QLOOKアクセス解析
クリスマスで思いだすこと 忍者ブログ
妄想/連想/暴走――激走する脳内モルヒネの意想。 変態ハードボイルド小説作家の有相無相――
酒井しのぶの作品紹介
【ファッキン・シスターズ・クライスト】
 酒好きで女好きで自堕落で格好つけの片桐有二は、二十五年まえに体験したレイプ事件のトラウマに悩まされる、ハードボイルドを気取った私立探偵。ある依頼がもとで、変態性癖が巻き起こす事件に首を突っ込むことになってしまう。高飛車で自分勝手なふしだら女の酒井しのぶと共に、事件の真相を探りだすのだが……推理あり、シリアスありの、本格ハードボイルド長編小説。
 

【あいつとの電話】
 ツンデレコンビのしのぶと有二。小説のなかだけじゃなく、普段の会話も超ツンデレ&超下品でちょっぴりエッチ!
 酒井しのぶの小説に登場する二人が織り成す、会話のみの超ショートショート作品集です。一話読みきりなので、お気軽に読んでいただければと思います。
 

【Shinobu to Yuji 短編集】
 長編ファッキン・シスターズ・クライストの外伝的一話読みきり短編作品集。笑い、切ない過去、素直じゃない愛情、そしてお決まりのエッチな会話。しのぶと有二のツンデレコンビは、殺人事件がなくても面白い。
 

 (注: すべての作品がR15指定です。作品の性格上、性描写、暴力描写、差別的発言などが各所に出てきます。不快に思う人は読まないでください)
管理人プロフィール
酒井しのぶのプロフィールは↓からどうぞ。
My Profile by iddy

Google Profileはこちら

酒井しのぶへのご意見、ご要望、ご感想など、記事コメント意外の内容は↓へお願いいたします。
おきてがみ

mixi(ミクシィ)やってます!
ランキング
お気に召しましたらクリックしてくださいませ。
にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン   
メールフォーム
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ。
*返信が必要な場合は、返信先アドレスを入力の上、その旨お書きくださいませ。
Powered by NINJA TOOLS
インフォメーション

【ボチボチと書き始めています】
 いろいろあり、忙しい毎日を過ごしています。
 書きたい衝動は日に日に増してくるのですが、なかなか時間が作れず、昔のようにすべてを犠牲にして書く勇気もなく、いまは我慢の時期かなと思う今日この頃。
 それでも、書かずにはいられないときもあるので、短いエピソード的なものをチマチマと書いたりしています。
 皆様のところへ訪問する時間はまだなかなか作れませんが、毎日少しづつですが、勉強し精進しているところですので、いましばらくお待ちくださいませ。

【ご連絡】
 記事下部の拍手ボタンを押してくださり、拍手内でコメントくださる方がたくさんいてありがたく思っております。
 拍手内のコメントでは、こちらからの返信ができませんので、返信をご希望の方は記事へのコメントをお願いいたします。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【酒井しのぶの作品はこちら】
本格ハードボイルド長編小説 

一話読みきり短編作品集 

通話形式の超ショートショート集 

【ランキングに参加中】
作品を気にいっていただけたらランキングのクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ツイッターでこのブログをつぶやけます。
 こんにちは、酒井しのぶでございます。


 クリスマス・イブでございますね。
 皆さん、クリスマスにはいろいろと思い出がおありでしょう。わたくしにはあまりありませんね。というのも、わたくしあまり、行事ごとに関心がないのですよ。クリスマスに限らず、誕生日とか、お盆とか、お正月とか、お彼岸も、ひな祭りも、子供の日も、これといってこだわってみたり、お祝いしてみたりということを、積極的にしないタイプなんです。
 とはいえ、世間並みの暮らしをしている都合上、お正月とクリスマスくらいは、それなりに過ごしておりますが。
 
 そんなわけで、クリスマスというキーワードで思いだすこと。

 わたくしの場合、まっさきに思い浮かぶのが二つあります。
 一つ目は、ジョン・レノンですね。ハッピー・クリスマスですよ。
 
 と言いつつ、動画はマライア・キャリーにしてみます。(なぜだ!?)

