QLOOKアクセス解析
ルーツを探す記憶の旅 忍者ブログ
妄想/連想/暴走――激走する脳内モルヒネの意想。 変態ハードボイルド小説作家の有相無相――
酒井しのぶの作品紹介
【ファッキン・シスターズ・クライスト】
 酒好きで女好きで自堕落で格好つけの片桐有二は、二十五年まえに体験したレイプ事件のトラウマに悩まされる、ハードボイルドを気取った私立探偵。ある依頼がもとで、変態性癖が巻き起こす事件に首を突っ込むことになってしまう。高飛車で自分勝手なふしだら女の酒井しのぶと共に、事件の真相を探りだすのだが……推理あり、シリアスありの、本格ハードボイルド長編小説。
 

【あいつとの電話】
 ツンデレコンビのしのぶと有二。小説のなかだけじゃなく、普段の会話も超ツンデレ&超下品でちょっぴりエッチ!
 酒井しのぶの小説に登場する二人が織り成す、会話のみの超ショートショート作品集です。一話読みきりなので、お気軽に読んでいただければと思います。
 

【Shinobu to Yuji 短編集】
 長編ファッキン・シスターズ・クライストの外伝的一話読みきり短編作品集。笑い、切ない過去、素直じゃない愛情、そしてお決まりのエッチな会話。しのぶと有二のツンデレコンビは、殺人事件がなくても面白い。
 

 (注: すべての作品がR15指定です。作品の性格上、性描写、暴力描写、差別的発言などが各所に出てきます。不快に思う人は読まないでください)
管理人プロフィール
酒井しのぶのプロフィールは↓からどうぞ。
My Profile by iddy

Google Profileはこちら

酒井しのぶへのご意見、ご要望、ご感想など、記事コメント意外の内容は↓へお願いいたします。
おきてがみ

mixi(ミクシィ)やってます!
ランキング
お気に召しましたらクリックしてくださいませ。
にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン   
メールフォーム
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ。
*返信が必要な場合は、返信先アドレスを入力の上、その旨お書きくださいませ。
Powered by NINJA TOOLS
インフォメーション

【ボチボチと書き始めています】
 いろいろあり、忙しい毎日を過ごしています。
 書きたい衝動は日に日に増してくるのですが、なかなか時間が作れず、昔のようにすべてを犠牲にして書く勇気もなく、いまは我慢の時期かなと思う今日この頃。
 それでも、書かずにはいられないときもあるので、短いエピソード的なものをチマチマと書いたりしています。
 皆様のところへ訪問する時間はまだなかなか作れませんが、毎日少しづつですが、勉強し精進しているところですので、いましばらくお待ちくださいませ。

【ご連絡】
 記事下部の拍手ボタンを押してくださり、拍手内でコメントくださる方がたくさんいてありがたく思っております。
 拍手内のコメントでは、こちらからの返信ができませんので、返信をご希望の方は記事へのコメントをお願いいたします。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【酒井しのぶの作品はこちら】
本格ハードボイルド長編小説 

一話読みきり短編作品集 

通話形式の超ショートショート集 

【ランキングに参加中】
作品を気にいっていただけたらランキングのクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ツイッターでこのブログをつぶやけます。
 こんばんは、酒井しのぶでございます。


 小説を書くにあたって、登場人物の設定というのはとても重要になります。
 わたくしは昨年、生まれてはじめて長編小説ファッキン・シスターズ・クライストを書いたわけですが、これを書くにあたっても、登場人物の設定には頭をフル回転させました。

 長編であるのはもちろんのこと、書くまえからシリーズ化するつもりでいたので、最低でも主人公とそれを取り巻く主要人物の設定くらいは綿密に作り上げようと決め、あれやこれやと考えました。

 特に主人公の片桐有二と、ヒロインの酒井しのぶについては、自分の生い立ちや性格を、少なからず反映させようと決めていたので、まずは自分の設定を確立する必要がありました。


