QLOOKアクセス解析
お? パイが列? 忍者ブログ
妄想/連想/暴走――激走する脳内モルヒネの意想。 変態ハードボイルド小説作家の有相無相――
酒井しのぶの作品紹介
【ファッキン・シスターズ・クライスト】
 酒好きで女好きで自堕落で格好つけの片桐有二は、二十五年まえに体験したレイプ事件のトラウマに悩まされる、ハードボイルドを気取った私立探偵。ある依頼がもとで、変態性癖が巻き起こす事件に首を突っ込むことになってしまう。高飛車で自分勝手なふしだら女の酒井しのぶと共に、事件の真相を探りだすのだが……推理あり、シリアスありの、本格ハードボイルド長編小説。
 

【あいつとの電話】
 ツンデレコンビのしのぶと有二。小説のなかだけじゃなく、普段の会話も超ツンデレ&超下品でちょっぴりエッチ!
 酒井しのぶの小説に登場する二人が織り成す、会話のみの超ショートショート作品集です。一話読みきりなので、お気軽に読んでいただければと思います。
 

【Shinobu to Yuji 短編集】
 長編ファッキン・シスターズ・クライストの外伝的一話読みきり短編作品集。笑い、切ない過去、素直じゃない愛情、そしてお決まりのエッチな会話。しのぶと有二のツンデレコンビは、殺人事件がなくても面白い。
 

 (注: すべての作品がR15指定です。作品の性格上、性描写、暴力描写、差別的発言などが各所に出てきます。不快に思う人は読まないでください)
管理人プロフィール
酒井しのぶのプロフィールは↓からどうぞ。
My Profile by iddy

Google Profileはこちら

酒井しのぶへのご意見、ご要望、ご感想など、記事コメント意外の内容は↓へお願いいたします。
おきてがみ

mixi(ミクシィ)やってます!
ランキング
お気に召しましたらクリックしてくださいませ。
にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン   
メールフォーム
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ。
*返信が必要な場合は、返信先アドレスを入力の上、その旨お書きくださいませ。
Powered by NINJA TOOLS
インフォメーション

【ボチボチと書き始めています】
 いろいろあり、忙しい毎日を過ごしています。
 書きたい衝動は日に日に増してくるのですが、なかなか時間が作れず、昔のようにすべてを犠牲にして書く勇気もなく、いまは我慢の時期かなと思う今日この頃。
 それでも、書かずにはいられないときもあるので、短いエピソード的なものをチマチマと書いたりしています。
 皆様のところへ訪問する時間はまだなかなか作れませんが、毎日少しづつですが、勉強し精進しているところですので、いましばらくお待ちくださいませ。

【ご連絡】
 記事下部の拍手ボタンを押してくださり、拍手内でコメントくださる方がたくさんいてありがたく思っております。
 拍手内のコメントでは、こちらからの返信ができませんので、返信をご希望の方は記事へのコメントをお願いいたします。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【酒井しのぶの作品はこちら】
本格ハードボイルド長編小説 

一話読みきり短編作品集 

通話形式の超ショートショート集 

【ランキングに参加中】
作品を気にいっていただけたらランキングのクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ツイッターでこのブログをつぶやけます。
 こんにちは。酒井しのぶでございます。


 昨日の記事の続きを期待していた人、ごめんなさい。(笑)
 違う記事はさんじゃいます。


 パイレーツ・オブ・カリビアン。



 4週連続で日曜洋画劇場で観ちゃったわたくしです。(ところどころ酔っ払っていて記憶に乏しいですが。笑)

 
 まぁ、面白かったのは最初のヤツだけでしたね。
 いや、2作目も面白かったか。2作目の最後であの女(エリザベスだっけ)がジャックを騙すあたりはスゴイよくできていたなと思ったんですけどね。
 
 3作目の前後編。
 これは糞ですね。
 
 ていうか、パイレーツとか言っておきながら、海賊でもない男と女に牛耳られちゃって、その男と女が海賊をだまくらかして化物と戦うお話になっちゃってんじゃんね。
 
 
 ひとつ思ったのは、スターウォーズっぽいなってことですね。
 エリザベス(あだ名がベッキーかどうかは知らん)が、レンアに見えて仕方なかったのはわたくしだけでしょうか。(笑)
 まぁ設定的にも近いですからね。仕方ないか。


