QLOOKアクセス解析
モーグル残念でしたねぇ 忍者ブログ
妄想/連想/暴走――激走する脳内モルヒネの意想。 変態ハードボイルド小説作家の有相無相――
酒井しのぶの作品紹介
【ファッキン・シスターズ・クライスト】
 酒好きで女好きで自堕落で格好つけの片桐有二は、二十五年まえに体験したレイプ事件のトラウマに悩まされる、ハードボイルドを気取った私立探偵。ある依頼がもとで、変態性癖が巻き起こす事件に首を突っ込むことになってしまう。高飛車で自分勝手なふしだら女の酒井しのぶと共に、事件の真相を探りだすのだが……推理あり、シリアスありの、本格ハードボイルド長編小説。
 

【あいつとの電話】
 ツンデレコンビのしのぶと有二。小説のなかだけじゃなく、普段の会話も超ツンデレ&超下品でちょっぴりエッチ!
 酒井しのぶの小説に登場する二人が織り成す、会話のみの超ショートショート作品集です。一話読みきりなので、お気軽に読んでいただければと思います。
 

【Shinobu to Yuji 短編集】
 長編ファッキン・シスターズ・クライストの外伝的一話読みきり短編作品集。笑い、切ない過去、素直じゃない愛情、そしてお決まりのエッチな会話。しのぶと有二のツンデレコンビは、殺人事件がなくても面白い。
 

 (注: すべての作品がR15指定です。作品の性格上、性描写、暴力描写、差別的発言などが各所に出てきます。不快に思う人は読まないでください)
管理人プロフィール
酒井しのぶのプロフィールは↓からどうぞ。
My Profile by iddy

Google Profileはこちら

酒井しのぶへのご意見、ご要望、ご感想など、記事コメント意外の内容は↓へお願いいたします。
おきてがみ

mixi(ミクシィ)やってます!
ランキング
お気に召しましたらクリックしてくださいませ。
にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン   
メールフォーム
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ。
*返信が必要な場合は、返信先アドレスを入力の上、その旨お書きくださいませ。
Powered by NINJA TOOLS
インフォメーション

【ボチボチと書き始めています】
 いろいろあり、忙しい毎日を過ごしています。
 書きたい衝動は日に日に増してくるのですが、なかなか時間が作れず、昔のようにすべてを犠牲にして書く勇気もなく、いまは我慢の時期かなと思う今日この頃。
 それでも、書かずにはいられないときもあるので、短いエピソード的なものをチマチマと書いたりしています。
 皆様のところへ訪問する時間はまだなかなか作れませんが、毎日少しづつですが、勉強し精進しているところですので、いましばらくお待ちくださいませ。

【ご連絡】
 記事下部の拍手ボタンを押してくださり、拍手内でコメントくださる方がたくさんいてありがたく思っております。
 拍手内のコメントでは、こちらからの返信ができませんので、返信をご希望の方は記事へのコメントをお願いいたします。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【酒井しのぶの作品はこちら】
本格ハードボイルド長編小説 

一話読みきり短編作品集 

通話形式の超ショートショート集 

【ランキングに参加中】
作品を気にいっていただけたらランキングのクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ツイッターでこのブログをつぶやけます。
 こんにちは、酒井しのぶでございます。


 上村愛子選手、残念でしたね。
 もうちょっとだったのに。
 久しぶりになんだか、ドキドキしながらテレビを観てしまいました。
 
 
 あの子はなんだか、トップアスリートなのにちょっと弱々しい感じがするあたりが男心をくすぐるのだと、ダーリンが言っておりました。
 
 そんなダーリンは、最初から4位だろうと予想していたのですが、その理由がまたすごい。

「だって、メダル取ったら強くなっちゃうじゃんか」

 あくまでも弱々しいのがいいらしい。(なんという自分勝手な……。汗)
 

 さっき書いたとおり、カナダのなんちゃらって選手(まだ名前覚えていません、すいません。笑)よりも、警戒するべき選手がいましたねぇ。
 
 まぁ、モーグルは個人競技ですから、出番などでのプレッシャーのかけ合いはあるにせよ、自分の力を発揮できたかどうかで順位が決まるわけですからね。
 誰がいようがいまいが、関係ないと言えばないのでしょうが。

