QLOOKアクセス解析
エンターテイメント 忍者ブログ
妄想/連想/暴走――激走する脳内モルヒネの意想。 変態ハードボイルド小説作家の有相無相――
酒井しのぶの作品紹介
【ファッキン・シスターズ・クライスト】
 酒好きで女好きで自堕落で格好つけの片桐有二は、二十五年まえに体験したレイプ事件のトラウマに悩まされる、ハードボイルドを気取った私立探偵。ある依頼がもとで、変態性癖が巻き起こす事件に首を突っ込むことになってしまう。高飛車で自分勝手なふしだら女の酒井しのぶと共に、事件の真相を探りだすのだが……推理あり、シリアスありの、本格ハードボイルド長編小説。
 

【あいつとの電話】
 ツンデレコンビのしのぶと有二。小説のなかだけじゃなく、普段の会話も超ツンデレ&超下品でちょっぴりエッチ!
 酒井しのぶの小説に登場する二人が織り成す、会話のみの超ショートショート作品集です。一話読みきりなので、お気軽に読んでいただければと思います。
 

【Shinobu to Yuji 短編集】
 長編ファッキン・シスターズ・クライストの外伝的一話読みきり短編作品集。笑い、切ない過去、素直じゃない愛情、そしてお決まりのエッチな会話。しのぶと有二のツンデレコンビは、殺人事件がなくても面白い。
 

 (注: すべての作品がR15指定です。作品の性格上、性描写、暴力描写、差別的発言などが各所に出てきます。不快に思う人は読まないでください)
管理人プロフィール
酒井しのぶのプロフィールは↓からどうぞ。
My Profile by iddy

Google Profileはこちら

酒井しのぶへのご意見、ご要望、ご感想など、記事コメント意外の内容は↓へお願いいたします。
おきてがみ

mixi(ミクシィ)やってます!
ランキング
お気に召しましたらクリックしてくださいませ。
にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン   
メールフォーム
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ。
*返信が必要な場合は、返信先アドレスを入力の上、その旨お書きくださいませ。
Powered by NINJA TOOLS
インフォメーション

【ボチボチと書き始めています】
 いろいろあり、忙しい毎日を過ごしています。
 書きたい衝動は日に日に増してくるのですが、なかなか時間が作れず、昔のようにすべてを犠牲にして書く勇気もなく、いまは我慢の時期かなと思う今日この頃。
 それでも、書かずにはいられないときもあるので、短いエピソード的なものをチマチマと書いたりしています。
 皆様のところへ訪問する時間はまだなかなか作れませんが、毎日少しづつですが、勉強し精進しているところですので、いましばらくお待ちくださいませ。

【ご連絡】
 記事下部の拍手ボタンを押してくださり、拍手内でコメントくださる方がたくさんいてありがたく思っております。
 拍手内のコメントでは、こちらからの返信ができませんので、返信をご希望の方は記事へのコメントをお願いいたします。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【酒井しのぶの作品はこちら】
本格ハードボイルド長編小説 

一話読みきり短編作品集 

通話形式の超ショートショート集 

【ランキングに参加中】
作品を気にいっていただけたらランキングのクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ツイッターでこのブログをつぶやけます。

 こんばんは、酒井しのぶでございます。

 

 今日はわたくしの小説に対する〝思い〟といいますか〝姿勢〟といいますか〝心がけ〟といいますか、そういったものについて、少しはお話したいと思います。

 わたくしは音楽をやっていた頃、自分のやっていることが〝芸術〟だと思ったことがまったくありませんでした。
 もちろんバンド音楽という、ポッスプ業界に生息していたということもありますが、それでもまわりからは、音楽家で芸術がわかる人間だと言われることは多々ありました。
 ですが、自分がやっていることを〝芸術〟だと言われるたびに、違和感を覚えるのです。

 わたくしは、自分がやっている音楽は、ユーザーにとって〝嗜好品〟であってほしいと思っていました。
 芸術ではなく、〝エンターテイメント〟であってほしいと思っていましたし、〝エンターテイメント〟であるべきだと思っていたし、〝エンターテイメント〟に誇りを持っていました。

