QLOOKアクセス解析
アレサ・フランクリン 忍者ブログ
妄想/連想/暴走――激走する脳内モルヒネの意想。 変態ハードボイルド小説作家の有相無相――
酒井しのぶの作品紹介
【ファッキン・シスターズ・クライスト】
 酒好きで女好きで自堕落で格好つけの片桐有二は、二十五年まえに体験したレイプ事件のトラウマに悩まされる、ハードボイルドを気取った私立探偵。ある依頼がもとで、変態性癖が巻き起こす事件に首を突っ込むことになってしまう。高飛車で自分勝手なふしだら女の酒井しのぶと共に、事件の真相を探りだすのだが……推理あり、シリアスありの、本格ハードボイルド長編小説。
 

【あいつとの電話】
 ツンデレコンビのしのぶと有二。小説のなかだけじゃなく、普段の会話も超ツンデレ&超下品でちょっぴりエッチ!
 酒井しのぶの小説に登場する二人が織り成す、会話のみの超ショートショート作品集です。一話読みきりなので、お気軽に読んでいただければと思います。
 

【Shinobu to Yuji 短編集】
 長編ファッキン・シスターズ・クライストの外伝的一話読みきり短編作品集。笑い、切ない過去、素直じゃない愛情、そしてお決まりのエッチな会話。しのぶと有二のツンデレコンビは、殺人事件がなくても面白い。
 

 (注: すべての作品がR15指定です。作品の性格上、性描写、暴力描写、差別的発言などが各所に出てきます。不快に思う人は読まないでください)
管理人プロフィール
酒井しのぶのプロフィールは↓からどうぞ。
My Profile by iddy

Google Profileはこちら

酒井しのぶへのご意見、ご要望、ご感想など、記事コメント意外の内容は↓へお願いいたします。
おきてがみ

mixi(ミクシィ)やってます!
ランキング
お気に召しましたらクリックしてくださいませ。
にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン   
メールフォーム
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ。
*返信が必要な場合は、返信先アドレスを入力の上、その旨お書きくださいませ。
Powered by NINJA TOOLS
インフォメーション

【ボチボチと書き始めています】
 いろいろあり、忙しい毎日を過ごしています。
 書きたい衝動は日に日に増してくるのですが、なかなか時間が作れず、昔のようにすべてを犠牲にして書く勇気もなく、いまは我慢の時期かなと思う今日この頃。
 それでも、書かずにはいられないときもあるので、短いエピソード的なものをチマチマと書いたりしています。
 皆様のところへ訪問する時間はまだなかなか作れませんが、毎日少しづつですが、勉強し精進しているところですので、いましばらくお待ちくださいませ。

【ご連絡】
 記事下部の拍手ボタンを押してくださり、拍手内でコメントくださる方がたくさんいてありがたく思っております。
 拍手内のコメントでは、こちらからの返信ができませんので、返信をご希望の方は記事へのコメントをお願いいたします。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【酒井しのぶの作品はこちら】
本格ハードボイルド長編小説 

一話読みきり短編作品集 

通話形式の超ショートショート集 

【ランキングに参加中】
作品を気にいっていただけたらランキングのクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ツイッターでこのブログをつぶやけます。
 こんばんは、酒井しのぶでございます。
 
 
 さて、本日の〝しのぶとロック〟は、アレサ・フランクリンでございます。(え? ロックじゃないじゃん!? って思ってます?? わたくしも思っ……い、いえなんでもありません)


 
 アレサ・フランクリンと言えば、ゴスペルです。(ほら! ロックじゃないじゃん!? す、すいません)
 ですが、いちおうソウル歌手という商業ポジションに位置しています。(ソウルもロックじゃないんじゃないのか!? す、すいません)
 
 そんなアレサですが、1987年にロックの殿堂入りを果たしております。(ほら! ロックだったでしょう)

