QLOOKアクセス解析
しのぶのあっちがわ アンダーワールドな妄想 忍者ブログ
妄想/連想/暴走――激走する脳内モルヒネの意想。 変態ハードボイルド小説作家の有相無相――
酒井しのぶの作品紹介
【ファッキン・シスターズ・クライスト】
 酒好きで女好きで自堕落で格好つけの片桐有二は、二十五年まえに体験したレイプ事件のトラウマに悩まされる、ハードボイルドを気取った私立探偵。ある依頼がもとで、変態性癖が巻き起こす事件に首を突っ込むことになってしまう。高飛車で自分勝手なふしだら女の酒井しのぶと共に、事件の真相を探りだすのだが……推理あり、シリアスありの、本格ハードボイルド長編小説。
 

【あいつとの電話】
 ツンデレコンビのしのぶと有二。小説のなかだけじゃなく、普段の会話も超ツンデレ&超下品でちょっぴりエッチ!
 酒井しのぶの小説に登場する二人が織り成す、会話のみの超ショートショート作品集です。一話読みきりなので、お気軽に読んでいただければと思います。
 

【Shinobu to Yuji 短編集】
 長編ファッキン・シスターズ・クライストの外伝的一話読みきり短編作品集。笑い、切ない過去、素直じゃない愛情、そしてお決まりのエッチな会話。しのぶと有二のツンデレコンビは、殺人事件がなくても面白い。
 

 (注: すべての作品がR15指定です。作品の性格上、性描写、暴力描写、差別的発言などが各所に出てきます。不快に思う人は読まないでください)
管理人プロフィール
酒井しのぶのプロフィールは↓からどうぞ。
My Profile by iddy

Google Profileはこちら

酒井しのぶへのご意見、ご要望、ご感想など、記事コメント意外の内容は↓へお願いいたします。
おきてがみ

mixi(ミクシィ)やってます!
ランキング
お気に召しましたらクリックしてくださいませ。
にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン   
メールフォーム
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ。
*返信が必要な場合は、返信先アドレスを入力の上、その旨お書きくださいませ。
Powered by NINJA TOOLS
インフォメーション

【ボチボチと書き始めています】
 いろいろあり、忙しい毎日を過ごしています。
 書きたい衝動は日に日に増してくるのですが、なかなか時間が作れず、昔のようにすべてを犠牲にして書く勇気もなく、いまは我慢の時期かなと思う今日この頃。
 それでも、書かずにはいられないときもあるので、短いエピソード的なものをチマチマと書いたりしています。
 皆様のところへ訪問する時間はまだなかなか作れませんが、毎日少しづつですが、勉強し精進しているところですので、いましばらくお待ちくださいませ。

【ご連絡】
 記事下部の拍手ボタンを押してくださり、拍手内でコメントくださる方がたくさんいてありがたく思っております。
 拍手内のコメントでは、こちらからの返信ができませんので、返信をご希望の方は記事へのコメントをお願いいたします。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【酒井しのぶの作品はこちら】
本格ハードボイルド長編小説 

一話読みきり短編作品集 

通話形式の超ショートショート集 

【ランキングに参加中】
作品を気にいっていただけたらランキングのクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ツイッターでこのブログをつぶやけます。
 こんばんは、酒井しのぶでございます。


 昨日の記事はジョン・F・ケネディについてでした。
 わたくしの大好きなジェイムズ・エルロイ様の小説では、ミドルネームの〝F〟はファックのFだとかって言うマフィアがたくさん出てきますが、どうでもいい話でしたね。(笑)

 ケネディ暗殺とマフィアの関係と言えば、忘れちゃいけない人物がいます。

 麗しのフランク・シナトラです。
 
 知らない人のために簡単に説明すると、二十世紀を代表するアメリカのジャズ・シンガーです。
 日本でもっとも有名なシナトラの曲と言えば「マイ・ウェイ」でしょうか。音楽の教科書に載るくらいですものね。

  いかにもイタリア系アメリカ人といった、小粋な風貌の色男ですね。

 こちらは晩年のシナトラ。悪そうな顔しています。(笑)

 歌手としてだけでなく、俳優としても高い評価を得ている、シナトラ。
 代表作品は「地上より永遠に」(アカデミー助演男優賞獲得)や、「錨を上げて」など、有名作品から無名作品まで、多種多様な映画に出演しています。
 有名な「オーシャンズ11」のもとである「オーシャンと11人の仲間」にも出演していますし、シナトラを知らずに観てる人はたくさんいることでしょう。