 同じように、小説を書くようになってからも、自分の作品は〝嗜好品〟であり、〝エンターテイメント〟であってほしいと思っています。

 この考えをわたくしに植えつけたのは、ある人物の思想に影響されたのがきっかけでした。
 その人物というのは、わたくしがギターを手にするきっかけとなった人で、仲のよい同級生のお兄様でした。

 ある日、その友人の家で遊んでいたら、友人のお父様が帰宅されて、みんなでご飯を食べに行くことになりました。
 わたくしは、友人とお父様、それにお兄様と共に、友人宅の近所にあった炉辺焼きのお店に連れていってもらいました。

 そこで、お兄様とお父様の二人はビールをおいしそうに飲み、ほろ酔いで映画の話をはじめたのです。宮崎駿の話で、どの作品が一番好きかといった論議を繰り広げていました。
 とうぜん、わたくしも友人も宮崎作品は大好きでしたので、映画だけではなく、「未来少年コナン」にはじまり、「ハイジ」も「ルパン」もみんなひっくるめて、どれが好きか、どうして好きなのかと、みんなで議論を繰り広げたのです。(あの頃はたしか、紅の豚が放映されたかどうかというくらいだったと思います)

 そのときお兄様は、「ラピュタ」が一番好きだと言われました。二番目は「ナウシカ」だけど、映画というカテゴリを重視するなら、一番は「魔女の宅急便」だと、そう言われました。
 なぜだろう? わたくしはそう思いました。一番好きなのが「ラピュタ」だと言っておきながら、映画として見るなら「魔女の宅急便」だと、それはなぜなんだろう?

 お兄様はわたくしの疑問に答えてくれました。
 映画は〝娯楽〟だからだと。
 エンターテイメントは〝作者の主義主張〟よりも〝人を楽しませることに特化していなければならない〟と、そう言われたのです。
 そしてお兄様はこうも言われました。〝メッセージ? そんなのくそったれだ! そんなもんは作者のエゴだ!〟 
 これは、当時パンクロックが大好きだったわたくしにとって、衝撃以外のなにものでもありませんでした。
 わたくしはお兄様に質問しました。〝メッセージを作品に込めて訴えるのはいけないことなの?〟
 お兄様は言いました。〝メッセージが込められていない作品は最低だけど、メッセージを訴えている作品はもっと最低だ。エンターテイメントに存在するのは、作品とユーザーであって、作者や演奏家じゃない。ましてやそいつらの主義主張なんかじゃない。ユーザーが千人いたら、千通りの夢が見られるものがエンターテイメントだ。これはこういうものだと観念づけされて、それにしたがった夢しか抱けないエゴを主張する芸術なんかとは違うんだ〟

 納得するまでにはずいぶんと時間がかかりましたが、いまではお兄様の言うことがよくわかります。
 もちろんお兄様は芸術が嫌いというわけではなく、彼の部屋ではいつもベートーベンとワーグナーが流れていました。(大音量でうるさかったので、わたくしのほうが嫌いになりそうでした 笑)

 お兄様のエンターテイメントに対する愛は、わたくしにも受け継がれました。
 わたくしは、小説でもエンターテイメントを提供できる作家になりたいと、思っています。

 

 それではまた、酒井しのぶでございました。

拍手[0回]

PR
【酒井しのぶの作品はこちら】
本格ハードボイルド長編小説 

一話読みきり短編作品集 

通話形式の超ショートショート集 

【ランキングに参加中】
作品を気にいっていただけたらランキングのクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ツイッターでこのブログをつぶやけます。
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
RSS

Add to Google
このブログをリツイート!
ブログ内検索
最新コメント
[11/13 DSLR-A850]
[09/21 ばたこ]
[05/19 メルマガアフィリとブログアフィリで初心者でも稼ぐ@中野]
[04/27 ゆっきー]
[01/17 凛 七星]

* 管理人が返信したコメントにはメモ帳マークが表示されます。
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
バーコード
携帯電話からの閲覧は↓をバーコードリーダーで写してくださいませね。


忍者ブログ  /  [PR]
 / COPYRIGHT ©  酒井しのぶ ALL RIGHTS RESERVED