QLOOKアクセス解析
私立探偵は現在進行形 忍者ブログ
妄想/連想/暴走――激走する脳内モルヒネの意想。 変態ハードボイルド小説作家の有相無相――
酒井しのぶの作品紹介
【ファッキン・シスターズ・クライスト】
 酒好きで女好きで自堕落で格好つけの片桐有二は、二十五年まえに体験したレイプ事件のトラウマに悩まされる、ハードボイルドを気取った私立探偵。ある依頼がもとで、変態性癖が巻き起こす事件に首を突っ込むことになってしまう。高飛車で自分勝手なふしだら女の酒井しのぶと共に、事件の真相を探りだすのだが……推理あり、シリアスありの、本格ハードボイルド長編小説。
 

【あいつとの電話】
 ツンデレコンビのしのぶと有二。小説のなかだけじゃなく、普段の会話も超ツンデレ&超下品でちょっぴりエッチ!
 酒井しのぶの小説に登場する二人が織り成す、会話のみの超ショートショート作品集です。一話読みきりなので、お気軽に読んでいただければと思います。
 

【Shinobu to Yuji 短編集】
 長編ファッキン・シスターズ・クライストの外伝的一話読みきり短編作品集。笑い、切ない過去、素直じゃない愛情、そしてお決まりのエッチな会話。しのぶと有二のツンデレコンビは、殺人事件がなくても面白い。
 

 (注: すべての作品がR15指定です。作品の性格上、性描写、暴力描写、差別的発言などが各所に出てきます。不快に思う人は読まないでください)
管理人プロフィール
酒井しのぶのプロフィールは↓からどうぞ。
My Profile by iddy

Google Profileはこちら

酒井しのぶへのご意見、ご要望、ご感想など、記事コメント意外の内容は↓へお願いいたします。
おきてがみ

mixi(ミクシィ)やってます!
ランキング
お気に召しましたらクリックしてくださいませ。
にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン   
メールフォーム
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ。
*返信が必要な場合は、返信先アドレスを入力の上、その旨お書きくださいませ。
Powered by NINJA TOOLS
インフォメーション

【ボチボチと書き始めています】
 いろいろあり、忙しい毎日を過ごしています。
 書きたい衝動は日に日に増してくるのですが、なかなか時間が作れず、昔のようにすべてを犠牲にして書く勇気もなく、いまは我慢の時期かなと思う今日この頃。
 それでも、書かずにはいられないときもあるので、短いエピソード的なものをチマチマと書いたりしています。
 皆様のところへ訪問する時間はまだなかなか作れませんが、毎日少しづつですが、勉強し精進しているところですので、いましばらくお待ちくださいませ。

【ご連絡】
 記事下部の拍手ボタンを押してくださり、拍手内でコメントくださる方がたくさんいてありがたく思っております。
 拍手内のコメントでは、こちらからの返信ができませんので、返信をご希望の方は記事へのコメントをお願いいたします。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【酒井しのぶの作品はこちら】
本格ハードボイルド長編小説 

一話読みきり短編作品集 

通話形式の超ショートショート集 

【ランキングに参加中】
作品を気にいっていただけたらランキングのクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ツイッターでこのブログをつぶやけます。
 こんばんは、酒井しのぶでございます。

 
 おかげさまで、ランキングサイト「Blogram」にて、長編小説部門1位、ハードボイルド部門1位、ミステリー・推理小説部門3位と、健闘させていただいております。
 これもひとえに皆様の応援の賜物であります。感謝しております。本当にありがとうございます。
 
 てことで、遠慮せずにポチクリしちゃってくださいませね!(鬼畜だこいつ! 笑)
 ささ、どうぞ。→ blogram投票ボタン

 ところで、この「Blogram」ですが、通常のランキングサイトと同じで、投票による順位決めのほか、記事の内容によっても順位が決まるという一風変わったランキングになっています。
 わたくしの場合おそらくは、記事による効果でランキング上位にいられるのだと思うわけですが……ここで疑問!

 いったいいつ、長編小説についてあれやこれやと記事を書いたのか、まったく記憶にありません。なのに長編小説部門で1位とは!?

 まぁいいか。(笑)

 
 あ、そうそう。
 もうご存じの人もいるでしょうが、「doragger」というブログパーツも設置したんですよ。
 これは、設置したブログ内すべての文字に適用されるブログパーツで、気になる文字をドラッグすると、その文字の意味が表示されるという仕組みになっています。
 さらに、詳細を見ることもでき、その際にはウィキペディアにジャンプします。
 さらにさらに、ドラッグ数がランキングになっており、このブログで多くドラッグされた文字はもちろん、全国各地で「dragger」を貼り付けているブログさんすべてのドラッグされた文字を集約したランキングも見ることができます。
 うん、面白いです。

 ちなみに、「酒井しのぶ」をやたらとドラッグしている、そこのあなた。
 doraggerはウィキペディアがベースなので、「酒井しのぶ」の意味は出てきませんよ!
 恥ずかしいのでやめましょうね。(笑)

 それ以外の文字でしたら、好きなだけドラッグしちゃってくださいね。楽しいですよ!