 自分の設定。


 なんともおかしな言い方ですが、自分の生まれてから現在に至るまでのことを事細かに把握できている人などそうそういないんじゃないでしょうか。
 
 まして〝あのときのトラウマがいまの性格を作っているんだな〟とか、〝両親にこう教わったことがいまでも習慣になっているんだな〟とか、自分の性格を決定する周囲の影響などは、意識せずに成長してきていることのほうがはるかに多いと思います。

 小説に登場する人物の設定を作る際には、こうした環境や他の人間との関わりにより形成された性格などを綿密に掘り起こしたりします。
 まして、ミステリー小説では、それが事件と大きく関わることもあり、省いてしまって良いものではありません。

 もちろん、シリーズ化していくなかで後付けで作っていける部分も多々ありますが、やはりある程度は決めておきたいと思うのがわたくしの性格。
 
 その登場人物に自分を反映させようと思えば、まずは自分を知るところからはじめるべきで、そんなこんなでわたくしは、幼い頃のことをあれやこれやと思い出して書きとめたりしていたわけです。
 
 最近の懐古的な記事は、自分の記憶を辿ったときに書きとめた、ちょっとした言葉などを膨らませて書いたものです。


 さて、前置きが長くなりましたが、そんなこんなで自分の生い立ちに目を向けたわたくし。
 
 小説の構想を練りつつ、登場人物の設定を考え、自分の生い立ちにも目を向けていくなかで、実家で写真アルバムを押入れから引っ張り出したのが一昨年でした。

 自分の幼い頃の写真は、過去に何度も見ているので、どれも思い出があるものばかりでしたが、わたくしが見たかったのは、わたくし自身の写真ではなく、わたくしを育てた両親や祖父母の写真でした。

 わたくしという人間を育て、その性格形成に大きな影響を与えたであろう両親や祖父母を知ることで、わたくしをさらに細かく解剖できるんじゃないのかと思ったからです。
 
 あるいは、それは想像の範囲でも構いませんでした。
 自分はたぶん、こんな理由でいまのような性格なんだなとか、その程度でも小説に反映させるにはじゅうぶんだったからです。

 
 そんなわけで、実家でアルバムをめくっているとき、両親のアルバムと一緒にベコベコにへっこんだ四角く平べったい缶の箱を発見。
 そのなかには、これまで見たことのない写真がたくさん入っていました。
 母方の祖父母が写っている写真が何枚かあったので、母のものだろうと思い聞いてみたところ、祖母のものでした。(祖母はまだ生きていますが、介護が必要になったため、母の妹の家に引っ越しており、その際に妹の家に置ききらない荷物を母が預かっているとのことでした)
 
 興味半分にその箱の写真を見ていたのですが、どれも知らない人ばかりの写真で、自分の生い立ちに結びつけるには難しいものがありました。写真とは記憶を懐かしむものなのだなと、記憶にない写真を見ても、なにも思い出すことはできないのだなと、そんな当たり前のことをあらためて思ったりしたわけですが、まぁとにかく、ぜんぶの写真を見てみようかなと、一枚一枚見ていました。

 そんなときに、とても気になる写真数枚が目に止まりました。
 ほかの写真はボロボロになっているものばかりなのに、その数枚の写真だけは、綺麗なままで、ビニールの袋に入れられていました。

 
 その写真には、まだ2~3歳くらいの子供が写っていました。
 子供とはいえ、白黒でピントがいまいちな昔の写真でもはっきりわかるくらいな、高級な着物を着ていて、前後に揺れるおもちゃの木馬にまたがっている写真や、これまた高級な恵比寿様の置物でも置いていそうな座布団に座っている写真や、七五三でもそんな気障なポーズは取らないだろうって写真や、赤ん坊のおもちゃのガラガラを握っている写真など、どれもこれも高価で上品な雰囲気が漂うものでした。

 祖父母は戦争の影響もあり、貧乏な暮らしをしていたと聞いていたので、その写真の子供はいったい誰なのだろうかと、母に聞いてみたところ、なんとそれは祖父だと言うのです。

 
 え? 貧乏だって言ってたじゃん!?

