QLOOKアクセス解析
ラブシーンって呼ぶ? 性描写って呼ぶ? 忍者ブログ
妄想/連想/暴走――激走する脳内モルヒネの意想。 変態ハードボイルド小説作家の有相無相――
酒井しのぶの作品紹介
【ファッキン・シスターズ・クライスト】
 酒好きで女好きで自堕落で格好つけの片桐有二は、二十五年まえに体験したレイプ事件のトラウマに悩まされる、ハードボイルドを気取った私立探偵。ある依頼がもとで、変態性癖が巻き起こす事件に首を突っ込むことになってしまう。高飛車で自分勝手なふしだら女の酒井しのぶと共に、事件の真相を探りだすのだが……推理あり、シリアスありの、本格ハードボイルド長編小説。
 

【あいつとの電話】
 ツンデレコンビのしのぶと有二。小説のなかだけじゃなく、普段の会話も超ツンデレ&超下品でちょっぴりエッチ!
 酒井しのぶの小説に登場する二人が織り成す、会話のみの超ショートショート作品集です。一話読みきりなので、お気軽に読んでいただければと思います。
 

【Shinobu to Yuji 短編集】
 長編ファッキン・シスターズ・クライストの外伝的一話読みきり短編作品集。笑い、切ない過去、素直じゃない愛情、そしてお決まりのエッチな会話。しのぶと有二のツンデレコンビは、殺人事件がなくても面白い。
 

 (注: すべての作品がR15指定です。作品の性格上、性描写、暴力描写、差別的発言などが各所に出てきます。不快に思う人は読まないでください)
管理人プロフィール
酒井しのぶのプロフィールは↓からどうぞ。
My Profile by iddy

Google Profileはこちら

酒井しのぶへのご意見、ご要望、ご感想など、記事コメント意外の内容は↓へお願いいたします。
おきてがみ

mixi(ミクシィ)やってます!
ランキング
お気に召しましたらクリックしてくださいませ。
にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン   
メールフォーム
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ。
*返信が必要な場合は、返信先アドレスを入力の上、その旨お書きくださいませ。
Powered by NINJA TOOLS
インフォメーション

【ボチボチと書き始めています】
 いろいろあり、忙しい毎日を過ごしています。
 書きたい衝動は日に日に増してくるのですが、なかなか時間が作れず、昔のようにすべてを犠牲にして書く勇気もなく、いまは我慢の時期かなと思う今日この頃。
 それでも、書かずにはいられないときもあるので、短いエピソード的なものをチマチマと書いたりしています。
 皆様のところへ訪問する時間はまだなかなか作れませんが、毎日少しづつですが、勉強し精進しているところですので、いましばらくお待ちくださいませ。

【ご連絡】
 記事下部の拍手ボタンを押してくださり、拍手内でコメントくださる方がたくさんいてありがたく思っております。
 拍手内のコメントでは、こちらからの返信ができませんので、返信をご希望の方は記事へのコメントをお願いいたします。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【酒井しのぶの作品はこちら】
本格ハードボイルド長編小説 

一話読みきり短編作品集 

通話形式の超ショートショート集 

【ランキングに参加中】
作品を気にいっていただけたらランキングのクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ツイッターでこのブログをつぶやけます。
 こんばんは、酒井しのぶでございます。


 まずはこちらの動画から。



 はい、2008年バージョンのヤッターマンでございます。
 これがなんだって言うのかって思ってますね?

 新ヤッターマンはオープニングテーマを演奏している人たちがけっこう変わっていたんですが、2008年のいちばん最初のバージョンは『音屋吉右衛門』ってユニットが演奏しておりました。


 これじつは。
 
 世良公則と野村義男の2人でやっていたアコースティック・ユニットだったんですね。



 ヤッターマンのほかにもなにやらヒーロー系のアニソンをカバーしているようですが、詳しくはしりません。(知らんのか! 笑)


 このヤッターマン、さすが野村義男っていうギターの上手さですよね。
 聴いた感じだと、ギター2本と歌のみです。リード取っているのがよっちゃんですね。世良さんは歌ってますからね。
 ヘッドホンで左から聞こえるのが世良さんかな。右がよっちゃん。

 
 ライブとか聴くと、世良さんはあまりギター上手いほうじゃないんですけど、ノリの出しかたはさすがプロですね。
 ギターが本職じゃないとはいえ、やっぱりアマチュアとはぜんぜん違います。

 
 ちなみに、動画は検索がんばったんだけど、メジャーなところにはありませんでした。
 YouTubeで検索すると、ツイストのコピーバンドの動画ばかりでてきて、それはそれで面白いんですがね。(いろんな意味で。笑)


