QLOOKアクセス解析
ジャニス・ジョプリン 忍者ブログ
妄想/連想/暴走――激走する脳内モルヒネの意想。 変態ハードボイルド小説作家の有相無相――
酒井しのぶの作品紹介
【ファッキン・シスターズ・クライスト】
 酒好きで女好きで自堕落で格好つけの片桐有二は、二十五年まえに体験したレイプ事件のトラウマに悩まされる、ハードボイルドを気取った私立探偵。ある依頼がもとで、変態性癖が巻き起こす事件に首を突っ込むことになってしまう。高飛車で自分勝手なふしだら女の酒井しのぶと共に、事件の真相を探りだすのだが……推理あり、シリアスありの、本格ハードボイルド長編小説。
 

【あいつとの電話】
 ツンデレコンビのしのぶと有二。小説のなかだけじゃなく、普段の会話も超ツンデレ&超下品でちょっぴりエッチ!
 酒井しのぶの小説に登場する二人が織り成す、会話のみの超ショートショート作品集です。一話読みきりなので、お気軽に読んでいただければと思います。
 

【Shinobu to Yuji 短編集】
 長編ファッキン・シスターズ・クライストの外伝的一話読みきり短編作品集。笑い、切ない過去、素直じゃない愛情、そしてお決まりのエッチな会話。しのぶと有二のツンデレコンビは、殺人事件がなくても面白い。
 

 (注: すべての作品がR15指定です。作品の性格上、性描写、暴力描写、差別的発言などが各所に出てきます。不快に思う人は読まないでください)
管理人プロフィール
酒井しのぶのプロフィールは↓からどうぞ。
My Profile by iddy

Google Profileはこちら

酒井しのぶへのご意見、ご要望、ご感想など、記事コメント意外の内容は↓へお願いいたします。
おきてがみ

mixi(ミクシィ)やってます!
ランキング
お気に召しましたらクリックしてくださいませ。
にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン   
メールフォーム
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ。
*返信が必要な場合は、返信先アドレスを入力の上、その旨お書きくださいませ。
Powered by NINJA TOOLS
インフォメーション

【ボチボチと書き始めています】
 いろいろあり、忙しい毎日を過ごしています。
 書きたい衝動は日に日に増してくるのですが、なかなか時間が作れず、昔のようにすべてを犠牲にして書く勇気もなく、いまは我慢の時期かなと思う今日この頃。
 それでも、書かずにはいられないときもあるので、短いエピソード的なものをチマチマと書いたりしています。
 皆様のところへ訪問する時間はまだなかなか作れませんが、毎日少しづつですが、勉強し精進しているところですので、いましばらくお待ちくださいませ。

【ご連絡】
 記事下部の拍手ボタンを押してくださり、拍手内でコメントくださる方がたくさんいてありがたく思っております。
 拍手内のコメントでは、こちらからの返信ができませんので、返信をご希望の方は記事へのコメントをお願いいたします。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【酒井しのぶの作品はこちら】
本格ハードボイルド長編小説 

一話読みきり短編作品集 

通話形式の超ショートショート集 

【ランキングに参加中】
作品を気にいっていただけたらランキングのクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ツイッターでこのブログをつぶやけます。
 こんにちは、酒井しのぶでございます。
 
 わたくしのロックに対する思いをつづるコーナーの開始でございます。

 名づけて「しのぶとロック」

 本日は、ジャニス・ジョプリンです。
 
 思えばわたくし、ジャニスになりたくって歌を歌っていたと言っても過言ではないくらいに、ジャニスのことが大好きであります。

 知らない人も多いと思いますので、簡単にジャニスの経歴をご紹介いたします。
 なお、このコーナーでの、アーティストの経歴などは、デイヴィッド・ダルトン/レニー・ケイの共著、高橋あき子の訳による「ロック偉人伝」からの抜粋や、それをもとにわたくしの言葉に置き換えた表現で書いていくことになりますので、よろしくお願いいたします。
 
 ジャニス・ジョプリンは、1943年、テキサス州のポート・アーサーで、教師の両親のもとに長女として産まれます。
 当時の中流家庭の例にもれず、つまらない人生を強要されて育つわけですが、子供の頃からブルースが大好きだったジャニスは、親の期待に答えるだけの能力も気力もなく、反発しておちこぼれとして育ち、両親はそんなジャニスを恥ずかしい存在と思い、それがまた、ジャニスを追い詰めます。
 容姿もあまり良くなかったジャニスは、テキサス大学のミス・キャンパスならぬ、ブス・キャンパスに選ばれてしまい、そこから人生が大きく変わります。
 まずは麻薬に溺れます。
 ビートニクの仲間になるためにサンフランシスコに行き、覚せい剤でボロボロになって、麻薬治療のためにテキサスに帰還。
 そこで、神のお告げを聞きます。(おそらくは麻薬による幻覚でしょう)