 観ているわたくし的には、カナダのなんちゃら選手のほかにも聞いたことない選手(ていうか全員聞いたことないですけど。笑)が上位にいて、おいおいどうなっちゃうんだと、ドキドキしっぱなしでした。

 
 里谷選手は、最後まで行ってほしかったなぁ。
 あのすべりで最後まで行けたら、かなりな成績だったでしょうに。
 最後までいけないというところに、実力の限界点があったということなのでしょうね。
 はたから観ているわたくしたちには、不運としか言い様なく観えますが、ああやって転んでしまう瞬間って、プレイしている選手たちには、実力の限界点が見えているのじゃないかなって思います。
 
 わたくしは競技というものをしたことがありませんが、歌っているときにいつも目標にしているミュージシャンをイメージしていて、自分の歌がそのレベルに届いていると感じれるとき(あくまでも自分勝手に感じているだけですがね。笑)と、あとちょっとなのに届かない! って感じるときとがありました。

 理想がイメージできているのに、実力がそこに届かない歯がゆさとか、切なさとか、悔しさというのは、適当に生きてきたわたくしでさえ感じれたことですから、きっと世界の頂点を競っているトップアスリートたちは、もっともっと想像もできない悔しさにまみれているに違いありません。
 
 だいたいにして、モーグルという競技は、30秒で終わりですからね。
 30秒のために4年を費やすわけでしょ。
 上村選手の場合なら、12年かな?
 スキーをはじめたときから数えれば27年?
 
 27年間やってきたことを、たった30秒に託す。
 
 あまりにも厳しい世界ですね。
 
 悔いのない戦いなんてあるのかなって思ったりもしますが、もしもあるのだとするならば、敗れた選手みんながそんな戦いができたと思えていることを祈りたい心境ですね。
 
 
 そういう意味では、4年前のフィギアの荒川選手は、やっぱりすごかったんだなと思いますよね。

 演技が終わった瞬間の笑顔。
 あれこそまさに、すべてを出し尽くしたアスリートの境地に達していたであろう笑顔でしたね。
 
 たぶん結果が銀でも銅でも、荒川選手自身にはもう揺らぐものはなにもない悟りの境地だったんじゃないかと、勝手な想像をしてしまいます。
 
 まぁ、あの笑顔を出せる余裕というのが、試合前からにじみ出ていたんでしょうね。
 それに負けた周りの選手がどんどん落ちて行ったってだけのことなのでしょう。
 勝負は演技の前についていたってことになるんでしょうね。

 そこまでのレベルに行かないと、金メダルは取れないってことなのかもしれません。


 なんだか、早くもオリンピックの総評みたいになっちゃいましたが、まだはじまったばかりです。
 これからもっとたくさんのドラマが観れるんだと、ワクワクしっぱなしですよ。
 
 さっきBSでスピードスケートのショートトラックを観ていました。
 個人的に、とっても好きな競技なんです。
 特別好きな選手がいるわけじゃないのですが、実際に抜きつ抜かれつなやり取りは、とっても興奮しますよね。
 冬のオリンピックには、対人競技が少ないように思うし、対人でもデッドヒートをぶちかます競技はそうそうありませんからね。
 ショートトラックはかなりお気に入りです。
 
 まぁ日本は弱いので、そこまでの興奮はないのですがね。(笑)
 
 
 1500メートルの決勝はとんでもないことになっていました。
 あれこそまさにショートトラックの醍醐味なのでしょうが、転倒してしまった選手はかわいそうですね。
 またがんばって、次の目標に向かう勇気を手に入れてほしいと願います。


 たぶん今晩は、上村選手のインタビューとかがたくさん報道されるのかな。
 いまこの記事を書いている時点では、モーグルの試合が終わってからの日本選手の報道はまったく観ていません。
 コメントをくださる皆さんがそういった試合後の報道を観ているとすれば、また違った意見もあると思いますが、現段階では試合のみを観たまんまの感想なので、ご了承くださいませね。


 それではまた、酒井しのぶでございました。

拍手[7回]