 ロックの殿堂とは、オハイオ州クリーヴランド市にある博物館のことです。この博物館には、ロックの発展に多大な功績を挙げたアーティストの記録が展示、保存されています。殿堂入りするにはデビュー25年以上の経歴が必要で、死んじゃってても問題ありませんが、アレサはまだ生きています。(1942年3月25日生まれでございます)
 
 さらに2005年には大統領自由勲章(どのくらいすごいのか知りませんが大統領って言うくらいだからすごいんでしょう)を授与しており、2009年にはオバマ大統領の就任式典で熱唱もしていましたね。

 もうあれです。人間国宝みたいなもんですね。

 
 アレサの父は牧師でした。生まれてはじめて歌を教わったのは、この父からでした。アレサ特有のテンポを揺する歌いかたは、父に教わったものです。
 さらに、6歳のときに母が家出してしまい、代理母となったのが、偉大なゴスペル歌手の、マハリア・ジャクソンだったのです。(マハリア・ジャクソンと言えば、キング牧師ですね。キング牧師の演説で歌ったり、葬儀のときにも歌っております)
 サム・クック、マリオン・ウィリアムス、アレックス・ブラッドフォードなどの偉大なソウル歌手は、みんな一家の友人でした。
 アレサは、親戚の葬儀でクララ・ワードが歌う「ピース・イン・ザ・ヴァリー」を聞いて大感動し、こう言います。

「あたしもレコードを作って、こんな悲しみは一人では背負えないとイエスさまに伝えるわ」

 8歳になったアレサは父の教会の聖歌隊で歌いだします。14歳になると、父が率いるゴスペル・キャラバンのソロシンガーになります。毎日、数百マイルも車に揺られて、たいして人の集まらない小さな教会巡りをしました。

 1958年にチェス・チェッカー・レーベルと契約し、「ゴスペル・サウンド・オブ・アレサ・フランクリン」を録音。
 1960年にはコロンビア・レコードと契約。オーソドックスなジャズやブルースを歌う歌手として注目を浴びますが、レコードがあまり売れません。
 1967年にアトランティックと契約し、副社長のジェリー・ウェクスラーによりその実力を開花させられます。

「私は彼女を教会に連れていき、ピアノのまえに座らせて、彼女の思いどおりに歌わせてみた。この世界には何人かの天才がいます。たとえばレイ・チャールズのような。彼はスタジオに入ってきて一曲歌う、それで完璧なんです。あとはミュージシャンたちがそれに色をつけていくだけ」

 ジェリー・ウェクスラーはこのレイ・チャールズ方式でアレサのレコーディングを行いました。
 最初のレコードは「アイ・ネヴァー・ラウド・ア・マン・ザ・ウェイ・アイ・ラヴ・ユー」でした。
 この曲で彼女は瞬く間にスターになります。出す曲出す曲、どれもこれもがヒットします。マンネリを感じだすと、新たな試みをし、それもまた成功を収め、留まることなくスターの座を進み続けます。
 
 アレサは黒人であり、女性であったために、黒人社会の〝誇り〟であり〝シンボル〟でした。
 そしてまた、白人社会にソウルを伝える伝道師でもありました。

 こうして威厳に満ちたソウルの女王となったアレサ・フランクリンですが、アメリカの頂点に立つ偉大な威厳の影には、恥ずかしがり屋で感受性が強く、子供っぽくて控えめな、本当のアレサが隠れています。

 ジャズ歌手で女優のレナ・ホーンは言いました。

「どの女性のなかにも、アレサ・フランクリンが叫びだそうとしている」

 これは、〝どんな女性でもアレサのような大きな才能を秘めている〟と言う意味でもあり、そしてまた〝人目にさらされる苦痛を乗り越えた先でこそ成功を手にすることができる〟という、当時はまだ男尊女卑が主流だった社会で生きる女性たちへのメッセージであったのだと思います。


