QLOOKアクセス解析
阿久悠と日本語 小説表現の関わり 忍者ブログ
妄想/連想/暴走――激走する脳内モルヒネの意想。 変態ハードボイルド小説作家の有相無相――
酒井しのぶの作品紹介
【ファッキン・シスターズ・クライスト】
 酒好きで女好きで自堕落で格好つけの片桐有二は、二十五年まえに体験したレイプ事件のトラウマに悩まされる、ハードボイルドを気取った私立探偵。ある依頼がもとで、変態性癖が巻き起こす事件に首を突っ込むことになってしまう。高飛車で自分勝手なふしだら女の酒井しのぶと共に、事件の真相を探りだすのだが……推理あり、シリアスありの、本格ハードボイルド長編小説。
 

【あいつとの電話】
 ツンデレコンビのしのぶと有二。小説のなかだけじゃなく、普段の会話も超ツンデレ&超下品でちょっぴりエッチ!
 酒井しのぶの小説に登場する二人が織り成す、会話のみの超ショートショート作品集です。一話読みきりなので、お気軽に読んでいただければと思います。
 

【Shinobu to Yuji 短編集】
 長編ファッキン・シスターズ・クライストの外伝的一話読みきり短編作品集。笑い、切ない過去、素直じゃない愛情、そしてお決まりのエッチな会話。しのぶと有二のツンデレコンビは、殺人事件がなくても面白い。
 

 (注: すべての作品がR15指定です。作品の性格上、性描写、暴力描写、差別的発言などが各所に出てきます。不快に思う人は読まないでください)
管理人プロフィール
酒井しのぶのプロフィールは↓からどうぞ。
My Profile by iddy

Google Profileはこちら

酒井しのぶへのご意見、ご要望、ご感想など、記事コメント意外の内容は↓へお願いいたします。
おきてがみ

mixi(ミクシィ)やってます!
ランキング
お気に召しましたらクリックしてくださいませ。
にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン   
メールフォーム
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ。
*返信が必要な場合は、返信先アドレスを入力の上、その旨お書きくださいませ。
Powered by NINJA TOOLS
インフォメーション

【ボチボチと書き始めています】
 いろいろあり、忙しい毎日を過ごしています。
 書きたい衝動は日に日に増してくるのですが、なかなか時間が作れず、昔のようにすべてを犠牲にして書く勇気もなく、いまは我慢の時期かなと思う今日この頃。
 それでも、書かずにはいられないときもあるので、短いエピソード的なものをチマチマと書いたりしています。
 皆様のところへ訪問する時間はまだなかなか作れませんが、毎日少しづつですが、勉強し精進しているところですので、いましばらくお待ちくださいませ。

【ご連絡】
 記事下部の拍手ボタンを押してくださり、拍手内でコメントくださる方がたくさんいてありがたく思っております。
 拍手内のコメントでは、こちらからの返信ができませんので、返信をご希望の方は記事へのコメントをお願いいたします。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【酒井しのぶの作品はこちら】
本格ハードボイルド長編小説 

一話読みきり短編作品集 

通話形式の超ショートショート集 

【ランキングに参加中】
作品を気にいっていただけたらランキングのクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ツイッターでこのブログをつぶやけます。
 こんばんは、酒井しのぶでございます。


 音楽業界のものすごぉぉぉおおおおおおおおおおおおおく隅っこで息をしていたわたくし。
 音楽業界というのは、砂場の砂を小指の爪ですくって、乗っかった砂粒程度の人しかメジャーになれないとはよく言われますが、わたくしはたとえダンプカーですくってもこぼれ落ちる砂粒だったことでしょう。(笑)

 そんなわたくし、小説を書くようになったわけですが、作家業界も同じです。今度もまたこぼれ落ちる砂粒として、こっそりコソコソこじんまりと姑息に生きていきましょう。(頭韻踏んだぞ! 笑)
 
 
 さて、音楽と小説と両方に足を突っ込み、泥沼のなかで生きているわたくしですが、日本語の使い方について、思ったことがあったりなかったり。(どっちよ!)

