QLOOKアクセス解析
THIS IS IT 忍者ブログ
妄想/連想/暴走――激走する脳内モルヒネの意想。 変態ハードボイルド小説作家の有相無相――
酒井しのぶの作品紹介
【ファッキン・シスターズ・クライスト】
 酒好きで女好きで自堕落で格好つけの片桐有二は、二十五年まえに体験したレイプ事件のトラウマに悩まされる、ハードボイルドを気取った私立探偵。ある依頼がもとで、変態性癖が巻き起こす事件に首を突っ込むことになってしまう。高飛車で自分勝手なふしだら女の酒井しのぶと共に、事件の真相を探りだすのだが……推理あり、シリアスありの、本格ハードボイルド長編小説。
 

【あいつとの電話】
 ツンデレコンビのしのぶと有二。小説のなかだけじゃなく、普段の会話も超ツンデレ&超下品でちょっぴりエッチ!
 酒井しのぶの小説に登場する二人が織り成す、会話のみの超ショートショート作品集です。一話読みきりなので、お気軽に読んでいただければと思います。
 

【Shinobu to Yuji 短編集】
 長編ファッキン・シスターズ・クライストの外伝的一話読みきり短編作品集。笑い、切ない過去、素直じゃない愛情、そしてお決まりのエッチな会話。しのぶと有二のツンデレコンビは、殺人事件がなくても面白い。
 

 (注: すべての作品がR15指定です。作品の性格上、性描写、暴力描写、差別的発言などが各所に出てきます。不快に思う人は読まないでください)
管理人プロフィール
酒井しのぶのプロフィールは↓からどうぞ。
My Profile by iddy

Google Profileはこちら

酒井しのぶへのご意見、ご要望、ご感想など、記事コメント意外の内容は↓へお願いいたします。
おきてがみ

mixi(ミクシィ)やってます!
ランキング
お気に召しましたらクリックしてくださいませ。
にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン   
メールフォーム
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ。
*返信が必要な場合は、返信先アドレスを入力の上、その旨お書きくださいませ。
Powered by NINJA TOOLS
インフォメーション

【ボチボチと書き始めています】
 いろいろあり、忙しい毎日を過ごしています。
 書きたい衝動は日に日に増してくるのですが、なかなか時間が作れず、昔のようにすべてを犠牲にして書く勇気もなく、いまは我慢の時期かなと思う今日この頃。
 それでも、書かずにはいられないときもあるので、短いエピソード的なものをチマチマと書いたりしています。
 皆様のところへ訪問する時間はまだなかなか作れませんが、毎日少しづつですが、勉強し精進しているところですので、いましばらくお待ちくださいませ。

【ご連絡】
 記事下部の拍手ボタンを押してくださり、拍手内でコメントくださる方がたくさんいてありがたく思っております。
 拍手内のコメントでは、こちらからの返信ができませんので、返信をご希望の方は記事へのコメントをお願いいたします。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【酒井しのぶの作品はこちら】
本格ハードボイルド長編小説 

一話読みきり短編作品集 

通話形式の超ショートショート集 

【ランキングに参加中】
作品を気にいっていただけたらランキングのクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ツイッターでこのブログをつぶやけます。
 こんばんは、酒井しのぶでございます。

 
 本当は昨日の続きで、海外ドラマについてあれこれ書こうと思っていたのですが、アマゾンで予約していたマイケル・ジャクソンのTHIS IS ITが届いたので、そっちを優先しようかと。(笑)



 何度かマイケルの記事は書いているので、これから話すことは過去記事とダブってしまうこともあるかもしれませんが、ご容赦くださいませ。(何万回でも同じことを言いたいくらいにマイケルが好きなのです)
 
 
 さて、さっそく届いたDVDを開封です。
 
 
 本当はブルーレイが欲しかったんですけどね。我が家にブルーレイがないので観れませんからね。
 THIS IS ITのDVDは、映画本編のみのバージョンと、特典映像付きの二枚組みバージョン、それとロンドン公演用に取り直しされたスリラーのフルバージョンが収められたブルーレイバージョンがあるんです。
 
 新スリラー、観たかったんですけどね。
 まぁいずれ、ブルーレイを手に入れたら買います。

 で、わたくしが買ったのは、特典映像付きの二枚組みバージョン。じっくり堪能させていただきました。

 すごいですね、キング・オブ・ポップ。
 まず、なにがすごいって、マイケルってば五十歳なのになんであれだけ踊って歌えるの!? ってところですね。

 バックダンサーたちは、男も女もみんなムキムキマッチョ。(わたくし好み……。笑)
 それだけの体を作っておきながら、マイケルのダンスには到底及ばないわけです。
 知っている人も多いと思いますが、数あるダンスのなかでも、マイケルが得意とするブレイクダンスというのは、両足のかかととつま先の計四箇所に体重を代わる代わる移動させながら踊るダンスで、とっても体を酷使するんです。(その体重移動で、ムーンウォークをはじめとする、数々の足技を披露しているわけです)
 それなのに、あんな細い体で……。
 
