QLOOKアクセス解析
あぶない刑事 忍者ブログ
妄想/連想/暴走――激走する脳内モルヒネの意想。 変態ハードボイルド小説作家の有相無相――
酒井しのぶの作品紹介
【ファッキン・シスターズ・クライスト】
 酒好きで女好きで自堕落で格好つけの片桐有二は、二十五年まえに体験したレイプ事件のトラウマに悩まされる、ハードボイルドを気取った私立探偵。ある依頼がもとで、変態性癖が巻き起こす事件に首を突っ込むことになってしまう。高飛車で自分勝手なふしだら女の酒井しのぶと共に、事件の真相を探りだすのだが……推理あり、シリアスありの、本格ハードボイルド長編小説。
 

【あいつとの電話】
 ツンデレコンビのしのぶと有二。小説のなかだけじゃなく、普段の会話も超ツンデレ&超下品でちょっぴりエッチ!
 酒井しのぶの小説に登場する二人が織り成す、会話のみの超ショートショート作品集です。一話読みきりなので、お気軽に読んでいただければと思います。
 

【Shinobu to Yuji 短編集】
 長編ファッキン・シスターズ・クライストの外伝的一話読みきり短編作品集。笑い、切ない過去、素直じゃない愛情、そしてお決まりのエッチな会話。しのぶと有二のツンデレコンビは、殺人事件がなくても面白い。
 

 (注: すべての作品がR15指定です。作品の性格上、性描写、暴力描写、差別的発言などが各所に出てきます。不快に思う人は読まないでください)
管理人プロフィール
酒井しのぶのプロフィールは↓からどうぞ。
My Profile by iddy

Google Profileはこちら

酒井しのぶへのご意見、ご要望、ご感想など、記事コメント意外の内容は↓へお願いいたします。
おきてがみ

mixi(ミクシィ)やってます!
ランキング
お気に召しましたらクリックしてくださいませ。
にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン   
メールフォーム
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ。
*返信が必要な場合は、返信先アドレスを入力の上、その旨お書きくださいませ。
Powered by NINJA TOOLS
インフォメーション

【ボチボチと書き始めています】
 いろいろあり、忙しい毎日を過ごしています。
 書きたい衝動は日に日に増してくるのですが、なかなか時間が作れず、昔のようにすべてを犠牲にして書く勇気もなく、いまは我慢の時期かなと思う今日この頃。
 それでも、書かずにはいられないときもあるので、短いエピソード的なものをチマチマと書いたりしています。
 皆様のところへ訪問する時間はまだなかなか作れませんが、毎日少しづつですが、勉強し精進しているところですので、いましばらくお待ちくださいませ。

【ご連絡】
 記事下部の拍手ボタンを押してくださり、拍手内でコメントくださる方がたくさんいてありがたく思っております。
 拍手内のコメントでは、こちらからの返信ができませんので、返信をご希望の方は記事へのコメントをお願いいたします。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【酒井しのぶの作品はこちら】
本格ハードボイルド長編小説 

一話読みきり短編作品集 

通話形式の超ショートショート集 

【ランキングに参加中】
作品を気にいっていただけたらランキングのクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ツイッターでこのブログをつぶやけます。
 こんばんは、酒井しのぶでございます。


 さて、昨日の続きです。
 あぶない刑事ですよ。

 
 1986年から1年間放送されたあぶな刑事、1988年に半年放送されたもっとあぶない刑事と、その前後、それ以降の映画版を含む大人気刑事ドラマです。

 
 主演は、鷹山敏樹役の舘ひろしと、大下勇次役の柴田恭兵。
 主要人物に、町田透役の中村トオル、そして昨日の話に出てきた浅野温子は真山薫役でしたね。


 あぶない刑事は、その当時大ブレイクしたアメリカの刑事ドラマ、マイアミバイスに刺激されて作られた作品だそうです。
 
 マイアミバイスは文字通りマイアミが舞台で、リゾート感満点で、登場人物も高級感溢れるスタイルになっています。
 
 一方、あぶない刑事は、横浜が舞台、都内が舞台じゃないというところでは、やはりちょっと高級感が出てますし、波止場や倉庫といった舞台も整っています。
 主要登場人物はマイアミバイス同様に、セレブ感満点でしたね。