 そんなわけで、アレサ・フランクリンを聴いてみましょう。
 
 本当は初期の作品を紹介したいのですが、YouTubeになかなかないというね。あっても音質がね……。
 とはいえ、この頃のアレサはたぶん、成熟していちばんいいときじゃないかしら?
 曲も有名ですから、アレサを知らない人でも聞きやすいでしょう。
 
 ネタでもう一曲。
 
 ネタといっても、オバマ大統領が写っているのがネタってだけで、歌はものすごいです。
 (規約違反により、動画が削除されていたので、差し替えてあります。そのため記事内容と一致しない動画になっていますが、ご了承くださいませ)


 アレサ・フランクリンはグラミー賞を20回も受賞してるすごい歌手ですから、知らない人は、ぜひ一度アルバムを聴きましょう。
 ちなみに、女性ではアリソン・クラウス(ブルー・グラス歌手)が女性でのグラミー賞最多受賞者で、21回です。
 ですが、アリソン・クラウスは美人の白人ですので、黒人であるアレサの20回は、実質アリソンをはるかに超えているとわたくしは解釈しています。
 
 
 そんなわけで、ロックの殿堂入りしているというだけで、あまりロックに縁していない内容でしたが、アレサがいなければ今日のロックはなかった(和田アキ子もいなかったでしょうし、なにより黒人がいまだに奴隷だったかもしれないくらいですよ)と考えれば、紹介するべき素晴らしき歌手です。

 
 あ、そうそう。
 最初の画像は若かりしアレサ・フランクリンです。
 現在は、アメリカの黒人らしいふくよかな体型ですが、歌は相変わらずずば抜けています。(歳を考えれば太っていても当然ですが、声が若い頃より素晴らしいというのには驚かされますね)
 
 
 それではまた、酒井しのぶでございました。

拍手[2回]

PR
【酒井しのぶの作品はこちら】
本格ハードボイルド長編小説 

一話読みきり短編作品集 

通話形式の超ショートショート集 

【ランキングに参加中】
作品を気にいっていただけたらランキングのクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ツイッターでこのブログをつぶやけます。
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
おはようございます
おはようございます。
今日は少し暖かなようです。

やっぱすごいですね。
ロックでもソウルでもいいですけれどほんとにすごい声量、まさにソウルを感じますね。
オバマ大統領も一昔前は考えられない。
たとえ白人が許容できる大統領であったとしてもやはりすごいですね。
こうして歴史は作られていくのですね。
KOZOU URL 2009/12/24(Thu)06:36:02 編集
KOZOUさん
 おはようございます。
 黒人の大統領、キング牧師やローザ・パークス女史が見たら、涙を流して喜ぶことでしょうね。
 ローザ・パークスについては、わたくしが人種差別がどんなものかを知るきっかけになった人なので、そのうちここで取り上げようと思っています。
 いずれにせよ、オバマが大統領になったのは、数え切れないほど多くの人間の努力の集大成なのでしょうね。
酒井しのぶ 2009/12/24(Thu)10:40:38 編集
無題
おはようございます。

ローザパークスさん、バスに座り続け、大きな運動となりバスボイコットまで発展させた人ですね。
無名の人のがんばり、たいしたものですね。
ずっと黒人はリンチを受け奇妙な果実として吊されてきた、本当にヤンキーの偽善は嫌いです。
ファッキンからローザパークスさんまでしのぶさんの幅の広さに感服です。
KOZOU URL 2009/12/25(Fri)06:32:39 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
RSS

Add to Google
このブログをリツイート!
ブログ内検索
最新コメント
[11/13 DSLR-A850]
[09/21 ばたこ]
[05/19 メルマガアフィリとブログアフィリで初心者でも稼ぐ@中野]
[04/27 ゆっきー]
[01/17 凛 七星]

* 管理人が返信したコメントにはメモ帳マークが表示されます。
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
バーコード
携帯電話からの閲覧は↓をバーコードリーダーで写してくださいませね。


忍者ブログ  /  [PR]
 / COPYRIGHT ©  酒井しのぶ ALL RIGHTS RESERVED