 さらに、踊るだけじゃなく、歌いますからね、口パクじゃなく。
 五十歳でそれだけのことができ、なおかつあれだけ手の込んだステージパフォーマンスのすべてを頭に叩き込み、プロデュースできる。(バックバンドの各パートが出す音の一つ一つまですべて知っているんです)
 これはもう変態です。(笑)
 誰がどう考えても、人間とは思えません。
 
 
 本当はもっとあれこれと書こうかと思ったんですが、もうなんて言うか、言葉にできない感動がわたくしの体を駆け巡ってしまっているので、やめておきます。(ここで書いたら、感動が逃げて行きそうで! 笑)

 とにかくすばらしいエンターテイナーであったのは間違いないわけで、この作品はマイケルのことがそれほど好きじゃない人でも楽しめると思います。(ゴシップ的な要素としてもね。笑)
 
 
 さて、マイケルの豆知識。
 一ヶ月に使う生活費は二億円だそうです。(想像すらできません。笑)
 おもちゃ好きなマイケルの一ヶ月のおもちゃ代は三千万円。
 身の回りの世話をする人たちのギャラは一ヶ月に四千万円。
 二〇〇三年までに訴えられた金銭問題は一五〇〇件。
 二〇〇四年は一年だけで一三〇件。
 その後も数々のゴシップにまみれていますが、どれもこれも事実確認がなされていないものばかりで、近年もっとも有名な裁判では性的虐待裁判がありましたが、これなどは、無罪になったにも関わらず、有罪報道をした国すらあり、しかもその報道が間違っていることに気づくまでに何日かかかったそうです。
 どこへ行くにもその場を貸し切るマイケルで、それをかね持ちの道楽だとなじる人もいます。東京ディズニーランドを貸し切って遊んだときも、なじられてゴシップになっていましたね。
 ですが、もしも自分がディズニーランドのオーナーだったら……。
 貸し切ってくれなきゃ入場させられませんよね。大騒動になっちゃいますからね。

 五歳のときすでに、一万人の観衆をまえに歌っていたマイケルです。自分の意思とは別に世の中が動いているわけです。みんなと一緒に遊びたくても遊べないんです。
 わたくしたちは大勢の人だかりで大混雑のディズニーランドなんか、行きたくもないって思いますが、マイケルはそんな大混雑のディズニーランドを経験することすらできなかったわけです。
 それなのに、ゴシップ報道されてしまうわけですからね。良くも悪くも大スターです。
 
 まぁ、一ヶ月に二億円の生活をしていれば、ゴシップにまみれますわね。
 よからぬことを考える輩があれこれとマイケルを困らせて金銭を巻き上げようと考えもしますわね。これだけのゴシップ報道に苛まれながら、よくもまぁ自殺したりしなかったもんです。生きることにしっかりとした目標がある人だったんだと思わずにはいられません。
 
 
 マイケルは、十五ものギネス記録を持っています。
 いくつかあげましょうか。

 CM出演料史上最高額の記録。
 これは有名なペプシコーラのCMの契約金で、十三億円だそうです。
 ですが、マイケルはコーラを飲まないそうで、このCMが作られた時分もまったく飲まなかったそうです。

 個人アーティストでのグラミー賞最多受賞の記録。
 一九八四年のグラミー賞で、八部門を受賞しています。化け物ですね、スリラーでたしかに化け物になっていましたがね。

 史上最も売れたアルバムの記録。
 これはもうすご過ぎです。スリラーが全世界で一億四百万枚!! 四百万枚でもすごいっていうのに、その上に一億がつくんですよ!? 意味が……意味がわからん!!(笑)
 
 史上最高額の所得を得たエンターティナーの記録。
 さらにすごいのがこれですね。一九八九年の所得で一億二千五百万ドルです。わかります? ドルですよ。円じゃありません、ドル。日本円にすると、一七五億円です!! 一年で一七五億円も稼いだってことですよ!? わ、わけがわかりません。(笑)

 ほかにこんなギネス記録もあります。
 
 ポップミュージックでもっとも成功した家族の記録。
 家族で全米シングルチャート一位を取った曲数が合計で二十六曲だそうです。家族でってところがミソですね。こんな家族、もう一生現れそうにありません。(笑)