 
 それまで日本で王道だった刑事ドラマの、太陽にほえろ西部警察とはちょっと違って、お笑い要素が万歳だったり、その後のトレンディードラマの王道にもなる生活感がなくセレブレティーな主人公たち、アクション要素はアメリカの刑事ものっぽく派手だったりと、そりゃあなた人気になっても不思議じゃないわよねってな、作りの作品でしたよね。
 
 
 浅野温子が演じていた真山薫は、少年課の警官なのに、いっつも刑事課に顔を出していて、ユウジとタカとのかけ合いがとっても面白かったです。
 それでいて当初は、けっこう真面目で志のある警察官だったのに、途中からなんだか峰不二子のような破天荒で自由奔放な、本当に警察官か? ってなオンナになっていっちゃうわけですが、それはそれでとっても面白かったです。(笑)

 中村トオルは、ビーバップハイスクールのときも役名がトオルで、今回もまたトオルかよ! って突っ込みをしたくなりましたよね。
 最近の中村トオルは、とっても演技派な俳優さんですが、あぶない刑事の初期の頃は、超ヘタクソな演技で笑わせていただいておりました。(笑)
 
 ていうか、あぶない刑事以降のどんな作品で中村トオルを観ても、トロくって間抜けで、キザったらしで、任務中でもナンパしちゃっていたり、ユウジとタカにおもちゃにされているトオルしかイメージできないのはわたくしだけじゃないと思います。(笑)

 
 作中ではアドリブ満載で、そのせいで設定がめちゃくちゃになっているところもありますが、それはそれで面白かったりします。
 
 オマージュというかなんというかも満載で、トオルの母校が愛徳高校(ビーバップハイスクールの高校)だって話があったり、ユウジがいっつもポッカコーヒー(柴田恭兵がCMしていた)飲んでいたり、リターンズでは薫がチェロ弾ける設定になっていたり(101回目のプロポーズ)、あげたらきりがないほど、ほとんど遊び半分な設定だらけでした。


 押収品を盗んだり、およそ警察の規定外だろうという過激な捜査をしたり、仕事しているのか遊んでいるのかわからなかったりとか、拳銃なんかおまえら何丁持ってんだよ! 言いたくなるほど持っていたり、思いっきりアメリカンナイズされていましたよね。

 そのくせ、毎話タイトルは漢字二文字だったりして、そこがまた渋くて格好良かったですよね。 


 当時、ユウジとタカの真似をする男性は多かったと思います。

 サングラスとか、バカじゃないのってほど流行りましたよね。(笑)
 室内でもなんでもサングラスしていて、日本人って本当に見た目だけの薄っぺらなんだなと思ったものですが、そういうわたくしもサングラスが似合う男にはいまだにメロメロでございます。(爆)


 ほかに流行ったのはタバコと車。
 日産のレパードって、ほとんどあぶない刑事ファンのための車だったんじゃないかと言えるくらいに、乗っている人限定されていた気がします。(笑)
 わたくしはまだ子供だったので、自分では乗れませんでしたが、街中でレパードを見つけると、セクシー大下を思い出して興奮したのを覚えています。(笑)

 タバコはあれよ。
 赤ラークのロングが流行りましたね。これもやっぱりセクシー大下が作中で吸っていたわけですが、たしか舘ひろしがプライベートで吸っているのも赤ラークだった気がします。(違うかもしれません。すいません)

 当時、赤ラークのロングは280円だったと思います。
 なんで覚えているかは突っ込まないでくださいね。(笑)

 あとバイクだ。
 スズキだったかな、たしか。(違ったらすいません)
 ダンディー鷹山がバイクで走りながら発砲するシーンはけっこうありましたよね。
 当時のわたくしは(というか、いまでもそうですが)、バイクと言ったらホンダのCB、ヤマハのカタナ、カワサキのゼファーしか知らず、スズキのバイクはわからないんですけどね。
 友人が免許取ったらスズキに乗ると息巻いていましたから、たぶんスズキだったと思います。
 (注: 記事アップ後にコメントにて、間違いをご指摘いただきました。カタナはスズキが正解だそうです。どうもすいません)

