QLOOKアクセス解析
翻訳の妙 忍者ブログ
妄想/連想/暴走――激走する脳内モルヒネの意想。 変態ハードボイルド小説作家の有相無相――
酒井しのぶの作品紹介
【ファッキン・シスターズ・クライスト】
 酒好きで女好きで自堕落で格好つけの片桐有二は、二十五年まえに体験したレイプ事件のトラウマに悩まされる、ハードボイルドを気取った私立探偵。ある依頼がもとで、変態性癖が巻き起こす事件に首を突っ込むことになってしまう。高飛車で自分勝手なふしだら女の酒井しのぶと共に、事件の真相を探りだすのだが……推理あり、シリアスありの、本格ハードボイルド長編小説。
 

【あいつとの電話】
 ツンデレコンビのしのぶと有二。小説のなかだけじゃなく、普段の会話も超ツンデレ&超下品でちょっぴりエッチ!
 酒井しのぶの小説に登場する二人が織り成す、会話のみの超ショートショート作品集です。一話読みきりなので、お気軽に読んでいただければと思います。
 

【Shinobu to Yuji 短編集】
 長編ファッキン・シスターズ・クライストの外伝的一話読みきり短編作品集。笑い、切ない過去、素直じゃない愛情、そしてお決まりのエッチな会話。しのぶと有二のツンデレコンビは、殺人事件がなくても面白い。
 

 (注: すべての作品がR15指定です。作品の性格上、性描写、暴力描写、差別的発言などが各所に出てきます。不快に思う人は読まないでください)
管理人プロフィール
酒井しのぶのプロフィールは↓からどうぞ。
My Profile by iddy

Google Profileはこちら

酒井しのぶへのご意見、ご要望、ご感想など、記事コメント意外の内容は↓へお願いいたします。
おきてがみ

mixi(ミクシィ)やってます!
ランキング
お気に召しましたらクリックしてくださいませ。
にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン   
メールフォーム
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ。
*返信が必要な場合は、返信先アドレスを入力の上、その旨お書きくださいませ。
Powered by NINJA TOOLS
インフォメーション

【ボチボチと書き始めています】
 いろいろあり、忙しい毎日を過ごしています。
 書きたい衝動は日に日に増してくるのですが、なかなか時間が作れず、昔のようにすべてを犠牲にして書く勇気もなく、いまは我慢の時期かなと思う今日この頃。
 それでも、書かずにはいられないときもあるので、短いエピソード的なものをチマチマと書いたりしています。
 皆様のところへ訪問する時間はまだなかなか作れませんが、毎日少しづつですが、勉強し精進しているところですので、いましばらくお待ちくださいませ。

【ご連絡】
 記事下部の拍手ボタンを押してくださり、拍手内でコメントくださる方がたくさんいてありがたく思っております。
 拍手内のコメントでは、こちらからの返信ができませんので、返信をご希望の方は記事へのコメントをお願いいたします。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【酒井しのぶの作品はこちら】
本格ハードボイルド長編小説 

一話読みきり短編作品集 

通話形式の超ショートショート集 

【ランキングに参加中】
作品を気にいっていただけたらランキングのクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ツイッターでこのブログをつぶやけます。
 こんにちは、酒井しのぶでございます。


 わたくし、アメリカ人作家の小説ばかりを読んできました。(日本の小説はほとんど読まないので、まったく詳しくありません)
 当然ですが、原版ではなく日本語訳版を読みます。(そんなに賢くないのです 笑)
 英語は簡単な言語だとよく言われますが、簡単ゆえに複雑な日本語にするときには、翻訳家の表現でずいぶんと変わるものです。

 そんなわけで、ウィキペディアを見ていてこんな面白いものを見つけたので、ちょっと紹介しちゃいます。

 フィリップ・マーロウ - Wikipedia

 この記事で取り扱う部分に関しては、わたくしの言葉に置き代えて説明させていただきますので、参考文献としてご覧になりたい人は上のリンクを踏んでみてください。

 
 さて、わたくしはいつも話しておりますが、ハードボイルド小説というカテゴリーが大好きです。
 ハードボイルド小説というジャンルを開拓したのは、間違いなくダシール・ハメット(代表作「マルタの鷹」)ですね。「マルタの鷹」の、サム・スペードはクールで格好よくって、そして女に手が早い。(相棒の妻にまで手を出してしまうほど)ですが、仕事に対しては非情で徹底的という、ハードボイルドの条件をすべて確立しています。
 