 とまぁ、マイケルが存在するところには数々の伝説が生まれています。良いことも悪いことも、どんなことでも桁違いなことになっているわけです。
 コンピューターウィルスにまでマイケルが利用されたことが何度もあったくらいですからね。
 マイケルが一歩動けば、おかねも動き、栄光も動き、名誉もゴシップも、ありとあらゆるものが動く。まさに世界を動かしていたアーティストだったのでしょうね。


 最後にもう一度、THIS IS ITを観た感想です。
 はっきり言って、とっても感動したけど、とっても悲しいです。
 だって、これだけのすばらしいアーティストが、暗殺まがいな死にかたをしてしまったわけですからね。
 
 死んで伝説になるとは良く言いますし、実際にマイケルは死んだことで世界を動かしたのも事実でしょう。伝説になったのも事実でしょう。
 
 ですが、このDVDを観る限りじゃ、生きてロンドン公演をやっていても、間違いなく世界を再び動かしたと思います。
 前評判ではかなりな酷評もされていたロンドン公演でしたが、そんなのまったくの嘘っぱちだって、これを観れば誰でもわかります。
 
 五十歳のマイケルが再び世界の中心になる姿を観たかった。

 悲しくて仕方なくなりました。

 
 そんなわたくしですが、マイケルの日本公演のとき。
 あれはちょうど、中学生のときでしたね。
 ローリング・ストーンズの日本公演と時期が重なったか、近かったかしたんですよ。
 あの頃のわたくしは、マイケルよりもストーンズが観たくって、チケット・ピアに電話したのを覚えています。
 あのとき、マイケルのコンサートに行っていたら、人生はもっと違うほうに転がっていたのかもしれません。(笑)

 え? ストーンズのチケットは取れたのかって?
 
 取れませんよ、そんなもの。(笑)


 本日の「しのぶが思うマイケル・ジャクソン」(ええ?? なんか違うぞ!? 笑)
 
 腹筋と腕立て伏せは毎日三百回。(キング・オブ・ポップの見えざる努力の証です)
 

 以上でございます。


 それではまた、酒井しのぶでございました。

拍手[7回]

PR
【酒井しのぶの作品はこちら】
本格ハードボイルド長編小説 

一話読みきり短編作品集 

通話形式の超ショートショート集 

【ランキングに参加中】
作品を気にいっていただけたらランキングのクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ツイッターでこのブログをつぶやけます。
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
無題
マイケルは驚きました!
報道を見る限り
「ロンドン公演?
悪い冗談だろ?」
っていう感じでしたけど、リハーサル映像(ちょっとしか見てない)をみると、十分過ぎるくらいに動いてましたね!

報道だけだと、動いているだけで奇跡みたいな酷い印象を受けていました。

完成したロンドン公演はどんなだったでしょう。
惜しまれます。
こちくん URL 2010/01/29(Fri)00:50:14 編集
こちくんさんへ
 おはようございます。
 最初の死亡報道のときは、またなにかのゴシップ報道で、悪い冗談かと思っていました。
 リハーサルでほかのダンサーやコーラスの人たちに、マイケルが「みんなの出来はすごく良いのに、僕の出来が悪くてごめんね」という内容のことを言っているシーンがあります。
 当然リハですから、マイケルは〝流し〟なわけで、他の人たちはマイケルのレベルに届かせるために必死ですから全力なのですが、〝流し〟でも歌もダンスもものすごいレベルであることが、この映画ではっきりわかります。

 リハーサル映像でなく、本番の映像を観たかったと、本当に悔やまれますね。
酒井しのぶ 2010/01/29 07:45
Re:THIS IS IT
こんばんわ。
やっぱ夜は寒いです。

マイケルジャクソン、実は虫酸が走るほど嫌いでした。(^_^;)
マルコムXのブラックイズビューフティフルに感動した世代、白塗りのお化けが白人にこびを売りと思っていました。
正直なところ(^_^;)
そして彼が死んだあと、ちょっと調べてみました。歌も踊りもその時よく見た感じです。
歌と踊りは確かにすごいですね。おじさんも深く感動しました。世界的なスターであることがよく理解できました。
そして彼にたくさんの苦悩があり、白い肌も病気であったことを知りました。
色々知って初めて彼が哀れになり共感しました。
それにしても一月2億の生活ですか、すげー。
ギネスの記録もほんとにすごいですね。
しのぶさんが惚れ込んでいることもよくわかりました。
腹筋と腕立て伏せは毎日三百回。これもすごいですね。水面下で懸命に足を動かしている水鳥だったのですね。
冥福を祈ります。