 
 ユウジとタカのせいで、スーツ姿の男子も格好いいってことになったりしていました。
 スーツって言ったら、リクルートスーツみたいのしか思い浮かばない時代(でもないか。笑)に、あれだけエレガントなスーツを着こなしていたわけですからね。
 格好良すぎますよね。
 ユウジはいつも派手なネクタイしていて、エキゾチックなイメージ。
 タカはシックでクールなイメージでした。
 タカ派かユウジ派かで、女子はキャーキャーと騒いでいたものです。(笑)


 あと、コートね。
 あれなんて名前のコートだったか忘れちゃったけど、男性のコートでスーツの上から着るやつで、ひざ下まで長い、スーツと同じ襟の形しているやつ。
 流行りましたよね。
 
 中学のときに、不倫して離婚問題でげっそり痩せた男性教師がいましてね。(注: 生徒とじゃありません。笑)
 その教師がそれを着ていて、卒業式の日にもらったのを覚えています。(爆)
 もらったって言うか、奪い取ったってほうが正解でしょうが。(笑)
 胸の内ポケットに電話番号が書かれた紙が入っていて、公衆電話からかけてみたら、知らない女の人が出て、びっくりして切っちゃったんです。
 あれがもしかしたら、不倫相手だったのだろうか。(爆)

 
 電話と言えば、当時はまだ携帯電話がなかったから、公衆電話もドラマの小道具でした。
 名前忘れちゃったけど、ベンガルがやっていた役の刑事が、アイドルマニアでテレフォンカードとか集めていましたよね。(笑)
 
 タカはテレカを使わないとか、そんなところでも微妙なこだわりを語りだす男がたくさんいました。(笑)
 

 とにかくもう、誰もが少なからず影響されたドラマだったんじゃないでしょうかね。
 再放送も何度かされましたしね。
 というか、真剣に観て憧れたのは、再放送を観てからです。
 だって、最初の放送のときは小学生だったと思うので。(笑)


 なんか、この記事書いていたら、また最初から観たくなっちゃいました。
 レンタルショップで借りてこようかしら。(笑)


 本日の「しのぶが思うハードボイルド」

 ダンディーと言われても、母親のブルマを履いていた。(変態すぎる!! 爆)

 以上でございます。


 それではまた、酒井しのぶでございました。

拍手[13回]

PR
【酒井しのぶの作品はこちら】
本格ハードボイルド長編小説 

一話読みきり短編作品集 

通話形式の超ショートショート集 

【ランキングに参加中】
作品を気にいっていただけたらランキングのクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ツイッターでこのブログをつぶやけます。
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
Re:あぶない刑事
母親のブルマって誰のことなんですか?
変態すぎる・・・(爆)
最後に大爆笑が待ってましたね!

あぶない刑事、観てました。
柴田恭平の背が低いのがどうしても気になりつつ・・・
舘ひろしに憧れましたねぇ

なんで、どんな経緯で先生のコートを強奪したんでしょうか?
しのぶさんのを読んでいると、毎回随所に気になるところが出てきますね!
電話番号も先生の電話番号じゃないし・・・
こちくん URL 2010/02/17(Wed)18:27:13 編集
こちくんさんへ
 こんばんは。

 ブルマ履いていたのは、タカです。
 そんなアドリブ会話がありました。(母親は大昔に死んでいる設定なので、遺品なのか? 笑)
 
 先生のコートは、卒業式のあとで、職員室に行っていろんな先生に挨拶をしているときにですね、わたくしなぜか、その先生と仲が良かったんですよ。
 担任になったこともなければ、授業を受け持ってもらったこともないのですが(技術の先生でしたから)、お別れになにかちょうだいと言ったら、椅子に引っ掛けてあるコートのポケットに手を突っ込んでなにかを取り出そうとしたんですよ、たしか。(記憶が……笑)
 それで、ポケットをガサゴソやっているから、コートごとちょうだいと言って奪い取って着てみたら、一緒にいた友達が似合うよとかって言い出して、そのまま着て帰ったんです。(笑)
 
 その先生が寒いなかどうやって帰ったかは知りません。(爆)
酒井しのぶ 2010/02/17 19:58
Re:あぶない刑事
タカが映画かなんかでハーレー乗りながらショットガンブッパナしてましたね。イカレまくりです。

あぶない刑事の思い出は小学校の低学年の時、たしかユウジの口癖だった「関係ないね」ってのを私がなぜか授業中につぶやいてしまい、それにつられて友達が「関係ないね」とつぶやいてなぜかその友達だけが先生に
「何が関係ないだ?」と怒られていた思い出があります。

ん?関係ない?