 さて、世良正則っていうとやっぱりこれですよね。



 極道の妻たち!(それかい! 爆)


 いやぁ、世良さんの素敵なヌードが観れて、とっても幸せな映画でした。
 わたくし、かたせ梨乃を呪い殺してやろうかと思ったくらいですよ。(どうもすません。笑)


 +゜*。:゜+(人*´∀`)ウットリ+゜:。*゜+ 


 p(`ε´q)ブーブー


 はい、失礼いたしました。(笑)

 まぁ皆さんもうだいたい、わたくしの好みはご存知でしょうからね。
 またやってるよこいつってくらいにスルーしておいてくださいませね。(笑)


 そんな『極道の妻たち』の世良公則とかたせ梨乃のラブシーンは、当時けっこうな話題になりましたが、果たしてあのラブシーンは必要だったのかと思ったりしたことありませんか?(ヤキモチやいて否定しようってわけじゃありませんのよ。笑)

 
 ていうか、極道の妻たちに限らず「このラブシーンってべつにいらなくね?」ってのけっこうありますよね。

 ほらたとえば、『水戸黄門』の由美かおるとかね。(笑)



 これなにげに、乳首見えちゃってますね。いいのだろうか。(笑)

 あ、ついでにこんなSMちっくなのも載せておきましょうかね。



 こういう趣向が好きなお人もいるのでしょうから、サービスです。(わたくしじゃなく、由美かおるがね。笑)


 こういったお色気シーンというのは、得てして視聴者確保のための戦略だったりしますよね。(水戸黄門がそうだとは言いませんがね。え?……い、言いませんよ! 由美かおる最高! 笑)

 
 極道の妻たちもそうなのでしょうか?
 話題にして、興行収入を上げようって魂胆だった?

 たしかに、あのラブシーンのおかげで興行収入は上がったんだろうなと思いますよ。


 でもやっぱり、極道の妻たちの世良&かたせは必要なシーンだったのかなぁ。
 
 個人的には、世良公則の裸好きってのを差し引いても、いちばん魅せられたシーンだったですからね。

 ストーリーにしっかり則してのラブシーンでしたよね。
 あのシーンがなければ、ぜんぜん違う作品になっちゃうような、そんな印象をわたくしは持っています。


 わたくしも、自分の小説では濃厚なラブシーンを書きます。
 これといって、ストーリーに関連のないラブシーンが多いのですが、チュッチュとチューする程度の可愛らしいものじゃなく、官能と言われてもいいようなのを、生々しく書いております。

 ハードボイルドの探偵小説を歌っていますから、必要ないって言われちゃったらそれまでですが、ラブシーンがないと酒井しのぶの作品はつまらんねって言われるように、上手く書けるようになりたいなって思っています。


 なぜかって言えば、まぁ……そういうシーンが好きだから。(爆)


 いや……そうじゃなくってですね。
 あ……そうじゃないってことはないんだけどね。(笑)


 なんだろうか、上手く言えません。(笑)


 犯罪小説って、アンダーグラウンドな世界を描く小説です。
 それはつまり、人間が隠したがるところを描く小説ってことですからね。


 隠したがるところは、犯罪だけじゃないのよってことでしょうかね。(笑)


 ミステリー小説におけるアンダーグラウンドな生々しさは、人を過激に殺すことだけで得られるものじゃないんだと思っていますしね。(だからって官能ってのもどうかとは思いますけどね。爆)


 そんなわけで、お色気シーンのお話になってしまいましたね。
 本当は世良公則の歌をいくつかアップする、音楽ネタの記事にしようと思っていたのに。(笑)


 まぁ、一曲だけね。

 
 
 いい曲ですね。
 もうなんだろう、言葉をなくす名曲です。
 
 まえに男が歌う女の気持ちって記事を書きましたが、世良さんのこの曲もすごくいいですよね。

 なんで、いい男って女心がわかるんだろうか……。


 あ……わかるからいい男なのか。(笑)

 
 自分を『あたい』って呼ぶ女。
 嫌いじゃありません。(いや、どっちかって言えば自分っぽいっしね。爆)


 本日の「しのぶが思うハードボイルド」

 お色気に 乗るも乗らぬも 駆け引きね 罠とわかって 抱きつ抱かれつ(ちょっと川柳風に。笑)
 
 以上でございます。
 

 それではまた、酒井しのぶでございました。

拍手[7回]