 
 はい、そんなシナトラ。
 JFKとの関係で、一般的に言われているのは、こんな感じです。(注: 事実かどうかはわかりません。あくまで世俗的な噂の範囲です)

 もともとのはじまりは、ケネディの父親であるジョセフ・P・ケネディです。昨日の記事で触れたとおり、密造酒で財を成したジョセフは、マフィアととても親密だったために、JFKが大統領に立候補したときに、サム・ジアンカーナに選挙の応援をしてほしい旨を伝えるように、シナトラに頼んだのです。
 
 シナトラはマフィアとの交流がとっても盛んなお人でした。(FBIの公式発表で明らかになっているはずですから、間違いのない事実です)
 特に、シカゴマフィアのボス、サム・ジアンカーナとは親密でした。

  これが、サム・ジアンカーナです。椅子に手錠で繋がれていますね。逮捕されている状態での写真でしょう。それなのにこの堂々たる態度。アメリカのマフィアってすごいです。
 白黒写真でもはっきりとわかる、質のいいスーツにコート。とてもじゃないですが、逮捕されている人間には見えません。そこらへんがまた、アメリカっぽいところです。(笑)
 
 シナトラの仲介で、サム・ジアンカーナが動き、シカゴ票を獲得したJFKでしたが、大統領になってからは、態度を一変します。
 FBIのフーバー長官が、お得意の盗聴でJFKとマフィアの繋がりを掴んでしまうんですね。(フーバー長官は、JFKとマリリンの密会まで盗聴していたらしい。ほかにもたくさんのスキャンダラスな盗聴ファイルが存在しているようです)
 それにより、JFKはシナトラとの交流を避け、弟のロバート・ケネディは、司法長官としてマフィアの取り締まりを強化するんです。

 ご存じの人も多いと思いますが、シナトラとJFK、もともとは仲良く交流していた関係だったのです。
 マリリン・モンローとJFKの不倫の噂をご存じの人は多いと思いますが、JFKにマリリンを紹介したのがシナトラでした。
 
 大統領になるや、シナトラとマフィアの恩を仇で返したJFK。
 暗殺の首謀は、サム・ジアンカーナじゃないかと言うのが、もっとも有望な説となっています。

 そもそもの標的は、JFKではなく、弟のロバートだったと言う説もあります。
 ロバートが影でJFKを操っていたのだと思われていたからです。(これはJFKの人気がマフィアにも浸透していて、JFKが憎みきれない存在だったことを意味しています)
 ですが、イタリアマフィアの古い掟にこんな言葉があるのです。

 犬を黙らせるには、尻尾じゃなく頭を落とせ

 (とかなんとか……言葉は違うかもしれませんがこんな感じでした。適当ですいません)
 この言葉の意味は、下っ端をいくら殺してもボスをやらなきゃ意味がないってことです。これにより、けっきょくJFKが暗殺されたわけですね。
 

 ちなみに、シナトラはかの有名なマフィア映画「ゴッド・ファーザー」にも登場します。
 先ほど話した、「地上より永遠に」の出演が決まるまでのエピソードがそのままでてきます。(名前などは変えてありますが、観ればすぐわかります)

 
 とまぁ、シナトラとJFKの関係。日本じゃあまり知られていないエピソードですが、わたくしの妄想が混じっているとはいえ、だいたいのところはあっていると思います。(ええまぁ、だいたいですがね)
 一応はウィキ貼っておきますか。(笑)

 フランク・シナトラ Wikipedia

 
 本日の「しのぶが思うハードボイルド」

 ナンシーは下着姿で事務所を徘徊 

 以上です。(探偵物語の見すぎだ! シナトラの娘もナンシーなのでかけてみました。笑)


 それではまた、酒井しのぶでございました。

拍手[3回]

PR
【酒井しのぶの作品はこちら】
本格ハードボイルド長編小説 

一話読みきり短編作品集 

通話形式の超ショートショート集 

【ランキングに参加中】
作品を気にいっていただけたらランキングのクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ツイッターでこのブログをつぶやけます。
RSS

Add to Google
このブログをリツイート!
ブログ内検索
最新コメント
[11/13 DSLR-A850]
[09/21 ばたこ]
[05/19 メルマガアフィリとブログアフィリで初心者でも稼ぐ@中野]
[04/27 ゆっきー]
[01/17 凛 七星]

* 管理人が返信したコメントにはメモ帳マークが表示されます。
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
バーコード
携帯電話からの閲覧は↓をバーコードリーダーで写してくださいませね。


忍者ブログ  /  [PR]
 / COPYRIGHT ©  酒井しのぶ ALL RIGHTS RESERVED