 あと、海賊なのにお宝を手に入れもしないで勝利ってのはどうなんだろう。
 そこらへんの設定は、あれですね。


 ルパン三世。

 
 似ているなぁ。(笑)
 三枚目キャラなところも似ているしね。


 個人的には、ジャックの口八丁手八丁なキャラは大好物だから、それだけで最後まで観れたって感じかなぁ。
 あのパンピーのくせにでしゃばる男と女にはうんざりでしたけどね。
 
 てか、エリザベスがさ、なんだっけカリプソだっけか。
 ハゲでチョロヒゲのアジア人船長にエリザベスが捕まって、おまえがカリプソだって言われるあれ。
 結果的にエリザベスはカリプソじゃなかったわけだけど、あの流れはなんだったのだろうか?
 ハゲのチョロヒゲがエリザベスほしさについた嘘?
 意味不明な設定だったなぁ。なにかの布石だったとしても回収されずに終わっているしね。

 
 そうそう、ジャック・スパローを演じたジョニー・デップ。

 
 ジャックのイメージは、ローリング・ストーンズのキース・リチャーズだったそうです。
 


 ありゃ。
 この写真じゃちょっと若すぎか。(笑)


 気を取り直して、たぶんこのくらいな年頃のイメージだろうかと勝手に推測。(笑)



 うにょらぁ!
 かっちょぇぇええ!!

 って、ジャックに扮したキースの写真あるんですよ。
 ほらこれ。



 いい男だなぁ。こんな海賊だったら、わたくしさらわれてももいいわ!
 一生きったない船の上でも、キースが愛してくれるなら文句なんかないわ!
 お酒もたんまりありそうだしね。(爆)


 ていうか、最後のやつにキース出てましたね。
 ジャックのお父さん役で。しかも吹替版の声優が小林清志!(ルパン三世の次元の声です)







 ちゃっかりギターを弾く演出まであったあたりは、素晴らしいの一言です。


 ああそれにしても、こんなに後味の悪い映画って久しぶりですね。
 しかも、かなりな人気の映画で。

 
 こういう納得のいかない映画を観ちゃうと、わたくしのような妄想女はあれですよ。
 もう自分でストーリー作って納得するしかないわけです。(妄想病患者! 笑)


 まずあれね。
 2作目までは概ねそのままでよしとしましょう。(ちょっと納得いかないところもあるけどね)

 で、ウィルが父親を助けるために、みんなを裏切るって設定なのに、最後はなんだかんだとうまくまとまったってところと、エリザベスもジャックを騙すのに、うまいこと行くってのが気にくわない。
 
 あとさ、散々話を引っ掻き回して、もう恐ろしくってどうにもならないって設定だったカリプソが復活した途端になんだかうやむやってのも、納得出来ませんよね。
 だって、カリプソよ?
 ギリシャ神話に出てくる海の女神ですよ?
 そんないい加減な扱いじゃだめでしょ。(笑)


 さて、これをどうまとめようか。

 
 エリザベスはジャックにもちょっとは気があったから、ジャックとくっつける?
 嫌だなぁ。あんなロクデナシ女とわたくしの愛するジャックをくっつけるのはごめんだわ! 



 てことで、わたくしを登場させましょうか。(そう来たか! 爆)


 ウィルは完全に悪者になってしまって、あのいけすかない貴族の手下になる。
 エリザベスはジャックにどんどん惹かれていくんだけど、わたくしがいるから相手にされない。(ザマーミロ! 笑)
 
 で、カリプソは本当はわたくしで、みんなして封印を解こうとやっきになるんだけど、ジャックがそれをさせないようにわたくしを守ってくれる。(うっとり)

 でも、ついに封印を解かれちゃって、わたくしの怒りはとんでもないことになり、どいつもこいつも皆殺しよ! ってなる。(わたくしは強い! 笑)

