。
キムタクの事をチミタクとか言ったり・・・
恥かくといけないから「キムタクだよ」って教えても「チミタクでいいんだ。私はこれで行く」みたいな事言い出すし、どうゆう耳&思考回路してるんですかね?
言い間違いがひどいから通訳するのに大変です。
(弟は理解出来ないみたいなので)

あと昨日のコメントのアルコールについて。
無理やり飲ませる人いますよね。
私はやばいぐらい真っ赤になるのであまり勧められません。
若くてかわいい女の子なら吐いてもいいからノッてみますが、酒井しのぶさんみたいなおばさ・・・いや、あの、悪乗りしすぎる人は飲み会で絶対隣に座りたく無いタイプですよね。挙句の果てに無理やり脱がされて「ださー」なんて言われた日にはね。

火星人ばかにする冥王星人は仕返しに脱がされて「マックロクロスケだ!」っていわれりゃ~いいんですよ(笑)

私は言い訳はしませんよ。ただ自虐なだけです!
sportちょっぷ URL 2010/04/19(Mon)21:13:58 編集
Sportちょっぷさんへ
 こんばんは。

 マックロクロスケ!!
 ビール噴き出しました。(爆)

 夢あるジブリ作品が下ネタになるなんて。(笑)
 てことはちょっぷさんのは、さしずめカオナシってところでしょうかね。(あーダッセェ。笑)

 お母様の話、よくわかります。うちの母も似たようなことよくあります。(笑)
 世代の問題ですかね? うちの母はカタカナに弱いです。
 キムタクとかハッキリ発音できませんね。キミュトゥアクって、噛みそうになりながら言ってます。
 
酒井しのぶ 2010/04/19 22:26
無題
相撲を知らない自分でもこれは見ましたね心友の家で。
心友はアメフトをやっていたのですが
同じスポーツ選手として誇りに思える人だと
言っていました。
自分は本当に相撲の事はよく知りませんが
今の相撲界に千代の富士くらいの器の人って
いるんですかね?
風魔 URL 2010/04/19(Mon)23:53:20 編集
風魔さんへ
 こんにちは。

 アメフトもまた、体の大きさがものを言うスポーツですから、千代の富士のように体の小さい人が活躍するというのは、大きな励みにもなりますよね。
 いまの相撲界には……いないでしょうね。(笑)
 若貴ブームが良くも悪くも相撲を変えたんじゃないでしょうか。千代の富士は最後の力士だったということでしょうね。
 弟子の千代大海はかっこいいですけどね。
酒井しのぶ 2010/04/20 13:43
無題
JAROのCMはよく流れてました。『JAROってなんじゃろ?』結局なんなんか調べようともしませんでしたので、またまた勉強になりました(^O^)/

千代の富士はカッコエエですねぇp(^^)q同性からしても惚れてまいそうな!
『チヨってる』は使ったことも聞いたこともないですね。『チドってる』と『キョドってる』はよく言われますが(笑)
シンディ URL 2010/04/20(Tue)07:09:31 編集
シンディさんへ
 こんにちは。

 わたくしも、ブログにするのに調べただけで、それまではよく知らなかったです。言葉だけが一人歩きしてしまう良い(悪い?)例でしょうね。(笑)

 『キョドってる』は知っているけど、『チドってる』ってはじめて聞きました。なんジャロか?(笑)
酒井しのぶ 2010/04/20 13:45
追伸
また、お邪魔します。さっき、『あいつとの電話』の新作読みました。読んでる間中ずっと笑ってて、損な自分がおかしくてまた笑ってしまいました。いつもながら、傑作です!!
 ありがとうございました。
とこ URL 2010/04/20(Tue)10:31:40 編集
とこさんへ
 こんにちは。

 いつも読んでくださりありがとうございます。
 あのシリーズは、なるべく短く、ちょっとした笑いを提供できればと思って書いておりますので、笑ってくれるととっても嬉しいです。
 
 なるべく更新頻度も上げられればなと思っておりますので、よろしくお願いいたします。
酒井しのぶ 2010/04/20 13:47
チドってる
酔っ払って千鳥足になってるってことでーす(´Д`)しょっちゅうでーす☆
シンディ URL 2010/04/21(Wed)12:36:34 編集
シンディさんへ
 こんにちは。

 そうでしたか。(笑)
 チドってる……うーん、わたくしも毎晩チドってるなぁ。(爆)
 わざわざありがとうございます。(*´ω` )ノ
酒井しのぶ 2010/04/21 17:00
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
RSS

Add to Google
このブログをリツイート!
ブログ内検索
最新コメント
[11/13 DSLR-A850]
[09/21 ばたこ]
[05/19 メルマガアフィリとブログアフィリで初心者でも稼ぐ@中野]
[04/27 ゆっきー]
[01/17 凛 七星]

* 管理人が返信したコメントにはメモ帳マークが表示されます。
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
バーコード
携帯電話からの閲覧は↓をバーコードリーダーで写してくださいませね。


忍者ブログ  /  [PR]
 / COPYRIGHT ©  酒井しのぶ ALL RIGHTS RESERVED