 といってもべつに、正しい日本語の使い方なんてことを説教する気はございません。むしろわたくしが説教される立場でございますからね。(汗)
 
 どんなに偉大な作家様でも、音楽はお聴きになられるでしょう?
 偉大なわけですから、やっぱりクラシックでしょうか。モーツァルト? ベートーベン? ハイドン? シューベルト? (わたくしはドビュッシーも好きですが、まぁそれはさておき)

 いくら偉大な作家だからと言って、大衆音楽に耳を貸さないなんてことはないでしょう。偉大になるためには売れなきゃいけませんからね。売れるためには大衆を知らなければいけないわけだし、そうなれば当然、バカがケツを振るようなテレビ番組だって、取材のために観なければなりません。
 作家なら歌謡曲くらい聴いたことがあるでしょうし、好きな歌手の一人や二人いるでしょう。
 
 てことで、かなり強引ですが、今夜は阿久悠と日本語をテーマに話をしたいと思います。

 阿久悠と言えば、もちろん偉大な作詞家というのが、最初に思い浮かびますが、もともとは放送作家でした。
 作詞の処女作はスパイダースのモンキーダンス。
 その後はもうありとあらゆる有名歌手の詞を書いていますね。
 
 ですが、阿久悠は作家でもあるのです。「瀬戸内少年野球団」などはかなり有名でしょう。
 
 ともあれ、作詞の魔力というのは、小説のそれとはずいぶん違います。なにせ、音楽とセットですからね。阿久悠の〝言葉の世界〟が、日本語を知り尽くし、日本語の豊富なボキャブラリィとそれをどう利用していくかというセンスで成り立っているのは、いちいち説明するほどのことじゃないでしょうから省略しますが、この阿久悠の歌詞に影響を受けている作家さん、実は結構多いんじゃないだろうか。(え? あたしだけですって!? す、すいません……汗)
 
 たとえばですね……

 わたくしが愛してやまない沢田研二の「勝手にしやがれ」 
 
壁ぎわに寝返りうって 背中で聞いている
やっぱりおまえは 出て行くんだな

 うん、もうあれです。小説の一説そのものですよね。たったこれだけの言葉なのに、情景がしっかり浮かびます。
 しかも、〝背中で聞いている〟という言葉の使い方のうまさ!!
 感動ですね。(誰に? 沢田研……い、いえ、あ、阿久悠にですよ、もちろん! 汗)
 
 二番の歌詞もすばらしいんですよ。
 
バーボンのボトルを抱いて 夜更けの窓に立つ

 ああ、もうあれですね。ハードボイルドじゃないですか!!(いやーん!研二ぃ!! あ、違った……阿久悠の話だった。笑)
 ここでも〝窓に立つ〟という表現。〝窓の前に立つ〟とか〝窓の外を見る〟などが正しいのでしょうが、(もちろん歌詞ですから文字数制限の問題もあるのですが)あえて〝窓に立つ〟と。これが阿久悠の感性ですね。

 もうだいたい言いたいことはわかっていただけたと思うのですが、もう少し例をあげていきましょうね。
 
 
 はい、なぜか映像を載せてしまいましたが……。(だんだん趣旨が違ってきていますね……笑) 
 
 この曲「カサブランカ・ダンディ」の歌詞はもちろん阿久悠です。
 カサブランカとは、映画「カサブランカ」のことです。歌詞に出てくる〝ボギー〟は「カサブランカ」の主演俳優、ハンフリー・ボガートのことです。
 ちなみに、沢田研二はこの曲で毎回、お酒を口に含んで吹くんですが、あのヒップボトルのお酒は、自前だそうです。自分で毎回選んで買っていたそうな。(ほらもう、沢田研二の紹介ブログになっている!?)

 ここでも立派にハードボイルドですね。なんかハードボイルド系しか例にあがっていませんが、まぁいいでしょう(よくねぇ! 笑)

 ここではこれを例にしますか。
 
男と女は流れのままに パントマイムを演じていたよ

 もうこの表現は世界一と言っていいと思います。誰か阿久悠をノーベル文学賞に推薦してくださいよ!!
 