 わたくしはジャックに可勢して、ジャックは持ち前の口八丁手八丁で敵を倒して、イカ野郎はウィルが倒して、ウィルは不死身に。

 完全に悪者思考のウィルは、ジャックに襲いかかるも、ウィルの父親がそれを阻止して、今度はウィルの親父が不死身になって大海原へ消えていく。

 ジャックはわたくしをもとの姿に戻そうとやっきになるんだけど、エリザベスはジャックを自分のものにしようと、ジャックがわたくしを再び人間に戻そうとするのを邪魔する。
 
 でも、そんなエリザベスの画策も虚しく、ジャックはわたくしを人間に戻してくれて、二人は愛を誓い熱く抱き合うのでした。
 おしまい。(ラブラブハッピーエンドだ! 笑)


 ああ、なんて自分勝手なストーリー。
 これじゃわたくし以外は誰も楽しめませんね。(爆)
 いいのか、わたくしの脳みそのなかの展開なんだから。(笑)


 ウィルのお父さんがイカ野郎をやっつけて、ウィルと二人で船で暮らすっていうのが、手頃な終わりかただったと思うんですよね。
 あえてそれをせずに、話を面白くしたんだろうけど、そのせいで海賊物語じゃなくなったような気がします。


 いや、ウィルとエリザベスのファンな人には申し訳ないんだけど、ハードボイルドな視点でいくと、ウィルはもっと小賢しい悪党で、エリザベスはジャックに恋するも振られちゃうってくらいのほうが面白かったんじゃないかなって思うんですよね。わたくしがジャックに恋しているってのを抜きにしてみてもね。


 でもこれじゃ、映画としてはだめなのよね。
 道徳的に、男女の愛は純粋じゃないとだめだから、最初にウィルとエリザベスが愛しあった時点で、二人はなにがあっても愛しあわなきゃならないっていう、アメリカ映画界の暗黙の了解みたいのが、ある気がします。(その割にエリザベスはけっこう不埒だったけど。笑)
 

 あとさ、そもそもジャック・スパローみたいなキャラがヒーローを演じるのに無理があったんでしょうね。

 本当はもっとめちゃめちゃでいい加減なヤツにいくらでもできただろうし、実際のところ、海賊らしさを出そうと思ったらもっと嫌なヤツにするべきだし、そういう意味では、本来はヒーロー物語にするべきじゃないんだろうに、ヒーロー物語にするためにウィルとエリザベスを活躍させざるをえないって感じで、ジャックの存在そのものが、この映画を中途半端な内容にしてしまった気がしないでもないな。

 もっともっとジャック・スパロー視点で描けば面白いんだけど、そうするとヒーローものに仕上げづらいっていうね。

 
 まぁなんにせよ、ウィルとエリザベスが活躍しすぎたかな。
 海賊の話のはずが、海賊じゃない二人が、主役ポジションだものね。

 2作目以降は、貴族の女とそれに惚れた男、それと悪い貴族の対立で、海賊(イカ野郎も含め)はけっきょくそいつらに食い物にされたってだけになっちゃったからねぇ。

 そのせいでジャック・スパローはさ、世にも奇妙な物語のタモリさんみたいなポジションになっちゃってるって思うのはわたくしだけじゃないと思います。(笑)
 

 次回作もあるそうだけど、それにはウィルとエリザベスは出さないでほしいなぁ。
 ウィルの息子が最後に出てきていたけど、なんかそいつが活躍しそうな嫌な予感がしないでもない。(笑)

 
 ありがちなのはあれよね。
 今度はウィルが自分の勤めをサボってイカ野郎になっちゃって、息子が討伐に出るって設定。
 でもって、エリザベスがジャックを紹介するとかって流れ。(あーやだやだ。笑)

 で、ついでにあれよ。
 エリザベスったらジャックに、この子はあなたの子なのよ! とかってジャックに言っちゃったりしてさ。(いやマジで、エリザベスくらいの悪知恵があれば言い兼ねないね。笑)
 
 ああ、お願いだからもっと違う新しい話にしてください。(笑)
 
 
 もう一般人はいいから、海賊を主役にしてくださいね、監督さん。
 海賊じゃないのが主役なのに、パイレーツとかって名乗るなら、あれですよ。


 これですよ!