PR
【酒井しのぶの作品はこちら】
本格ハードボイルド長編小説 

一話読みきり短編作品集 

通話形式の超ショートショート集 

【ランキングに参加中】
作品を気にいっていただけたらランキングのクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ツイッターでこのブログをつぶやけます。
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
こんばんわ!
作品を拝読させていただきました。テンポよく気持ちがいい作品ですね。これからも拝読させていただきたいので、ぜひお気に入りリンクさせてください。
パン屋の二代目 URL 2010/02/14(Sun)17:40:43 編集
パン屋の二代目さんへ
 こんばんは。
 読んでいただきありがとうございます。とても感謝しております。
 お気に入りリンクありがとうございます。
 のちほどお伺いさせていただきますね。
酒井しのぶ 2010/02/14 19:18
Re:モーグル残念でしたねぇ
さてスポーツに全く興味が無いので違うところにくいつかせていただきます。(笑)
私の日曜の朝の流れは、レスキューファイヤー→夢色パティシエール→ゴセイジャー→仮面ライダーて流れです。
子供の付き添いですが特に「夢色パティシエール」と仮面ライダーにハマっています。
探偵役の俳優いい味出てると思います。
ところで「ハーフボイルド」って言葉あるんですか?
Sportちょっぷ URL 2010/02/14(Sun)20:06:21 編集
Sportちょっぷさんへ
 こんばんは。
 すいません、モーグルの最初の記事は、本番前の記事だったので、コメントできないようにしてまして。
 
 仮面ライダー。
 いいですよねぇ。今回のWは、特にいいですね。
 探偵もので、松田優作の探偵物語のオマージュがちらほら(いや、かなりか?)しているあたり、わたくしのツボです。(笑)
 
 ハーフボイルドって言葉はあります。
 ハードボイルドの対義語で、ソフトボイルドというのがありまして、その中間を表すのがハーフボイルドなわけですが、主にハードボイルドを気取っているのに非情になりきれない場合、あるいはなりきれない人を表す言葉ですね。
 現在、一般的にハードボイルドとされている人格は、ほとんどがハーフボイルドです。(情に流された時点でハードじゃないのです)
 というか、わたくしが知る限り、純粋なハードボイルドはSportちょっぷさんが購入したマルタの鷹のサム・スペードだけでしょう。
 それ以外はハーフボイルド以下って考えても大げさじゃないと思います。(笑)
酒井しのぶ 2010/02/14 20:28
Re:モーグル残念でしたねぇ
(*・ェ・*)ノ~☆コンバンワ♪

木下あゆ美、実は「怨み屋本舗」でファンになりました。
「しかるべく」っていうせりふと、猫っぽいルックスがかわいらしかったです。

デカイエローの頃も地味に気づいてましたが、子供が当時もう戦隊モノを見なくなってたので私も自然に見なくなてしまいました。見てたのは「忍風戦隊ハリケンジャー」や「爆竜戦隊アバレンジャー」の頃までですね・・ってどんな名前や!スゴイです。

オリンピック、始まりましたね~!!仕事で移動中の車の中で、今日たまたまショートトラック見てました!・・よく転ばないな・・って感心して見てたんですが、どこかで転んでしまった方が居たみたいですね・・。

ジス URL 2010/02/14(Sun)21:22:57 編集
ジスさんへ
 こんばんは。
 わたくしはデカレンジャーのときの女の子ふたりが、ずいぶんとかわいいなと思って観ていたわけですが、一番好きだったのはボスです。(犬だったけど。爆)
 まぁ、デカレンジャーは全編通して面白かったです。
 やっぱり、刑事ものというのは、それだけで面白いんですよ。(笑)
 その後に面白かった戦隊シリーズでは、ゲキレンジャーという格闘技(中国拳法)もののやつでしたね。
 こちらもやはり、王道拳法もので、とっても面白かったです。
 戦隊アクションが中国拳法になるわけですから、面白いに決まっていますね。(笑)
 
 ショートトラックは、こんな言い方しちゃいけないのでしょうが、転ぶ人がいないと面白くないんですよね。( *´艸`)
酒井しのぶ 2010/02/14 22:09
Re:モーグル残念でしたねぇ
そっか、プリキュアに食いつこうと思ったら、前回記事ですね。
残念。。。

モーグルもジャンプも、メダルに届きませんでしたね。
事前報道をちょっと見た限りでは、
「メダル有力!」
って言っていたような気がしたんですけど・・・
まぁ毎度のことですけどね(笑)