 さてそれでは本題。
 今日は、タイトルにあるとおり、初心者が陥りやすい罠について書きます。(注: いつものとおり、これはわたくしの勝手な妄想ですので、ここで書いたことを鵜呑みにしないように。あくまでも参考程度に読んでくださいませね)

 小説には時間軸という概念があります。
 
 一番単純なのは、〝現在→未来〟という形式ですね。
 小説の冒頭が〝今〟であり、そこから〝未来〟に向かっていく、つまり通常の時間と同じ進行をしている形式です。

 ほかに多いのだと、回想録みたいなので、〝現在→過去→現在〟って形式でしょうか。これはたとえば、映画にもなった「タイタニック」などが代表例になるでしょうか。
 
 ほかにもたくさんの形式があります。
 たとえば、〝現在→過去1 現在→過去2 現在→過去3 現在〟なんてのもありますし、〝現在→過去→現在→未来〟なんてのもありますね。
 
 まぁ、今日はここはあまり重要じゃないので、省きます。いろいろあるってことでOKです。
 
 
 さて、初めて小説を書いたときって、どうしましたか?
 ちゃんと小説について勉強して、自分が書きたいジャンルについて勉強して、そのジャンルのスタイルを学んで、綿密にプロットを作りあげてから書きましたか?
 なかにはそういう人もいるでしょうが、ほとんどの人は違うでしょう。生まれてはじめて小説を書いたときは、いきなり思うがままに書きだしましたよね。

 思うがままに書くという行為に限界を感じて、はじめて勉強しだすのが、一般的な流れじゃないでしょうか。なにせ多くの人が、小説家になりたいとか、小説を書いてみたいと思う年齢のころというのは、通っている学校は義務教育で、義務教育では、小説の書き方について教えてはくれませんからね。

 そうなんです。ここが今日の重要点!

 義務教育で教えてくれるのは、作文とか読書感想文の書き方なんですよ。

 これらはどちらも、事後報告形式の書き方になるんです。
 皆さん、遠足に行った作文を、小学校の宿題にされたことがありますよね?
 夏休みに読書感想文を書かされた記憶がありますよね?
 それらはすべて「〇〇しました」とか「〇〇と思いました」とかっていう、過去形文になりますね。

 小説を始めて書く人が良く使うのは、これです。
 過去形で文章を書いてしまうんです。
 
 もちろん過去の出来事を書く小説ならそれであっています。

 ですが、〝今〟を書く小説でそれは?
 
 最初から最後まで(あるいは一つの章や一定の段落で区切りをつけて)、過去形を使うならいいかもしれません。最悪なのは、過去形と現在進行形が混じってしまうことです。

 あの子はミニスカートを履いていた。
 おれはそのふっくらした太ももをじっと見つめる。


 はい、おかしいですね。
 この場合はこうなります。

 あの子はミニスカートを履いている。
 おれはそのふっくらした太ももを見つめる。


 あるいはこうなります。

 あの子はミニスカートを履いていた。
 おれはそのふっくらした太ももをじっと見つめていた。



 この、過去形と現在進行形の入り混じりって、けっこうよくやってしまうんですよね。わたくしなんか、これのチェックは、誤字脱字チェックと同じくらい入念に行いますが、それでも見落としがあったりするほどです。

 
 義務教育で刷り込まれた、過去形文のせいで、「〇〇だった」とか「〇〇した」などの言葉が無意識に出てきてしまって、初めて書いた小説などは、〝今〟を書いている一人称小説なのに、〝今よりちょっとだけ過去〟の小説になってしまって、「うーん……なんかいまいち、勢いがないなぁ」って思ったものです。
 
 わたくしは、十代のころは不良少女でしたから、学校なんてほとんど行ってなかったために、言葉の形式についてはもうさっぱりチンプンカンプンで、このことに気がつくまでに何年もかかってしまいました。(アホだこいつ!)

 ちなみに、わたくしが好きな私立探偵小説は、どれもだいたい〝現在→未来〟の現在進行形式で書かれており、文章も過去形はほとんど使われません。

 それは、主人公である探偵が常に行動している様を描くのが、この私立探偵小説の醍醐味であり、そしてまた、それを読者がリアルに体感するのが、私立探偵小説の醍醐味だからですね。
 過去形で書いた文章は、やはりどこか〝スピード〟に欠け、〝回想録〟のような思い出深い香りがしてしまいますからね。

 皆さんも気をつけましょう。(え? そんなの気をつけないと書けないのってわたくしだけですか!? 失礼しました……汗)


 余談ですが、〝私立探偵〟のことを、英語では〝プライベート・アイ〟と呼びます。
 小説の定義の一つである、〝一人称〟のことも〝プライベート・アイ〟と呼びます。
 ここら辺も、私立探偵小説が一人称で書かれることに、なにか関わりがあるのかもしれませんね。


 本日の「しのぶが思うハードボイルド」

 内面を捨てただ行動する。走る! 走る!! 走る!!!