 だっちゅーの!!

 
 本日の「しのぶが思うハードボイルド」

 おれはおまえのパパじゃない!!(意味不明。笑)

 以上でございます。

 
 あ、そうそう。
 昨日の記事の続きは、小説チックに書いていきますので、よろしくお願いいたします。


 それではまた、酒井しのぶでございました。

拍手[6回]

PR
【酒井しのぶの作品はこちら】
本格ハードボイルド長編小説 

一話読みきり短編作品集 

通話形式の超ショートショート集 

【ランキングに参加中】
作品を気にいっていただけたらランキングのクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ツイッターでこのブログをつぶやけます。
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
おはようございます
昨日の記事も読ませていただきましたが、答えはまったくわかりませんでした^^

パイレーツ・オブ・カリビアンの設定がルパン三世!笑えますが納得です。
そして、ジャック・スパローが世にも奇妙な物語のタモリさんみたいなポジションということも。
同じイメージですよね。
ウィルが小賢しい悪党で、エリザベスはジャックに振られちゃうというしのぶさん流の展開、面白いです。
人間らしさがにじみ出ていますね。

だっちゅーの、昔マネしましたよ。
こんなに肌を露出していないし、こんなにこんなにボリュームないけど^^
りい子☆ URL 2010/04/12(Mon)06:27:42 編集
りい子さんへ
 こんにちは。

 昨日の続きは明日アップしますね。(たぶん……。笑)
 答えは、音楽(とくにブルース)が好きな人じゃないと、ギター弾いている人でも日本じゃ知らない人が多かったりするので、難しいと思います。
 これまでのように、紹介記事にしていきたいと思っているので、お楽しみに。

 ルパンに似ていても、ルパンはタモリさんみたいにはなりませんからね。もっとジャックが活躍してくれる設定にして欲しかったです。
 評議会で海賊長を9人も集めておいて、そいつらがみんなエリザベスにかなわないってのが、どうもねぇ。海賊ってそんなに弱い?(笑)
 
 だっちゅーの、真似しましたよねぇ。わたくしなんか、真似すらも困難な胸ですがね。(爆)
 なんであんなに流行ったのか、不思議なくらい一世風靡しましたね。
酒井しのぶ 2010/04/12 13:47
無題
元々ジョニーデップは好きだから
パイレーツオブカリビアンは前作DVD持ってるけど
確かにジャックの口八丁手八丁でこの映画は
楽しめた感じだね。

おれはおまえのパパじゃない・・・
最高に笑わせていただきました!
フィリピン帰りの日本人のステ台詞みたいな(爆)
風魔 URL 2010/04/12(Mon)13:49:19 編集
風魔さんへ
 こんにちは。

 ジョニー・デップって、メイク系の奇怪なキャラが多けど、素顔のままでもじゅうぶん奇怪なんじゃないかって思うのはわたくしだけでしょうか。(笑)

 ジャックの口八丁手八丁は最高ですよね。
 本当にただそれだけで最後まで観れた作品でした。そういう意味では、上手いことできている作品なのかもしれません。(笑)

 フィリピン帰りの日本人、言いそうですねぇ。(笑)
酒井しのぶ 2010/04/12 14:57
こんにちは
思わず 口八丁手八丁が
禁止用語に見えてしまい
顔が 赤らんでしまいましたわ(笑)
てっちゃん 2010/04/12(Mon)17:37:57 編集
てっちゃんさんへ
 こんばんは。
 どうすれば、口八丁手八丁が禁止用語に。(笑)
 あ……名前に八のつく楽器が日本にはあったっけ。(爆)
 Blow JobにHand Jobって感じでしょうかね。てっちゃんさんの妄想、素敵です。(笑)
酒井しのぶ 2010/04/12 20:17
こんばんは。
昨日の夜は、NHKスペシャルを録画しつつ、たけしさんを見てしまいました。パイレーツは長くて、途中で挫折しちゃったんですよねぇ。それでも、想像の翼を広げるって楽しいですよね。ただ、わたしは最近、ドラマとかを見ると、どうしても、これ、女の子の拉致シーンとか、女の子を騙すワナの仕掛けに使えないかなとか…。わたし、いつの間にこんな子になっちゃったの…?悲しくなるときがあります…。
ベイビーひかる。 2010/04/12(Mon)19:21:25 編集
ベイビーひかるさんへ
 こんばんは。