PR
【酒井しのぶの作品はこちら】
本格ハードボイルド長編小説 

一話読みきり短編作品集 

通話形式の超ショートショート集 

【ランキングに参加中】
作品を気にいっていただけたらランキングのクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ツイッターでこのブログをつぶやけます。
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
だはははは
こんにちは。
えー!!初めてじゃないですよぉ。
視点が似てますね 大笑い と 水戸黄門堪能しましたわい。

規制がきびしくなったメディアもつまらないもので、ドリフも結構過激だった事をおもいだしました。
Neomatrix URL 2010/04/10(Sat)16:48:35 編集
Neomatrixさんへ
 こんばんは。
 そうでございました、はじめてじゃないですよね。どうも失礼いたしました。 (;´Д`A ```
 
 昔のテレビって、フランスあたりの官能映画とか普通にやってましたものねぇ。
 モザイクじゃなくって、黒塗りだったりするのとか、子供心にドキドキしながら観ていた記憶があります。(笑)
 パパがきて、チャンネル変えちゃうんだけど、またどっかに行っている隙にもとに戻したりしてね。(バカですね。笑)
酒井しのぶ 2010/04/10 20:18
無題
エロ過ぎて ヌカずにいれぬ 小説は 罠とわかって ヌキつヌカれつ

意味不明ですねすいません。良いの浮かびませんでした!(若干パクリ気味だし 汗)

酒井しのぶさんのヌキポイント・・・じゃなくてラブシーン好きですよ。

他の小説で意味なくエロ過ぎの描写や、惨酷過ぎる暴力シーンとかいきなり出てくるヤツありますが「なんで?」と思っちゃいますもん。

「ラブシーンがないと酒井しのぶの作品はつまらんねって」って思います。
ってゆうか次の作品のフリですか?(笑)

SMネタにはふれませんよ。
そこまで単純じゃないんでねっ!
sportちょっぷ URL 2010/04/10(Sat)20:38:37 編集
Sportちょっぷさんへ
 こんばんは。

 いえ、なんか本当に世良公則の音楽動画を紹介する記事にしようと思って書いたのに、いつの間にかあんな内容になっていたってだけで、次回作への振りではありません。(笑)

 そうですよね、やっぱりヌキポ……ラブシーンは重要ですよね。(笑)

 あのSMは鞭で打たれるところよりも、むしろ由美かおるの見えそうで見えない脇の下がポイントだと、わたくしは思っております。(ふれてくれないので、勝手に話ました。爆)
酒井しのぶ 2010/04/11 00:05
こんばんわ
こんばんわ。

またそそるタイトルでございます。
ヤッターマン2008年版とかあるのですね。
極道の妻たち、テレビで見ました。
かたせ梨乃さん、すごいボリューム、男は世良さんをのろい殺したいと思ったでしょうね。
確かにビデオもネットも普及した一番の理由はエロ目的といいますから、万国共通、古今東西、これだけは変わらないようですね。
映画も小説もそれを売りにすれば相当売れるでしょうから。渡辺大先生がいい例ですね。
うまい性描写は難しいですね。
由美かおるさん、本当にすごいと思います。
デビューしたのはわたしがそれこそ色気盛りの頃、ファンでしたがそれからずっと現役、体の線も変わらず、並大抵の努力ではなかったでしょうね。
頭が下がります。
「あんたのバラード」いい歌ですね。
そう言えば世良さんもは虫類的な顔のようでやはりしのぶさんの好みがわかりますね。



KOZOU URL 2010/04/10(Sat)21:32:00 編集
KOZOUさんへ
 こんばんは。

 そうなんです。ヤッターマン、リメイクでやっていたんですよ。ドロンボ一味は声優変わらずだったから、けっこう面白かったんですが、アイちゃんがいまどきギャルでそれはちょっといまいちでした。(笑)

 極道の妻たちはわたくしもテレビで観たんですが、かたせ梨乃の裸は綺麗でしたよねぇ。たしかに世良さんは恨まれたと思います。あのヌードですからね。(笑)

 由美かおる、たしか降板したんですよね。ちょっと残念。(笑)
 
 あんたのバラードは、名曲です。男と女の哀愁がたっぷりです。顔が爬虫類、そのとおりでございます。(笑)
 
酒井しのぶ 2010/04/11 00:11
・:*:・(*/////∇/////*)・:*:・
こんばんにゃ~v(。・ω・。)ィェィ♪
極妻!面白いですよね~♪
世良さんとか渋くて意外と好きですっっ★(笑

ただ・・・中学校の時に、ロードショーかなんかでやってたのを初めてみて(しかも親と;)
ラヴシーンがあるなんて知らなかったから、めちゃめちゃキマヅイ思いをしたことがあるデス^^;