「おまえは歌手である」

 このお告げがジャニスを突き動かします。
 さっそく、地元のライブハウスで歌いだすジャニスは、あれよあれよと言う間にバンドメンバーを集め、再びカリフォルニアへ返り咲くのです。成功する人というのは、勢いがあり、その勢いを使うタイミングがピッタリとはまるものなのでしょう。
 1966年、フリーセックス、フリードラッグ、ヒッピーとサイケデリックのカリスマになるジャニス・ジョプリン。
 1967年には、モンタレー・ポップ・フェスティバルに出演。これが彼女をアメリカ全土に知らしめることとなり、ジミ・ヘンドリックスと並んで、アメリカのロックシーンの頂点に立ちます。
 
 ですが、ここからこんどはマネージメントの罠に落ちていきます。バンドメンバーとの揉め事がちらほらと出てきたところへ、外部からほかのバンドを選んだほうがいいとか、いまのバンドでは成功できないなどと誘惑され、バンドを解散してしまいます。
 新たに組んだバンドはプロ集団で技術的にはまえのバンドのはるか上を行っていましたが、即席バンドでは息が合いません。
 ライブの出来はあまりよくなく、ジャニスの評価はどんどん下がってしまいます。
 
 そしてまた、麻薬に溺れていく。

 ヘロインでヘロヘロのジャニスは、麻薬治療のためにブラジルのジャングルに隠れます。

 1970年。
 新バンドを結成し、アルバム「パール」を作成。恋人との結婚も決まり、これからまたジャニスの時代が来るのだと思った27歳の10月。
 ジミ・ヘンドリックスが不可解な死をとげた1ヵ月後に、ジャニスもまたロサンゼルスのモーテルで死体で発見されます。

 生前ジャニスは、自分の曲「コズミック・ブルース」について、このようにコメントしていました。

「〝K〟とつづってあるでしょう(Cosmicを彼女はKosmicとつづった)。真面目に扱うには、あまりにも辛くて淋しい旅なのよ。漫画にせずにはいられなかったの。コズミック・ブルースであたしが言ったのは、なにをやっていようと、いずれ人は撃ち殺されるってこと……。子供の頃、まわりの人たちはみんなあたしにこう言った。『おまえは不幸になるよ。大人になると世の中は冷たいよ』って。あたしはそれを本気にしたわ。でも、いい人が現れて、その人のそばに寝て、ささやかな食事をわかち合うことができたら、すべては解決するだろうと思っていたの。でもそれでは決してすべては解決しないってことがわかった、いつもなにかうまくいかないことがあるものだって……」


 わたくしは、彼女のようなミュージシャンを観るたびに、いつも必ず思うことがあります。
 人には寿命をまっとうするために必要なエネルギーが決まっているんじゃないか? 彼女たちのような人はみな、ステージの上でそのエネルギーを爆発させすぎて、観衆にそのエネルギーを分け与えすぎて、自らの命を削っているんじゃないか? だから誰も彼も早死にしちゃうんじゃないか? って。

 生きてまっとうする人生もあれば、死にざまを見せることでまっとうする人生もあるのかもしれませんね。
 
 
 さて、あまり哲学的な話はしたくないので、ジャニスの動画をアップしてみましょう。
 まずは、先ほど触れたコズミック・ブルース。

 ジャニスの曲は、ファーストアルバムのものが世界的に有名ですが、この曲は遺作となった「パール」に収録されています。
 白人でブルースを歌う女性歌手では、間違いなく今現在でもジャニスが頂点でしょう。ホワイト・ブルースを世のなかに定着させたのも、この人です。

 本当はジャニスの曲ぜんぶここにアップしたいのですが、無理なのでもう1曲だけ。


 もう1曲だけと言って、これを貼るわたくし。マニアックでしょう(笑)
 ムーヴ・オーバーとか貼るのが定番なんでしょうがね。外してきましたよ。

 いろいろ動画を観たのですが、このサマータイムがいちばん、ジャニスのしゃがれ声を表現できているなと思ったので、貼りました。
 この声、当時はブルース・ハープのような声と表現されていたようです。
 
 とにもかくにも、ジャニスはブルースを極限まで拡大解釈して歌い、官能とエクスタシーを追い求める子供のままで死んでいったのだと、そんなふうに思います。
 
 大きな期待、裏切られる現実、あきらめ切れない夢。
 
 それがジャニスの人生だったのではないでしょうかね。
 そして、それは誰もが抱える人生でもあるのじゃないでしょうかね。

 そんな小さな疑問符を落として終わりにしましょう。
 
 
 そうそう、ジャニスの死因については、あれこれと噂がありますが、そのうちのひとつに、アルコールの飲みすぎというのがあります。
 ジャニスが愛飲していたお酒は〝サザン・カンフォート〟という桃のいい香りがするリキュールです。カクテルのベースに使うことで知られているお酒ですが、ロックやストレートで飲むのは、日本ではあまりなじみがありません。
 このお酒、わたくしも当然大好きで、我が家には常備されておりますが、わたくしの書く小説の主人公も、このお酒を愛飲しています。わたくしも小説の主人公も、当然ジャニスと同じで、ロックやストレートで飲んでおります。
 このお酒を小説に登場させているのは、当然ジャニス・ジョプリンに敬意を表しての設定です。大好きなジャニスをわたくしの作品のなかで、少しだけでも感じれるようにと。