 以上です。


 それではまた、酒井しのぶでございました。

拍手[3回]

PR
【酒井しのぶの作品はこちら】
本格ハードボイルド長編小説 

一話読みきり短編作品集 

通話形式の超ショートショート集 

【ランキングに参加中】
作品を気にいっていただけたらランキングのクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ツイッターでこのブログをつぶやけます。
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
Re:私立探偵は現在進行形
はじめまして。
このブログパーツ面白いですね。うちでも使わせてもらいたいと思います。

日本語の文章は英語とかに比べると、過去形とか現在形とかが厳格じゃない分、難しいですよね。自分はどんどん軸をずらしてしまう癖があるので、勉強になりました。ありがとうございます。
加藤清春 URL 2010/01/13(Wed)21:43:00 編集
加藤清春さんへ
 こんばんは。コメントありがとうございます。
 そのとおりですね、難しいですよね。雰囲気を作るためにわざと言い換える場合もありますしね。
 語り手の位置取りっていうのが、定まっている小説は読みやすいものですから、わたくしも日々悪戦苦闘しつつ学んでおります。(笑)
酒井しのぶ 2010/01/13 21:58
Re:私立探偵は現在進行形
こんばんわ。
僕の文章は大阪弁まで混じってしまうんで、
余計に何が何やら分からんようになってるでしょうな(苦笑)
学生の頃は関西弁で考えても、
文章にする時は標準語やったんやけど、
最近は浮かんだ事をダイレクトに書いてますなぁ(笑)
大阪弁をそのままストレートに文字にするのは難しいんで、
入り混じってしまうんやけど(笑)
けびん URL 2010/01/14(Thu)01:17:08 編集
けびんさんへ
 こんにちは。
 けびんさんの大阪弁、すごく雰囲気でてますよ。( *´艸`)
 方言というのは、その人の姿や感情だけじゃなく、その土地の雰囲気までも伝えてくれる、素敵な言葉だと思います。
 わたくしは埼玉で、それも東京まで電車なら15分程度のところで生まれ育っているので、これといった方言を持っていません。
 だから余計に、方言で自分を表現できる人がうらやましく思えます。
 今日こっちは、とっても寒いです。そちらはいかがでしょう? あったかくしてお出かけしてくださいね。(*´ω` )ノ
酒井しのぶ 2010/01/14 11:02
Re:私立探偵は現在進行形
こんにちは!
初コメ失礼します。

ブログを書いていると、日本語の細かい表現が気になります。
とても整理されていてわかりやすかったです。
過去形とかの並存は言われてみれば、そうですよね。
気をつけます!

これからもちょくちょく伺わせていただきます。
今後ともよろしくお願いします。
こちくん URL 2010/01/14(Thu)16:01:00 編集
こちくんさんへ
 こんばんは。コメントありがとうございます。
 いえいえ、わたくしが勝手に思ったことを書いただけですので、お気になさらずに。( *´艸`)
 
 とはいえ、現在進行形で書いたほうが、勢いがある文章になるのは、事実でしょうね。勢いがほしいときは現在進行形がいいかもしれません。(笑)
酒井しのぶ 2010/01/14 19:44
Re:私立探偵は現在進行形
こんばんわ。

時制の問題も書いていて気を使いますね。確かに過去形でかくと間延びした感じになりますね。
緊迫した場面は現在形で文を短く。最後は読んだ感覚でしょうからほんとに読者の目で作品を見るのは大切なのでしょうね。
ハードボイルドが現在進行形というのはよくわかります。
KOZOU URL 2010/01/14(Thu)23:39:36 編集
KOZOUさんへ
 なにしろやはり、ハードボイルドはなるべく文章を短く、簡潔にっていうのがありますからね。
 それと、現在進行形でないと、(行動的に)前に進んでいる感じがしないんですよね。
 緊迫感が重要だったりしますから、いままさに緊迫しているんだってことを伝えるには、過去形は似合わないのでしょうね。

 過去形がグッと身にしみる作品もたくさんありますし、ジャンルや表現するものを的確に理解して書かないとダメってことなのでしょうね。
酒井しのぶ 2010/01/15 00:15
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
RSS

Add to Google
このブログをリツイート!
ブログ内検索
最新コメント
[11/13 DSLR-A850]
[09/21 ばたこ]
[05/19 メルマガアフィリとブログアフィリで初心者でも稼ぐ@中野]
[04/27 ゆっきー]
[01/17 凛 七星]

* 管理人が返信したコメントにはメモ帳マークが表示されます。
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
バーコード
携帯電話からの閲覧は↓をバーコードリーダーで写してくださいませね。


忍者ブログ  /  [PR]
 / COPYRIGHT ©  酒井しのぶ ALL RIGHTS RESERVED