★shinobu to yuji★
読みましたぁ♪
結構・・・どハマりしてます(笑
☆PussyCat☆ URL 2010/04/10(Sat)23:04:02 編集
PussyCatさんへ
 こんばんは。

 そうですよね、お茶の間であれだけのラブシーンやられると、気まずくなりますよね。わたくしも経験あります。(笑)
 だけど、あれだけ無残に人が殺されていくシーンを観ることでは気まずくならないのに、人間の根源でもある愛し合うシーンでは気まずくなるというのも、なんとも不思議な現象です。(笑)

 読んでいただけましたか。ありがとうございます。
 感謝感激でございます!
酒井しのぶ 2010/04/11 00:16
無題
意味不明なラブシーンで色々考えましたが・・・
ゴルゴ13のラブシーンはなんであんなに味気ないんだろうか?
しのぶさんの小説とは大違いですねぇ

味気ないラブシーンは、ゴルゴの正体を見えにくくさせるのかな?
そう考えながら記事を読んでいたら、面白く読めました!

由美かおるはいらないでしょう~(笑)
こちくん URL 2010/04/10(Sat)23:08:49 編集
こちくんさんへ
 こんばんは。

 ゴルゴのラブシーンは、たしかに味気ないですよね。
 でもあれが、さいとうたかを風のハードボイルドなんでしょう。さいとうたかをとしては、真のハードボイルドはラブシーンも固茹で卵だってことだと思いますよ。
 それにほら、ゴルゴは女も簡単に殺しますしね。抱き合う相手でも信用していなかったりするし、性欲を満たすためだけって割り切りがあるから、ああなるんでしょうかね。まぁ性欲自体、たんぱくなんでしょうね。(笑)
 だって、愛のないラブシーンだったら、なおのこともっと過激な性欲妄想に発展してもよさそうなのに、しないわけだからたんぱくなんですよ。(爆)
 
 えー、由美かおるけっこう好きなんだけどなぁ。
 まぁ、ストーリー的にはいらないんですけどね。(笑)
 
 そこら辺も、テレビと小説の違うところですね。
 小説では、ストーリーと関連が浅くても、人間描写のために描くシーンっていうのがありますからね。
 時間に制約のあるテレビドラマとかでは描けない部分だし、テレビには視覚効果があるから、余計なことしなくても常に人間描写できてますね。
酒井しのぶ 2010/04/11 00:26
無題
こんばんは。

ラブシーン、昔は結構普通にありましたね。
子供のときどきどきして見てたのは、「ウイークエンダー」の10時20分頃から毎週やる再現ドラマでした。あれが随分とエロかった記憶があります。そらから大晦日から年始にかけては、必ず「エマニエル婦人」とか深夜にやってたなあ・・。

そう思うと最近のテレビはまったくそういうのないですね。その分ネットやらDVDは昔よりも随分オープンになっている気がしますがww
ジス URL 2010/04/11(Sun)01:02:06 編集
ジスさんへ
 こんばんは。

 全くそのとおりですねぇ。昔は結構エッチなの多かったですよね。(笑)
 ドリフでヌードでてくると親がチャンネル変えちゃったりしてましたし、まいっちんぐマチコ先生は見せてもらえませんでした。(爆)

 規制だらけのテレビと無法地帯のネット、テレビ離れが進むのもうなずけちゃいますよね。(笑)
酒井しのぶ 2010/04/11 01:14
無題
規制だらけのテレビは、見る価値はないかも。
ストレートにラブシーン=性描写でえぇと思うんやけどなぁ(笑)
ガキやあるまいし(笑)
モザイクやなくて黒塗りやったからこそ、
子供心にも情緒的なモンがあったように思いますな(笑)
何でも規制って短絡的やと思うし、
規制し難いところは無法的やし。
バランスに欠けてる気がしますな。
テレビなんか、スポーツ中継と、
関西ローカル以外は見てませんな(笑)
けびん URL 2010/04/11(Sun)06:23:17 編集
けびんさんへ
 こんにちは。

 わたくしもテレビはあまりみませんねぇ。
 ニュースとスポーツ番組くらいかな。
 ケーブルテレビで海外ドラマや昔のサスペンスドラマとか、あとはサイエンス系とか、海外チャンネルは観ますけど、地上波はぜんぜんだなぁ。(笑)
 