里谷タエを見ながら、長野オリンピックの
「タエすげぇ、タエ行け!」
って叫んでいた解説の人を思い出しました。
こちくん URL 2010/02/15(Mon)00:24:05 編集
こちくんさんへ
 こんにちは。

 プリキュアに食いついてコメントしてくれてよかったのに。(笑)
 
 残念でしたね。
 まぁたしかに事前報道の加熱っぷりは毎度のことですね。(笑)

 里谷は長野のときもそうでしたが、今回も転ぶ直前までは「もしや!」って思って観ていました。
 彼女にはきっと、一瞬に爆発力を注ぐ能力があるのでしょうね。
 魅せることができる才能を持っている人なんだと思うし、魅せるために限界を超えることができる人なのだと思います。
 ただ、限界を超えることを繰り返すと、体は壊れてしまうんですよね、どんな業界でも。
 あの滑りで最後まで行けていたら、すごい結果が出ていたのでしょうが、あれだけの滑りを最後までできないところが、彼女のいま出し切れるすべてだったのかもしれません。
 
 勝負の世界って厳しいですよね。
酒井しのぶ 2010/02/15 11:57
Re:モーグル残念でしたねぇ
上村愛子選手、残念でした。
朝からずっと応援していました。
それにしても可愛いなあ~、と思いながら^^
上村愛子選手のスキー人生も観ましたよ。
私もしのぶさんと一緒、それぞれの選手にそれぞれのドラマがあるんだな、と感じながら。
でも、上村愛子選手はものもの凄いプレッシャーをうけながらも、よく集中して力を発揮できたと思います。
選手の精神力はもの凄いものがありますね。

あともう一つ、私がびっくりしたのは、荒川静香さんが、とっても美しくなっていたという事です。
りい子☆ URL 2010/02/15(Mon)05:55:17 編集
りい子さんへ
 こんにちは。

 荒川選手、綺麗になっていましたねぇ。
 わたくしもそこには注目しておりました。(笑)
 やはりプロに転向すると、そこらへんもスポンサーがつきますしね。
 見た目が運命分けますからね、プロは。
 
 とはいえ、彼女の輝きは内面的なものもとっても多そうですよね。
 すごく充実しているのだろうし、やっぱりあのトリノの演技以降、彼女は悟りを得たんじゃないだろうか。
 ものすごく優雅でやわらかい、なにかもう聖母マリアのような万物を包み込む笑みをしていますよね。(キリスト信者じゃありませんがね、たとえとして。笑)

 あんな笑顔ができたらなって、鏡を眺めてみましたが、目じりの皺とソバカスが気になるだけでした。(爆)
酒井しのぶ 2010/02/15 12:02
Re:モーグル残念でしたねぇ
こんばんわ

オリンピック開会式きれいだったですねー。
そして上村愛子選手、ほんとに惜しかったですね。
紙一重の差でしょうけれど、それがあのクラスの厳しさなのでしょうね。
ほんとにわずか30秒にかける人生、壮烈ですね。
書かれていますように転倒も実力ですよね。
ええころかげんな評価の芸術などと違い本当に厳しいと思います。
「あの子はなんだか、トップアスリートなのにちょっと弱々しい感じがするあたりが男心をくすぐるのだと、ダーリンが言っておりました」まったく同感です(^_^;)
男はかってですねー(^_^;)
NONAME URL 2010/02/15(Mon)20:24:13 編集
KOZOUさんへ
 こんばんは。

 あの開会式はかなり感激しました。
 室内だからこそ床をスクリーンにしたり可動させたりできたのでしょうね。
 
 やはり、弱々しさは男心をくすぐりますか。(笑)
 うちの人も「泣き顔がまたたまらん」とかほざいておりました。(爆)
酒井しのぶ 2010/02/15 22:37
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
RSS

Add to Google
このブログをリツイート!
ブログ内検索
最新コメント
[11/13 DSLR-A850]
[09/21 ばたこ]
[05/19 メルマガアフィリとブログアフィリで初心者でも稼ぐ@中野]
[04/27 ゆっきー]
[01/17 凛 七星]

* 管理人が返信したコメントにはメモ帳マークが表示されます。
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
バーコード
携帯電話からの閲覧は↓をバーコードリーダーで写してくださいませね。


忍者ブログ  /  [PR]
 / COPYRIGHT ©  酒井しのぶ ALL RIGHTS RESERVED