 そして、このハードボイルド小説というジャンルを、さらに発展させたのが、私立探偵小説になるんじゃないかと、わたくしは思っております。
 私立探偵小説というのは、アメリカの安い雑誌による連載が発祥です。(たぶんね。違うかもしれませんが 笑)つまり、安っぽいってことです。これ、はっきり言ってとんでもなく重要です。〝安っぽい〟と言うのは、私立探偵小説の底辺です。
 安い雑誌に掲載されたということは、安い雑誌の購買層が愛読したってことです。安い雑誌の購買層の普段の生活地域、つまり、繁華街やダークタウンといった悪びれた地区が舞台になり、小説のなかで起こる犯罪の質も、当然安っぽくなります。それまでの推理小説というのは、イギリスが舞台の天才探偵による、かね持ちたちの事件で、かね持ちたちだけの間の話でした。
 私立探偵小説は、この縛りを解放したわけです。これにより、密室トリックなどの特殊形態も少なくなり、より現実に近い推理小説になっていきます。そしてまた、小説を大衆の身近なものにする大きな役割を担いました。
 
 そんな背景のなかで生まれたのが、レイモンド・チャンドラーが描いたフィリップ・マーロウです。
 
 チャンドラーは、マーロウが主人公の作品をたくさん書いてます。マーロウもまた、タフで、格好良くて、女に手が早くて、仕事に対しては徹底的という、ハードボイルドの条件を満たしています。
 
 そして、私立探偵小説、ハードボイルド小説、これらのジャンルの小説というのは、必ずと言っていいほどに、最後に主人公が〝決めゼリフ〟を言うものです。(ですが、この決めセリフは、言うべくして言う、つまり作品に大きな関連があるというわけではないと思います。ただ単に格好良いセリフで、作品を綺麗にまとめるためのキーワードのようなものでしょう)
 
 さて、ここまで長々と書いてきましたが、今日はこの〝決めゼリフ〟が翻訳する人の違いでどう変わるのかということを、ご紹介しようと思います。

 まず、最初に言っておきますが、わたくしはチャンドラー作品、特にマーロウが登場する作品では、清水俊二の翻訳が一番好きです。(思いっきり個人的な思い入れをアピールしますが、それが個人ブログというものです)
 
 ではそれを踏まえて。
 
 To say Good bye is to die a little.
 
 これが、今回の言葉。清水俊二の訳では、「長いお別れ」というタイトルの作品に出てくる言葉です。
 清水俊二は「さよならをいうのはわずかのあいだ死ぬことだ」と訳しています。
 
一方、 村上春樹の訳では、「ロング・グッドバイ」というタイトルになります。
 そして村上春樹は「さよならを言うのは、少しだけ死ぬことだ」と訳しています。
 
 面白いですね。同じような意味になりますが、よく読むとずいぶん違ってきます。前者は、言葉のとおり〝少しの時間、死んでしまう〟という意味になるのでしょうが、後者は〝自分の魂の一部分が少しだけなくなってしまう〟というような意味に取れます。
 
 わたくしが清水俊二の訳が好きな理由は、いくつかあります。たとえば、マーロウの一人称を「私」にしているところ。「僕」や「俺」や「おいら」や「おいどん」や「小生」などでは、マーロウっぽくないと感じますからね。
 もう一つ、とってもシンプルな表現をするところです。これは私立探偵小説では、けっこう重要だと思うのですよ。一人称で描かれるのが私立探偵小説の特徴なわけですが、沈着冷静な主人公の心情を描くのには、言葉数が多かったり、あれこれと表現豊かだったりする必要はないんです。機械的なほうがそれらしいし、無表情なほうがそれらしいんです。

 それらを踏まえて考えると、村上春樹のセリフは、とても洒落ていますが、私立探偵っぽくないですね。
 清水俊二のほうが、言葉そのままを訳したという感じで、〝その言葉の意味は読者が好きに考えろよ〟というような感じを受けます。
 
 
 普段なかなか、同一の作品を複数の翻訳で読み比べるという機会には出会いませんが、翻訳ってとっても大変だし、翻訳する人の色がはっきり出るんだなって思いますよね。
 作品を全部読めばわかりますが、清水俊二の「長いお別れ」は古臭さがあります。畳の書斎で原稿用紙に書いていた時代の匂いがします。(笑)
 村上春樹の「ロング・グッドバイ」は最近の作品ってのもあって、今風ですね。全体を通して、とても洒落ています。
 当然ですが、どちらも原作に忠実ですので、チャンドラーの面白さはしっかり出ています。どっちを読んでも満足できる作品なのは間違いありません。