KOZOU URL 2010/01/29(Fri)01:10:42 編集
KOZOUさんへ
 おはようございます。
 KOZOUさんのように思っていた人がたくさんいたのも事実で、だからこそゴシップ報道があれだけされる人だったわけです。つまり、ゴシップ記事がとんでもない大金を生むと言う意味でも、スーパースターだったんでしょうね。(笑)
 そういう意味では、アンチファンの存在も桁違いなスーパースターだったわけです。アンチファンにも感謝です。(笑)

 整形もはっきりそれとわかるだけやっているわけですが、最初にいじったのは、マイケルのことを虐待していた父親にずっとなじられていてコンプレックスになっていた鼻でした。
 ジャクソン・ファイブ時代のマイケルの鼻は、これでもかってくらいの団子鼻でしたからね。
 父親を見ただけで失神してしまった事実さえあるほど、恐怖の対象だったのです。
 ジャクソン・ファイブ時代は、父親がかねの亡者で恐ろしいほどの練習を課せられていたそうです。ソウル・トレインでのジャクソン・ファイブを見ている限りじゃまったく想像できないことですが、マイケルが子供に対して性的虐待裁判まで起こされるほどの愛情を注いでいたのも、そうした経験があったからなのでしょうね。

 記録といえば、THIS IS ITのDVD初日の売り上げが16億円を超えたそうです。
酒井しのぶ 2010/01/29 08:10
Re:THIS IS IT
う~ん。
マイケルに関しては、何も言う事がないなぁ。
ジャイケル・マクソンは見てるけど(苦笑)
けびん URL 2010/01/29(Fri)01:16:59 編集
けびんさんへ
 おはようございます。
 音楽に好き嫌いがあるのは当然のことですからね。何もおっしゃられなくて良いです。(笑)
 タバコは好きだけど、葉巻は嫌いだってのと同じで、嗜好品ですからね、音楽は。( *´艸`)
 
 
 
酒井しのぶ 2010/01/29 08:08
Re:THIS IS IT
しのぶさん、こんにちわ。
実は昨日訪問してコメントを残したのですが、コッメント先が、ここではなくて、拍手をポチしたら開いてここに書くんだなと何の疑いも無く書いてしまいました。お願い事も書いていますのでどうかよんでください。

マイケルの死は衝撃でした。本当にまだ倫敦公演を控えてレッスン続けている、そんな気がします。

いつまでもみんなの心に残る人だと思います。彼は優しすぎた・・・だから愛されるのでしょうね。

 ありがとうございました。
とこ URL 2010/01/29(Fri)08:22:47 編集
とこさんへ
 すいません、紛らわしい機能があれこれと……。(汗)
 拍手のコメント拝見いたしました。ありがとうございます。リンクぜひお願いします。わたくしのほうでも貼らせてもらいますね。(*´ω` )ノ
 
 マイケル、とっても優しく、そしてとっても強かったんだと思います。
 常人では想像すら出来ない毎日のなかで、人を愛することを忘れずにいれたのは、信念がしっかりしていたからだとしか思えません。
 DVDを観て、冥福を祈るしかできないのがとっても歯がゆいと感じるわたくしでした。
 
 とはいえ、マイケルのゴシップも大好きなわたくしです。( *´艸`)
 ゴシップも大物! さすがマイケルです。(笑)
酒井しのぶ 2010/01/29 08:41
Re:THIS IS IT
「THIS IS IT」評判いいですよね。
買おうかな。

マイケルの生き様かっこよすぎですね。
もう少し長生きしてほしかった。
Sportちょっぷ URL 2010/01/29(Fri)21:06:49 編集
Sportちょっぷさんへ
 こんばんは。
 本当に惜しまれますよね。50歳はちょっと若すぎです。
 マイケルが好きだったり、興味があったりする人なら、絶対にお勧めですよ、THIS IS IT。( *´艸`)
酒井しのぶ 2010/01/29 22:50
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
RSS

Add to Google
このブログをリツイート!
ブログ内検索
最新コメント
[11/13 DSLR-A850]
[09/21 ばたこ]
[05/19 メルマガアフィリとブログアフィリで初心者でも稼ぐ@中野]
[04/27 ゆっきー]
[01/17 凛 七星]

* 管理人が返信したコメントにはメモ帳マークが表示されます。
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
バーコード
携帯電話からの閲覧は↓をバーコードリーダーで写してくださいませね。


忍者ブログ  /  [PR]
 / COPYRIGHT ©  酒井しのぶ ALL RIGHTS RESERVED