 とにかく、わたくしがなにを言いたかったかのかともうしますとですね。こういった比喩の世界を、とても短い歌詞の世界で表現できる阿久悠はすごいってことです。そしてまた、そんなすごいテクニックを、大衆音楽という親しみやすい世界で使い、大衆に日本語のすばらしさを浸透させたってことです。
 
 日本の小説などまともに読んだことがなくっても、〝日本語の妙〟を使うことは心得ていて、それはひとえに阿久悠のおかげなんじゃないの? ってことです。

 短く、簡潔な文章に、情景や、感情や、その他もろもろを詰め込める日本語のすばらしさ。
 それを最大限に生かして、歌詞を書いていた阿久悠。
 
 真似しろといわれてできるほど、単純で簡単な技術じゃありませんが、作家なら誰もが欲してやまない才能と技術を、阿久悠は持っていたということで、わたくしたちはそれを、〝歌を聴く〟と言う形で吸収し、知らず知らずのうちに作品に繁栄させているのかもしれません。

 もちろん、引用とか、オマージュとか、そういった類の話じゃなくってね。
 〝言葉遊びの妙〟というものが、文学界のなかだけでなく、一般社会に浸透する大きな役目を果たしたという意味でも、阿久悠は偉大な作詞家だったということでしょう。

 
 本日の「しのぶが思うハードボイルド」
 
 女の弱みにつけ込むのは糞野郎 女を泣かせるのはハードボイルド

 以上でございます。

 
 それではまた、酒井しのぶでございました。

拍手[4回]

PR
【酒井しのぶの作品はこちら】
本格ハードボイルド長編小説 

一話読みきり短編作品集 

通話形式の超ショートショート集 

【ランキングに参加中】
作品を気にいっていただけたらランキングのクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ツイッターでこのブログをつぶやけます。
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
Re:阿久悠と日本語 小説表現の関わり
なるほど~
阿久悠ですか。
そういう言葉の使い方、気にしたことがなかったですねぇ
文章に鈍感なのかな・・・

脳のシワに溜まった汚れが洗い流された気分です。

イマイチ汚い表現ですね~
これが私の限界かも(笑)
こちくん URL 2010/01/19(Tue)17:44:15 編集
こちくんさんへ
 こんばんは。

>脳のシワに溜まった汚れが洗い流された気分です。
 わたくし的には、すごく好きな表現ですよ。( *´艸`)

 まぁ単純に、沢田研二のことを書きたかったって噂が無きにしも非ずです……笑
酒井しのぶ 2010/01/19 18:52
Re:阿久悠と日本語 小説表現の関わり
おはようございます。
今日も寒くないようです。

ほんとに言葉の感性を磨くには詩が一番なのでしょうね。詞ももちろん。
簡潔で比喩も豊かで、やはり小説も大きな魅力は文章そのものだと思っています。
書かれてある阿久悠氏の詞、確かに斬新でいいですね。業界でNO.1だったのも分かる気がします。
もちろんジュリーもエエですが
「わたくしはたとえダンプカーですくってもこぼれ落ちる砂粒だったことでしょう」業界にいらっしゃったんですね。さすが詳しいはずですね。そのうちダンプカーでもすくえないほどの大物に(*^_^*)
KOZOU URL 2010/01/20(Wed)08:17:40 編集
Re:Re:阿久悠と日本語 小説表現の関わり
 こんにちは。
 ダンプカーでもすくえない大物って(笑)
 比喩の世界はやはり詩ですよねぇ。日本語って本当にすばらしいと思わずにはいられませんが、あえてそれをそぎ落としていくのが、わたくしの小説という、なんとも矛盾だらけの書き方をしております。(笑)
 業界と言っても、場末のバーで歌っていただけですので、たいしたことありません。今でも活躍されている有名人数名と知り合いになれたりはしているので、飲んだときなどの話題にはことかきませんが。( *´艸`)
酒井しのぶ 2010/01/20 11:00
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
RSS

Add to Google
このブログをリツイート!
ブログ内検索
最新コメント
[11/13 DSLR-A850]
[09/21 ばたこ]
[05/19 メルマガアフィリとブログアフィリで初心者でも稼ぐ@中野]
[04/27 ゆっきー]
[01/17 凛 七星]

* 管理人が返信したコメントにはメモ帳マークが表示されます。
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
バーコード
携帯電話からの閲覧は↓をバーコードリーダーで写してくださいませね。


忍者ブログ  /  [PR]
 / COPYRIGHT ©  酒井しのぶ ALL RIGHTS RESERVED