 
 それを母に聞いたところ、なんとなんと、驚く答えが!
 
 
 祖父はその昔、樺太のお金持ちの家の子だったと言うのです。

 樺太ってことは、祖父はアイヌ民族なんじゃないの? とわたくし。
 え? そうなの? と、母。
 
 いやいや、そうなの? じゃないでしょう。
 昔から、細かいことを気にしない性格というか、おおらかというか、すっとぼけというか、間抜けというか、ボケナスというかな母ですが、自分がもしかしたら和人とアイヌ人とのハーフかも知れないという事実に、まったく関心がないまま60年近くも生きていたわけです。
 
 
 アイヌ民族と言うのは、昔は和人が属するモンゴリアンとは別の源流とされていたわけですが、近年では日本に渡ってきた時代が違うだけで、同じモンゴリアンの流れとされているため、DNA鑑定では民族判定ができません。
 
 さらに、日本には国籍を登録する際に民族を証明する必要もなく、近代化に伴いもともとの北海道や樺太に残る数よりも、本州をはじめとして日本全国に散り散りになっている数のほうが多いために、本人が認識していない限りは、判別不能なのです。
 
 
 この事実を母に伝えたら、そこではじめて(約60年の人生ではじめて)それは大変だ! って気がついたらしく、調べてみようってことになりました。

 祖父はわたくしが幼稚園のときに亡くなっているため、祖母に聞いてみたわけですが、樺太出身でお金持ちなのは間違いないらしく、どうやらアイヌ民族だというのも間違いないようでした。


 ですがここで疑問。

 アイヌ民族というのは、長いこと日本人に虐げられていて、なおかつ戦争では日本とロシアの間での土地の奪い合いの真っ只中に置かれていて、そんな状況でお金持ちなんてありえるのだろうか?
 
 
 そんな疑問から、わたくしのアイヌ民族調べがはじまりました。
 
 ですが、当時は小説の構想を練ることを優先したり、仕事もしたりしていたので、なかなか調べははかどらず、図書館などで本を借りてきても、読みきらないままに返却したりすることも多く、しまいにはもうなんかどうでもいいやってなり、それっきりでした。
 
 いまになって、バンクーバーオリンピックの開会式で、ネイティブ・インディアンが題材になっているのを観て、もう一度調べてみようかなと思いました。

 
 とりあえず、このブログにアイヌのカテゴリーを追加しまして、調べたことを少しづつ記事にしていこうかと思ったりしております。
 
 もちろん、わたくしが書く記事ですから、順序とかめちゃくちゃだろうし、内容もあるようなないような……(ダジャレ。汗)ってことになるとは思いますが、まぁもともとなにがどうってブログでもありませんからね。
 適当にその時々で思い当たったことを書いていこうと思っているので、よろしくお願いいたします。
 
 
 というわけで、今日はわたくしがもしかしたらアイヌのクォーターかもしれないというところで話はおしまいです。

 
 今日の「しのぶが思うハードボイルド」
 
 大酒のみのアイルランド人が犯人扱いされやすい犯罪小説。

 以上でございます。


 それではまた、酒井しのぶでございました。

拍手[6回]

PR
【酒井しのぶの作品はこちら】
本格ハードボイルド長編小説 

一話読みきり短編作品集 

通話形式の超ショートショート集 

【ランキングに参加中】
作品を気にいっていただけたらランキングのクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ツイッターでこのブログをつぶやけます。
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
Re:ルーツを探す記憶の旅
壮大なドラマの予感ですねぇ
樺太のお金持ち。。。
アイヌは確定なんですか?
基本的にアイヌ民族は搾取される側だったので、
「本土から移住した和人かも?」
って読みながら思いました。

続編がものすごく楽しみです!
こちくん URL 2010/02/15(Mon)19:36:21 編集
こちくんさんへ
 こんばんは。
 いえいえ、ぜんぜん壮大じゃありません。あまり期待しないでください。(笑)