 
 だって、ジョン・レノンの曲をアップするのはありきたり過ぎますからね。
 べつにここで観なくても、あちこちのサイトで観れるでしょ?(笑)
 
 それにしてもマライアったら、太りすぎじゃないのこれ?
 デビュー当時はとってもかわいかったのにねぇ。
 
 ですが、歌は上手いですねぇ。これ、レコーディングのよりも上手いんじゃないのかしら。
 でも、〝しのぶとロック〟では紹介しませんよ。(笑)
 
 
 さて、もう一つあるんですよ、クリスマスと聞いて思い浮かぶものが。
 
 それは、ジェイムズ・エルロイの『LAコンフィデンシャル』です。
 この作品に出てくる、血のクリスマス事件。
 これを思いだしますね。
 
 ネタバレですが、どんな事件だか説明しちゃいましょうか。

 まぁ簡単に言うと、クリスマスの夜に仕事をしている警官たちが、署内でパーティーを開くわけです。(違反行為ですが、大目に見てもらうわけですね)
 それでもって、警官に暴力を振るって逮捕され留置場に拘留されていたヤツらを、ぶちのめそうってことになるんですよ。酔っ払った勢いでね。大勢の警官が大暴れするわけです。
 死人こそ出ませんが、大参事の留置場。これが「血のクリスマス事件」です。
 LAPDは、これが職務中の飲酒によって起こった事件なわけですから、警官たちを処罰しないわけにいかなくなり、内務課が調査に乗り出して、左遷させられたり、クビになったり、降格させられたりする刑事がたくさんでるのですが、このときに、体制側について出世するヤツと、仲間を売ることを嫌い口を塞ぎ、罰を受けるヤツとに別れ、それがその後の事件に繋がっていくんですね。
 
 まぁはっきりいって、ロサンジェルスの悪徳警官たちによる、ろくでもない事件ってわけです。
 
 はい、すいませんね。こんなことが真っ先に頭に浮かんでしまって。

 LAコンフィデンシャルは映画にもなり、アカデミー賞を取りましたよね。(たしかシナリオ部門だったかな)
 
 すぐれた映画なのは間違いないのでしょうが、原作を先に読んでいたわたくしにとっては、ただの茶番でしたね。そもそもエルロイ様の作品はいくつもの事件が折重なって構成されていますから、映画にするにはかなり削らないといけないんですね。ですが、綿密で巧妙なプロットを作るエルロイ様ですから、どれか一つでも事件が抜けると、無理が出てきてしまうし、話の筋を通すために、違うストーリーになる。
 結果的には、うすっぺらい作品を有名どころの役者で補うって感じになるんです。
 うん、映画化って難しいですね。
 
 LAコンフィデンシャルをしらない人は、映画ではなく、原作をまず読みましょうね。それから映画を見て、1950年代のロサンゼルスの雰囲気だけを味わえばそれでじゅうぶんです。
 
 
 そして、もうご存知の人も多いと思いますが、わたくしはジェイムズ・エルロイ様の大ファンでございます。
 本はもちろん、ビデオまで持っています。(ビデオってなんだ!?)
 このビデオ、タイトルは「ホワイトジャズ」といいまして、LAコンフィデンシャルのあとに書かれた作品のタイトルと同じなんですが、内容はホワイトジャズのことではないというね。そのあとに書かれた「わが母なる暗黒」という、エルロイ様が自分の母について書いたエッセイの内容を、解説しているビデオなんです。(文芸春秋から出版物として売られたビデオです)
 
 あれ? 話が脱線しましたね。

 なんだっけ……あ、そうそう。わたくし、エルロイ様の大ファンで、ファンと言うよりは信者ですね、もう。
 
 エルロイ様の作品に毒されまくり、妄想が膨らみすぎた結果、小説を書こうかと思ったくらいですからね。膨らみ過ぎて爆発しそうな妄想を、書くことで処理したってわけです。
 
 ですから、わたくしの作品は、エルロイ様への愛の結晶なんですよ。(え? 違う?)
 