 まぁあまり観る価値はない作品かもしれません。
 たけしさんのほうがずっといいです。(笑)

 わたくしも、目に映るものすべてに対して、変態でフェティッシュでいやらしくて小賢しい性犯罪に流用できないだろうかと、いつも考えておりますよ。
 作家とはそうした生き物です。作品を作るためのイマジネーションと、人間として生活していくためのイマジネーションは別物ですので、気にすることはないと思います。
 つまり、完全犯罪のしくみを考える作家が、犯罪を犯すかといえば、そうではないと言うことです。
 
 見つめるべきは、自分がなにを創造しているのかってところですよ。
 わたくしたち物書きは、インモラルなイメージを持たれやすい存在ですが、わたくしたちが創造するものはれっきとした『娯楽』であり、『エンターテイメント』なんですからね。
 それを求めるファンがいる限り、悲しくなる必要なんてありません。(*´ω` )ノ
酒井しのぶ 2010/04/12 20:24
無題
しのぶさんも妄想族ね。
私も毎日o(^。^*)。。oO(妄想)
最後のパイレーツの胸元にくぎづけ・・・
最近おっさん化している私。
ももぴん URL 2010/04/12(Mon)19:28:25 編集
ももぴんさんへ
 こんばんは。

 とっても妄想族です。族長になれる自信アリアリですよ!(笑)
 おっさん化、わかります。(笑)
 若い女の子の綺麗な体とかに魅せられちゃいますからねぇ。なぜだろう? 若いときはそんなこともなかったんだけどなぁ。(笑)
酒井しのぶ 2010/04/12 20:26
あんな感じになろうかと
ジョニーもこの印象がかなり強くなってますが。この役柄な感じにイメージチェンジしようかと思っています。

歩くときこう。。。飛び跳ねる感じ。
Neomatrix URL 2010/04/12(Mon)19:36:02 編集
NeoMatrixさんへ
 こんばんは。

 あれですね、ぴょんぴょん飛び跳ねながら、手が腰くらいの高さのところでプラプラしている歩き方。(笑)
 いいですよねぇ。なぜか格好良いって思っちゃうんだけど、あれはジョニー・デップだから格好良いんであって、日本で隣にそんな男がいたら、蹴っ飛ばしたくなりますよ。(爆)

 でも、見てみたい気もするなぁ。がんばって習得してみてください。( *´艸`)クスクス
酒井しのぶ 2010/04/12 20:29
無題
>世にも奇妙な物語のタモリさんみたいなポジションになっちゃってる

でマジで吹き出しました(爆)
私の中で感じていた違和感が氷解した瞬間です。

だっちゅーの・・・
微妙な2人組みでしたねぇ・・・
こちくん URL 2010/04/12(Mon)20:39:59 編集
こちくんさんへ
 こんばんは。

 あとあれですね。笑うセールスマンね。(笑)
 ほら、あのコンパスをウィルとかエリザベスとかに渡すあたりなんて、おもいっきり主導権を握った脇役って感じで、いいのかそれで? って思っちゃいますね。(笑)
 
 だっちゅーのは、あの二人じゃなく、言葉だけが一人歩きしちゃった感がありますよね。実際いまも、パイレーツって言わないで、だっちゅーのって言っているし。(爆)
酒井しのぶ 2010/04/12 21:57
無題
久々の妄想大爆発ですね。
ブログの紹介文もナニゲに気になりますが・・・
おっ!今気づいたけどロゴマーク?顔だったのがくの一みたいナ「忍」になってるし!
忙しい感じじゃなかったんですか?(笑)

ストーリー気に入らなかったら一年以内に超カリスマな作家になって「気に入らねーし書き直す」とかいって、レズビアン・・・じゃなかったパイオツ風☆カリビアン撮り直してみてはいかかでしょう?
その時は私をぜひイカ役に使ってください。