あと今日の私のブログへのコメント癒されました。
サスガ堕天使。

ありがとうございました。


Sportちょっぷ 2010/02/17(Wed)21:13:44 編集
Sportちょっぷさんへ
 こんばんは。
 
「関係ないね」流行りましたねぇ。みんな言っていましたよね。(笑)
 さすがに授業中に先生に怒られた人には出会ってませんが。(爆)

 どんなコメントしたか思いだせずに、ブログ覗きに行っちゃったじゃないですか。(笑)
 
酒井しのぶ 2010/02/18 01:53
Re:あぶない刑事
刑事ドラマ・・・
関西では部長刑事(爆)

カタナはスズキでっせ(笑)
ついでに自分の元愛車ガンマも(笑)
ヤマハはXJ(ペケJ)やな。

サングラス・・・
外出時は常にグリーンにゴールドミラーレンズの、
今どき流行らんのをしてますが何か?(爆)

不倫・離婚・不倫・離婚・・・
心に響きますな(爆)
けびん URL 2010/02/17(Wed)22:06:19 編集
けびんさんへ
 こんばんは。
 
 あらら、間違ってましたか。(笑)
 そうか、カタナがスズキでしたか。なんという無知。(笑)
 お恥ずかしいです。

 サングラスいいですね。
 わたくしは目が悪いので、度入りのサングラスを1つ持っていますが、それ以外だと見えなくなるので、いろんなサングラスをTPOで付け替えたりしている人とかがうらやましいです。
 
 
酒井しのぶ 2010/02/18 01:56
Re:あぶない刑事
おはようございます。
今日も寒そうです。

あぶない刑事、時々見ていました。
確かにコミカルで洒落ていて、それまでの石原軍団のやぼったいデカとは明らかに差別してありましたね。
セリフもアメリカンで気が利いたジョークやキザなセリフ、日本の警察社会とはまるっきり正反対、トレンディーファッション、車、受けるはずですね。
確かその後も「また…」とか「またまた…」とか「最後の…」とか何回も出たようですね。最初を超えるものはないのでしょうけれど。
先生のコートがおもしろいですね。
さすがしのぶさん、先生もなかなかいじらしいですね。
母親のブルマ(^_^;)
対で爺さんのフンドシ(^_^;)
KOZOU URL 2010/02/18(Thu)05:43:54 編集
KOZOUさんへ
 こんにちは。

 日本の刑事ドラマは、その後もやはり野暮ったさが抜け切りませんよね。
 それが逆に日本の警察社会を映し出していて、リアリティーがあるのでしょうが。
 派手でめちゃくちゃで、およそ現実とはかけ離れた警察を描いたあぶない刑事ですが、嘘もここまでやればエンタテイナーとして確立されるという、好例だったんじゃないでしょうかね。
 
 タイトルの重要性も学べる作品なのだと思います。
 タイトルのおかげで、〝あぶない〟ことをやるのが不自然に感じないというマジックが少なからずあるように感じます。

 先生のコートは、その後どうなったのかよく覚えていません。(笑)
酒井しのぶ 2010/02/18 11:30
Re:あぶない刑事
この記事を読んでいたら、最初から観たくなっちゃいました^^
しのぶさんのこの記事を片手に持って、チェックしながら観たい感じ。
あぶない刑事、面白かったですね~。
友達が熱狂的な柴田恭兵ファンで真似していましたよ。
女性ですけど。
私は、真山薫に憧れていました。

それにしても中学の時に先生のコートを奪い取ったしのぶさんがどうしても気になります。
不倫して離婚問題になっている…なぜか先生のプライベートって生徒の間でウワサになるんですよね~。
りい子☆ URL 2010/02/18(Thu)05:44:28 編集
りい子さんへ
 こんにちは。