 なんか取り止めがない話になってしまったので、ここらで打ち切りましょうか。


 それではまた、酒井しのぶでございました。

拍手[4回]

PR
【酒井しのぶの作品はこちら】
本格ハードボイルド長編小説 

一話読みきり短編作品集 

通話形式の超ショートショート集 

【ランキングに参加中】
作品を気にいっていただけたらランキングのクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ツイッターでこのブログをつぶやけます。
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
映画は観ました
映画のLAコンフィデンシャルは観ましたが、さすがに原作は読んでません。
しかしながら、ハードボイルド部門上位に入っていらっしゃるのはスゴいです!
お気に入りに入れておきますので、頑張って書いてください!
(ステプ…ってここにはなかったすね!ガーハハハ…ってオチなしですいません。ww
BENクー 2009/12/24(Thu)22:00:25 編集
BENクーさん
 原作は500ページくらいの上下巻(エルロイ様の作品は長いんです。短編ですら長い)なので、覚悟しないと読めません。(笑)
 映画には登場しない、もっと大きな事件が原作にはあって、それが映画に出てくる事件とも絡んでいて、尚且つ、ダドリー・スミスとエド・エクスリーの戦いは続編のホワイトジャズに続くという、恐ろしいほど膨大で綿密なプロットで成り立っているんですよ。
 LAコンフィデンシャルは、エルロイ作品のなかの「暗黒のLA四部作」の3作目にあたるんですが、このシリーズ4作は、年表にするだけでも小冊子にできるほどの情報量なんです。
 ハードボイルドが好きなら、読んでみる価値はじゅうぶんにありますよ( *´艸`)
 お気に入りにしてくれてありがとうございます。
酒井しのぶ 2009/12/25(Fri)00:07:34 編集
おはようございます
おはようございます。
今日は少し暖かいようです。

わたしもあまり行事はどうでもいい方ですね。
ましてバレンタインとかハロウィンとかわけわからぬものまで増えてきて(^_^;)
バレンタインデーはカポネが虐殺した日ですよね。
わたしもクリスマス、ジョンレノンの口ですかね。
マライア・キャリー太めだけどかわいいですね。
『LAコンフィデンシャル』映画は見ましたが読んでませんね。
なるほど映画はそこそこでしたが、やはり原作読まないとだめですね。
あのころのロサンゼルス警察の雰囲気が濃厚に書かれているのでしょうね。

しのぶさん、いつも読んでいただきコメント大変ありがとうございます。
KOZOU URL 2009/12/25(Fri)06:40:28 編集
KOZOUさん
 おはようございます。
 アル・カポネ、わたくしもとっても興味があり、いろいろと調べています。
 どちらかと言うと、後釜に座ったサム・ジアンカーナへの興味のほうが強いですが。(笑)
 
 たぶん、原作より先に映画を観ていれば、素晴らしい映画だと思えたんだと思います。先に原作を読んでしまいましたからねぇ。
 ハンニバルシリーズのときは、映画を先に観ていたので、こんなすごい映画はないと思ったりしたのですが、原作を読んだら、はるかにすごくて興奮したものでした。
 小説には時間の制約がないというのが、作品の深みに大きく影響して、圧倒されるほどの話が多いのでしょうね。
酒井しのぶ 2009/12/25(Fri)10:07:19 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
RSS

Add to Google
このブログをリツイート!
ブログ内検索
最新コメント
[11/13 DSLR-A850]
[09/21 ばたこ]
[05/19 メルマガアフィリとブログアフィリで初心者でも稼ぐ@中野]
[04/27 ゆっきー]
[01/17 凛 七星]

* 管理人が返信したコメントにはメモ帳マークが表示されます。
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
バーコード
携帯電話からの閲覧は↓をバーコードリーダーで写してくださいませね。


忍者ブログ  /  [PR]
 / COPYRIGHT ©  酒井しのぶ ALL RIGHTS RESERVED