 たぶん本土から移住した和人です。(爆)
 このシリーズは、わたくしのルーツを探るというより、アイヌについて調べたことを書いていくだけになると思います。
 
酒井しのぶ 2010/02/15 22:29
Re:ルーツを探す記憶の旅
こんばんわ
しばらくご無沙汰していました。

お~~ほんとに壮大な人間ドラマの予感ですね。
やはりしのぶさん、ミステリー作家の素質有りですね。
調査の過程をそのまま書いてもドラマになるような。
アイヌと和人の歴史、ほんとに色々な悲劇もあったようですね。
ほんとにインディアンに似ていますね。
調査興味深いことがわかるのでは。期待しています。
「細かいことを気にしない性格というか、おおらかというか、すっとぼけというか、間抜けというか、ボケナスというかな母」まさに血を引いていられるような(*^_^*)

しのぶさん、ココログの分は削除しました。
ちょっと色々思うことありまして。
まあたいしたことじゃないんですけれど(^_^;)
ただ今までの力作(^_^;)を消すにしのびなくライブドアのブログに全部移転させています。
ここです。
http://blog.livedoor.jp/watakozou/

今後どうするかちょっと考えていました。
結論は今までとおりです。(^_^;)
下手な考え休みに似たり(^_^;)
しのぶさんには考えをまとめすぐ連絡するつもりでした。
これは本当です。
ご心配かけてすみませんでした。
またどうかよろしくお願いします。
NONAME URL 2010/02/15(Mon)20:12:50 編集
KOZOUさんへ
 こんばんは。
 名前がないですが、KOZOUさんだとすぐにわかります。(笑)
 
 続きと言うか、アイヌについてはこれから少しづつ書いていきますが、わたくし個人のことは、たいした話じゃないので、あまり期待しないでくださいね。(笑)

 KOZOUさんの新しいブログ、じつは「KOZOU」で検索して昨日発見しておりました。(爆)
 
 いままでのところのリンクが切れていたものですから、どうしたのかなと検索してみたのですが、お引越ししているっぽかったので、落ち着いたら連絡くるかなと思っておりました。(笑)
 これからもよろしくお願いいたします。(*´ω` )ノ
 
 
酒井しのぶ 2010/02/15 22:34
Re:ルーツを探す記憶の旅
「ファッキン・シスターズ・クライスト」の続編あるんですか?かなり楽しみです。
すごい面白かったのであれを超える作品を期待してますよ。面白いの読みたいのでプレッシャーかけまくりです(笑)
アイヌって・・・ロマンティックすぎますね。
Sportちょっぷ URL 2010/02/15(Mon)21:34:54 編集
Sportちょっぷさんへ
 こんばんは。

 プレッシャーかけてきましたね。(笑)
 続編は現在執筆中です。といっても、一度完成したものに納得がいかなかったので書き変えていたら、なんだかずいぶん変わってきちゃって、ほとんど最初から作り直している状況なので、まだもうちょっとかかりそうですが。(汗)

 アイヌはなんだか、ただ単にいろいろ調べて、せっかくだから記事にしとくかって程度のことです。(笑)
酒井しのぶ 2010/02/15 22:43
Re:ルーツを探す記憶の旅
ご自分のルーツ探し!なんだか壮大で素晴らしいと思います。私自身は田舎生まれで、両親、祖父母と一緒に暮らしていたけど、そんなロマンあふれるお話はなんにもなかったです。

民族のお話、ヨーロッパや中東ではリアルなお話ですが、日本は島国ならではの文化ですね。DNAのお話、参考になりました。
ジス URL 2010/02/16(Tue)01:10:39 編集
ジスさんへ
 こんにちは。
 わたくしの場合もそれほど大それた話はなにもありません。(笑)
 ただ、調べていてアイヌに少し興味を持ったというだけでございます。
 わたくしのルーツと言うよりは、アイヌの文化についての話になると思いますが、よろしくお願いいたします。
酒井しのぶ 2010/02/16 10:08
Re:ルーツを探す記憶の旅
すごい~~♪
大河ドラマみたい・・・・めちゃめちゃ壮大ですね♪
楽しみ(*^m^*)