 黒塗りの官能映画とか、おっしゃるとおりインモラルな興奮がありましたよね。

 日本の映画かなにかで、ポルノ映画の現場を描く作品があったんですよ。子供のときのことだから、誰が出演していたかとか、どんな内容だったかなんて忘れちゃいましたけど、直接的な描写はなく、モザイクも黒塗りもなかったんだけど、女優の「前貼り」ってのがそのまま見えてて、子供心に異常に興奮したのを覚えています。(笑)
 
 変な話、そういう性に対することも含めて、昔のテレビには子供にとって、大人たちを覗き見るような冒険心があったように思います。
酒井しのぶ 2010/04/11 14:37
おはようございます
2008年版のヤッターマン、みていましたよ。
毎回旬な人がアニメに描かれていて楽しかったんですよね。
でもあのオープニングの歌を世良正則&よっちゃんが歌っていたのは意外でした。
世良正則、いいですね~。
若いときよりも今の世良さんの方が渋さが増していてずっと素敵です。

水戸黄門の由美かおる、降板しちゃったんですよね~。そのニュースを聞いて軽くショックをうけましたよ。
水戸黄門をみている訳ではないんですけどね^^

小説に描かれるラブシーン、ストーリーに関係がなくても必要だと思います。(と言い切ったけどうまく理由が言えません…。)
濃厚なラブシーンって表現するのが難しいだろうなと思っています。
女性の方が描くラブシーンと男性の方が描くラブシーンとでは濃厚さも違うような気がしています。
女性の方が描く方が濃厚な気がするのは気のせいでしょうか?
りい子☆ URL 2010/04/11(Sun)06:40:21 編集
りい子さんへ
 こんにちは。

 ヤッターマン、面白かったですよねぇ。
 由美かおるは、わたくしもプチショックでしたよ。なんでショックだったのかよくわからないけど。(笑)
 
 ラブシーンって人間の素性が見えますからね。書く側としては、行動による登場人物の性格表現として、とっても使い勝手がいいように思っています。
 男性は直接的というか、「目に見える快楽表現」って言うのかな。
 女性は逆に間接的で、「感じる快楽表現」なんだと思います。
 だから女性のほうが官能的な描写になるんじゃないでしょうかね。
 わたくしはそんなふうに捉えて、自分の小説は男性視点なので、見えるものを短絡的に描くようにしております。
 女性視点になると、見えたものをどう感じたかというところの表現が加わるんだろうなぁ。
酒井しのぶ 2010/04/11 14:45
エロ
ヾ(@⌒ー⌒@)ノおはようです。
由美かおるさん、59歳なんですね。
もう少しお歳を召しているかと思っておりま
した・・
私の大好きな、縦笛ネタ期待♪
((O(〃⌒▼⌒〃)O))♪わくわく
ケンケン URL 2010/04/11(Sun)07:05:19 編集
ケンケンさんへ
 こんにちは。
 
 そうなんですよね。あの歳でアクションをこなすのは大変でしょうから、仕方がないのでしょうけど、あの美貌をずっと保っていたというだけでもすごいことですよね。
 
 縦笛ネタですか。
 そのうち、そういうカテゴリー作って書くかな。(笑)
酒井しのぶ 2010/04/11 14:47
無題
世良さんが出たと思ったら、由美かおるまで・・
笑いました。由美さんももう黄門様を引退するんですね。
かわりにしのぶさん出たら?えへへ。。。

世良さん私も好きだわ。セクシーだよね。
ももぴん URL 2010/04/11(Sun)14:13:54 編集
ももぴんさんへ
 こんにちは。

 わたくしが出たら……主役じゃないと納得できん!!(爆)
 てことは黄門様か……そりゃやだな。(笑)
 時代劇って、女性が主役とか準主役のポジションにいる作品って見かけませんよね。ハードボイルド小説でもあまり見かけないんですが、そういう意味じゃ時代劇は和製ハードボイルドなんでしょうね。
 
 世良公則、いい男ですよねぇ。嗚呼、抱かれてぇ……。(やば、本音が。爆)
酒井しのぶ 2010/04/11 14:51
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
RSS

Add to Google
このブログをリツイート!
ブログ内検索
最新コメント
[11/13 DSLR-A850]
[09/21 ばたこ]
[05/19 メルマガアフィリとブログアフィリで初心者でも稼ぐ@中野]
[04/27 ゆっきー]
[01/17 凛 七星]

* 管理人が返信したコメントにはメモ帳マークが表示されます。
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
バーコード
携帯電話からの閲覧は↓をバーコードリーダーで写してくださいませね。


忍者ブログ  /  [PR]
 / COPYRIGHT ©  酒井しのぶ ALL RIGHTS RESERVED