コメント書く時に記事を読み直して書いたりしてるんですが(こんなくだらんコメントなのに!)「だっちゅーの!!」が嫌でも目につきます。
酒井しのぶさんのブログを汚しても申し訳ないのでこれからネタ探しの旅に出ますね。
見つからなかった時はだっちゅーの!!をおかずにしてしまうかもしれませんがご了承ください。
sportちょっぷ URL 2010/04/12(Mon)22:02:24 編集
Sportちょっぷさんへ
 こんばんは。

 わたくしが脚本書いたら、イカくんとエリザベスの触手プレイは必須になりますよ。そのときはイカくん役、よろしくお願いします。(爆)
 あーあと、貴族のいけすかないヤツは、M奴隷で決定ですよね!
 
 って……なんか違う趣旨の脚本になりそうだなぁ。
 でもまぁ、海賊なんて女をさらってやりたい放題だったんだろうから、いいのか。(よくないですね。笑)

 忍マークは、アイコン作成ソフトで文字打っただけです。色とか背景とかはソフトが選択した候補から選んだだけなので、特になにもしていません。(爆)

 いやじつは、YouTubeがリニューアルしてHD使用がメインになってきて、動画を貼るのに横幅が500ピクセルのヤツを貼りたいなと思ってですね。それでブログのテンプレを作り直したいなぁとか思っているんだけど、めんどうでやってなくって、で……アイコン作ってみたっていう……。(つながりがよくわからないな。笑)

 まぁだっちゅーのをオカズにしても、汚れるのはちょっぷさんのPCでしょうから、ご自由にどうぞ。(爆)
酒井しのぶ 2010/04/12 23:17
無題
ふぅ~
すいません。ネタが無かったので・・・

返信不要です。たまにはふざけてみました。
おやすみなさい。
sportちょっぷ URL 2010/04/12(Mon)23:42:59 編集
Sportちょっぷさんへ
 美人妻に覗かれて笑われないように……。( *´艸`)クスクス
酒井しのぶ 2010/04/12 23:59
おはようございます
おはようございます。
またまたタイトルに引かれ(^_^;)

この映画そんなにシリーズがあったのですね。
だいぶ評判にはなりましたね。
とても懐かしい海賊、カギ腕にアイパッチの普遍のイメージ。
大活劇でおもしろかったと思うのですが分析すると色々ありですね。
キース・リチャーズ、老けてもかっこいい。
指のやけそうなタバコ、好きなんですよね(^_^;)
最後のパイ列はやはり、しばし目がとまります。
KOZOU URL 2010/04/13(Tue)08:22:23 編集
KOZUさんへ
 こんにちは。

 そうなんですよ。現在3作目まであり、3作目が前後編になっているので、実質4作ということになります。さらに新たに4作目の制作があるそうですが、これはけっこうもめたみたいですね。2作目以降の酷評と関わりがあるのかどうかは詳しくわかりませんが、ジョニー・デップと制作陣とでもめたようです。
 まぁジョニー・デップも、あんなくだらない2作目以降に、名ばかりの主役で出演させられていたわけですから、もめて当然かも知れません。

 海賊っていうとやっぱり、ピーターパンのフック船長のイメージがいちばん強いですよね。(笑)
 キースは「ロックミュージシャンなんて海賊みたいなものだ」とかって発言があったりして、まさに現代の海賊って感じのオッサンです。(笑)

 最後のあれは、女でも目が止まりますよ。(爆)
 
酒井しのぶ 2010/04/13 16:06
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
RSS

Add to Google
このブログをリツイート!
ブログ内検索
最新コメント
[11/13 DSLR-A850]
[09/21 ばたこ]
[05/19 メルマガアフィリとブログアフィリで初心者でも稼ぐ@中野]
[04/27 ゆっきー]
[01/17 凛 七星]

* 管理人が返信したコメントにはメモ帳マークが表示されます。
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
バーコード
携帯電話からの閲覧は↓をバーコードリーダーで写してくださいませね。


忍者ブログ  /  [PR]
 / COPYRIGHT ©  酒井しのぶ ALL RIGHTS RESERVED