 わたくしも書いていて、観たくなってうずうずしております。
 
 柴田恭兵は真似する人たくさんいましたよねぇ。(笑)
 真山薫は、いちばん浅野温子らしい役な気がします。アドリブ満載だったっていうのもあるのでしょうが、高級感のあるドラマでヒロイン的な存在だったのにも関わらず、トレンディドラマのような気取った感じがまったくない、逆にぶっ壊れ気味な(!?)面白系のキャラで大好きでした。
 
 たいした話じゃないんですけどね、わたくしのコート奪い取り事件は。(笑)
 おっしゃる通り、中学の頃って先生のプライベートはすぐに話題になりましたよね。
 不倫で離婚問題になるくらいの先生ですから、それなりにいい男だったのもあり、女子の間ではけっこう話題の先生でした。(笑)
酒井しのぶ 2010/02/18 11:48
Re:あぶない刑事
しのぶさま、こんにちわ。
いつもコメントをありがとうございます。

そう、今日は危ない刑事のお話でしたね。
う~ん、観たことは何回もあるのですが、実は柴田恭平さんが苦手でして、あまりよく覚えていませんでした。
でも周りの友達は随分観ていたようです。
やはり、私的にはマイアミバイスに軍配が上がってしまいますが、しのぶさんのお話を聞いてると確かに、マイアミバイスを彷彿とさせるような設定ですね。
 私が覚えていて消えないシーンは二人がバラの花をくわえてタンゴを踊っているシーンなんですよ(苦笑)。
 だからカッコイイシーンは殆ど今しのぶさんに聞くまで解らなかったわけで、今思えば観ておくべきだったと後悔です。
 長いコートやお洒落なスーツ、流行ってましたね、ここが原点だったのですね。それにマルボロ吸ってた人も多かった・・・皆、彼らの影響だったと思うとおかしくなります。
また、お気に入りの番組紹介してください、DVDがあるかもしれないので。期待してま~す!!!
 ありがとうございました。
とこ URL 2010/02/18(Thu)11:25:40 編集
とこさんへ
 こんにちは。

 バラのタンゴ、覚えています。(笑)
 
 おっしゃるとおり、笑えるおふざけシーンがたくさんありました。わたくしもどちらかと言うと笑えるシーンの記憶のほうが多いです。
 コミカルとシリアスの対比を上手く使いこなしている作品の好例だと思います。
 彼らの人気は、格好良さだけじゃなく、コミカルなところにもあったんでしょうね。
 そこら辺が、それまでの刑事ドラマと大きく違うところなのですが、このコミカル&シリアス設定というのは、もっとずっと前に探偵物語で松田優作が(やはりアドリブ満載で)やっていたわけですから、松田優作のすごさがあらためてわかってしまします。

 まぁ、なんだかんだ言って、わたくしもマイアミ・バイスに軍配を上げますがね。(笑)
 
酒井しのぶ 2010/02/18 11:57
無題
あぶ刑事観てました~(^O^)柴田恭兵の大ファンでよく物真似してましたp(^^)q今でもたまにカラオケで真似しながら歌います(笑)
タカとユウジのコンビにちょっとおっちょこちょいなトオルがハマってましたねぇ!懐かしいお気に入り刑事ドラマ面白かったな~(^_^)
シンディ URL 2010/02/18(Thu)15:18:59 編集
シンディさんへ
 こんばんは。
 カラオケで歌う人、けっこういましたよね。
 登場人物が、それぞれ個性豊かでしたから、どんな話にしても面白くなったでしょうね。
 それだけ優れた作品だったということでしょう。
酒井しのぶ 2010/02/19 19:32
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
RSS

Add to Google
このブログをリツイート!
ブログ内検索
最新コメント
[11/13 DSLR-A850]
[09/21 ばたこ]
[05/19 メルマガアフィリとブログアフィリで初心者でも稼ぐ@中野]
[04/27 ゆっきー]
[01/17 凛 七星]

* 管理人が返信したコメントにはメモ帳マークが表示されます。
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
バーコード
携帯電話からの閲覧は↓をバーコードリーダーで写してくださいませね。


忍者ブログ  /  [PR]
 / COPYRIGHT ©  酒井しのぶ ALL RIGHTS RESERVED