いつか、しのぶさんの小説に登場したいわ~~(笑)
もちろん殺されたりしない役とか犯人役じゃなくて(爆)
しのぶさんに絡む美人でいい人の役(笑)

nonno 2010/02/16(Tue)01:23:47 編集
nonnoさんへ
 こんにちは。
 ぜんぜんすごくないんですけどね。(笑)
 まぁお楽しみに。( *´艸`)

 わたくしの小説は、半分以上の登場人物が死にます。(爆)
 生き残るのはなかなか至難の業ですよ。(笑)
酒井しのぶ 2010/02/16 10:11
Re:ルーツを探す記憶の旅
写真をみてそこからルーツをたどっていく……
そこからもう小説がはじまっているかのようです。
しのぶさんが綿密にルーツをたどっていく旅で、長編小説ができそうですね。
調べているだけで次から次へとミステリーなことが起きそうですね。
今日のハードボイルドと照らし合わせると、とってもわくわくする小説になりそうです(^^)

むか~し、北海道に行ったときに、アイヌの方々と会ったことがあります。
私がまだ小学生だったと思いますが、子供からみてもロマンを感じましたね~。
続きを楽しみにしています。



りい子☆ URL 2010/02/16(Tue)05:47:37 編集
りい子さんへ
 こんにちは。
 
 ぜんぜん綿密じゃないんです。なんたって、わたくしが調べたわけですから。(笑)
 琉球文化もそうですし、アイヌ文化もそうですが、やはり本州の一般的な文化とは大きく違いますから、ロマンを感じるし、魅力があって素敵ですよね。
 
酒井しのぶ 2010/02/16 10:14
Re:ルーツを探す記憶の旅
こんにちは!
なんかわくわくして読んでしまいました。
アイヌ民族ってとても興味があります。
続き期待しています。
ももぴん URL 2010/02/16(Tue)08:48:08 編集
ももぴん
 こんにちは、はじめまして。
 コメントありがとうございます。
 
 たいしたことは書けないと思いますが、少しづつご紹介していきますので、よろしくお願いいたします。
酒井しのぶ 2010/02/16 10:16
Re:ルーツを探す記憶の旅
こんにちわ。
そうですか、アイヌ民族・・・私は北海道なので、とても興味津々です。たしかにインディアンを思わせ、お話の奥行きや幅がまたさらに深まること、期待しています。

私も先祖を調べることで、先祖の供養をしたいと思っていたところです。私は宗教上の理由からですが。
 意外な人物が出てきたら、という好奇心と不安で一杯です。
 数枚の写真が残した疑惑・・・もう小説になってますね。

また、楽しいお話待っています。
ありがとうございました。
とこ URL 2010/02/16(Tue)12:46:49 編集
とこさんへ
 こんばんは。
 
 どれだけ話が深まるかは、なんとも言えませんが、アイヌについてはいろいろ調べていきたいと思っております。
 とっても魅力がありますからね、アイヌ文化は。
 
 先祖の供養ですか。
 なるほど、と思いました。自分のルーツを知ると言うことは、先祖の存在をしっかり認識すると言うことですからね。
 大事なことかもしれません。
 
 わたくしの場合はただの興味ですが。(笑)
 
酒井しのぶ 2010/02/16 17:31
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
RSS

Add to Google
このブログをリツイート!
ブログ内検索
最新コメント
[11/13 DSLR-A850]
[09/21 ばたこ]
[05/19 メルマガアフィリとブログアフィリで初心者でも稼ぐ@中野]
[04/27 ゆっきー]
[01/17 凛 七星]

* 管理人が返信したコメントにはメモ帳マークが表示されます。
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
バーコード
携帯電話からの閲覧は↓をバーコードリーダーで写してくださいませね。


忍者ブログ  /  [PR]
 / COPYRIGHT ©  酒井しのぶ ALL RIGHTS RESERVED