 それではまた、酒井しのぶでございました。

拍手[13回]

PR
【酒井しのぶの作品はこちら】
本格ハードボイルド長編小説 

一話読みきり短編作品集 

通話形式の超ショートショート集 

【ランキングに参加中】
作品を気にいっていただけたらランキングのクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ツイッターでこのブログをつぶやけます。
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
おはようございます
おはようございます。
今日も寒そうです。

ジャニス・ジョプリン。まさにあっちの人ですね。
前は少し聞いたことがあります。
歩いた道も興味ありました。
本当にお決まりのような人生。壮絶ですね。それにしてもブス・キャンパスはひどい、アメリカのアホはほんとにブタですね。
きな期待、裏切られる現実、あきらめ切れない夢。それがジャニスの人生だったのではないでしょうかね。そして、それは誰もが抱える人生でもあるのじゃないでしょうかね」ほんとにそうでしょうね。
わたしも胸にしみます。
それを凝縮して駆け抜けた彼女なのですね。
KOZOU URL 2009/12/23(Wed)06:43:20 編集
無題
しらない歌手。というか芸能音痴な私です。

しかし超かっくいいっすよ~!(中居口調)

狼皮のスイーツマン URL 2009/12/23(Wed)06:43:49 編集
KOZOUさん
 おはようございます。
 ブス・キャンパスにはいろんないきさつがあったみたいです。
 ジャニスは自分の(心身共に)弱い部分を隠すために、派手な格好や目立つ言動を繰り返していたらしいので、もともと嫌われていたみたいです。
 コンプレックスのかたまりで、感受性がとっても豊かだったんでしょう。
 真面目に生きることを恥ずかしがって、わざと斜にかまえていたんだと思います。
 でも本当は、とっても実直だったんじゃないかな。
 はかない夢を追い求めるほどに純粋だったんだと思います。

 なんか本当に、世のすべての人の人生にだぶっていて、しかもそれを凝縮して駆け抜けたって感じですよね。
酒井しのぶ 2009/12/23(Wed)10:53:51 編集
スイーツマンさん
 おはようございます。
 60年代の洋楽ロックですからね。興味を持って接していかないと、一生出あわない世界でしょう(笑)
 わたくしが彼女に出会ったのも、けっこうな段階を経ているんですが、それはまたそのうち書きたいと思います。

 とにもかくにも〝かっくいい〟のは確かです(笑)
 佐藤口調も聞いてみたいです。
酒井しのぶ 2009/12/23(Wed)10:57:41 編集
また好きな歌手が。。。
おはようございます。
今日も愉しく勉強させていただきました。
奥が深いだけでなく、広がり方もいといとなんんですね。ジャニス・ジョプリン、聴く程にいいです。ボーカルは女性がはまりますね。
>いろいろ動画を観たのですが、このサマータイムがいちばん、ジャニスのしゃがれ声を表現できているなと思ったので、貼りました。
OKですよ、GOODですよ。ビールでうがいしたらああいう声出せるかな。。。
とこ URL 2010/03/28(Sun)08:01:25 編集
とこさんへ
 こんにちは。

 ジャニスはわたくしとっても大好きなんです。歌ももちろん大好きですし、生き様も大好きです。
 不幸を笑う強さっていうのが、ジャニスをはじめ、あの時代のミュージシャンにはみんなあった気がします。

 ジャニスはビールではなく、サザン・カンフォートというリキュールが大好物でした。それの飲みすぎで死んだようなもんです。(笑)
 品揃えの豊富な酒屋さんに行けば置いてあると思いますよ。リキュールベースのカクテルに使われるお酒なのですが、日本ではカクテルを売りにしているお店でなければあまり見かけませんね。世界的にはけっこう一般的なリキュールで、桃の香りがするフルーティーなお酒です。
 わたくしはロックで飲んでましたが、ソーダ割りや、コーラ割り、パイナップルジュースで割ったりするのが、自宅で飲むには簡単です。
酒井しのぶ 2010/03/28 17:07
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
RSS

Add to Google
このブログをリツイート!
ブログ内検索
最新コメント
[11/13 DSLR-A850]
[09/21 ばたこ]
[05/19 メルマガアフィリとブログアフィリで初心者でも稼ぐ@中野]
[04/27 ゆっきー]
[01/17 凛 七星]

* 管理人が返信したコメントにはメモ帳マークが表示されます。
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
バーコード
携帯電話からの閲覧は↓をバーコードリーダーで写してくださいませね。


忍者ブログ  /  [PR]
 / COPYRIGHT ©  酒井しのぶ ALL RIGHTS RESERVED