 どっちが優れているかは比べることではありません。
 重要なのは、〝どっちが好きか〟ということで、それはつまり、小説というのは〝嗜好品〟であるということです。ビールと焼酎、どっちが好きなの? といったレベルですし、ハイライトとショートホープのどっちが好きなの? といったレベルです。わたくしは、小説というのはそれでいいんだと思っていますし、そうでなきゃ面白くないと思っています。
 そしてわたくしは、清水俊二が訳したフィリップ・マーロウが大好きなのです。

 長くなりましたが、今日はこの辺で。

 
 今日のしのぶが思うハードボイルド。

 性欲には野生を、仕事には理性を、そのどちらにも体力を。

 以上でございます。(今日のブログの趣旨に真似て、決めゼリフっぽくしてみました。 笑)


 ちなみにわたくしの長編、ファッキン・シスターズ・クライストでも、最後の最後に決めゼリフがあります。主人公の有二としのぶが、得意の下品な話をするシーンでのセリフで、当然ですがとっても下品です。(子供には聞かせられないセリフですので、興味がおありの人だけ読んでみてください。 笑)


 それではまた、酒井しのぶでございました。

拍手[6回]

PR
【酒井しのぶの作品はこちら】
本格ハードボイルド長編小説 

一話読みきり短編作品集 

通話形式の超ショートショート集 

【ランキングに参加中】
作品を気にいっていただけたらランキングのクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ツイッターでこのブログをつぶやけます。
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
Re:翻訳の妙
拝見させていただきました。
応援ポチポチ!
アシュトン URL 2010/01/04(Mon)11:41:36 編集
アシュトンさんへ
 こんにちは。
 応援ありがとうございます。とっても励みになっております。
 そちらのブログにコメント欄などがないようですので、こちらで返信させていただきますね。(あったら、ごめんなさい)
 お礼の応援させていただきました。
 株式専門のランキングサイトっていっぱいあるんですね。知らない世界なので、なにもかもがはじめてで驚きばかりです。(笑)だからちょっと楽しんで拝見させていただいております。
 また伺わせていただきます。ありがとうございました。
酒井しのぶ 2010/01/04 13:05
Re:翻訳の妙
あけましておめでとうございます
いつも訪問そしてコメントありがとうございます
そしてコメント返しもろくにせず,すみません
勝手にブログ応援させてもらってます。
ご迷惑ならお伝えください。
http://form1.fc2.com/form/?id=376779

今年もよろしくお願いします
よい年でありますように。
伯符 URL 2010/01/05(Tue)14:01:16 編集
伯符さんへ
 あけましておめでとうございます。
 コメントありがとうございました。そして応援ありがとうございます。
 わたくしも勝手に奥様のファンになっています。(笑)
 今年もまた、よろしくお願いいたします。
酒井しのぶ 2010/01/05 17:14
Re:翻訳の妙
おはようございます。

ほんとに翻訳でがらっと変わるし、翻訳は一つの創作なのでしょうね。
マルタの鷹とマーロウもいくつか読みました。
マーロウはほんとに味がありますね。
大きな典型でそのあとの私立探偵ものに大きな影響を与えたのでしょうね。
村上春樹は大嫌いですが(^_^;)
ほんとに小説は嗜好品ですね。

「性欲には野生を、仕事には理性を、そのどちらにも体力を」日本名言集に載る
べき名言です(*^_^*)
KOZOU URL 2010/01/06(Wed)07:18:21 編集
KOZOUさんへ
 村上春樹は、わたくしもあまり好きじゃありません。(笑)
 チャンドラーは、ハメットが作ったハードボイルド小説の基礎をもとに、私立探偵小説の定石すべてを作り上げた人でしょう。
 翻訳は創作、まさにそのとおりでしょうね。
 
「性欲には野生を、仕事には理性を、そのどちらにも体力を」
 日本名言集協会からのオファーを待つことにしましょう。(笑)
酒井しのぶ 2010/01/06 10:28
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
RSS

Add to Google
このブログをリツイート!
ブログ内検索
最新コメント
[11/13 DSLR-A850]
[09/21 ばたこ]
[05/19 メルマガアフィリとブログアフィリで初心者でも稼ぐ@中野]
[04/27 ゆっきー]
[01/17 凛 七星]

* 管理人が返信したコメントにはメモ帳マークが表示されます。
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
バーコード
携帯電話からの閲覧は↓をバーコードリーダーで写してくださいませね。


忍者ブログ  /  [PR]
 / COPYRIGHT ©  酒井しのぶ ALL RIGHTS RESERVED